2014年09月20日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

昼食は、毎度お馴染みの中国家庭料理「嘉門」にて、750円のマーボナス定食を食べた。定食の中ではお値段がお安い事もあるが、なんとなくヘルシーなのではと思うのである。その後、田んぼで昼寝を貪ったが曇りで気温が低いから安眠とはならなかったが、渡り途中の小鳥でも見られるのではないかと期待して新治市民の森へ行った。しかし、若いカワセミの雄がいただけで、その他の鳥の姿はもちろん囀りさえ聞こえなかった。新治市民の森は自然度が高過ぎるから、逆に鳥を見つけるのは港北ニュータウンの公園等より苦労する。

zaki-20140920-kawasemi-osu.jpg
<カワセミの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ等。
posted by 花虫とおる at 18:16| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

今朝は本当にぱらぱらと傘を必要としない雨が落ちていたが、いずれ止むだろうと茅ヶ崎公園へ行った。まずは昆虫の谷へ入って行くと入り口にヤマホトトギスが咲いていたので、ヤマホトトギスなら尾根道が良い筈と行って見ると、ここが港北ニュータウンの公園なのと疑う位たくさん咲いていた。そこでバックを選んで慎重に撮影したが、蚊取り線香をぶら下げているのに藪蚊に刺されてしまった。上野公園でもデング熱騒ぎが報道されたていたが、藪蚊の活動も後1ヶ月で終焉する。

zaki-20140920-gonzui-mi.jpg
<ゴンズイの実>

その後、尾根を上って行くとゴンズイの実がはじけていたので嬉しくなった。そこで、これまた背景を選んでカメラに納めた後に、Uターンして別の道を下ってキノコ横丁を覗いて見たが、テングタケ等がほんの少し残っているだけで跡形も無く消滅していた。こうなったら土曜日だから開園している生態園だと足を踏み入れたが、相変わらず各種の野の花は咲いていたが昆虫の姿は無かった。しかし、とぼとぼと車に戻る途中、コノシメトンボの雌が目立たぬ場所に止まっていた。

zaki-20140920-yamahototogisu.jpg
<ヤマホトトギス>

<今日出会った主なもの>花/ヤマホトトギス、アキノノゲシ、ヒガンバナ、ツルボ、ゲンノショウコ、キクイモ、タイアザミ、ノダケ、シロバナサクラタデ、キンミズヒキ、タカサブロウ、ツユクサ、ヤマハギ等。蝶/ヒカゲチョウ、ツバメシジミ、ヤマトシジミ等。昆虫/コノシメトンボ、アミガサハゴロモ、ツマグロオオヨコバイ等。その他/ゴンズイの実、ガマズミの実等。キノコ/テングタケ、ノウタケ、キタマゴタケ等。
posted by 花虫とおる at 18:14| Comment(0) | 都筑区