2014年09月26日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

今日は台風の為に順延となった、待ちに待った道端自然観察会の日である。8月はお休みとなったので、2ヶ月ぶりとなるのだが、皆様、無事に暑い夏を乗り切ったようで安心した。今日は別段何をという目的があった訳では無いが、まずはアカトンボの仲間かなと散策を開始したものの、やはりアカトンボの個体数は少なかった。それでも黄金色の田んぼの上にはナツアカネの交尾カップルがたくさん飛び、棒の先にはアキアカネ、コノシメトンボ、ネキトンボ、マユタテアカネが見られた。また、オニヤンマ、カトリヤンマ、オオアオイトトンボ等も見られたので、ちょっとしたトンボ観察会となった。

zaki-20140926-mizosoba.jpg
<オオミゾソバ>

今日の散策コースは午前中は熊野池、石畳の道、むじな池、昆虫横丁の順で、午後からは新池、昆虫横丁、へび街道へ行った。期待した昆虫横丁では、タイアザミにミドリヒョウモンやメスグロヒョウモンが吸蜜に訪れていたが、その他の昆虫の姿は少なかった。しかし、オオミゾソバやユウガギクが賑やかに咲いていた。午後からのへび街道では、オオアオイトトンボがかなり見られ、アズマネザサの生い茂った小道では、ゴイシシジミやカトリヤンマが見られた。最近の散策は貧果続きであったが、皆で歩けば怖くない、これといった希少種こそ見つからなかったが、かなりの成果が上がってほっとした。

zaki-20140926-tohoshiosazomushi.jpg
<トホシオサゾウムシ>

<今日出会った主なもの>花/シロバナサクラタデ、サクラタデ、ヤマホトトギス、タイアザミ、ヒガンバナ、ツユクサ、ヤブマメ、オオミゾソバ、アレチヌスビトハギ、オモダカ、コセンダングサ、アメリカセンダングサ、ヒメジソ、ユウガギク、ナンバンギセル等。蝶/アカボシゴマダラ、コミスジ、メスグロヒョウモン、ミドリヒョウモン、ルリタテハの幼虫、キチョウ、ウラギンシジミ、ゴイシシジミ、キマダラセセリ、イチモンジセセリ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、トホシオサゾウムシ、タデサルゾウムシ、クロウリハムシ、ベッコウハゴロモ、スケバハゴロモ、アオバハゴロモ、ツマグロオオヨコバイ、ホシハラビロヘリカメムシ、トノサマバッタ、ヤマトフキバッタ、ショウリョウバッタ、ヤブキリ、オンブバッタ、コバネイナゴ、アキアカネ、ナツアカネ、コノシメトンボ、マユタテアカネ、ネキトンボ、ショウジョウトンボ、ウスバキトンボ、オニヤンマ、カトリヤンマ、オオシオカラトンボ、オオアオイトトンボ等。キノコ/シロオニタケ等。
posted by 花虫とおる at 18:33| Comment(0) | 青葉区