2014年09月30日

横浜市緑区(仮称)ノビタキの里(午後)

昼食は横浜家にてハーフラーメン+ライス、そして食べ放題のザーサイと紅ショウガをたっぷり食べ、健康昼寝は陽の光が強く気温も高いから、毎度お馴染みの秘密の日陰にて貪った。その後、田んぼ巡りを開始したが、(仮称)ノビタキの里で、久しぶりにノビタキが1羽いたので嬉しくなった。止まっている場所が道路からではかなり距離があったので、踏み込んでも問題が生じない草原を選んで接近して撮影した。こんなピーカンだと首元のやや白い部分が白トビするので、マイナス補正をしてばしばし撮った事は言うまでもない。

zaki-20140930-nobitaki.jpg
<ノビタキ>

<今日出会った主なもの>鳥/ノビタキ、チョウゲンボウ、ハクセキレイ、コサギ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:47| Comment(0) | 緑  区

横浜市港北区新吉田町(午前)

いよいよ今日で9月は終わりとなった。例年なら残暑が厳しい9月の筈だったが、過ごし易い日が続いて大助かりとなった。そんな訳で日向が多い場所でも散策出来ると、久しぶりに至近距離の新吉田町へ行った。それにしても日が経つにつれて御嶽山噴火の惨状が明らかになり、登山シーズンでなかったならば、登山者が山頂で昼食をとる時間帯で無かったならばと思うのだが、自然はそんな人間の思いなどまったく無関係なのである。その昔、那須の茶臼岳で噴煙に巻かれたが、硫化水素は危険で、捜索活動が難航するのは仕方あるまい。

zaki-20140930-kosumosu.jpg
<コスモス>

散策を開始すると、まずは日陰の道路脇の下草の葉上に注意して歩いたが、なんとまだジンガサハムシが見られたのには驚いた。常連さんのヨツスジヒメシンクイやホシハラビロヘリカメムシは普通にいて、コスカシバやホタルガも見られた。丘の上の農耕地に上って行くと、ツマグロヒョウモンやアオスジアゲハが青空に軽やかに舞い、棒の先にはアキアカネが止まっていた。また、日陰の路傍にはヒヨドリジョウゴやヤブマメが、草原にはキクイモやオオケタデが、家庭菜園ではコスモスが秋風に気持ち良さそうに揺れていた。

zaki-20140930-kosukashiba.jpg
<コスカシバ>

<今日出会った主なもの>花/ヒヨドリジョウゴ、オオケタデ、イヌタデ、イモカタバミ、マルバフジバカマ、コセンダングサ、アメリカセンダングサ、ツユクサ、ヤブマメ等。蝶/アゲハ、アオスジアゲハ、ツマグロヒョウモン、コミスジ、ベニシジミ等。昆虫/ジンガサハムシ、クロウリハムシ、テントウムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、アキアカネ、オンブバッタ、ホタルガ、コスカシバ、ヨツスジヒメシンクイ等。鳥/モズ等。
posted by 花虫とおる at 18:46| Comment(0) | 港北区