2014年10月12日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

台風19号は有り難い事に勢力が弱まりつつあるのでほっとしているが、それでも来てみなければ分からないので心配である。今日は昨日の観察会でかなり頑張ったから、近場ですねと久しぶりに茅ヶ崎公園へ行った。まずは先だって雨がかなり降ったから、キノコが出ているかもしれないと小川沿いのキノコ横丁へ行って見たが、姿は全く見られなかった。今年のキノコはヒラタケとスッポンタケ等を残すのみで、その他のキノコは終了なのかなと寂しくなった。

zaki-20141012-koyaboki.jpg
<コウヤボウキ>

こうなったら何でも撮らなければとコウヤボウキを探したら、陽当たりの良い場所のものは咲いていた。しかし、絵にするには手ごわい花で、せめて背景だけは美しくと時間をかけて撮影した。その後、昆虫やーいと探したが、ササキリが見られただけだった。そこで手摺昆虫観察しかないかもと生態園入口前へ行ったら、アカボシゴマダラの幼虫が這っていて嬉しくなった。しかし、他はテントウムシが一匹いただけで、手摺昆虫観察のシーズンはこれからのようである。

zaki-20141012-akaboshigomadara-yochyu.jpg
<アカボシゴマダラの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/コウヤボウキ、ノダケ、イヌタデ、イヌホウズキ等。蝶/アカボシゴマダラの幼虫、キチョウ、ヤマトシジミ等。昆虫/テントウムシ、ササキリ、ツマグロオオヨコバイ等。その他/シマヘビ、ガマズミの実、ゴンズイの実等。
posted by 花虫とおる at 18:17| Comment(0) | 都筑区