2014年10月29日

横浜市緑区梅田川(午後)

昼食は、最近になってメニューに加わった500円の小かきあげ丼+はいからうどんセットを「なか卯」にて食べた。消費増税及びアベノミクス失敗による異常な円高の為に、かなりお金がかかるようになった昼食だが、やっぱり500円玉1つ、ワンコインランチが基本で、他の外食屋さんも追随して欲しいものである。その後、田んぼで健康昼寝を爆睡し、梅田川周辺をデジスコ担いで散策したが、やっとジョウビタキの雌を撮る事が出来た。去年はジョウビタキは少なかったが、今年は多そうなので嬉しい限りである。

zaki-20141029-jobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキ、ハクセキレイ、モズ、カワセミ、キジバト等。
posted by 花虫とおる at 18:07| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区新治市民の森(午前)

今日は風こそ和らいだが相変わらずの雲一つない晴天で、何処へ行っても貧果は必至である。そこで先だって鳥撮りで散策した時に、旭谷戸奥の田んぼの斜面にリュウノウギクが咲いていた事を思い出して出かけてみた。リュウノウギクはリンドウとともに、今年最後にフィールドを彩る野の花である。散策を開始すると一目散にポイントへ直行したが、眩しい程たくさん咲いていたにもかかわらず、なかなか良い絵柄のものは無かった。しかし、時間が経つにつれ太陽光線が変化して、なんとか一枚手にする事が出来てほっとした。

zaki-20141029-ryunogiku.jpg
<リュウノウギク>

そこで、もう一枚を何とかしようと付近を散策したが、今月11日の観察会で見られたオオアオイトトンボの姿は無く、ニシキギの実を撮影して引き返した。途中、リンドウも見て行かないのも片手落ちと極秘の場所に寄り道をしてみたが、かなり咲いていたものの写欲を誘うには今一であった。リンドウは茎が細くて花が大きいから、すっと立ち上がっ咲いているものは少なく、地面すれすれに横たわっている株が殆どなのである。同所には、近場では希少種となっているアキノキリンソウもたくさん咲いていて寄り道した甲斐があった。

zaki-20141029-nishikigi-mi.jpg
<ニシキギの実>

<今日出会った主なもの>花/リンドウ、ツリガネニンジン、アキノキリンソウ、ワレモコウ、ヤクシソウ、ノハラアザミ、イヌタデ、コセンダングサ、アキノノゲシ、セイタカアワダチソウ等。蝶/テングチョウ、キタテハ、モンシロチョウ、キチョウ、イチモンジセセリ、チャバネセセリ等。昆虫/ツマグロオオヨコバイ、アキアカネ等。その他/クサギの実、トキリマメの実、ニシキギの実等。
posted by 花虫とおる at 18:06| Comment(0) | 緑  区