2014年11月13日

神奈川県大和市泉の森公園(午後)

午後からはヒドリガモでも撮ろうと泉の森公園へ行った。お隣の大和市だが、国道246号線は空いていて短時間で到着した。目的のヒドリガモは多かったが、余り良い場所にはいなかったので、杭に止まるゴイサギの幼鳥で別名ホシゴイやオオバン、バン等を撮った。カワセミの止まり木にはカワセミは勿論、キセキレイも止まって賑やかだった。相変わらず飽きない泉の森公園だが、ガマが広がって池は狭くなり、これからかもしれないが、他のカモ類はほんど見られなかった。

zaki-20141113-hoshigoi.jpg
ゴイサギの幼鳥(ホシゴイ)

<今日出会った主なもの>鳥/アオサギ、ゴイサギの幼鳥、カワセミ、キセキレイ、ヒヨドリ、ヒドリガモ、カルガモ、カイツブリ、バン、オオバン等。
posted by 花虫とおる at 20:19| Comment(0) | 県  内

横浜市緑区横浜動物の森公園(午前)

今日から晴天がしばらく続きそうである。しかし、朝晩の気温はかなり低くなって、掛布団を1枚追加した。そろそろ電気ストーブのお世話になる日がやって来るだろう。前に青色申告の為に複式簿記を始めたと記したが、光熱費の中では電気代が突出して高い。原発は停止していて円安による火力発電の燃料が高くなっているから当然なのだが、一頃流行ったオール電化の掛け声がむなしく空を舞う。やはり再生可能エネルギーの普及があってのオール電化だろう。

zaki-20141113-enoki-mi.jpg
<エノキの実>

今日も、ウスタビガに会えるかもしれないと横浜動物の森公園へ行った。しかし、ウスタビガはもちろんこれといった被写体は無く、ほんの少しある手摺で昆虫観察を試みたら、シロホシテントウの仲間が這っていた。前胸背の黄色い紋が2つなので、前に紹介したムーアシロホシテントウとは明らかに異なる。自宅に帰って図鑑やネットで調べたら、シロジュウシホシテントウと判明した。今日は暖かで各種の蝶が舞い、マユタテアカネが日向ぼっこをしながら獲物を待ち構えていた。

zaki-20141113-shirojyushihoshitento.jpg
<シロジュウシホシテントウ>

<今日出会った主なもの>花/イヌホオズキ、コセンダングサ等。蝶/テングチョウ、ルリタテハ、キタテハ、キチョウ、ムラサキシジミ等。昆虫/テントウムシ、シロジュウシホシテントウ、ハリカメムシ、コバネイナゴ、ササキリ、アキアカネ、マユタテアカネ等。その他/エノキの実、ナンテンの実、サルトリイバラの実、ガマズミの実、クサギの実、スイカズラの実、ヘクソカズラの実等。
posted by 花虫とおる at 20:10| Comment(0) | 緑  区