2014年11月22日

神奈川県大和市泉の森公園

今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。今回の主目的であるムラサキツバメは、天気が良くないと翅を開かないから美しい青紫の羽の表が見られない。そこで、晴れて欲しいと願っていたが、有難い事に絶好のぽかぽか日和となった。散策を開始すると脇目も振らずにポイントへ直行した。今年はかなり低い位置に集合していて、近づいても逃げなかった。地元の蝶の研究家のYさんも後から見えたが、同じ木の2か所に集合している葉があって、合計30頭以上になるらしい。

zaki-20141122-hidorigamo-osu.jpg
<ヒドリガモの雄>

午後からは「しらかしの池」に寄って「ふれあいの森」まで往復したが、前回来た時に比べるとカモの種数も個体数も増えていた。ここには近場の三ッ池公園等では見られない、ヒドリガモやオナガガモもいて、コガモも数多いから嬉しくなる。期待した「ふれあいの森」は、これといったものは見られなかったが、エノキの根元の落葉に、ゴマダラチョウやアカスジキンカメムシの幼虫が見られた。いよいよ昆虫の観察は手摺昆虫観察と落ち葉捲り昆虫観察の季節に入ったようである。

zaki-20141122-kogamo-mesu.jpg
<コガモの雌>

<今日出会った主なもの>花/シロヨメナ等。蝶/キタテハ、ウラギンシジミ、ムラサキツバメ、ムラサキシジミ、ヤマトシジミ、ゴマダラチョウの幼虫等。昆虫/テントウムシ、エサキモンキツノカメムシ、クヌギカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、オオホシカメムシ、ツマグロオオヨコバイ、オオアオイトトンボ、ホソミイトトンボ、カネタタキ等。鳥/オオタカ、コサギ、アオサギ、ゴイサギ、ゴイサギの幼鳥、カワセミ、ワカケホンセイインコ、コガモ、オナガガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ、バン、オオバン等。
posted by 花虫とおる at 18:32| Comment(0) | 県  内