2014年11月23日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

午後からは、相も変わらずジョウビタキの雄の枝止まり棒止まりを狙って新治市民の森へ行った。散策を開始すると梅田川遊水地でお馴染みのジョウビタキの雌が現れたが、良い場所には止まってくれなかった。そこで初期の目的通りに鎌立谷戸へ歩みを進めたが、ジョウビタキの雄はいたものの、プラスチックの汚い棒の先に止まっていた。これではなあと頑張ったが、お隣のタラノキ畑には行ってくれなかった。どうやらタラノキ畑は雌のテリトリーの様で、今日も帰りがけにタラノキの枝の天辺に止まっていたのでカメラに納めた。

zaki-20141123-jobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキ、シジュウカラ、ヤマガラ、エナガ、ヒヨドリ、ガビチョウ等。
posted by 花虫とおる at 18:08| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

昨晩、ゆらゆらゆらとゆっくりとした動きの地震を感じた。すぐにテレビをつけると、長野県北部が震源地のようである。幸いな事に亡くなられた方は無かったが、多くの方が怪我をされたようである。その昔に地学で習った糸魚川静岡構造線と呼ばれる日本有数の断層帯の一部が動いたのだ。大学時代の1年間、松本市に下宿していたが、眼前にそそり立つ北アルプスは、この断層線に沿って隆起したものである。寒い冬の日、市内の城山公園から遮るもの無く眺望できる垂直に連なる峰々は、まこと見事である。

zaki-20141123-tochinoki-fuyume.jpg
<トチノキの冬芽>

今日は昨日に引き続いての穏やかな暖かい日となり、こんな陽気なら手摺に様々な昆虫が這っているかもしれないと茅ヶ崎公園へ行った。期待通りアカハバビロオオキノコムシやウシカメムシが見られたものの、撮影には非協力的であった。そこで街路樹として植栽されているトチノキの冬芽を撮り、生態園内のヤツデの葉捲りでクロスジホソサジヨコバイを見つけた。今日の園内はとても賑やかで、ここの責任者のK女子がアメリカザリガニを食べるんだと皮むき作業に格闘していたので、まことたまげてしまった。

zaki-20141123-kurosujihososajiyokobai.jpg
<クロスジホソサジヨコバイ>

<今日出会った主なもの>昆虫/テントウムシ、ウスキホシテントウ、アカボシテントウ、ウスキホシテントウ、アカハバビロオオキノコムシ、ウシカメムシ、クロスジフユエダシャク等。その他/マンリョウの実、ムラサキシキブの実、スイカズラの実等。
posted by 花虫とおる at 18:05| Comment(0) | 都筑区