2014年12月05日

横浜市鶴見区三ッ池公園

4日付の朝刊に衆議院選の序盤における情勢分析が載っていたが、なんと自民党の圧勝で、前回の獲得議席を越えて300議席以上に達すると報じられていた。今度の選挙で自民党は前回より確実に下回ると思っていたが、野党の選挙協力が進まぬ内の抜き打ち解散で、安倍ちゃんの戦略は的を得てしまった。夕刊紙には桶狭間解散とかの文字が躍っていたが、まさにその通りである。私の選挙区では野党の候補者が4人も立候補していて、これでは自民党が漁夫の利を得るなあと納得した。こんな選挙区が全国にたくさんあるのだろう。

zaki-20141205-yurikamome.jpg
<ユリカモメ>

今日は風も穏やかで気温もかなり高かったので、毎度お馴染みの三ッ池公園へ行った。下の池へ行くと水面下に隠れているが杭の上には、カワウ、ハシビロガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロが上っていた。空席無しに全ての杭の上が占領されているのだから見事である。更にしばらくすると、オオバンやユリカモメまでやって来て杭に上ったのだから嬉しい限りである。水面に浮いていたり湿った場所で餌を探していたりしてる時間が多いのだから、身体が乾かせる杭の上での一時は、水鳥にとって憩いの場であるに違いない。

zaki-20141205-ooban.jpg
<オオバン>

そんな訳で杭の上にはなかなか登らないオオバンを主に撮った。三ッ池公園にオオバンが登場したのは去年で、しかも一羽だったが、今年は4羽程見られる。真っ黒で人相ならぬ鳥相が悪く、新横浜公園へ行けば腐る程見られるのだが、三ッ池公園だとなんとなく嬉しくなる。その後、数日前に豊ヶ丘南公園で出会ったスズガモの雌の幼鳥らしき鳥とキンクロハジロの雌の差異が知りたくて、キンクロハジロの雌を探して撮影したが、スズガモの雌の幼鳥らしき鳥と差異については、なんとなく違うなあといった程度であった。

zaki-20141205-kinkurohajiro-mesu.jpg
<キンクロハジロの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、オオバン、ヒヨドリ、シジュウカラ、コゲラ、カワウ等。
posted by 花虫とおる at 14:32| Comment(0) | 鶴見区