2014年12月10日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

午後からは、ここまで来たのだから多摩川へ行ってハジロカイツブリやカンムリカイツブリでもと思ったが、一日中晴れの筈が雲がかなり多くなった。川に浮かぶ水鳥は青空を写した青い水面こそベストである。そんな訳で多摩川は次の機会にして、毎度お馴染みの新治市民の森へ行った。相変わらずジョウビタキの雄は撮影に非協力的で、カワセミも見られず、これは困ったなあと、とぼとぼ引き返したが、Sさん宅前にカシラダカやアオジやホオジロがたくさん居たので嬉しくなった。

zaki-20141210-hojiro-mesu.jpg
<ホオジロの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/モズ、ジョウビタキ、アオジ、カシラダカ、ホオジロ、ヤマガラ、シジュウカラ、ガビチョウ、ヒヨドリ、スズメ、ハシブトガラス等。
posted by 花虫とおる at 19:03| Comment(0) | 緑  区

神奈川県川崎市宮前区東高根森林公園(午前)

昨日、お馴染みの吉野家の牛丼の並盛が、なんとなんと300円(税込)から380円(税込)に値上げされるという衝撃的なニュースが流れた。干ばつの影響で米国産牛肉の出荷量が激減し、更に、アジアの新興国を中心に牛肉の需要が世界的に急増した事が第一の要因のようである。もちろん、アベノミクスによる円安の影響も大きい。お財布が軽くなったら牛丼屋へ、なんだかそんなセオリーも消えてしまいそうな大幅値上げである。また、これから益々景気が悪くなりますよとの狼煙のようで、かなり憂鬱になった。

zaki-20141210-kihada-yokon.jpg
<キハダの葉痕>

今日は先だっての道端自然観察会で見られたサホコカゲロウの雄に、もう一度出会ってばっちり写真に納めたいと東高根森林公園へ行った。しかし、長い手摺に這っている昆虫は先だってに比べるとかなり少ない。極小のヨコバイやキジラミ、シロスジショウジョウグモやウロコアシナガグモ等が見られる程度であった。しかし、時間が経てば気温が上がって、もう少し大物が見られるのではと期待したが、左程ではなかった。もちろん、「サホコカゲロウやーい!」と、湿性植物園の方にも足を伸ばしたが見つからなかった。

zaki-20141210-nekohaetori.jpg
<ネコハエトリ>

<今日出会った主なもの>昆虫/テントウムシ、ムーアシロホシテントウ、キイロテントウ、クヌギカメムシ、ツヤアオカメムシ、クロスジフユエダシャク等。鳥/カワセミ、シジュウカラ、コゲラ、カルガモ等。その他/ネコハエトリ、シロスジショウジョウグモ、ウロコアシナガグモ、ムラサキシキブの実等。
posted by 花虫とおる at 18:56| Comment(0) | 川崎市