2014年12月25日

横浜市青葉区元石川町

今日もこれといった当てが無いので、今年まだ撮影していないモミジバフウの葉痕を撮ろうと元石川町へ行った。しかし、街路樹だから、ひこばえも下枝も綺麗に刈り取られていて天を仰いだ。しからば、モンシロチョウの蛹位はあるだろうと探したが見当らず、仕方なしに畑の端に植栽されているポーポーの葉痕をカメラに納めた。先だってテレビでも紹介されていたが、ネットによると、ポポーの実は収穫されると傷みが早く、この為、流通が難しい果物で、マンゴーとバナナを足して2で割ったような味だそうである。愛媛県大洲市長浜町櫛生では「日本一のポポーの里」を目指し、また、茨城県日立市十王町は特産品としてポーポーのワインやソフトクリームなどが販売されているという。

zaki-20141225-popo-yokon.jpg
<ポーポーの葉痕>

<今日出会った主なもの>昆虫/オオカマキリの卵のう、ハラビロカマキリの卵のう等。その他/ピラカンサの実、トキリマメの実、ヘクソカズラの実等。
posted by 花虫とおる at 18:41| Comment(0) | 青葉区