2015年01月31日

神奈川県大和市泉の森公園(午後)

昼食は「すき家」で白髪ねぎ牛丼+お新香+生卵+豚汁を食べた。牛丼屋とはいえ、これだけ食べると691円になって苦笑した。その後、昼寝を貪ったがゴーゴーと風が強く愛車が揺れて安眠出来ず、風の強い時の逃げ場である泉の森公園へ行った。しかし、予想に反して「しらかしの池」にも風が回り込んで、日陰だとかなり寒かった。観察出来たカモはヒドリガモだけで、キンクロハジロ、ホシハジロ、カルガモ等は消えていて、まこと不思議に思った。

zaki-20150131-hidorigamo-osu.jpg
<ヒドリガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ヒドリガモ、カイツブリ、バン、オオバン等。
posted by 花虫とおる at 19:01| Comment(0) | 県  内

横浜市港北区新吉田町(午前)

昨日は午前10時位まで雪が舞ったが、次第に雨となって、除雪の重労働をしなくて済んでほっとした。雨は夜まで降り続いたので一日中自宅蟄居となり、青色申告及び確定申告に取り組んで早々仕上げる事が出来た。リリマチの「みんなの青色申告15」のソフトは優れもので、税務署から送られて来た提出用の用紙に綺麗にプリント出来た。新年明けてから始めたヤフオクも売れるものは売り切ったから暇になったし、これからはのんびりと道端自然観察及び写真撮影が出来る。

zaki-20150131-kusagi-yokon.jpg
<クサギの葉痕>

そんな訳で今日は頑張るつもりでいたが、雲一つなく晴れ上がったものの北風が強く、しかも新吉田町まで行ったら畑や空き地にかなり雪が残っていた。そこで、より多く雪が残っているだろう緑区や青葉区へ行っても仕方が無いと、またしても新吉田町の散策となった。今日はいつものコースでは無く、杉山神社方面へ丘を越えて行った。しかし、紅白の梅が咲き始めている以外これといった被写体に巡り会わず、クサギの葉痕「クサギ爺や」をカメラに納めて車に戻った。

zaki-20150131-ume.jpg
<紅梅>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、シナマンサク、ニホンスイセン、ホトケノザ、オオイヌノフグリ等。鳥/ツグミ、モズ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:58| Comment(0) | 港北区

2015年01月29日

東京都(仮称)ルリビの丘公園(午後)

午後からは、ここまで来たのだから今季アップにこぎつけていないルリビタキの雄を撮ろうと(仮称)ルリビの丘公園へ行った。その前に必勝を期して「かつや」で昼食を食べ、体力保持の為に昼寝をとった事は言うまでもない。ポイントに到着するとルリビタキ狙いのカメラマンが多く、おまけに縄張り主張の激しいジョウビタキの雌も居て苦戦した。しかし、午後3時を過ぎると寒い事もあってカメラマンが減り、ジョウビタキの雌も静かになったので、なんとかルリビタキの雄をゲット出来た。

zaki-20150129-ruribitaki-osu.jpg
<ルリビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキの雄、ジョウビタキの雌、ヤマガラ、シジュウカラ、アオジ等。
posted by 花虫とおる at 19:05| Comment(0) | 東京都

東京都多摩市豊ヶ丘南公園(午前)

このところカモ類というと三ッ池公園が定番であったが、見られる種類が固定してしまったので、三ッ池公園には居ないカモを撮ろうと、多摩市の豊ヶ丘南公園へ行った。数台しか停められない駐車場だから空が心配されたが、無事に駐車出来てほっとした。池へ降りて行くと三ッ池公園では見られないヒドリガモとオナガガモが居たので、この両種に絞って撮影した。一眼レフなら簡単だが、デジスコだと常に泳いでいるから大変だ。それでも、しつこく粘って所期の目的は達成した。

zaki-20150129-onagagamo-osu.jpg
<オナガガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/アオサギ、マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、オナガガモ、ヒドリガモ等。
posted by 花虫とおる at 19:01| Comment(0) | 東京都

2015年01月28日

横浜市港北区新吉田町

今日は左程冷え込まなかったが北風が強い。こんな日は風が遮られる所へ行きたくなるが、午後から足底筋膜炎のリハビリの日なので至近距離の新吉田町へ行った。まずは例によって丘の上の植木屋さんの畑へ行ったが、昨日の梅田川同様、シナマンサクが見頃となっていた。また、早咲きの紅白の梅も揃って咲いていて、一週間もすれば見頃となるだろう。東京の小石川植物園の梅林は暖かい所にあるので、観梅客で賑あうに違いない。暦は早くも来週は立春である。

zaki-20150128-kiui-yokon.jpg
<キウイの葉痕>

次に丘の上を一回りしたが、これといった被写体が無いので「おかめ」顔のキュウイの葉痕をカメラに納めた。キウイが出回り始めたのはかなり前だが、最初は異国の果物だからか「ちょっとねー」といった按配であったが、最近はとても美味しいと感じられる。その後、杉山神社の谷の紅梅を見に行ったが絵にならず、引き返してドックスクール周辺でホトケノザを撮影した。ここは日当たりが良いので、オオイヌノフグリやナズナも咲き始めていた。

zaki-20150128-hotokenoza.jpg
<ホトケノザ>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、オウバイ、シナマンサク、ニホンスイセン、ホトケノザ、オオイヌノフグリ、ナズナ等。鳥/シロハラ等。
posted by 花虫とおる at 14:53| Comment(0) | 港北区

2015年01月27日

横浜市緑区梅田川

今日は季節外れの4月上旬の暖かさになると予報されていた。寒くても暑くても気温が安定していると身体の調子は良いのだが、加齢の為か、変化が激しいと途端に悪くなる。それに加えて、写真展、ヤフオク、青色申告等の疲れがどっと出て来たようである。一昨日位から身体が本当にだるい。こんな時に風邪を引くのだろうが、御免こうむりたい。もうすぐ1月が終わるというのに冬鳥の撮影が順調に行かず、これから挽回したいなあと思っているのである。

zaki-20150127-shinamansaku.jpg
<シナマンサク>

昨晩から朝まで雨が降り続いたので、乾きが早い開けた場所を散策しようと梅田川周辺へ行った。散策を開始するとクズの葉痕が各所で微笑んでいたが、パスをしてマンサクを見に行った。有難い事に咲き始めていたが絵になるようには撮れなかった。その後、陽が良く当たる丘の上の植木屋さんの畑へ行ったが、シナマンサクはほぼ満開で、アカバナマンサクも綻び始めていた。気温は予報通り上がって、丘の上は春がやって来たように賑やかだった。

zaki-20150127-mansaku.jpg
<マンサク>

<今日出会った主なもの>花/シナマンサク、アカバナマンサク、マンサク、ソシンロウバイ、オオイヌノフグリ等。昆虫/ハラビロカマキリの卵のう等。鳥/モズ等。
posted by 花虫とおる at 18:08| Comment(0) | 緑  区

2015年01月26日

横浜市鶴見区三ッ池公園

今日は早いもので第11回里山写真クラブ作品展の最終日である。そんな訳で、夕方から搬出作業や反省お茶会があるので、午前中のみ至近距離の三ッ池公園へ行った。今日は朝の内は曇っていたが、散策を開始するとすぐに晴れて来た。しかも風がほとんど無く気温も上がって、今まで何回も三ッ池公園にやって来たが、今回が一番の散策日和となった。この為、下の池の杭の上は余す所なくカモの仲間に占領されていたので、まずはハシビロガモの雄と雌を撮った。

zaki-20150126-hashibirogamo-osu.jpg
<ハシビロガモの雄>

その後、園内を一周したが、天気が良い割にはカモの種数は少なく、暖かいのに眠っている個体も多かった。今日は久しぶりにアオサギやコサギが飛来していたが、ユリカモメは一羽も見られなかった。また、カルガモは少なくマガモは僅かに一羽で、まこと出入りが多い公園である。しかし、ホシハジロはかなり居て、数羽が羽ばたきながら通過して着水したが、かなりの羽音に驚いた。より大きいハクチョウやガン等は、もの凄い迫力なのに違いない。

zaki-20150126-hashibirogamo-mesu.jpg
<ハシビロガモの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/アオサギ、コサギ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、シジュウカラ、シロハラ、ムクドリ、ヒヨドリ、スズメ、ハシブトガラス等。
posted by 花虫とおる at 20:24| Comment(2) | 鶴見区

2015年01月25日

横浜市都筑区東方公園周辺

昨日は一日中曇りで寒かったが、今日は穏やかに晴れ上がって絶好の散策日和となった。とは言うものの何処へ行っても貧果必至なので、それならば陽が良く当たる農耕地をのんびりと散歩しようと、久しぶりに東方公園周辺へ行った。いつもの場所に路駐し、防火緑地のハナミズキを見に行ったが、蕾をたくさんつけている木はとても少なく、どうやら今年は不作のようである。しかし、その傍らに植栽されているサンシュユは、たわわに蕾をつけていた。

zaki-20150125-sendan-yokon.jpg
<センダンの葉痕>

東方公園は改修中であったが、ケヤキと書かれたプレートを捲ると、テントウムシが集団越冬していた。園内には入れないので農耕地に降りて行ったが、植木屋さんの畑からソシンロウバイの良い香りが漂って来た。盛期は過ぎていたが保険として一枝をカメラに納めた。その後、ウメでも咲いていないかと期待したが、紅白ともに咲いていたが絵にならず、お猿さん顔のセンダンの葉痕を撮って引き返した。センダンは温暖化に伴って普通に見られるようになった。

zaki-20150125-soshinrobai.jpg
<ソシンロウバイ>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、ボケ、ソシンロウバイ、ホトケノザ、オオイヌノフグリ等。昆虫/テントウムシ等。鳥/ジョウビタキの雄等。
posted by 花虫とおる at 18:30| Comment(0) | 都筑区

2015年01月24日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

昼食は、毎度お馴染みの中国家庭料理「嘉門」にて800円の定食を食べた。ちょいとお高いが、昨日は500円の「てんや」の天丼、その前2日間は自宅近くの「よっちゃん」の500円の定食だったから、まあ良いかなあといった按配である。順調なヤフオクでかなり金持ちになったが、何故だか久しぶりの労働の対価なので、使う気が起きず益々けちん坊になってしまった。今後、ニコンのV4やニコン1用のマクロレンズが発売されるまで大切にとっておく事にした。

zaki-20150124-kawasemi-osu.jpg
<カワセミの雄>

午後からは久しぶりに新治市民の森へ行った。デジスコを担いで歩き始めると梅田川遊水地でカワセミの雄とジョウビタキの雌がお待ちかねであった。ここしばらく三ッ池公園でカモ達や(仮称)ルリビの丘でルリビタキの雌ばかり撮っていたので、かなり新鮮であった。その後、鎌立谷戸奥のカワセミの池まで往復したが、ヤマガラやエナガやシロハラに出会った位で貧果に泣いた。そこで梅田川遊水地に戻って、カワセミの雄をばんばん撮影した。

zaki-20150124-yamagara.jpg
<ヤマガラ>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキ、カワセミ、シロハラ、ヤマガラ、シジュウカラ、エナガ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 18:11| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

昨日は第11回里山写真クラブ作品展の当番だったし、その前の2日間は1日中雨だったので、道端自然観察は久しぶりの3連休となった。しかし、ヤフオクでの落札がばんばん続いて荷造りや発送に追われ、「みんなの青色申告15」に12月分のデーターを入力したりとかなり忙しかった。ヤフオクは今日現在で53点出品して、なんとなんと32点も売れたのだから、6割の好成績である。その中にはシーバスロッドやミノルタ・ハイマチックFなんかも入っているのだから素晴らしい。

zaki-20150124-kuromoji-fuyume.jpg
<クロモジの冬芽>

今日も朝から入金確認や発送があったので自宅出発時間が遅れ、至近距離の茅ヶ崎公園へ行った。散策を開始すると、エナガ、シジュウカラ、メジロの混群に出会ったが、まこと小鳥達にも住みやすい環境なのだなあと微笑んだ。その後、手摺になにか這っていないかなと探したが、フユシャクの盛期は過ぎたようであった。しからば何でも撮影しなければと、クロモジの冬芽やウグイスカグをカメラに納めた。2日連続の雨で落花したのか、咲いている花の数は数える程であった。

zaki-20150124-uguisukagura.jpg
<ウグイスカグラ>

<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ、ツバキ、カンツバキ等。昆虫/テントウムシ、ハラビロカマキリの卵のう等。鳥/メジロ、シジュウカラ、エナガ等。
posted by 花虫とおる at 18:09| Comment(0) | 都筑区

2015年01月21日

今日から開催!

新年恒例の里山写真クラブ作品展(第11回)は、かなっくホール(添付地図)、ギャラリーAにて、本日より〜26日までの開催となります。10:00〜18:00(最終日は〜17:00)です。強力な新人(ベテラン)が2名も加わり、道端自然観察会のメンバーもかなり参加しています。出展者総数20名、半切(A3ノビ)総数40点となり見応え十分です。

11469.gif
posted by 花虫とおる at 14:48| Comment(0) | その他

2015年01月20日

横浜市港北区新吉田町

今日は午後3時から東神奈川の「かなっくホール」にて、第11回里山写真クラブ作品展の展示作業があるので、午前中のみ至近距離の新吉田町へ行った。まずは例によって丘の上の植木屋さんの畑のシナマンサクを見に行ったが、前回よりかなり開花が進んでいて嬉しくなった。また、お隣に植栽されている白梅もちらほらだが咲き始めていた。前回散策したのは12日だから、ほぼ1週間でかなりの変化があった。季節は着実に進んでいるのである。

zaki-20150120-nihonsuisen.jpg
<ニホンスイセン>

お次は、前回撮影した杉山神社方面の紅梅を見に行った。かなり咲いているのではないかと期待したが、手の届かない高い所ばかりで撮影には至らなかった。しからば違う場所の紅梅と歩みを進める途中、農家の庭先にニホンスイセンが咲いていたのでカメラに納めた。違う場所の紅梅はたった1輪咲いているだけで天を仰いだが、ツグミ、ジョウビタキの雄、アオジがいて、縄張り争いなのか、ジョウビタキがアオジをしきりに追い掛け回していた。

zaki-20150120-shinamansaku.jpg
<シナマンサク>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、シナマンサク、ニホンスイセン等。鳥/ジョウビタキ、アオジ、ツグミ等。
posted by 花虫とおる at 19:21| Comment(0) | 港北区

2015年01月19日

横浜市鶴見区三ッ池公園

このところ朝晩は冷え込むものの、昼間は1月とは思えない暖かさが続いている。まこと完全防備の服装では暑い位で困ってしまう。今日も朝から穏やかな晴天で、こんな日は下の池の杭の上に、たくさんのカモが上っているだろうと三ッ池公園へ行った。予想通り一つ残らず杭上は占領されていたが、ほとんどかホシハジロであった。前回は少なかったが今日はかなり多い。三ッ池公園は鶴見川が近くに流れているので、行ったり来たりで、種数も個体数も変わるようだ。

zaki-20150119-hoshihajiro-osu.jpg
<ホシハジロの雄>

しかし、今日も比較的珍しいカモは見られず、前回の倍近いキンクロハジロが見られた。池の深さがキンクロハジロに絶好なのだろう。残念な事に浅い池は一つも無いから、泉の森公園では多いヒドリガモは飛来せず、洗足池に多いオナガガモも見られた事が無い。たかだかカモちゃんなのだが、その生態は種類によって微妙に異なるようである。そんな訳で、杭上以外では何故か一人ぽっちで浮かんでいるマガモの雄を撮った位で、変化の無い鳥撮り及び散策となった。

zaki-20150119-hoshihajiro-mesu.jpg
<ホシハジロの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/カワウ、ユリカモメ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、アオジ、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 18:19| Comment(0) | 鶴見区

2015年01月18日

横浜市青葉区元石川町

今日の午後3時に第11回里山写真クラブ作品展に出展なさる多摩地域、県央地域の方々の作品集めに薬師池公園へ行かねばならないので、その途中の元石川町へ行った。もちろんラーメン屋「八戒」の700円のギョウザ定食も食べたくなったのだ。散策を開始すると民家の庭から垂れ下がるオウバイを見に行ったが、ほんの数輪咲いているだけだった。しからば植木屋さんのロウバイは?と期待して歩みを進めたが、こちらは丁度見頃であった。

zaki-20150118-teuchigurumi-yokon.jpg
<テウチグルミの葉痕>

その後、今日のブログは木の花だけでアップしようと紅梅を探したが、こちらもほんの僅かしか咲いていなかった。オウバイにしろウメにしろ、その咲き具合は例年通りのようである。そこで何もない時の葉痕探しとあちこちを探したが、結局、畑の脇に植栽されているテウチグルミの葉痕を撮った。別名カシグルミとも呼ばれ、食用に供される。ここの畑の縁には前回紹介したポーポーも植栽されていて、地主さんの好みがうかがえて微笑んだ。

zaki-20150118-robai.jpg
<ロウバイ>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、ロウバイ、ソシンロウバイ、オウバイ等。鳥/ツグミ等。
posted by 花虫とおる at 18:19| Comment(0) | 青葉区

2015年01月17日

横浜市都筑区都筑中央公園

今日は次第に風が強くなると予報されていたので、至近距離の都筑中央公園へ久しぶりに出かけた。いつもの秘密の場所に車を停めて、鴨池公園の柿の木広場へ立ち寄ったが、シナマンサクやサンシュユの蕾は固かった。しからば日当たりの良い都筑中央公園の梅林なら紅梅が咲いている筈と急いだが、休憩舎前はかなり咲いていたが逆光で、炭焼き小屋上の小さな梅林は、ほんの少し咲いているだった。それでも気温がかなり上がった事もあって、早春を感じさせてくれた。

zaki-20150117-ajisai-yokon.jpg
<アジサイの冬芽>

そんな訳で違う被写体を見つけなければと尾根上で手摺昆虫観察を試みたが、有難い事にナミスジフユナミシャク(?)の雌が這っていた。宮谷戸の大池の方へ下って行くと、ソシンロウバイが咲いていたが、とうに盛期は過ぎていた。大池まで辿り着くとUターンして、アジサイの冬芽をカメラに納めた。何処の公園でも植栽されているので、可愛らしい「アジ坊」に出会って欲しい。今日は鳥撮りマンに誰も出会わないなあと不思議に思ったが、これといった野鳥が見られないのだろう。

zaki-20150117-namisujifuyunamishaku-mesu.jpg
<ナミスジフユナミシャク(?)の雌>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、ソシンロウバイ等。昆虫/ナミスジフユナミシャク(?)の雌等。
posted by 花虫とおる at 17:53| Comment(2) | 都筑区

2015年01月16日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午後)

昼食は縁起を担いでカツ(勝つ)カレー食べ、気温がかなり上がったから爆睡の昼寝の後に、寺家ふるさと村へ行った。熊野神社の参拝客が少なくなったら行こうと思っていたのだが、(仮称)ルリビの丘に日参していたので遅くなってしまった。まずは、出会っているものの何故か写真が撮れないでいるジョウビタキの雄を探した。有難い事にすぐ見つかったが良い場所には止まらず、モズの雄や雌を撮ったりして散策したが、帰り際にもう一度ジョウビタキのポイントへ立ち寄ったら、至近距離の竹の棒の天辺に止まってくれた。

zaki-20150116-jobitaki-osu.jpg
<ジョウビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキの雄、モズの雌、モズの雄、キジバト、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 18:51| Comment(0) | 青葉区

横浜市緑区四季の森公園(午前)

いゃー、ヤフオクを始めて本当に良かった。場所をとっていた大型のアルミ三脚や一脚やカーボン三脚が売れたのだ。カーボン三脚は売れると思ったが、15年も前のアルミ三脚は有料の粗大ごみに出さねばと思っていたが、なんとヤフオクで5500円で売れてしまった。また、景気が良かった頃に買った菌類の図鑑を定価で出品したところ、絶版だから是非欲しいという方が現れて、買った時よりかなり高く売れた。まことヤフオク様々で、お安い墓石なら買える位の合計売上となった。

zaki-20150116-himegurumi-yokon.jpg
<ヒメグルミの葉痕>

そんな訳で道端自然観察に熱が入っていなかったが、新しい鳥撮りの散策場所探しに午前中は四季の森公園へ行った。もちろん下見だから一眼レフにマクロレンズをつけての散策だが、被写体はとても少なく、鳥影も薄かった。そこで蕾が綻び始めたマンサクを撮り、何故だかシナサワグルミ横にヒメグルミが並んでいるので、ヒメグルミの葉痕を撮った。どちらも大木でかなり前に植栽されたのだろう。もちろんオニグルミも園内に見られるから、冬芽葉痕観察にはとても良い公園である。

zaki-20150116-mansaku.jpg
<マンサク>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、マンサク、ソシンロウバイ等。鳥/カルガモ、カイツブリ等。
posted by 花虫とおる at 18:47| Comment(2) | 緑  区

2015年01月14日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

今日は午後から通院である。長い間悩まされて来た足底筋膜炎だが、完治した訳では無いものの、かなり楽になり、今年から一週間に一回のリハビリとなった。サンデー毎日の身で暇を持て余しているかのように思われるが、ヤフオクを始めたし、第11回里山写真クラブ作品展が近づいているし、青色申告の集計もそろそろ始めなければならない。そんな訳で、今日の様な午前中のみ散策の日や雨の日は、溜まっているものが色々片付いて精神的にもとても良い。

zaki-20150114-gonzui-yokon.jpg
<ゴンズイの葉痕>

午前中のみの散策となると、ちょいと遠いい緑区には行く気が起きないので、勝手知ったる茅ヶ崎公園へ行った。まずはゴンズイの葉痕をカメラに納めた。ゴンズイというと刺されるととんでもなく痛い海に生息するナマズのような魚がいるが、そのゴンズイに樹肌が似ているので命名されたらしい。ゴンズイの葉はなかなか落ちないのか、葉痕はまだ緑色のものがほとんどだった。その後、彩をとウグイスカグラを見に行ったが、ほんの少しだが咲いていて嬉しくなった。

zaki-20150114-uguisukagura.jpg
<ウグイスカグラ>

<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ等。昆虫/チャバネフユエダシャク、オオカマキリの卵のう等。鳥/シロハラ、メジロ、シジュウカラ等。
posted by 花虫とおる at 18:24| Comment(0) | 都筑区

2015年01月13日

横浜市(仮称)ルリビの丘(午後)

昼飯は東名港北PAの「横濱うまいもん亭」にてスタミナ丼を食べ、田んぼで昼寝をした後に、(仮称)ルリビの丘へ行った。まことワンパターンの繰り返しで飽きが来たので、「横濱うまいもん亭」へはこれからもばんばん行くが、(仮称)ルリビの丘は今日が最後と思って行った。相変わらずルリビタキの雌が現れてくれたが、ここに止まって欲しいという場所には来てくれなかった。こんなに何遍も通ったが、これで良しという写真は結局手にする事が出来なかった。まこと写真は難しい。

zaki-20150113-ruribitaki-mesu.jpg
<ルリビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキ、アオジ、ヤマガラ、シジュウカラ等。
posted by 花虫とおる at 18:48| Comment(0) | 市  内

横浜市鶴見区三ッ池公園(午前)

前述したようにヤフオクで落札した方に送った商品に問題があって返品されたり、落札したのに家庭の事情とやらでキャンセルがあったり、ヤフオク以外にももろもろ嫌な事があって少し落ち込んいた。まあ、ヤフオクも商売なんだから、お客様の身になって出品商品を点検し、傷や汚れ等があれば写真を添付し、その旨を丁寧に説明せねばならないのである。正月から身辺整理だと始めたヤフオクだが、色々と世の中の勉強になる。また、こんな物も売れるかなあと思って出品したものにも落札があって驚いている。

zaki-20150113-magamo-osu.jpg
<マガモの雄>

今日は横浜市内に大物のフクロウが現れたとの情報も得ていたが、道端自然観察も人生もヤフオクもマイペースが一番と、毎度お馴染みの三ッ池公園へ行った。しかし、キンクロハジロがやたらに多いだけで比較的珍しいカモは来ていなかった。下の池の杭上には久しぶりにカワウが見られ、ここでは珍しいアオサギが岸近くに止まっていた。また、2羽だったがユリカモメも飛来していた。そんな訳で、極々普通種でも綺麗に撮ろうとデジスコで頑張った。一眼レフに比べると撮影に苦労するが、超望遠ならではの写真となる。

zaki-20150113-yurikamome.jpg
<ユリカモメ>

<今日出会った主なもの>鳥/アオサギ、カワウ、ユリカモメ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:44| Comment(0) | 鶴見区

2015年01月12日

横浜市港北区新吉田町

今日は青空一杯の冬晴れだが、次第に風が強くなると予報されていた。こんな日は三保市民の森が定番なのだが、まだそれ程風が強くなかったから至近距離の新吉田町へ行った。散策を開始すると、まずは丘の上の植木屋さんの畑のシナマンサクを見に行った。新吉田町でも一番日当たりの良い暖かい場所だからか、蕾が綻び始めていて嬉しくなった。いよいよ春がやって来るなあと感じたが、何故だか例年に比べると蕾の数が少なくて良い写真は期待出来そうもない。

zaki-20150131-ume.jpg
<紅梅>

シンマンサクの蕾が綻び始めているのなら隣接するウメもと見に行ったが、白梅の蕾はかなり膨らんでいたが、早咲きの紅梅の蕾は固かった。そこで、杉山神社の方に植栽されている紅梅を見に行くと、有難い事に数輪だが咲いていた。数多く咲いていれば気の利いた写真が撮れるのだが、一輪を日の丸構図にてカメラに納めた。服部嵐雪の「梅一輪一輪ほどの暖かさ」という俳句は有名だが、ここでもシナマンサクに続いて、春がやって来るよとのメッセージを感ずる事が出来た。

zaki-20150131-shinamansaku.jpg
<シナマンサク>

その後、何か被写体は無いかと探して歩いたが、萎びてはいるが相変わらずヒヨドリジョウゴの実がぶら下がっていた。ネットのウィキペディアをクリックすると、「ヒヨドリジョウゴの名は、ヒヨドリがこの実を好んで食べることから名付けられたとされるが、実際にはとくに好んで食べるわけではなく、冬になっても残っていることが多い。鮮やかな赤色の実は、冬枯れの野によく映える」とあったが、まことその通りなので、命名者は誰なんだろうと知りたくなった。

zaki-20150131-kuzu-yokon.jpg
<クズの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、シナマンサク、ソシンロウバイ等。その他/ノイバラの実、ヒヨドリジョウゴの実等。
posted by 花虫とおる at 19:03| Comment(0) | 港北区

2015年01月11日

横浜市(仮称)ルリビの丘(午後)

昨晩は前述したように、色々忙しかったので熟睡出来なかった。そこで、たっぷりの昼寝で寝不足解消と思っていたら電話がかかって来た。正午から午後2時までは、緊急案件以外は電話はNGと伝えておかなかった相手だから仕方が無い。それでも30分ほど爆睡したら睡魔が取れたので、(仮称)ルリビの丘へ行った。有難い事にサービスは良かったが、しばらくすると猛禽類が近くにでもいるのか急に出が悪くなった。そんな訳で、ここでも短時間の散策で終了した。

zaki-20150111-ruribitaki-mesu.jpg
<ルリビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキ、アオジ、ヤマガラ、シジュウカラ等。
posted by 花虫とおる at 19:13| Comment(0) | 市  内

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

ヤフオクは順調に推移して、お金がザクザクかなと思っていたら、送った商品に欠陥が見つかり返品となったり、落札されて良かったと思ったらキャンセルがあったり、その都度、ヤフオク名人の子供に聞くことになって、なんだか慣れるまで大変である。そんな訳で落ち着かず、今日もまた行く当てが無いので茅ヶ崎公園へ行った。昨日の観察会で見つかったナミスジフユナミシャク(?)の雌とチャバネフユエダシャクの雌だけには出合える筈と思ったからだ。

zaki-20150111-chabanefuyuedashaku-mesu.jpg
<チャバネフユエダシャクの雌>

昨日帰宅してフユシャクの仲間をネットで検索していたら、とても種類が多くてびっくりした。そこでオタクになるつもりは無いが、近場で見られるフユシャクだけはしっかり撮っておかねばと、まずは、生態園前の手摺に見られたナミスジフユナミシャクの雌と思われるものを撮影に行った。数は減っていたが無事にカメラに納める事が出来た。次に、仲町台駅の方に戻ってケヤキの幹に止まるチャバネフユエダシャクの雌を撮って、短時間の散策は終了した。

zaki-20150111-namisujifuyunamishaku-mesu.jpg
<ナミスジフユナミシャク(?)の雌>

<今日出会った主なもの>昆虫/テントウムシ、ナミスジフユナミシャク(?)の雌、チャバネフユエダシャクの雌等。
posted by 花虫とおる at 19:12| Comment(0) | 都筑区

2015年01月10日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。有難い事に天気は穏やかな晴天となった。市営地下鉄仲町台改札から3分も歩くと、そこはもう緑道、お仲間達の観察眼が鋭く光り始めて、ミズイロオナガシジミの卵やチャバネフユエダシャクの雌が見つかった。また、メジロがコナラの樹液を吸っていて、至近距離で観察する事が出来た。また、ヤツデの葉捲りではクロスジホソサジヨコバイが、エノキの落ち葉捲りではゴマダラチョウの幼虫が3匹も見つかった。

zaki-20150110-gomadaracho-yochyu.jpg
<ゴマダラチョウの幼虫>

昼食は中国家庭料理「嘉門」へ行ったが、参加者13名が無事に座れて食事をする事が出来た。食後はもちろん生態園へ歩みを進めたが、途中、早くもウグイスカグラが咲いていた。生態園正門前の手摺にはナミスジフユナミシャク(?)の雌がたくさん這い、シロハラが枝に止まっていた。生態園内では可愛らしいミツバウツギの葉痕が特に人気であった。今日はガストにての新年会の為に早上りしたが、帰路、人を怖がらないいカワセミがいて嬉しくなった。

zaki-20150110-mitsubautsugi-yokon.jpg
<ミツバウツギの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ等。蝶/ゴマダラチョウの幼虫、ミズイロオナガシジミの卵等。昆虫/クロスジホソサジヨコバイ、チャバネフユエダシャク、オオカマキリの卵のう、ハラビロカマキリの卵のう等。鳥/シロハラ、メジロ、シジュウカラ、カワセミ等。その他/トキリマメの実、マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 18:21| Comment(2) | 緑  区

2015年01月09日

横浜市緑区横浜動物の森公園(午後)

今年に入っての鳥撮りは三ッ池公園のカモちゃんと(仮称)ルリビの丘のルリ子ちゃんだけなので、これでは変化に乏しいなあ、何か違った種類を撮らねばと健康昼寝の後に横浜動物の森公園へ行った。しかし、新治市民の森のお隣だから、見られる小鳥はほとんど同じで、ウグイス、アオジ、ヤマガラ、シジュウカラ等が観察出来た。しかし、絵になる場所には現れず、午前同様、泣き泣きのUターンかと思われたが、シメが3羽も飛んで来て、かなり距離があったが撮影する事が出来た。

zaki-20150109-shime.jpg
<シメ>

<今日出会った主なもの>鳥/シメ、ウグイス、アオジ、ヤマガラ、シジュウカラ等。
posted by 花虫とおる at 19:32| Comment(0) | 緑  区

東京都町田市三輪町(午前)

これといって行く当てが無いので、税込で810円とお高いが、島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑のネギラーメン+チャーハンセットを食べたくなったので、至近距離にある三輪町を散策した。まずは保険として、山羊さん顔のムクロジの葉痕をカメラに納めた。その後、妙福寺の紅梅でもと行って見たが、高い場所にほんの少し咲いているだけだった。しからば蝶の蛹でもと鶴川女子短大方面へ歩みを進めたが、ハラビロカマキリの卵のうとソシンロウバイが咲いている位で、泣き泣きのノーシャッターに終わった。

zaki-20150109-mukurojiyokon.jpg
<ムクロジの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、ソシンロウバイ等。昆虫/ハラビロカマキリの卵のう等。鳥/ノスリ等。その他/ヘクソカズラの実等。
posted by 花虫とおる at 19:31| Comment(0) | 町田市

2015年01月08日

横浜市(仮称)ルリビの丘(午後)

昼食は、またしても東名港北PAの「横濱うまいもん亭」へ行って700円のアジフライ定食を食べた。年末からほとんど毎日通っているのだから表彰ものである。年末年始は凄く混雑するかなあと思ったが、普段の日曜日並みで拍子抜けしてしまった。午後からは、ルリビタキの雌がまだいるかなあと(仮称)ルリビの丘へ行った。午前中に三ッ池公園で出会ったお仲間が、今年は青いルリビタキがほとんど見られないと言っていたので、まあルリ子ちゃんが遊んでくれるだけでも幸せという訳である。今日もすぐに現れて嬉しくなった。

zaki-20150108-ruribitaki-mesu.jpg
<ルリビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキ、アオジ、ヤマガラ、シジュウカラ等。
posted by 花虫とおる at 18:27| Comment(0) | 市  内

横浜市鶴見区三ッ池公園(午前)

ヤフオクのオークションに出品して一週間になるが、毎日出品作業を繰り返して21点となった。入札は今のところ5件だが、少しずつ増えて行く事だろう。やはり入札されるものは、売れるに違いないと思ったものである。また、出品した全ての商品がウォッチリストにされているのだかにら、見る人がいるんだなあ、日本は広いなあと感ずる。今後どんなアクシデントが起こるか分からないが、ヤフオクのオークションは、多くの方々とのコミニュケーションの場である事は間違い無い。

zaki-20150108-karugamo.jpg
<カルガモ>

今日も行く当てが無いので、常連さんしか居ないだろうが、必ずシャツターが切れる三ッ池公園へ行った。今朝は幾分気温が高かったのか氷結は見られず、下の池の杭の上は眠りこけるハシビロガモに占拠されていた。風が当たらず陽が射す中の池はキンクロハジロの溜まり場だが、やはり眠っているものが殆どだった。それでも頑張って、カルガモとキンクロハジロの雄をカメラに納めた。帰りがけに下の池を覗いたが、ここしばらく飛来していなかったユリカモメが2羽見られた。

zaki-20150108-kinkurohajiro-osu.jpg
<キンクロハジロの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、アオゲラ等。
posted by 花虫とおる at 18:24| Comment(0) | 鶴見区

2015年01月07日

横浜市都筑区葛ヶ谷公園

相も変わらずの厳冬期、寒いだけでなく被写体も少ないので何処へ行っても同じと、久しぶりに葛ヶ谷公園から大原みねみち公園を往復した。まずはキハダの葉痕を見に行ったが、4本程あった幼木は他の木々やクズ等のマント植物との競争に負けて、たった一本となっていた。しかも撮りたいなあと思う葉痕も無かった。この一本の今後もとても暗く、もし枯れてしまうと近場でキハダは全く見られなくなってしまう。植物界に於いても木々の勢力争いは過酷なのだ。

zaki-20150107-yatsude-mi.jpg
<ヤツデの実>

そんな訳で、この公園はヤツデがとても多いので葉捲りを開始したが、クロスジホソサジヨコバイはなかなか見つからなかったが、被写体が無いのだからと頑張ったら、なんとか見つけることが出来た。さらにヤツデの実が自己主張していたので、久しぶりに撮影した。ヤツデの葉捲りの途中、ルリビタキの雌が一羽ひょこんと顔を出して驚いた。その後、大原みねみち公園まで足を伸ばしたが、またしてもカワセミ待ちの散歩爺ちゃん、煙草爺ちゃん等に出会った。

zaki-20150107-kurosujihososajiyokobai.jpg
<クロスジホソサジヨコバイ>

<今日出会った主なもの>昆虫/クロスジホソサジヨコバイ等。鳥/ルリビタキ、オナガ等。その他/ヤツデの実、マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 19:05| Comment(0) | 都筑区

2015年01月06日

横浜市港北区綱島市民の森

朝起きて外を見たら、どんより暗く曇っていて風が強い。これでは自然観察及び写真撮影は出来ないので、ヤフオク出品の為の商品撮影をする事にした。ばんばん売れるので気を良くしたが、昨晩、他に出品出来るものは無いかと探してみたが意外と少なく、15点程見つかった。これでは全て売れても小さな墓地購入は不可能で、お安い墓石位だなあと苦笑した。そんな訳で商品撮影は1時間程で終了したので、ほんの少し綱島市民の森を散策した。しかし、尾根に上がると風が非常に強く、桃の広場でマロニエの冬芽をカメラに納めただけで、これといったものには出会えなかった。

zaki-20150106-maronie-fuyume.jpg
<マロニエの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/ニホンスイセン等。鳥/モズ、ヒヨドリ等。その他/シロスジショウジョウグモ、ヒョドリジョウゴの実、マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 14:50| Comment(2) | 港北区

2015年01月05日

横浜市鶴見区三ッ池公園

前述したように、いつあの世に召されてもおかしくない年齢になったので、身辺整理のつもりで始めたヤフオクへの出品だが、9点出品して4日間でなんと4点も入札があった。余程の事が無い限り売れたという事だから、打率4割4分、まこと嬉しい悲鳴である。この分だと小さなお墓が買えるかもしれない。そんな訳で、次々と出品したいし、その為には商品写真を撮らねばならない。また、入金確認及び商品発送と忙しくなる。しかし、徒歩30秒で郵便局だから、その点では恵まれている。

zaki-20150104-hashibirogamo-osu.jpg
<ハシビロガモの雄>

明日は荒れ模様という事なので、ローテーション的にはちょいと早いが、お馴染みの三ッ池公園へ行った。今朝はいくらか暖かいと思ったが、前回同様に氷が半分程張っていた。また、幾分風もあって、風が当たらない陽が射す場所にカモ類は集結していた。それでもほとんどが羽に顔を突っ込んで寝ているので困ったが、次第に活動が活発となって、なんとか撮影する事が出来た。しかし、相変わらず珍しいカモは見られず、天気が災いして、杭の上には1羽だに上っていなかった。

zaki-20150105-kaitsuburi.jpg
<カイツブリ>

<今日出会った主なもの>鳥/カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、モズ、ヤマガラ、シジュウカラ、コゲラ、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 19:02| Comment(0) | 鶴見区

2015年01月04日

横浜市(仮称)ルリビの丘(午後)

昼食は、またしても東名港北PAの「横濱うまいもん亭」へ行って780円のカキフライ定食を食べた。やっと朝食がパンに戻ったので、お米ちゃんやーいという訳である。元旦から始めたヤフオクは順調に入札が入って、財布が厚くなりそうな雰囲気で、昼飯代を極端にけちらなくても良さそうである。その後、昨日と同じパターンの後に、これまたまたしても(仮称)ルリビの丘へ行ったが、ルリ子ちゃんはすぐに現れたが、ルリ男君は何処を探しても見つからなかった。安倍政権が続く様だから、幸せの青い鳥がやって来ないのだろう。

zaki-20150104-ruribitaki-mesu.jpg
<ルリビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキ、ジョウビタキ、ヤマガラ、シジュウカラ等。
posted by 花虫とおる at 19:16| Comment(0) | 市  内

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

今日も行く当ては無いが、日曜日なので生態園が開園している筈と茅ヶ崎公園へ行った。茅ヶ崎公園へ左折する100メートル程手前の反対側の歩道に、モミジバフウの並木があるのに初めて気づいた。今年は東方公園や元石川町もNGなので、葉痕が撮れないかもしれないと思っていたら、なんとこんな近くにあったのだ。もちろん散策を開始すると直行した。その後、尾根上のトイレや手摺に昆虫を探したが見つからなかったが、人を怖がらないジョウビタキの雄に出会った。また、散歩爺ちゃんや煙草爺ちゃん、生態園では、Kさん、Aさん、Hさんがいて、新年の挨拶をしていたら散策時間は終了となってしまった。

zaki-20150104-momijibafu-yokon.jpg
<モミジバフウの葉痕>

<今日出会った主なもの>昆虫/テントウムシ、クロスジホソサジヨコバイ、チャバネフユエダシャクの雌等。鳥/ジョウビタキ等。その他/トキリマメの実、マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 19:13| Comment(0) | 緑  区

2015年01月03日

横浜市(仮称)ルリビの丘(午後)

昼食は、東名港北PAの「横濱うまいもん亭」へ行って620円の醤油味の港北ラーメンを食べた。なにしろ朝食は、お雑煮とお節なので腹がなかなか空かないのである。その後の田んぼでの健康昼寝も快適で、目覚めると満を持して、噂に聞いた(仮称)ルリビの丘へ行って見た。すると幸せの青い鳥では無いが、ルリビタキの雌が現れて撮影する事が出来た。毎年お世話になっている新治市民の森や港北ニュータウンの公園等では出会えずに撮影に苦労していたルリビタキだが、雄ではないものの、やっと片目が開いた。

zaki-20150103-ruribitaki-mesu.jpg
<ルリビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキ、シメ、ヤマガラ、シジュウカラ、オオタカ等。
posted by 花虫とおる at 19:01| Comment(0) | 市  内

横浜市港北区新吉田町(午前)

早いもので新年明けて3日目となった。正月三が日の内で今日が一番穏やかである。まこと絶好の散策日和という訳だが、これといった撮りたいものは無いし行く当てもないので、元旦に極々短時間散策した新吉田町へ行った。丘の上の日当たりの良い植木屋さんの畑のシナマンサクは、もうほころびたかなあと期待して行って見たが、ほんの少し蕾が割れて黄色い花弁が見えていたが、まだまだ開花には時間がかかりそうである。しからば早咲きの紅梅はと行って確かめたが、こちらの蕾はなお固かった。

zaki-20150103-kuzu-yokon.jpg
<クズの葉痕>

その後、反対側の丘の上の小道に行ってヤツデの葉捲りを試みたが、クロスジホソサジヨコバイは見つからなかった。雑木林の日陰の縁にはノイバラの実がかなり残っていて、小鳥達に見向きもされないようである。次に杉山神社方面へ下りクズの葉痕を探したが、まあ良いかなあ程度の葉痕をカメラに納めた。今季は何故だか可愛らしい顔に出会えない。最後にソシンロウバイが咲く丘の上の植木屋さんの畑へ行って、やや萎びているがセイヨウカマツカの実を紅葉するブルーベーリーをバックに撮影した。

zaki-20150103-seiyokamatsuka-mi.jpg
<セイヨウカマツカの実>

<今日出会った主なもの>花/ソシンロウバイ等。昆虫/ハラビロカマキリの卵のう等。鳥/ジョウビタキ、モズ、オオタカ等。その他/ノイバラの実、サルトリイバラの実、アマチャヅルの実、ヒヨドリジョウゴの実、セイヨウカマツカの実等。
posted by 花虫とおる at 18:55| Comment(0) | 港北区

2015年01月02日

はじめてのヤフオク出品

いつも落札しているばかりでもつまらないし、いつあの世に召されてもおかしくない年齢になったし、ヤフオク名人の子供が帰って来たので、ヤフオクの出品に元旦から挑戦している。あの世に召された後に、色々な物が残って、その整理に家族の頭を悩ませるのは申し訳ない。まあ、お金を残すだけなら歓迎されるだろう。また、カメラやレンズの防湿庫は一杯だし、衝動買いした高い図鑑類もあるし、ちょいとした身辺整理という訳である。ただ怖い御時世、なにが起こるか分からない。そこでヤフオク専用のメールアドレス、専用通帳等を用意して、いざ出品。今のところ6点出品したが、もう入札が2件もあって、ほくほくしている。ちょいと値段付が安過ぎたかも。しかし、重宝してくれる方がいれば有り難いし、大掃除が出来て身軽になり、しかもお小遣いが入ってくるなんて、まこと夢のようである。
posted by 花虫とおる at 23:24| Comment(0) | 雑  記

Nikon 1 J1 ダブルズームキット

前にも記したがダイエットの為に間食を止め、そのお金でクレジットにてニコンV2に装着する鳥撮り用レンズを購入した。これで電車で楽々鳥撮りに行かれる訳だが、その時、景色や昆虫等も撮影出来たら最高と思っていた。そこでV2用の標準ズームをヤフオクで探していたら、なんとJ1ボディ、標準ズーム、望遠ズーム付きの美品があったので、送料込24794円で落札してしまった。更に、Amazonにて、964円(送料税込)のNO.3のクローズアップレンズを購入してみたところ、装着の手間暇こそかかるものの、標準ズームが使用勝手のすこぶる良いマクロレンズに変身してくれた。ちなみに望遠ズームにも装着して試したが、こちらはちょいと使い勝手が悪かった。今後、J1ボディも様々に使えるし、この衝動買いはまことグーとなってほっとした。

zaki-20150102-Nikon-j1.jpg
<Nikon J1、標準ズーム、クローズアップレンズ>
posted by 花虫とおる at 20:26| Comment(0) | 雑  記

横浜市鶴見区三ッ池公園

年が明けたからといって鳥影が濃くなった訳では無い。そこで確実に鳥が撮れる所は三ッ池公園しかないので、薄曇りであっが風が弱かったので行って見た。昨日の午後に雪がかなり舞った位だから、気温は急激に下がって、下の池と中の池の約半分の水面が凍っていた。この為、下の池の杭の上は人気が薄れ、いつも岸際から離れないマガモがやや沖にいたので撮影出来た。また、シロハラ、ツグミ、シメ、モズ、エナガ、アオジ、ジョウビタキ、シジュウカラ、ヒヨドリ等の小鳥が見られ、デジスコで無く一眼で散策すれば、絵柄は別として数多くの小鳥が撮れた事だろう。しかし、厳冬期、本当に寒くなった。

zaki-20150102-magamo-osu.jpg
<マガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、シロハラ、ツグミ、シメ、モズ、アオジ、エナガ、ジョウビタキ、シジュウカラ、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 18:08| Comment(0) | 鶴見区

2015年01月01日

横浜市港北区新吉田町

大晦日はNHKの紅白歌合戦を見る事も無く、恒例のブルーノ・ワルター指揮によるベートーヴェンの交響曲第9番「合唱」を聞いた位で、いつも通りの静かな晩であった。数多くの名曲を残しているベートーヴェンだが、何遍聞いても飽きないのが交響曲第9番である。まこと音楽における世界遺産である。そんな訳で、しばらく聞いていなかったクラッシック音楽だが、もう少し聞きたくなって、マーラーの交響曲第1番「巨人」とブーラームスの交響曲第1番のCDを取り出した。どちらも大曲で、特にフィナーレは大いに勇気づけられる

zaki-20150101-soshinrobai.jpg
<ソシンロウバイ>

今日はもちろん元旦だが、朝食がお雑煮とお節料理に変わっただけで、これまた静かである。例年通り新吉田町の杉山神社へ初詣に出かけが、私の道端自然観察発祥の地であり、母系のご先祖様の生まれた里でもある。ここはその昔、神奈川都筑郡新田村吉田という地名で、都筑郡は現在の都筑区に名を残している。ちなみに私が住んでいる所は神奈川県橘樹郡大綱村北綱島で、早淵川が境であったようである。いつものように神妙に手を合わせ、帰り途中にソシンロウバイとハラビロカマキリの卵のうをカメラに納めた。

zaki-20150101-harabirokamakiri-ranno.jpg
<ハラビロカマキリの卵のう>

<今日出会った主なもの>花/ソシンロウバイ等。昆虫/ハラビロカマキリの卵のう等。その他/アマチャヅルの実、ヒヨドリジョウゴの実、セイヨウカマツカの実等。
posted by 花虫とおる at 15:38| Comment(0) | 港北区