2015年01月20日

横浜市港北区新吉田町

今日は午後3時から東神奈川の「かなっくホール」にて、第11回里山写真クラブ作品展の展示作業があるので、午前中のみ至近距離の新吉田町へ行った。まずは例によって丘の上の植木屋さんの畑のシナマンサクを見に行ったが、前回よりかなり開花が進んでいて嬉しくなった。また、お隣に植栽されている白梅もちらほらだが咲き始めていた。前回散策したのは12日だから、ほぼ1週間でかなりの変化があった。季節は着実に進んでいるのである。

zaki-20150120-nihonsuisen.jpg
<ニホンスイセン>

お次は、前回撮影した杉山神社方面の紅梅を見に行った。かなり咲いているのではないかと期待したが、手の届かない高い所ばかりで撮影には至らなかった。しからば違う場所の紅梅と歩みを進める途中、農家の庭先にニホンスイセンが咲いていたのでカメラに納めた。違う場所の紅梅はたった1輪咲いているだけで天を仰いだが、ツグミ、ジョウビタキの雄、アオジがいて、縄張り争いなのか、ジョウビタキがアオジをしきりに追い掛け回していた。

zaki-20150120-shinamansaku.jpg
<シナマンサク>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、シナマンサク、ニホンスイセン等。鳥/ジョウビタキ、アオジ、ツグミ等。
posted by 花虫とおる at 19:21| Comment(0) | 港北区