2015年02月28日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

朝の気温はかなり高かったが、北風がやや強かったので体感的には寒く感じた。いよいよ明日から3月に入る。ぬかるんだ場所がかちんかちんに凍り、芝地に雪の様に真っ白に霜が降りる、そんな厳冬期の寒さはもうやって来ないだろう。日もだいぶ長くなった。今日は、またしてもウグイスカグラの花を撮ろうと茅ヶ崎公園へ行ったが、左程咲いていないので天を仰いだ。しからば手摺昆虫観察だと生態園前に行ったが、NO昆虫で眉をしかめた。

zaki-20150228-kawazuzakura.jpg
<カワヅザクラ>

しかし、丘の上のカワヅザクラは早いもので、かなり美しく咲いていた。しかし、なかなか絵になるような小枝はなく、なんとかカメラに納めなければブログアップに漕ぎ着けないと頑張った。その後、例によって生態園内へ歩みを進めたが、これまた被写体は無く、眉毛、目、鼻まではついているのだが口が無いミツバウツギの葉痕を撮った。大声でおしゃべりばかりの花虫さんとは大違いで、口が無いから静かに微笑むだけの葉痕であった。

zaki-20150228-mitsubautsugi-yokon.jpg
<ミツバウツギの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/カワヅザクラ、シナマンサク、アセビ、ウメ、ウグイスカグラ、ツバキ等。
posted by 花虫とおる at 18:43| Comment(0) | 都筑区

2015年02月27日

東京都台東区不忍池

電車で鳥撮りに行けるようにニコンのミラーレスで機材も揃えたし、三脚もリュックにすっぽり入るベルボンのウルトラ455に買い替えたし、すべて準備OKなのだが、雪が積もって車が運転出来ない日が来ない。去年は大雪の御蔭で色々な所へ鳥撮りに行けたが、今年はこんな調子だとNO電車鳥撮りとなってしまう。そこで今日は意を決して、午前中は皇居の御堀、午後からは上野の不忍池へ行こうと出発した。

zaki-20150227-skytree.jpg
<スカイツリー>

久しぶりに電車に乗ったが暑い位に暖房が効いていた。また、中目黒まで立つはめとなったが、シルバーシートを譲ってくれないところをみると、まだ若く見えるのだろう。地下鉄に乗り換えて皇居の御堀へ行ったが、三ッ池公園では旅立ったハシビロカモがいて驚いた。その他にはヨシガモが居たが、かなり距離があって撮影出来なかった。二重橋前へ行くと中国からの観光客が多く、皆さんNIKONをぶら下げていた。

zaki-20150227-segurokamome.jpg
<セグロカモメ>

そんな訳で御堀では良い写真が得られず、有楽町からJRで上野へ行った。昼飯は何故か毎年恒例の「富士そば」の540円のミニかき揚げ丼+盛りそばを食べた。不忍池へ行くと空に雲一つない晴天となって、これでは逆光で良い写真が撮れないなあと思ったが頑張った。今日の目的であるカモメ類、中でも大型のセグロカモメを追いかけた。まことに大きな身体で野鳥ながら存在感があって大好きなカモメである。

zaki-20150227-umineko.jpg
<ウミネコ>

この他、ウミネコやユリカモメを一通り撮り終えると、お次はカモさんですねと鴨目に切り替えるとキンクロハジロばかりである。しかし、良く見るとホシハジロの雌やオナガガモの雌も見られた。更に潜って餌ばかり採っているカモがいたので注視すると、頬に白い紋がついている。初見のホオジロガモであった。そんな訳で不忍池ではかなり成果が上がって、これまた初見のスカイツリーをカメラに納めて引き上げた。

zaki-20150227-hojirogamo.jpg
<ホオジロガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/セグロカモメ、ウミネコ、ユリカモメ、コサギ、ダイサギ、アオサギ、バン、オオバン、ハシビロガモ、オナガガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 19:33| Comment(0) | 東京都

2015年02月25日

横浜市戸塚区舞岡公園

今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。1月は新年会を兼ねての初旬開催だったから、ほぼ2ヵ月ぶりとなったが、皆さん元気なようで何よりであった。まずは去年と異なって瓜久保へ直行し、鳥組とその他組に分かれた。瓜久保では柱の隙間に今年もヤモリが冬眠していた。なかなか撮影が難しかったが、良く撮れた方もいて驚いた。その他は、これといった被写体は無かったが、シナマンサクの品種であるアカバナマンサクが満開であった。

zaki-20150225-sawagurumi-yokon.jpg
<サワグルミの葉痕>

次に狐久保に歩みを進めたが、陽当たりの良い小道脇に、ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、オオイヌノフグリが咲き乱れ、オニグルミの幼木で羊顔の葉痕が笑っていた。また、ベニマシコの雌が2羽、セイタカアワダチソウの実を啄んでいた。Uターンして「きざはしの池」へ行って鳥組と合流したが、タシギは3羽も見られたが目的のヤマシギは観察出来なかったという。そこで、昼食でもぱくついていたら現れるかもしれないと弁当を広げてのんびりとした。

zaki-20150225-ga.jpg
<フユシャクの仲間の雄>

午後からは小谷戸の里へ立ち寄って、オニシバリ、シナマンサク、フクジュソウ等を愛でてから、丘に上って「さくらなみ池」へ降り、再び「きざはしの池」や狐久保に立ち寄って虹の家に戻った。途中からガに詳しいお仲間が参加し、また、さくら休憩所近くのお便所昆虫観察等でフユシャクの仲間がかなり見つかった。また、ウシカメムシがいたのにも驚いた。さくらなみ池の畔では毎年お馴染みのサワグルミの葉痕、サワちゃんも元気で笑っていた。

zaki-20150225-fuyushaku-mesu.jpg
<ホソウスバフユシャク(?)の雌>

<今日出会った主なもの>花/オニシバリ、サンシュユ、ウメ、シナマンサク、オウバイ、ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、オオイヌノフグリ、フクジュソウ等。昆虫/シロフフユエダシャク、クロテンフユシャク、ホソウスバフユシャク、クロスジホソサジヨコバイ、ウシカメムシ等。鳥/ベニマシコ、タシギ、アオジ、シロハラ、ツグミ、スズメ、モズ、コサギ等。その他/ヤモリ等。
posted by 花虫とおる at 18:26| Comment(0) | 戸塚区

2015年02月24日

横浜市鶴見区三ッ池公園

今朝は昨日の暖かさが残っていたが、出発する時間になると気温が下がって来た。まこと服装選びに苦労する。午後からは、だいぶ良くなったが足底筋膜炎のリハビリなので、午前中のみ至近距離の三ッ池公園へ行った。下の池の杭の上はホシハジロの雄が占拠していて、前回来た時に見られなくなったハシビロガモの姿は一羽も無かった。繁殖地がユーラシア大陸の高緯度から中緯度地域だというので、まだ旅立つにはちょいと早いと思うのだが、居なくなった事は確かである。

zaki-20150224-hoshihajiro-osu.jpg
<ホシハジロの雄>

今日の特筆事項はオナガガモの雄が一羽観察出来た事で、何年も何回も通っているが三ッ池公園では初見である。また、樹木がまばらに生えている開けた場所に、アトリの雌雄が餌を啄んでいた。また、同所にはシロハラやツグミも見られ、探せば色々な野鳥が見られるんだなあと三ッ池公園を見直した。しかし、なかなか良い所には止まらず、撮影する事は出来なかった。帰りがけに下の池に寄ったが、池の周りの草刈りが始まっていて、ほとんどのカモが姿を消していた。

zaki-20150224-hoshihajiro-mesu.jpg
<ホシハジロの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/オナガガモ、マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、シロハラ、ツグミ、ハクセキレイ、アトリ、シジュウカラ等。
posted by 花虫とおる at 18:46| Comment(0) | 鶴見区

2015年02月23日

横浜市港北区新吉田町

今日は気温がぐんぐん上がって、4月上旬並みの20度前後になると予報されていた。この為、朝から気温がかなり高く春の服装で出発した。いつもの場所に車を停めて丘の上の植木屋さんの畑へ行ったが、シナマンサクは盛りを過ぎ、紅白の梅は満開で、更にサンシュユも咲き始めたから、丘の上はかなり賑やかとなった。カワヅザクラやアセビの蕾も膨らんで来たので、いよいよ3月だなあと感じ入った。今年の冬はヤフオクでかなり稼いだが、時間が経つのが早過ぎた。

zaki-20150224-hotokenoza.jpg
<ホトケノザ>

植木屋さんの畑を後にすると、陽当たりの良い路傍の野の花を愛でに行った。今日はコハコベも仲間入りしていた。コハコベは春の七草の一つで食用ともなるが、子供の頃はジュウシマツやニワトリの餌に摘んだものである。良く似た種としてミドリハコベがあるが雄蕊の数等が異なる。その後、杉山神社方面を一回りしたが、気温がぐんぐん上がって暑い位であった。この春の様な陽気は明後日までで、また寒くなるというが、完全に厳冬期は過ぎ去ったなあと微笑んだ。

zaki-20150224-kohakobe.jpg
<コハコベ>

<今日出会った主なもの>花/アセビ、サンシュユ、ウメ、シナマンサク、オウバイ、コハコベ、ナズナ、タネツケバナ、ホトケノザ、オオイヌノフグリ、ビオラ、フユシラズ等。昆虫/ナナホシテントウ等。
posted by 花虫とおる at 18:14| Comment(0) | 港北区

2015年02月22日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(夕方)

早野の里の各所を散策してもこれといった被写体は無いだろうと早上りし、形の良い棒を拾って寺家ふるさと村へ行った。先だってU字に曲がる鉄の棒に止まるジョウビタキの雄を撮ったが、やはり木の棒の上に止まるものの方が良いと思ったのである。ポイントに到着すると背景を前回と異なったグリーンにし、ジョウビタキの雄が現れたので秘伝の御呪いをしたら、期待通りに止まってくれた。そこで連写を繰り返して、ピントがびしっと合いブレの無い画像を手に入れた。

zaki-20150222-jobitaki-osu.jpg
<ジョウビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキの雄、モズ、ヒヨドリ、ハシブトガラス等。
posted by 花虫とおる at 19:22| Comment(0) | 青葉区

神奈川県川崎市麻生区早野の里(午後)

朝起きて外を見ると天気予報通り雨が降っていた。そこで朝食後に布団にUターンし、日頃の疲れを癒したが、再び目覚めると雨は止んでいた。そこで、久しぶりに鴨志田町のラーメン屋「清龍」の800円とちょいとお高いが、半ラーメン+ミニ中華丼セットを食べたくなったので出発した。昨日記したように「嘉門」が休業中で、本格的な中国人による料理が食べれなくなっている。日本人が作ったものとは微妙に味が異なるのだ。しかし、「清龍」の中華丼はとても美味しい。

zaki-20150222-akinire-yokon.jpg
<アキニレの葉痕>

昼食後は、朝寝をしたので昼寝は割愛して早野の里へ行った。今日は、前回かなり成果が上がった桐蔭学園に隣接する植木屋さんの畑へ行った。まずは紅梅を見に行ったが、早くも満開となっていたが絵になる小枝はなかった。そこでサンシュユを撮ろうと歩き始めると、アキニレの木が一本あるのに気づいた。近づいて葉痕を見ると、とっても可愛いアキ坊がいたのでカメラに納めた。その後、咲き始めたサンシュユを予定通り撮って車に戻った。

zaki-20150222-sanshyuyu.jpg
<サンシュユ>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、サンシュユ、ホトケノザ、オオイヌノフグリ等。
posted by 花虫とおる at 19:19| Comment(0) | 川崎市

2015年02月21日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

昼食は「嘉門」でとろうと行って見ると、扉に「しばらくの間お休みさせて頂きます」とのボードがぶら下がっていた。マスターか調理人さんが病気にでもなったのかもしれない。早く再開してくれれば良いのになあと思った事は言うまでも無い。午後からは久しぶりに新治市民の森へ行ったが、ジョウビタキやヤマガラはいたものの、これぞといった所に止まってくれなかった。そこでカワセミの雌を狙ったが、サービスが良く無く、止まり木には数度しか来てくれなかった。

zaki-20150221-kawasemi-mesu.jpg
<カワセミの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキ、カワセミ、ヤマガラ、シジュウカラ、アオジ、ムクドリ、スズメ、アオサギ、コサギ等。
posted by 花虫とおる at 19:02| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

春が近づいているからか、天気の移り変わりがとても早く明日はもう雨が降るという。しかし、まだ被写体はこれといったものが無く、ウグイスカグラでも撮ろうと茅ヶ崎公園へ行った。散策を開始すると陽当たりの良い斜面のウグイスカグラのポイントへ直行したが、ほんの数輪咲いているだけで天を仰いだ。しからば今日こそ茅ヶ崎中学校裏のツバキですねと行って見ると、大きな雲が太陽を隠してくれて、やっとしっとりとしたツバキの写真を手に入れる事が出来た。

zaki-20150221-aodamo-yokon.jpg
<アオダモの葉痕>

お次は手摺昆虫観察を試みたが、港北NTの虫女のPさんの様には見つからなかった。それではお便所昆虫観察ですねと丘の上のトイレへ行ったが、フユシャクの季節は終了したのか、一匹だに見つからなかった。しかし、早くもカワヅザクラがちらほら咲いていて嬉しくなった。そのうちメジロがたくさんやって来ると、鳥撮り爺ちゃん達で賑あう事だろう。最後に、これといった被写体が無いので生態園へ行って、バットの原木として著名なアオダモの葉痕を撮った。

zaki-20150221-tsubaki.jpg
<ツバキ>

<今日出会った主なもの>花/カワヅザクラ、ウメ、ウグイスカグラ、ツバキ等。
posted by 花虫とおる at 18:59| Comment(0) | 都筑区

2015年02月20日

横浜市青葉区元石川町

昨日の昼食は久しぶりに横浜家のラーメンを食べたが、以前の様にあまり美味いとは思わなかった。そこで今日は810円とちょいとお高いが、島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑のネギラーメン+チャーハンセットを食べたくなった。どうやら豚骨系から醤油系に味の好みが変わったようである。もっとも、そのうちまた変わって、横浜家のラーメンに戻るかもしれない。そんな訳で、今日の散策先は島忠ホームズ町田店に近い元石川町と決まった。

zsaki-20150220-robai-yokon.jpg
<ロウバイの葉痕>

まずは民家の庭から垂れ下がるオウバイを見に行ったが、今が盛りと咲いていた。オウバイは中国原産で、漢字書くと「黄梅」となる。しかし、ウメではなくてジャスミンの仲間である。この仲間は花に強い芳香を持っているものがあり、香水やジャスミン茶の原料として使用されるが、残念ながらオウバイには芳香は無い。オウバイを無事に撮り終わると一回りしたが、これといった被写体には出合わず、ロウバイの葉痕をカメラに納めて引き返した。

zsaki-20150220-obai.jpg
<オウバイ>

<今日出会った主なもの>花/オウバイ、ウメ、ツバキ、オオイヌノフグリ、ホトケノザ等。鳥/ジョウビタキ等。
posted by 花虫とおる at 18:26| Comment(0) | 青葉区

2015年02月19日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午後)

午後からは久しぶりに寺家ふるさと村へ行った。人懐こいジョウビタキの雄が居るので、なんとか絵になるように撮影しようと思ったのだ。ポイントへ到着するとU字に曲がった鉄の棒を形良く立て直し、背景を選んでお出ましを待った。するとすぐに顔を出したので、地面にベテラン鳥撮りおじさん直伝の御呪いを施して離れて待つと、思惑通りU字の鉄棒の上に止まってくれた。そんな訳で短時間で目的は達成出来たので、その後一回りしてみたものの、新池にオオバンが居た位で、これといった鳥には出合えなかった。

zaki-20150219-jobitaki-osu.jpg
<ジョウビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキの雄、モズ、シジュウカラ、ヒヨドリ、スズメ、カルガモ、キンクロハジロ、オオバン、ハシブトガラス等。
posted by 花虫とおる at 19:26| Comment(0) | 青葉区

横浜市鶴見区三ッ池公園(午前)

降水量としては左程多くはなかったが、昨日一昨日と良く雨が降り続いた。今日は二十四節気の雨水で、これからは雪より雨が多くなる。このぶんだと今年は除雪作業をせずにすむかもしれない。三ッ池公園の平日のみ駐車場が無料の期間も早や1ヶ月を切った。そんな訳で期待して出かけたが、ハシビロガモは1羽も見られず、もう旅立ったのかなあと不思議に思った。池には相も変わらずキンクロハジロとホシハジロばかりなので、今日は芝地で餌を探すツグミを撮った。

zaki-20150219-tsugumi.jpg
<ツグミ>

<今日出会った主なもの>鳥/マガモ、カルガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、モズ、ツグミ、ハクセキレイ、アトリ、シジュウカラ等。
posted by 花虫とおる at 19:22| Comment(0) | 鶴見区

2015年02月17日

横浜市港北区新吉田町

朝起きて外を見ると道路が乾いている。おかしいなあ、今日は雨の筈だがと思ってネットで天気予報を見ると、やはり傘マークが並んでいる。やっぱり朝食後は布団にUターンだなと思っていたら、なかなか雨が落ちて来ない。むしろ明るくなって来た。そこで至近距離、いつ雨が降っても車に逃げ込める新吉田町へ行った。例によって丘の上の植木屋さんの畑へ行くと、紅白及び桃色の梅とシナマンサクが咲いていて賑やかだ。そこで鹿児島紅と思われる紅色が濃い梅を撮った。お次はオウバイでもと歩き始めたが、やはり雨が降って来た。

zaki-20150217-ume.jpg
<ウメ>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、シナマンサク等。
posted by 花虫とおる at 17:51| Comment(0) | 港北区

2015年02月16日

東京都(仮称)ルリビの丘公園(午後)

昼飯は、昨日に引き続いて「かつや」に行ってカツ丼(勝つぞ)の梅と豚汁の小を食べた。もちろん無料食べ放題の漬物もかなりぱくついた。「死ぬ前に、一度は食べたし、カツ丼の松」とは思うのだが、ダイエットには如何なものだろう。その後、ルリビタキのポイントで工事が始まる予定の(仮称)ルリビの丘公園へ行った。工事はすでに始まっていたが、今日だけは特別にポイントに入れて貰えた。古民家の茅葺屋根の葺き替えなのだが、なんと1年間続くという。

zaki-20150216-ruribitaki-osu.jpg
<ルリビタキの雄>

鳥撮りを始めて「トリモトール(鳥も撮る)花虫」となったが、始めた頃は色々な鳥を撮りたいと各所を回ったが、最近は「ビタキ」と名がつく小鳥中心の撮影である。すなわち、ジョウビタキ、ルリビタキ、オジロビタキ、キビタキ、コサメビタキ、ノビタキ、エゾビタキ、サメビタキという訳で、これに、アオバズク、フクロウ、チョウゲンボウがプラスされて1年が回る。今年はルリビタキは撮れないのではと危惧したが、(仮称)ルリビの丘公園で思う存分撮れてほっとした。

zaki-20150216-jobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキの雄、ジョウビタキの雌、シロハラ、ヤマガラ、シジュウカラ、カワセミ、キンクロハジロ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 20:26| Comment(0) | 東京都

東京都多摩市豊ヶ丘南公園(午前)

天気予報を見ると今日は穏やかな晴天だが、明日明後日は傘マークがつていて雨が降る様である。今年の冬は乾燥した晴れの日が長く続く事無く、雨が周期的に降る。有り難い事に雪にならずに助かっているが、ホームセンターには昨年の大雪の時に売れに売れた除雪用のスコップが並んでいる。それを見ると今季はどうなりますやらと、とても気になる。去年は大雪の為に電車で鳥撮りにかなり行ったが、今年はまだ一度もないので、そろそろ始めなければならない。

zaki-20150216-magamo-osu.jpg
<マガモの雄>

そんな訳で、今日は充実した1日を過ごそうと、まずはあぶれ無しの豊ヶ丘南公園へ行った。目的はカワセミだったのだが不在で、相変わらず常連さんのカモ類と遊ぶ事になった。ヤフオクで手に入れたニコンJ1にサンヨンを装着した機材だが、なにしろ35mm換算で810mmとなるのだから、ゆっくりとだが泳いでいるカモを撮るのには苦労する。しかし、画質的には単焦点レンズだけあって、かなり遠いものでもくっきりとした写真が得られるのだから嬉しくなった。

zaki-20150216-onagagamo-osu.jpg
<オナガガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ハクセキレイ、ムクドリ、マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、オナガガモ、ヒドリガモ等。
posted by 花虫とおる at 20:23| Comment(0) | 東京都

2015年02月15日

横浜市緑区長津田町(仮称)246の森

出品しているヤフオクは順調に落札が続き、今日現在で47もの商品が売れた。サラリーマン時代に出版社回りをしていたが、その時に頂いた画集が、なんと5000円で売れて嬉しくなった。しかし、目標の墓石代だが、ネットで検索してみると最低で一式67万円もする。ここまでは売れていないのだが「花虫家ノ墓」と刻むメインの墓石だけは買えそうである。それにしても墓地代も含めると300万円以上になるのだから、そう簡単には死ねないなあと苦笑した。

zaki-20150215-kuzu-yokon.jpg
<クズの葉痕>

今日は「かつや」の100円割引券の有効期限が近づいているので、至近距離の長津田町(仮称)246の森へ行った。まずは貧果必至なのでクズの葉痕をカメラに納めた。今季見つけた中では一番目鼻立ちが整ったクズ子ちゃんである。その後、以前散策した時に見つけたスジグロシロチョウとモンシロチョウの蛹を見に行ったが、モンシロチョウの方は天敵にやられ、スジグロシロチョウは一つ残っていたが、絵にはならない場所なので撮影は諦めた。

zaki-20150215-boke-tsubomi.jpg
<ボケの蕾>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、ホトケノザ、オオイヌノフグリ等。蝶/スジグロシロチョウの蛹等。
posted by 花虫とおる at 18:47| Comment(4) | 緑  区

2015年02月14日

東京都(仮称)ルリビの丘公園(午後)

昼食は、いつもなら茅ヶ崎公園から至近距離の中国家庭料理「嘉門」でとるのだが、今日は何故か「すき家」の白髪ねぎ牛丼を食べたくなった。しかし、お店に入ると鍋フェアとかなんとかで、牛すき鍋定食が80円も安くなっていたので注文した。更に70円のお新香も追加したので、なんとなんと税込で723円にもなってしまった。後悔先にたたず、やっぱり予定通り白髪ねぎ牛丼にしておけば良かった。牛丼屋さんでの昼飯は600円前後がお似合いだ。

zaki-20150214-jobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

午後からは午前中の貧果を挽回しようと(仮称)ルリビの丘公園へ行った。ここなら少なくともジョウビタキの雌は撮れるだろうと思ったのだが、今日は土曜日でカメラマンが殺到していた。これでは良い写真は無理かなと思ったが、時間が経つにつれてカメラマンが減ってにんまりした。しかし、ジョウビタキの雌が睨みをきかせていてルリビタキの雄の出は悪かった。今日はバレンタインデーなのだから、ルリ男君に席を譲っても良いのになあと微笑んだ。

zaki-20150214-ruribitaki-osu.jpg
<ルリビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキの雄、ジョウビタキの雌、シロハラ、ヤマガラ、シジュウカラ、カワセミ、キンクロハジロ、カルガモ、ハシブトガラス等。
posted by 花虫とおる at 19:23| Comment(0) | 東京都

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

今日は土曜日だから生態園が開いてるので、迷わず茅ヶ崎公園へ行った。まずは陽が当たる斜面に咲くウグイスカグラに期待したが、ちらりほらり咲いていたものの、かなり高い所で撮影出来なかった。しからば茅ヶ崎中学校裏のピンクのツバキだなと歩みを進めたが、ピーカンだからコントラストがきつくて苦笑した。次に生態園正門手前で手摺昆虫観察を試みたが、シロフフユエダシャクの雄を見つけてほっとした。生態園に入ると、ヤツデの葉捲りでクロスジホソサジヨコバイを見つけたものの風が強くなって諦めた。最後にクロテンフユシャクの雄も見つけたが、なんと女子トイレの壁だったので、これまた撮影は諦めた。そんなこんなで撮影を諦める事ばかりであった。

zaki-20150214-shirofuyushaku.jpg
<シロフフユエダシャクの雄>

<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ、ツバキ等。昆虫/シロフフユエダシャク、クロテンフユシャク、クロスジホソサジヨコバイ、オオカマキリの卵のう、ハラビロカマキリの卵のう等。鳥/カワセミ等。
posted by 花虫とおる at 19:20| Comment(0) | 都筑区

2015年02月13日

横浜市緑区横浜動物の森公園

3日前にリンガーハット十日市場店に寄ったら、590円(税別)でギョウザが15個のギョウザ定食が店舗及び期間限定でメニューにあるのに気づいた。そこで、これは一度食べてみなければならないと思った。リンガーハットのギョウザは普通サイズの半分程の大きさだから、15個といっても左程の量ではない。しかし、結論から申し上げると、スープはついていたが漬物等は無く、ギョウザとご飯ばかりをぱくつくのだから、残念ながら美味しいとは言えなかった。

zaki-20150213-gonzui-fuyume.jpg
<ゴンズイの冬芽>

今日は、そんな理由からリンガーハットに近い場所を散策しようと、久しぶりに横浜動物の森公園へ行った。しかし、これといった被写体は無く、またしても梅田川方面へ降りて行った。アカバナマンサクをゲットしようと思ったのである。花弁は赤いがシナマンサクの変種の様で、同じ木にやや黄色い花も咲いていて、枯れた葉は落ちずに残っている。今日は良い場所に咲いていて、やっと撮影出来た。そこで横浜動物の森公園に戻ってゴンズイの冬芽を撮った。

zaki-20150213-akabanamansaku.jpg
<アカバナマンサク>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、シナマンサク、アカバナマンサク、マンサク等。昆虫/クロスジホソサジヨコバイ、ハラビロカマキリの卵のう等。鳥/モズ等。
posted by 花虫とおる at 18:39| Comment(0) | 緑  区

2015年02月12日

横浜市鶴見区三ッ池公園

最近、世界的にマクドナルドの売り上げが芳しくなく、特に日本はかなりの落ち込みの様である。ハンバーガー、ポテトフライ、チキンナゲット等では健康に良かろう筈は無いし、値段もかなり高い。更に飲み物をコカコーラにでもしたら、致命的な肥満食となる。そんな訳で一度しか行った事が無い。また、かなり前から日本には不向きなドライブスルーという販売方式をとって交通渋滞の一因ともなっていたので、マクドナルドの業績低迷は嬉しい限りである。

zaki-20150212-hashibirogamo-osu.jpg
<ハシビロガモの雄>

今日は、気温が上がり穏やかな日和という事で三ッ池公園へ行った。平日のみ駐車場が無料になって3ヶ月が過ぎ、後1ヶ月で有料となるというのに今季は本当に芳しくない。ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロはたくさん居るが、比較的珍しいカモは数日だけヨシガモの雄が2羽見られたのみでる。今日はユリカモメも飛来しておらず、下の池の水面下に隠れる杭に乗ったカモを撮った。暖かいのに昼寝をしている個体がかなりいて苦笑した。

zaki-20150212-kinkurohajiro-osu.jpg
<キンクロハジロの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、ハクセキレイ、シジュウカラ、スズメ、ムクドリ等。
posted by 花虫とおる at 18:49| Comment(0) | 鶴見区

2015年02月11日

横浜市港北区新吉田町

昨日、STAP細胞論文不正問題で理化学研究所は小保方晴子・元研究員に懲戒解雇相当、共同研究者の若山照彦・山梨大教授に出勤停止相当、竹市雅俊元センター長にけん責処分、論文作成にもかかわった丹羽仁史・元プロジェクトリーダーに文書による厳重注意としたと発表した。なんだか下に重い処分で、いわゆる「蜥蜴のしっぽ切り」で一件落着という事らしい。これでは国民の血税が注ぎ込まれている理化学研究所の悪しき体質改善は程遠い。

zaki-20150211-ume.jpg
<ウメ>

今日は、ここ数日の寒さは和らぎ風も治まって散策日和となった。そこで、小さな春を見つけに新吉田町へ行った。散策を開始すると民家の庭から垂れ下がるオウバイが咲き始め、塀越しのネコヤナギの花芽が銀色に輝いていた。丘の上の植木屋さんの畑では紅白の梅、黄色いシナマンサクが咲いていて、陽当たりの良い小道にはオオイヌノフグリやホトケノザも咲いていた。凍りつくような寒さが続いたが、それにめげずに春は確実に近づいている。

zaki-20150211-ooinunofuguri.jpg
<オオイヌノフグリ>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、シナマンサク、オウバイ、ホトケノザ、オオイヌノフグリ等。
posted by 花虫とおる at 19:12| Comment(0) | 港北区

2015年02月10日

横浜市緑区三保市民の森

今日は朝から青空一杯で風は治まったが本当に寒い。東京都心では零下2.4度の今季最低気温を記録したという。日本海側では大雪が降り続き、人の背丈の2倍も積もっている所もあり、除雪しても除雪してもすぐに積もるらしく、まこと大変だなあと思った。もちろん各地の自治体の除雪費用はかなりかさんで、雪との戦いは半端ではない。それに比べて首都圏は有難い事に大雪には見舞われていないが、今後どうなることやら、冬はまだまだ続く。

zaki-20150210-mansaku.jpg
<マンサク>

今日もこれといった当ても無く、アカバナマンサクを撮ろうというだけで三保市民の森へ行った。まずは例によって三保平へ上って行ったが、ラジオ体操もどきの運動をしている元気なご婦人達に出会ったのみであった。そこで、旧道ルートで梅田川沿いを下流に向って散策したが、ほぼ見頃のマンサクとアカメガシワの冬芽をカメラに納め、本命たるアカバナマンサクを撮りに行ったが、何故か縮れた花ばかりで絵になるようには咲いていなかった。

zaki-20150210-akamegashiwa-fuyume.jpg
<アカメガシワの冬芽>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、シナマンサク、アカバナマンサク、マンサク、ロウバイ、ソシンロウバイ、オオイヌノフグリ等。
posted by 花虫とおる at 19:12| Comment(0) | 緑  区

2015年02月09日

東京都(仮称)ルリビの丘公園(午後)

昼食は何故だかカキフライ定食を食べたくなったので、780円とお高いが毎度お馴染みの「横濱うまいもん亭」へ行った。一時はほんの少しだが雪が舞ったが、天気予報通りに晴れて来てほっした。まこと冬は陽の光が有り難く、田んぼでの昼寝も無事にとる事が出来た。北欧に暮らす人々は夏になると真っ裸で日光浴をするというが、太陽への感謝は日本人の比では無いのだろう。午後からは昨日行く筈だったが雨で中止となった(仮称)ルリビの丘公園へ行った。

zaki-20150209-ruribitaki-osu.jpg
<ルリビタキの雄>

ポイントへ到着すると誰もカメラマンは居なかったし、ルリビタキの雄しかいないのでしめしめと思った。しかし、こんなに寒いのに数人のカメラマン、ジョウビタキのお姉さん、シジュウカラ軍団もやって来た。なんだか黒いカストロコートのおじさんは人気が高いようである。今日も枝止まりのルリビタキの雄を撮りたいと頑張ったのだが、結局は石止まりの写真ばかりとなってしまった。枝止まりが撮れるまで頑張るつもりでいたが、そろそろ限界かなと苦笑した。

zaki-20150209-jyobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキの雄、ジョウビタキの雌、シジュウカラ、アオジ、カワセミ等。
posted by 花虫とおる at 20:09| Comment(0) | 東京都

横浜市緑区新治市民の森(午前)

今朝は本当に気温が低い、この冬一番の寒さではなかろうか。おまけにどんよりと曇っていて北風も強いから尚更だ。しかし、天気予報では次第に晴れて来るとあったので、久しぶりに新治市民の森へ行った。鎌立谷戸入口には、こんなに寒いのにホトケノザやナズナが咲いていて驚いた。ホトケノザは以前は今ほど蔓延っていなかったし、寒さにも強いのだから外来種かなと調べてみたら、アジアやヨーロッパ、北アフリカなどに広く分布するようだが、どうやら自生種のようである。

zaki-20150209-oodemari-yokon.jpg
<オオデマリの葉痕>

今日の主目的たる紅梅は途中の民家前は満開だったが手の届く所には無く、カワセミの池手前に数本植栽されているものは、ほんの僅か咲き始めたばかりであった。そこで貧果必至だったので蕾をカメラに納めた。こんなに寒いからカワセミの池には鳥撮りカメラマンは誰もいないだろうと覗いて見たら、3人もいて驚いた。また、新治市民の森の植物グループの方々も散策中で、ご一緒に、ミツバウツギ、クズ、ネムノキ、オオデマリ等の葉痕を観察した。

zaki-20150209-ume-tsubomi.jpg
<ウメの蕾>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、ソシンロウバイ、ホトケノザ、ナズナ等。昆虫/オオカマキリの卵のう等。鳥/カワセミ、ヤマガラ、コサギ、ダイサギ等。その他/トキリマメの実等。
posted by 花虫とおる at 20:05| Comment(0) | 緑  区

2015年02月08日

東京都多摩市豊ヶ丘南公園

昨日は夕方から雨となって、このまま今日も降り続くのかと思ったが、朝起きたら曇っている。そこでネットの天気予報を見ると12時に傘マークがついているので、午前中は豊ヶ丘南公園、昼食と昼寝の後に(仮称)ルリビの森公園へ行こうと出発した。しかし、結果としては午前11時半位から雨が降り出し、午後2時になっても雨は止まなかった。そこで、寺家ふるさと村の四季の家で開催中の知人の写真展「里山の鳥たち」を見て帰宅する事となった。

zaki-20150208-magamo-osu.jpg
<マガモの雄>

豊ヶ丘南公園は相変わらず普通種のカモ類がたくさんいたが、三ッ池公園では見られないオナガガモやヒドリガモがいるので頑張った。またマガモの数が三ッ池公園に比べると数倍もいるのだから嬉しくなる。今日はカワセミも見られたが枝被りばかりで、なかなか良い場所には止まってくれなかった。また、池の周辺にジョウビタキの雌もいて、かなり人懐こかったので、絵になる所に止まってよと期待して後をつけたが、雨が降って来たので諦めた。

zaki-20150208-hidorigamo-osu.jpg
<ヒドリガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキの雌、カワセミ、ムクドリ、アオサギ、マガモ、カルガモ、キンクロハジロ、オナガガモ、ヒドリガモ等。
posted by 花虫とおる at 18:54| Comment(0) | 東京都

2015年02月07日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

今日もこれといった行く当てが無い。そこで何が食べたいと自問自答してみると、中国家庭料理「嘉門」の定食との答えが返って来たので、おのずと茅ヶ崎公園へと行く先が決まった。ちょいと値段がお高いが、なにしろヤフオクで40点程売れたのだから太っ腹になる。まだ出品中のものが20点程残っているので、なんとなんと60点も出品した事になる。写真撮影の趣味は約25年間も続いているのだから、それ位あってもおかしくない。お陰様でカメラやレンズを収納している防湿庫にかなりの空スペースが出来た。

zaki-20150207-momijibafu-yokon.jpg
<モミジバフウの葉痕>

散策を開始すると、まずは保険として並木道のモミジバフウの葉痕を撮りに行った。落葉間近だと目鼻立ちがはっきり現れていなかったり、葉痕が緑色を帯びていたりする。そんな訳で今が撮り頃という訳である。次は、花が良いなあと茅ヶ崎中学校裏のツバキや雑木林でウグイスカグラを探したが絵にならず、生態園に入ってトキリマメをカメラに納めた。これで良し良しと入口に戻ろうとすると、ペンタ親子さん、ピタキさん、オカピさんのお姉さん等の美女達に出会ってびっくりした。やっぱり明日は雨になりそうである。

zaki-20150207-tokirimame-mi.jpg
<トキリマメの実>

<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ、ツバキ等。昆虫/クロスジホソサジヨコバイ等。鳥/コサギ等。その他/トキリマメの実等。
posted by 花虫とおる at 18:28| Comment(0) | 都筑区

2015年02月06日

東京都(仮称)ルリビの丘公園(午後)

昼食は、毎度お馴染みの東名港北PAの「横濱うまいもん亭」へ行って750円のスタミナ丼を食べた。モツの上に、葱とキムチがたっぷり乗っているのである。これだけ通っていると店員さんとも顔なじみで、「お陰様で食生活が豊かになって助かってます」と特に親しい徳ちゃんに頭を下げた。なにしろ「横濱うまいもん亭」のメニューは、麺類を含めると約50種類にもおよぶのだ。これだけあると、毎日の様に通っても飽きが来ないし、またそれぞれ美味いのである。

zaki-20150206-jobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

午後からは、これまた相も変わらず(仮称)ルリビの丘公園へ行った。早く行っても一般来園者が多いだけだから、昼寝をたっぷりとった事は言うまでも無い。ポイントに到着するとカメラマンは2人で、まずまずだなあとほくそ笑んだ。しかし、ルリビタキの様子がなにかを警戒しているのかとてもサービスが悪く、やがてお邪魔鳥のシジュウカラの群れや意地っ張りのジョウビタキの雌がやって来た。そんな訳で、なかなか良い写真が得られずに苦労した。

zaki-20150206-ruribitaki.jpg
<ルリビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキの雄、ジョウビタキの雌、シジュウカラ、カワセミ等。
posted by 花虫とおる at 20:12| Comment(0) | 東京都

横浜市緑区三保市民の森(午前)

昨日は一時霙となったが雨がほとんどで、雪が積もる事無く済んだのはまこと有り難い。去年の今頃は2回も大雪に見舞われ除雪に苦労したし、そればかりでなく駐輪場の屋根が一部壊れてしまって、直すのに3万円もかかってしまった。出来うる事なら今季は雪が積もる事無しにと願っているのだが、春までかなりの時間があるので分からない。天気予報によると、早くも明後日の日曜日は天気が崩れるらしい。天気がくるくる変わるのも春が近いという証拠である。

zaki-20150206-sansho-yokon.jpg
<サンショウの葉痕>

今日は昨日の雨が木々の葉や梢に残っているので、雑木林等へ行ってもノーシャッターになるだろうと思い、三保市民の森の三保平と梅田川周辺を散策する事にした。まずは三保平に上って行ったが、ロウバイは盛期を過ぎ紅梅が咲き始めていた。梅田川周辺では相変わらずシナマンサク、アカバナマンサク、マンサクが見頃で、まだアップしていないアカバナマンサクを撮ろうと頑張ったが、絵になるようには咲いていなかった。そこで花弁がやや短いシナマンサクを撮った。

zaki-20150206-shinamansaku.jpg
<シナマンサク>

<今日出会った主なもの>花/ロウバイ、ウメ、シナマンサク、アカバナマンサク、マンサク等。
posted by 花虫とおる at 20:10| Comment(0) | 緑  区

2015年02月04日

横浜市鶴見区三ッ池公園

フィールドに行く途中、いつもNHKのラジオをつけるが、お馴染みの藤井綾子キャスターの「すっぴん」は早々終了していて、聞きたくない安倍ちゃんの答弁が流れて来る。参議院予算委員会の国会中継が放送されているのだが、ほんの少し耳を傾けるとCDにチェンジする。国会中継は日本国民であれば最も傾聴せねばならない放送なのだが、「戦後レジーム」の脱却等と格好の良い事を安倍ちゃんは言っているが、米軍を助けたいという魂胆が透けて見えるから嫌になる。

zaki-20150204-kinkurohajiro-osu.jpg
<キンクロハジロの雄>

天気予報によると明日は雪が降ると予報されていて、どうやら自宅蟄居の一日になりそうである。しからば、今日の午後の足底筋膜炎のリハビリ治療は明日に延ばして、3日連荘で(仮称)ルリビの丘公園に行きたいなあとも思った。しかし、雪降る中の通院もちょいとしんどそうだし、すってんころりんでもしたら目も当てられない。そう考えて予定通り今日の午後に通院する事にした。そんな訳で、散策は午前中のみと至近距離の三ッ池公園へ行った。

zaki-20150204-hoshihajiro-osu.jpg
<ホシハジロの雄>

今日こそ風が穏やかになると思ったが、時折りほんの少しだが風が吹く、下の池の杭に向かって撮影していると背中はぽかぽか暖かいが、風が当たる顔等はとても寒い。杭の上にはホシハジロとキンクロハジロが上っていて、水面は青空を写して青く、時折吹く風が波立ちを起こすが、こんな水面も捨て難い美しさがある。いつものように一回りはしてみたものの、ユリカモメ以外にこれといった鳥が居ないので、下の池に戻って杭上のカモの撮影に専念した。

zaki-20150204-yurikamome.jpg
<ユリカモメ>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、マガモ、カルガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロ、カイツブリ、ムクドリ等。
posted by 花虫とおる at 18:37| Comment(0) | 鶴見区

2015年02月03日

東京都(仮称)ルリビの丘公園(午後)

昼食は、いつものように至近距離のラーメン店「八戒」で700円のギョウザ定食を食べた。メニューの中では一番安い定食で、普通ならサービス価格になる筈の日替わりランチが、なんとなんと900円なのである。もちろん豪華版なのだが、食べ過ぎ肥満必死、ボリュームたっぷりの組み合わせである。身の周りの不用品はヤフオクに出品して、かなりダイエットとなったから、今度は、ご本人のダイエットに励まねばならぬという訳である。こちらは過食しないのが一番である。

zaki-20150203-jobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

午後からは昨日とても面白かったし、もっと良い写真が撮りたいと(仮称)ルリビの丘公園へまた行った。ポイントへ到着すると、ここの主であるガア之介が居たので、しばし2人で仲良く撮影した。しかし、カメラを構えた前でうろつくご婦人連れ等がやって来たりで、ルリビタキもジョウビタキも、もちろん私も迷惑をこうむった。こちらは真剣なのだから興味本位の方々は素通り願いたいのだが、私も撮って行かないと損々と寄って来る。まこと困った事で、落ち着いて撮影出来なかった。

zaki-20150203-ruribitaki-osu.jpg
<ルリビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキの雄、ジョウビタキの雌、ヤマガラ、シジュウカラ、アオジ、カワセミ等。
posted by 花虫とおる at 19:06| Comment(0) | 東京都

横浜市青葉区元石川町(午前)

もう売れるものは売り切ったと思っていたヤフオクだが、価格を2割程下げて再出品したら、またまた売れ出した。この分で行くと墓石代はもちろん、戒名代まで出そうである。もちろん撮影機材を購入しても良いのだが、間食代を浮かせてローンで買ったニコンV2に装着している70〜300mmの画質がとても良く、鳥撮りには従来からのデジスコとを併用すれば、ほぼ完璧となった。もう重たい機材なんか時代遅れの感がある描写力なのである。

zaki-20150203-katsura-yokon.jpg
<カツラの葉痕>

今日は、オウバイが咲いたのではと元石川町へ行った。民家の庭から道路に垂れ下がるオウバイは、咲いてはいたが数輪であった。そんな訳で気の利いた写真は得られなかったが、今日も貧果必至だから1輪を素直に切り取った。その後、隣接する公園へ行ったらカツラの赤い尖がり帽子のカツ坊を見つけたので、微笑みながら撮影した。お次は、やはり花が良いなあと丘の上の植木屋さんの畑に期待したが、紅梅がちらほら咲いているだけだった。

zaki-20150203-obai.jpg
<オウバイ>

<今日出会った主なもの>花/オウバイ、ロウバイ、ソシンロウバイ、ウメ、ボケ、ツバキ、ホトケノザ等。
posted by 花虫とおる at 19:03| Comment(0) | 青葉区

2015年02月02日

東京都(仮称)ルリビの丘公園(午後)

昼食は、ここまで来たのだから税込で810円とお高いが、島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑のネギラーメン+チャーハンセットを食べた。最近、東名高速港北PAの「横濱うまいもん亭」の港北醤油ラーメンに嵌っていて、横浜家のラーメンや青龍のラーメンもしばらく食していない。まこと「たかがラーメン、されどラーメン」なのである。その昔、35円で食べた細麺の支那ソバが懐かしいが、「横濱うまいもん亭」の港北醤油ラーメンは麺がやや細くて美味いのである。

zaki-20150202-ruribitaki-osu.jpg
<ルリビタキの雄>

午後からは、ここまで来たのだからと先だって行った(仮称)ルリビの丘公園へお邪魔した。ポイントへ到着するとカメラマンが誰一人居ないのには驚いた。更に、幸いの事に気の強いジョウビタキの雌も集団でやって来るシジュウカラも居ない。居るのはルリビタキの雄だけだから嬉しくなった。そんな訳で1時間程思う存分撮影出来た。しかし、いつの間にやらお邪魔鳥が現れ始め、カメラマンもやって来たので、独り占めの撮り放題はジ・エンドとなった。

zaki-20150202-jobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキの雄、ジョウビタキの雌、ヤマガラ、シジュウカラ、カワセミ等。
posted by 花虫とおる at 18:34| Comment(0) | 東京都

神奈川県川崎市麻生区早野の里(午前)

今日も3日連続で風がとても強い。北海道の知床半島沖に発達した低気圧があって、動きがとても遅いようなのだ。この為、北海道はもちろん東北地方も大荒れの天気で、まこと北国雪国に住む方々の冬の厳しい生活がしのばれる。「風が強いなあ、写真撮影には不向きだなあ」等とぼやいていたら、何を贅沢言っているんだと叱られそうである。関東地方の海沿いに位置する横浜は、気候的には温暖だなあといつも感じている。しかし、何処だって住めば都に違いない。

zaki-20150202-awabuki-fuyume.jpg
<アワブキの冬芽>

今日も行く当てが無かったが、スミナガシやアオバセセリの食樹であるアワブキの冬芽を撮ろうと早野の里へ行った。いつもの様に早野聖地霊園に車を停めたが、墓地を広げる為に重機のエンジン音が響いていて眉をしかめた。目的のアワブキの冬芽はすぐにカメラに納まったので、今日はあまり足を運ばない桐蔭学園に隣接する丘へ行った。陽当たりが良いのでかなり紅梅が咲いていたが絵にならず、ほんのちょっぴり黄色い花弁がのぞくサンシュユの蕾を撮った。

zaki-20150202-sanshyuyu-tsubomi.jpg
<サンシュユの蕾>

<今日出会った主なもの>花/ソシンロウバイ、ウメ、ツバキ等。
posted by 花虫とおる at 18:31| Comment(0) | 川崎市

2015年02月01日

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午後)

午後になっても風は治まらず、こんな日は鳥撮りはNGだと思ったが、新治市民の森のカワセミの池まで行ってみた。案の定、ジョウビタキの雌が見られただけで鳥影は少なく、四季の家で知人が写真展を開いている寺家ふるさと村へ転戦した。まずは作品を鑑賞してから、ほんの短時間だが散策してみた。すると人馴れしたジョウビタキの雄が、またしても現れたので粘って撮影した。余り良い写真は得られなかったが、次の機会の為に絵になる棒を挿してから駐車場に戻った。

zaki-20150131-jobitaki-osu.jpg
<ジョウビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキの雄、モズ、ツグミ、スズメ、ハシブトガラス等。
posted by 花虫とおる at 18:58| Comment(0) | 青葉区

横浜市緑区三保市民の森(午前)

今日も昨日程ではないが風が強い。そこで風の強い日の逃げ場である三保市民の森へ行った。まずは陽当たりが良いから雪が融けている筈と三保平へ上って行ったが、芝地にはかなり雪が残っていた。それでも紅梅やロウバイが咲いていたので嬉しくなった。その後、いつもなら谷道なのだが、雪がかなり残っていたので転んだら大変とパスし、梅田川下流方面へ歩みを進めた。相変わらずシナマンサク、アカバナマンサク、マンサクが咲いていたが、気に入った写真は得られなかった。

zaki-20150131-robai.jpg
<ロウバイ>

<今日出会った主なもの>花/ロウバイ、ウメ、シナマンサク、アカバナマンサク、マンサク等。
posted by 花虫とおる at 18:57| Comment(0) | 緑  区