2015年05月31日

横浜市(仮称)ミドリシジミの森

予報では一日中曇りとあったので、これはゼフィルス日和だと思っていたが、朝起きて外を見ると晴れていた。なんだよーと愚痴が毀れたが、予定通りに(仮称)ミドリシジミの森へ行った。ハンノキ林へ急行しても、こんな天気では成果は無かろうと、まずは木陰の下草の葉上を見回った。しかし、アオジョウカイがたくさん見られた位で、これといった昆虫は観察出来なかった。そこで雑木林の中へ入ってみると、ミズイロオナガシジミやウラナミアカシジミがかなり見られた。

zaki-20150531-midorishijimi.jpg
<ミドリシジミ>

本命のハンノキ林へ到着すると、ご夫婦の方が来ていて、「ここにいますよ」と言うので撮らせてもらった。ミドリシジミの開翅写真を撮るには朝早くが定説ですよねと尋ねると、私達はいつも遅く来て撮っていますとの事で驚いた。さすがに12時前後は一休みとなるが、午後からも開翅するのだと言う。お話を聞いていると北海道や沖縄にも遠征する、かなりの蝶撮影マニアのようで、何処へ行っても「早朝会」の悪い噂を聞いて、同じ県人として肩身が狭いと苦笑していた。

zaki-20150531-murasakishikibu.jpg
<ムラサキシキブ>

<今日出会った主なもの>花/スイカズラ、ムラサキシキブ等。蝶/モンキアゲハ、テングチョウ、ミドリシジミ、アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミ等。昆虫/アオジョウカイ、クロウリハムシ、マダラアシナガバエ等。その他/モミジイチゴの実等。
posted by 花虫とおる at 19:15| Comment(0) | 緑  区

2015年05月30日

横浜市緑区横浜動物の森公園(午後)

昼食は、普通ならお隣の東名高速港北PAの「横濱うまいもん亭」でとるのだが、何故だか吉野家へ行ってロース豚焼定食 十勝仕立て+味噌汁、お新香セットを注文した。これで630円となるのだから、安い美味い早いの牛丼屋さんのイメージとは程遠い。これからは牛丼+味噌汁、お新香セットで、480円だなと苦笑した。その後の健康昼寝は、いつもの場所の近くでドラムの練習をしている輩がいたので、横浜青葉インター下の日陰に行かざるをえなかった。

zaki-20150530-hiodoshicho.jpg
<ヒオドシチョウ>

目覚めると相変わらずの晴天で、鳥を撮りに行く天気ではないわなと、横浜動物の森公園へまた行った。前述したようにゼフィルスの撮影日和ではないのだが、運が良ければオオミドリシジミに会えるかもしれないと期待したのだ。しかし、アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミがかなり見られただけだった。そこで、またしても樹液酒場の「コナラ亭」へ行ったが、ヒオドシチョウの飛来はやや少なく、お邪魔蝶のサトキマダラヒカゲが乱舞していた。

zaki-20150530-akatateha.jpg
<アカタテハ>

<今日出会った主なもの>花/イモカタバミ、スイカズラ等。蝶/ヒオドシチョウ、キタテハ、アカタテハ、ルリタテハ、テングチョウ、サトキマダラヒカゲ、クロヒカゲ、アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミ等。
posted by 花虫とおる at 18:57| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区北八朔公園(午前)

昨日の午後から深夜にかけて久しぶりに雨が降った。そんな訳で、朝から雲一つ無い真っ青な空が広がった。それでも湿度が低いのか暑くても爽やかだったが、今日も真夏日になると予報されていた。こんな天気では日向を散策をする気にはなれない。また、晴天だと雑木林のゼフィルス等の行動も活発になるから良い写真は得られない。そこで迷わず北八朔公園へ行った。もちろん、東名高速港北PAと公園との間の木陰の昆虫横丁へ直行した事は言うまでも無い。

zaki-20150530-oomenagakamemushi.jpg
<オオメナガカメムシ>

しかし、最初の往復では目が慣れていないのか、これといった昆虫が見られなかった。いつもそうだからと気落ちせずに往復を繰り返したら、ヤマイモハムシ、トホシオサゾウムシ、キイロクビナガハムシ等の普通種を見つけて、カメラの中に保険として確保した。その後、散策仲間の多くの方が撮っているのに、何故だか私は撮れていないオオメナガカメムシを見つけて嬉しくなった。最後に美麗なキボシツツハムシもお出ましになって、これで良しと公園内に下って行った。

zaki-20150530-kiboshitsutsuhamushi.jpg
<キボシツツハムシ>

<今日出会った主なもの>花/ドクダミ、オオキンケイギク、ムシトリナデシコ、スイカズラ、キンシバイ、アジサイ等。蝶/テングチョウ、ツマグロヒョウモン、クロコノマチョウ、サトキマダラヒカゲ、ヒメウラナミジャノメ、スジグロシロチョウ、キチョウ、ルリシジミ、ベニシジミ等。昆虫/キボシツツハムシ、ヤマイモハムシ、キイロクビナガハムシ、トホシオサゾウムシ、トホシテントウ、コオニヤンマ、ショウジョウトンボ、アオモンイトトンボ、オオメナガカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ等。
posted by 花虫とおる at 18:48| Comment(0) | 緑  区

2015年05月29日

神奈川県川崎市(仮称)ミドリシジミの里

昨日のNHKの天気予報は一日中曇り、ヤフーの天気予報では午後から雨とあったが、結果はヤフーに軍配が上がった。これまでもヤフーの天気予報の方が当たる事が多く、高い受信料を払っているNHKの方が外れる事が多い。まこと困った事である。ここ数日、安全保障関連法案が国会で審議されているが、答弁する安倍ちゃんはもちろんの事、この法案を理解している政治家や官僚がいるのだろうかと疑問に思う程のていたらくである。こんなんじゃ国民はもっと分からない。

zaki-20150529-murasakitsuyukusa.jpg
<ムラサキツユクサ>

今日は雨が降って来ても車にすぐ戻れる、観察場所までのアプローチの短い(仮称)ミドリシジミの里へ行った。例年、ミドリシジミマニアが集まって、のんびりと撮影出来ない所なのだが、今日はこんな天気予報だし誰もいないのではと期待したが、なんと5人も来ていて驚いた。また、ハンノキの生える湿地に踏み跡がかなりついていて眉をしかめた。目的のミドリシジミは発生していたが、開翅写真を撮るチャンスは一回あったものの、もたもたしていたら逃げられてしまった。

zaki-20150529-midorishijimi.jpg
<ミドリシジミ>

<今日出会った主なもの>花/ドクダミ、イモカタバミ、ムラサキツユクサ等。蝶/クロヒカゲ、ヒメウラナミジャノメ、ヒメジャノメ、モンシロチョウ、キチョウ、ミドリシジミ、アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミ等。昆虫/ラミーカミキリ、ベニカミキリ、ヤサイゾウムシ、ヤマトシリアゲ、ジョウカイボン等。鳥/オオタカ、カワセミ等。その他/マグワの実、モミジイチゴの実等。
posted by 花虫とおる at 18:25| Comment(0) | 川崎市

2015年05月28日

横浜市緑区横浜動物の森公園

今日は北八朔公園でも行って虫探しでもしようかなと思ったが、ミズイロオナガシジミをまだ綺麗に撮っていないので、アプローチの短い横浜動物の森公園へまた行った。例によって掘立小屋広場へ直行したが、ウラナミシジミはかなり減って、代わってミズイロオナガシジミがたくさんいた。しかし、天気が曇りから晴天に変わり気温も高いからか、接近するとすぐに飛び立ってしまった。そこで雑木林に入りモミジイチゴの実を10粒程口の中に放り込んでから、比較的おとなしいミズイロオナガシジミにモデルになって貰った。

zaki-20150528-hiodoshicho.jpg
<ヒオドシチョウ>

その後、昆虫横丁へ寄ったがマダラアシナガバエ位だったので、やっぱりコナラの樹液酒場しかないなと行って見ると、今日もヒオドシチョウがやって来ていた。その昔、高校への通学路でたくさんぶら下がった蛹を自宅に持ち帰り羽化させたが、それ以外はなかなかお目にかかれなかった蝶であった。ここ数年、その勢力を拡大中で、近場でもかなり見られるようになったものの、この時期に開店している樹液酒場は少ないから、横浜動物の森公園のコナラ亭は貴重である。今日も頑張ったが、やはり撮影は難しかった。

zaki-20150528-mizuiroonagashijimi.jpg
<ミズイロオナガシジミ>

<今日出会った主なもの>花/イモカタバミ、スイカズラ等。蝶/ヒオドシチョウ、キタテハ、ルリタテハ、テングチョウ、サトキマダラヒカゲ、クロヒカゲ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミ等。昆虫/ヨツボシオオキスイ、オオスズメバチ、マダラアシナガバエ、シオヤトンボ等。
posted by 花虫とおる at 16:14| Comment(0) | 緑  区

2015年05月27日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。しかし、困った事に真夏日になると予報されていた。それでも集合場所にはたくさんの方がお見えになり、久しぶりの方や新しく参加の方々もいて嬉しくなった。まずは熊野池に向かって左手の木陰の小道を進んだが、なんとゲンジボタルがたくさん葉裏に止まっていた。熊野池周辺では、アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミはもちろんのこと、ミドリヒョウモン、ヒオドシチョウも観察出来て時間はどんどん過ぎて行った。

zaki-20150527-akashijimi.jpg
<アカシジミ>

そこで午前中の予定をこなし切れずに、四季の家に戻って日陰にシートを敷いて昼食をとった。午後は当然の事として昆虫横丁へ直行したが、期待したアカスジキンカメムシは見られなかったものの、ヤツボシハナカミキリ、アカガネサルハムシ、ムネクリイロボタル、トホシオサゾウムシ、キスジホソマダラ、ホソオビヒゲナガ、マドガ等が見られた。次にゼフィルスの丘へ日向を少々歩いて行ったが、ゼフィルスこそ見られなかったが、カラムシの葉に美麗なラミーカミキリがたくさんいた。

zaki-20150527-kisujihosomadara.jpg
<キスジホソマダラ>

最後にゴマダラ峠を越えて居谷戸へ行ったが、栗林の下草には、アカシジミとウラナミシジミがもの凄くたくさん見られた。しかし、午前中に激写していてカメラの中はこれらゼフィルスで満杯だったので、皆さんのカメラのレンズは向けられなかった。また、目的たるゴマダラオトシブミも見つかった。最後に居谷戸の木陰へ行ったが、キブシの葉に、久しぶりにウスモンオトシブミを見つけて嬉しくなった。そんな訳で気温が高くて日向は暑過ぎたが、無事に成果一杯の観察会は終了した。

zaki-20150527-usumonotoshibumi.jpg
<ウスモンオトシブミ>

<今日出会った主なもの>花/ドクダミ、オカタツナミソウ、ノアザミ、ナワシロイチゴ、スイカズラ等。蝶/アカボシゴマダラ、ミスジチョウ、ヒオドシチョウ、ミドリヒョウモン、テングチョウ、ウラナミアカシジミ、アカシジミ、ミズイロオナガシジミ、ルリシジミ、ウラギンシジミ、ダイミョウセセリ、コチャバネセセリ等。昆虫/ベニカミキリ、ヤツボシハナカミキリ、ラミーカミキリ、アカガネサルハムシ、トビサルハムシ、キイロクビナガハムシ、クロウリハムシ、キイロテントウ、オオヒラタシデムシ、アオカミキリモドキ、ヒゲナガハナノミ、トホシオサゾウムシ、コフキゾウムシ、ゴマダラオトシブミ、ウスモンオトシブミ、ゲンジボタル、ムネクリイロボタル、ジョウカイボン、シオカラトンボ、キスジホソマダラ、ホソオビヒゲナガ、マドガ、ナミガタシロナミシャク等。鳥/コゲラ、シジュウカラ、ホトトギス、ガビチョウ、カルガモ等。その他/モミジイチゴの実等。
posted by 花虫とおる at 19:23| Comment(0) | 青葉区

2015年05月26日

横浜市緑区横浜動物の森公園

一昨日の午前中は前述したように横浜動物の森公園を散策したが、その時、キビタキが盛んに囀るので、午後も鳥撮り機材に変えて行って見た。キビタキの姿は確認出来たが撮るのは難しかった。その時、サイクリングおじさんに出会って、ヒオドシチョウが発生したとの情報を貰った。そこで今日はヒオドシチョウ狙いで、またしても横浜動物の森公園へ行った。ゼフィルスも撮りたいが、それ以上にヒオドシチョウに惹かれる。何しろ尊敬する真田幸村の鎧と同じ色合いなのだ。

zaki-20150526-hiodoshicho.jpg
<ヒオドシチョウとアカタテハ>

そんな訳で、脇目も振らずに樹液が出ているコナラへ直行した。すると、予想通りヒオドシチョウが吸汁していて嬉しくなった。しかし、羽を閉じている時が多く、開いてもすぐに閉じるし、接近すると飛び立つし、シャッター速度も遅いし、という訳で撮影にはかなり苦労した。ヒオドシチョウは謎多き蝶で、春に現れてエノキに産卵し、6月に羽化して1ヶ月位活動すると姿を消す。すなわち、夏、秋、冬は見られない訳で、この間を何処でどう過ごしているのかは分かっていない。

zaki-20150526-hiodoshicho-rimen.jpg
<ヒオドシチョウの裏面>

<今日出会った主なもの>花/イモカタバミ等。蝶/ヒオドシチョウ、アカタテハ、キタテハ、ルリタテハ、テングチョウ、サトキマダラヒカゲ、クロヒカゲ、キチョウ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミ等。昆虫/ヒラヤマシマバエ、シオヤトンボ、ホソオビヒゲナガ等。鳥/ホトトギス等。
posted by 花虫とおる at 19:13| Comment(0) | 緑  区

2015年05月25日

山梨県山中湖(仮称)キビタキの森(午後)

(仮称)オオルリの森では午前10時頃まで粘ったが、オオルリの囀りは遠くかすかになったので、潔く諦めて(仮称)キビタキの森へ転戦した。オオルリの写真を確保したから、今日のブログアップは可能だと気楽になり、後はキビタキを1枚追加すれば良い訳だと散策を開始した。しかし、キビタキの囀りが聞こえて来ない。どうしたのだろうと思っていたら、枯れたカラマツの枝にコサメビタキがやって来た。そこで瞬時に構図を決めて、ばんばんシャツターを切った。

zaki-20150525-kibitaki-osu.jpg
<キビタキの雄>

午前中はコサメビタキを確保したのみで終わり、午後から勝負だとばかりに文学の森の駐車場で菓子パンをぱくつき、1時間位眠るつもりだったのに、またしても前回と同じく30分で目覚めてしまった。そこで(仮称)キビタキの森へ戻って散策を再開したが、本当にキビタキの囀りが少ない。過去の記録では、5月下旬にはテリトリーが定まって、一番囀る姿が多いのである。それでも気の良いキビタキの雄を1羽見つけて、約1時間程撮影に協力してもらった。

zaki-20150525-kosamebitaki.jpg
<コサメビタキ>

<今日出会った主なもの>鳥/アオゲラ、キビタキ、コサメビタキ、シジュウカラ、ホオジロ、セグロセキレイ、ホトトギス等。
posted by 花虫とおる at 20:45| Comment(2) | 山梨県

静岡県小山町(仮称)オオルリの森(午前)

平日の曇り日やーいと待っているのだが、なかなか曇ってくれなくてピーカンの日が続く。このままでは、今月の鳥撮りプチ遠征は一回だけとなってしまう。そんな訳で、前々から今日に期待した訳だが、山梨県山中湖方面の天気は、昨日の朝は曇りの予報であったが、寝る前には午前中は晴れで午後3時から曇りと変わっしまった。晴れていると小鳥に葉や枝の影が映ったり、背景が明るくなったりするのだ。そんな訳で参ったなあとは思ったが、なんとかなるでしょうと出かけた。

zaki-20150525-ooruri-osu-1.jpg
<オオルリの雄>

いつもの様に東名大井松田インターで降り、国道246号線で静岡県小山町へ近づくと、富士山方面に雲が多くなった。そこで前回は何にも見られなかった(仮称)オオルリの森へ寄ってみた。すると天気は曇りに変わって、オオルリの陽気な囀りが聞こえて来る。これはラッキーと去年撮影した小枝辺りにやって来るのではないかと、デジスコを向け露出補正は白トビが心配だからマイナスにして待った。すると「お待ちどうさま花虫さん」とやって来て、ひとしきり囀ってくれた。

zaki-20150525-ooruri-osu-2.jpg
<オオルリの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/オオルリ、クロツグミ、ヤマガラ、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 20:43| Comment(0) | 静岡県

2015年05月24日

横浜市緑区横浜動物の森公園

今日は朝から曇りで絶好の散策及び撮影日和となった。何処へ行こうかなあと考えたが、今日は日曜だから、寺家ふるさと村は芋を洗うような人出だろうし、新治市民の森もアプローチが長いからなあと、またしても横浜動物の森公園へ行った。まずは前回、ウラナミアカシジミがたくさんいた掘立小屋広場へ直行したが、今日もウラナミアカシジミだけはたくさんいた。なんとか他のゼフィルス、ミズイロオナガシジミやアカシジミをゲットしたいと目を凝らしたが見つからなかった。

zaki-20150524-uranamiakashijimi.jpg
<ウラナミアカシジミ>

ホトトギスとキビタキがヒノキ林から聞こえて来て快適な散策であったが、何故かサビキコリがたくさんいただけで、他の昆虫の姿は少なかった。そこでモミジイチゴの実をたくさん口に放り込んで、樹液が出ているコナラのポイントへ行ったが、サトキマダラヒカゲとクロヒカゲだけであった。そんな訳で前回同様、ひかりが丘住宅下まで歩みを進めたが、ここでは、ヤマトデオキノコムシ、シナノクロフカミキリがいて嬉しくなった。また、ヒラヤマシマバエがたくさん見られた。

zaki-20150524-yamatodeokinokomushi.jpg
<ヤマトデオキノコムシ>

<今日出会った主なもの>花/ギンリョウソウ、イモカタバミ、スイカズラ、ノイバラ等。蝶/イチモンジチョウ、テングチョウ、サトキマダラヒカゲ、クロヒカゲ、ウラナミアカシジミ、ベニシジミ、コチャバネセセリ、ダイミョウセセリ等。昆虫/ヤマトデオキノコムシ、シナノクロフカミキリ、サビキコリ、コフキゾウムシ、ヒラヤマシマバエ、シオヤトンボ、ホソオビヒゲナガ等。鳥/キビタキ、ホトトギス等。その他/ウグイスカグラの実、モミジイチゴの実等。
posted by 花虫とおる at 19:15| Comment(0) | 緑  区

2015年05月23日

横浜市緑区三保市民の森

今日は晴天で気温が高く風も無い。こんな天気だと、ゼフィルスは梢の葉に止まっていて下草に降りているものは少ない。そうは分かっていても、一頭位は見られるのではと三保市民の森へ行った。ゼフィルスの食樹であるコナラ、クヌギ、イボタ等の木々は、新治市民の森や横浜動物の森公園や寺家ふるさと村等に比べると少ないが、それでも毎年観察している。いつもの様に旧道から散策を開始したが、ベニカミキリとアトボシハムシが見られた位で、まことに寂しい限りであった。

zaki-20150523-hojiroashinagazomushi.jpg
<ホオジロアシナガゾウムシ>

しからばバス通り歩道脇へと歩みを進めたが、最も普通種であるホシハラビロヘリカメムシがいた位であった。まこと今年の近場の昆虫は少ないなあと愚痴が毀れた。そこで、三保平や伐採丸太置き場へも寄ったが貧果で、最後の砦である谷道へ行ったが、撮影に非協力的なアオジョウカイはたくさんいたが、これまた被写体が少なかった。今日こそNOブログアップと思われたが、ホウジロアシナガゾウムシを見つけてほっとした。アカメガシワを食害する昆虫として知られている。

zaki-20150523-atoboshihamushi.jpg
<アトボシハムシ>

<今日出会った主なもの>花/ユキノシタ、ニガナ、コンフリー等。蝶/コミスジ、イチモンジチョウ、テングチョウ、モンシロチョウ、コチャバネセセリ等。昆虫/ホオジロアシナガゾウムシ、アトボシハムシ、トゲヒゲトラカミキリ、エグリトラカミキリ、ベニカミキリ、アオジョウカイ、ジョウカイボン、クロウリハムシ、カワトンボ、ホシハラビロヘリカメムシ、マドガ等。鳥/ホトトギス等。その他/モミジイチゴの実、ウグイスカグラの実等。
posted by 花虫とおる at 19:08| Comment(0) | 緑  区

2015年05月22日

横浜市緑区横浜動物の森公園

寺家の素敵な女神様はもちろんの事、三保や都筑の蝶の妖精さん等も、ゼフィルスをばんばん撮影している。そこで、かつて蝶の騎士とも呼ばれた私が撮らないと、一生の恥とばかりに横浜動物の森公園へ行った。例によって、まずは昆虫横丁へ寄ったが、昔の賑わいは何処にも見られなかった。次に本命の雑木林の中へ入ってゼフィルスを探したが、全く見られず天を仰いだ。そこで、スイカズラを撮った。スイカズラは咲き始めは純白だが、時間が経つと黄色くなる。

zaki-20150522-suikazura.jpg
<スイカズラ>

その後、ゼフィルスが無理なら樹液に集まる蝶を狙おうとポイントへ行ってみたが、サトキマダラヒカゲやクロヒカゲが居るだけで、綺麗どころの蝶は居なかった。更に、ひかりが丘住宅下の雑木林まで足を進めたが、クヌギカメムシが見られただけだった。そんな訳で、今日はスイカズラとクヌギカメムシでブログアップかなと戻って来た。最後に、賑やかな幼稚園児が帰ったので掘立小屋広場に寄ってみたら、なんとなんとウラナミアカシジミが6頭もいて嬉しくなった。

zaki-20150522-uranamiakashijimi.jpg
<ウラナミアカシジミ>

<今日出会った主なもの>花/ギンリョウソウ、イモカタバミ、スイカズラ、ノイバラ等。蝶/テングチョウ、サトキマダラヒカゲ、クロヒカゲ、ウラナミアカシジミ等。昆虫/マダラアシゾウムシ、クヌギカメムシ、シオヤトンボ等。鳥/ホトトギス等。その他/ウグイスカグラの実、モミジイチゴの実等。
posted by 花虫とおる at 19:01| Comment(0) | 緑  区

2015年05月21日

横浜市港北区新吉田町

今日は雲一つ無い晴天だが気温は低めで、涼しい風がかなり強く吹いている。こんな風が強い日は、ゼフィルス達は木の葉につかまっていられないので、下草に降りている場合が多い。そんな訳で緑区の雑木林へ行きたいなあと思ったが、午後から車を直しに行かなければならないし、直るまで通院及び散髪で時間潰しをしようと予定していた。スライドドアの戸車が割れてしまったのである。電動に比べれば手動ドアだから安く済むが、それでも1万円はオーバーする。

zaki-20150521-ashinagayadoribae-nakama.jpg
<アシナガヤドリバエの一種>

つましい生活をしていてお金が貯まると、すぐに車の税金や保険や修理に消えて行く。自動車の保有台数が減っているのは頷ける。そんな訳で、今日は至近距離の新吉田町へ行った。日陰の昆虫横丁に期待したのだが、風がもろに当たって、風が強くて撮影どころではなかった。それでも第三京浜都筑インターまで横道に逸れたりして探したが、写せたものは普通種のエサキモンキツノカメムシと和名がまだついていないハエだけの、とほほの成果となった。

zaki-20150521-esakimonkitsunokamemushi.jpg
<エサキモンキツノカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/ツユクサ、ドクダミ、ユキノシタ、アメリカフウロ、カタバミ、イモカタバミ、ナガミヒナゲシ、アカバナユウゲショウ、ニガナ、ノゲシ、オニタビラコ、オオキンケイギク、ムシトリナデシコ、ウツギ等。蝶/アゲハ、コミスジ、サトキマダラヒカゲ、コジャノメ、ヒメジャノメ、モンシロチョウ、キチョウ、ベニシジミ等。昆虫/アカガネサルハムシ、トホシテントウ、クロウリハムシ、オジロアシナガゾウムシ、エサキモンキツノカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、ハリカメムシ等。
posted by 花虫とおる at 13:44| Comment(0) | 港北区

2015年05月20日

横浜市(仮称)アオゲラの森(午後)

昼食は毎度お馴染みの島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑へ行って、極旨ラーメン+ギョウザセットを食べた。もちろん予定通り木陰で昼寝を貪って観察仲間等の写真展へ行った。バラエティーに富んだ写真の数々で、とても参考になり、また目の保養となった。その後、帰宅途中の(仮称)アマサギの里へ行ったら、アマサギは戻っていたが、ピーカンなので白トビが心配で撮る気が起きなかった。最後に(仮称)アオゲラの森へ寄ったが、雄と雌の抱卵の交代が観察出来たので、繁殖が順調に進行しているのが分かり嬉しくなった。

zaki-20150520-aogera-osu.jpg
<アオゲラの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/アオゲラ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 18:38| Comment(0) | 都筑区

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午前)

今日は午後から薬師池公園にある町田フォトサロンで開催中の観察仲間の写真展を見に行く予定なので、午前中は途中となる寺家ふるさと村へ行った。四季の家の駐車場に車を停めたが、蒸し暑い事もあってか、がらがであった。まずは熊野池方面へ歩みを進めたが、ナワシロイチゴが咲いている位で被写体は少なかった。気になった熊野池に残る1羽のキンクロハジロの雄はまだ居たが、なんとなく寂しそうで、今後どうなるのだろうかと心配になった。

zaki-20150520-kochabaneseseri.jpg
<コチャバネセセリ>

その後、昆虫横丁へ行ったが、ここも近場と同じで閑古虫がいるだけだった。それでも美麗なアカガネサルハムシはたくさんいた。次にゼフィルスの丘や大池へと散策を続けたが、これまたこれといった被写体は見られなかった。そこで期待して居谷戸へ行ったが、途中の栗林でゴマダラオトシブミの揺籃を見つけた位であった。こんな状況では1週間後の観察会が思いやられるが、まあその頃までには色々現れるだろうと期待するしかないなと苦笑した。

zaki-20150520-tohoshiosazomushi.jpg
<トホシオサゾウムシ>

<今日出会った主なもの>花/ドクダミ、オカタツナミソウ、アカバナユウゲショウ、ノアザミ、ナワシロイチゴ、ノイバラ等。蝶/ヒメウラナミジャノメ、コチャバネセセリ等。昆虫/ヒメヒゲナガカミキリ、ムネクリイロボタル、ジョウカイボン、アカガネサルハムシ、トホシオサゾウムシ、ヒメシロコブゾウムシ、シオカラトンボ等。鳥/カイツブリ、カルガモ、キンクロハジロの雄等。その他/モミジイチゴの実等。
posted by 花虫とおる at 18:29| Comment(0) | 青葉区

2015年05月19日

横浜市(仮称)ツミの森公園

朝起きて外を見ると雨が降っていた。天気予報によると昼前には上がるとの事だったので、朝食後に布団にUターンしたが眠れない。2年程前なら約1時間位は楽に寝られたのに、最近は何故か二度寝の楽しさを味わえない。もっとも、昼食後の健康昼寝はたっぷり味わえるのだから笑ってしまう。そんな訳で10時になると雨が止んだので、田んぼの鳥ならOKだと(仮称)アマサギの里へ行った。しかし、アマサギは見られなかったので、1時間位だからとコインパーキングに車を停めて(仮称)ツミの森公園へ久しぶりに行った。

zaki-20150519-tsumi-osu.jpg
<ツミの雄>

ツミはいたが落ち着きが無く、良い写真も得られなかった。そんな訳で400円ものコインパーキング代を泣き泣き払う事となった。こうなったらと港北PAで最もお安い510円の厨房賄い丼+小うどんセットを食べ、二度寝は出来ずだが昼寝は出来るので身体を休めた。午後からもどんよりとした曇りで、こんな天気はゼフィルスが下草に降りている筈と新治市民の森へ行ったが散々な結果で、早上りして田んぼに車を停めて(仮称)ツミの森公園へまたまた行った。するとカワセミのおまけまでついてツミの雄を激写出来た。

zaki-20150519-kawasemi-osu.jpg
<カワセミの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ツミ、オナガ、カワセミ、ムクドリ等。
posted by 花虫とおる at 20:06| Comment(0) | 青葉区

2015年05月18日

横浜市緑区横浜動物の森公園

最近、横浜動物の森公園の近くに住む蝶友のKさんが、掲示板にばんばん素晴らしい写真を送って来る。コムラサキ、アカシジミ、ゴマダラチョウ、アカボシゴマダラといった按配なので、これは負けてはいられないと私も横浜動物の森公園へ行った。まずは何か昆虫でも保険として撮っておこうと探したが、これといったものは見られず、アオカミキリモドキをカメラに納めた。その後、アカシジミを探しに雑木林へ入ったが見当らず、たわわに実ったモミジイチゴの実を賞味した。

zaki-20150518-akaboshigomadara.jpg
<アカボシゴマダラ>

そこで、本命の樹液が出ているコナラのポイントへ行ったが、なんとなんとコムラサキが吸汁している。やったー!と思ったが、サトキマダラヒカゲが邪魔をして開翅せずに飛んで行ってしまった。そこで、まずはクロヒカゲを確保したが、サトキマダラヒカゲは落ち着きがなかった。また、ルリタテハやクロコノマチョウもやって来たが破損がはなはだしく、その後、しばらくしてアカボシゴマダラがやって来たので頑張ったが、残念ながら会心の写真とはならなかった。

zaki-20150518-kurohikage.jpg
<クロヒカゲ>

<今日出会った主なもの>花/スイカズラ、ノイバラ、ガマズミ、イモカタバミ等。蝶/モンキアゲハ、コムラサキ、イチモンジチョウ、ルリタイテハ、サトキマダラヒカゲ、クロヒカゲ、クロコノマチョウ等。昆虫/アオカミキリモドキ、シオヤトンボ等。鳥/ホトトギス、コジュケイ等。その他/ウグイスカグラの実、モミジイチゴの実等
posted by 花虫とおる at 19:17| Comment(0) | 緑  区

2015年05月17日

横浜市(仮称)アマサギの里(午後)

昼食は「嘉門」から変わった「一心」で豚肉と小松菜の炒め定食を食べた。値段は700円とリーズナブルなのだが、調理人さんが変わったようで、今一単調な味わいである。調味料の何かが欠けているのだろう。その後、例によって秘密の日陰で爆睡した後、もかしたらアマサギ以外の鳥が出ているかもしれないと(仮称)アマサギの里へ行った。するとカメラマンがかなり集まっていた。近づくとアカエリヒレアシシギが、なんと2羽も飛来していた。久しぶりにお会いする鳥友もいて、談笑しながらばんばんシャツターを切った。

zaki-20150517-akaerihireashishigi.jpg
<アカエリヒレアシシギ>

<今日出会った主なもの>鳥/アマサギ、アカエリヒレアシシギ、コチドリ、カワラヒワ、ハクセキレイ、ムクドリ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 20:32| Comment(0) | 青葉区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

なんだか近頃熟睡感が無い。中途半端な暑さだし、夜中に気温の変化があるのだろう。寒ければ寒い、暑ければ暑い、気候が安定していた方が心身ともに調子が良い。そんな訳だろうか、今日は雲一つない晴天に戻ったが、なんとなく元気が出ない。そこで、至近距離の葛ヶ谷公園から茅ヶ崎公園を往復した。葛ヶ谷公園の昆虫横丁は相変わらず貧果であったが、キイロトラカミキリを見つけてほっとした。花ではハンショウヅルを期待したのだが、すでに咲き終わっていた。

zaki-20150517-akasujikinkamemushi.jpg
<アカスジキンカメムシ>

その後、大原みねみち公園の昆虫横丁へ寄ったが、ここでも貧果で眉をしかめた。今年の近場での昆虫の発生はかなり少ないようだ。先だっての大地沢の観察会では多彩な昆虫が数多く見られたのに、まこと天国と地獄の差だなあと天を仰いだ。そこで、やっぱり茅ヶ崎公園しか無いと足を伸ばすと、生態園西門上の広場や尾根筋のアジサイの植え込みで、ヒゲナガハナノミ、トホシオサゾウムシ、エサキモンキツノカメムシ、アカスジキンカメムシ等を見つけた。

zaki-20150517-kirotorakamikiri.jpg
<キイロトラカミキリ>

<今日出会った主なもの>花/アカツメクサ、ブタナ、イボタ、オオベニウツギ等。蝶/ツマグロヒョウモン、コミスジ、アカボシゴマダラ等。昆虫/キイロトラカミキリ、ヒゲナガハナノミ、トホシオサゾウムシ、コフキゾウムシ、エサキモンキツノカメムシ、マガリケムシヒキ、アカスジキンカメムシ、ホソオビヒゲナガ等。
posted by 花虫とおる at 18:59| Comment(0) | 都筑区

2015年05月16日

横浜市緑区梅田川(午後)

午後からは、下草の葉上がなるべく乾いている所という事で梅田川へ行った。いつもの場所に車を停めて梅田川遊水地へ寄ったが、途中、ハコネウツギが見事に咲いていた。梅田川遊水地では、ヒゲナガハナノミがやたらに多い以外には昆虫は少なかった。それでも、カラムシでラミーカミキリを見つけたのだが、良い場所には止まっていなかった。また、遊水地を囲む手摺に水色のシオヤトンボの雄が止まっていた。ここでは初見である。お仲間がヨツボシトンボを観察しているので、トンボの種類は多くなっているようだ。

zaki-20150516-ookinkeigiku.jpg
<オオキンケイギク>

次に、毎度お馴染みの三保念珠坂公園下へ行ったが、途中、オオキンケイギクが咲いていたので素直に切り取った。また、民家の庭先にはピラカンサが真っ白な可憐な花をつけていた。三保念珠坂公園下も昆虫の姿が少なく、マドガが見られた位であった。雨上がりで気温がやや低いからだろう。しかし、白い小さな風車の様なテイカカズラが咲いていた。そこで、お仲間が横浜動物の森公園で綺麗なコムラサキの雄を写しているので足を伸ばした。しかし、コガタスズメバチとサトキマダラヒカゲが見られただけだった。

zaki-20150516-higenagahananomi.jpg
<ヒゲナガハナノミ>

<今日出会った主なもの>花/オオキンケイギク、カタバミ、イモカタバミ、テイカカズラ、エゴノキ、ハコネウツギ、ピラカンサ等。蝶/モンキアゲハ等。昆虫/ラミーカミキリ、ヒゲナガハナノミ、セボシジョウカイ、オジロアシナガゾウムシ、コフキゾウムシ、カワトンボ、シオヤトンボ、マドガ等。
posted by 花虫とおる at 18:44| Comment(0) | 緑  区

横浜市(仮称)アマサギの里(午前)

今朝目覚めて外を見ると雨がパラパラ降っていた。そこで朝食後、昨日のプチ遠征の疲れも残っていたので布団にUターンしたが、一時間程で目覚めてしまった。再び外を見ると有り難い事に雨が止んでいたので、田んぼなら写真が撮れると(仮称)アマサギの里へ行った。すると鳥友のビデオおじさんがアマサギを撮っていたので、お仲間に入れて貰ってばんばんシャツターを切った。青空なら田んぼの水面の色はもう少し良いのだが、そうなるとアマサギが白トビしたりする。たかが田んぼの鳥だが撮影は難しいのだ。

zaki-20150516-amasagi.jpg
<アマサギ>

<今日出会った主なもの>鳥/アマサギ、タカブシギ、ハクセキレイ、ムクドリ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 18:42| Comment(0) | 青葉区

2015年05月15日

山梨県山中湖(仮称)キビタキの森

連休が明けて観察会が終わったら、曇りの日に行こうと手ぐすね引いて待っていた山中湖の(仮称)キビタキの森へやっと行った。田んぼや池の鳥ならまだしも、森の鳥はピーカンでは上手く撮れないのである。今週はずっと晴天続きで、今日だけが一日中曇りとあるので期待したが、昨日の夜までは一日中曇りの予報が、寝る前には午前中のみ晴れとなり、出発前には午後3時頃に傘マークが一つついていた。これは困ったなあと思ったが、予報が外れる事を期待して出発した。

zaki-20150515-kibitaki-osu-3.jpg
<キビタキの雄>

自宅から至近距離の第三京浜都筑インターから横浜新道、保土ヶ谷バイパス、東名大井松田インターまで、ほぼ80キロのスピードで行ける。もちろん途中の中井PAで510円のハムエッグ定食を食べた。大井松田インターからは一般道だが、ほとんど渋滞無しなので嬉しくなる。目的の山中湖へは午前9時に到着したものの、やはり晴れていて眉をしかめたが、デジスコを担いで散策を開始した。とりあえず実績あるポイントまで往復したが、良い写真は得られなかった。

zaki-20150531-kibitaki-osu-2.jpg
<キビタキの雄>

こうなったら早目に昼食をとり、昼寝の後の午後にかけようと決断し、山中湖文学の森の駐車場へ行った。1時間位眠るつもりだったが約30分程で起きてしまい、(仮称)キビタキの森へ戻った。木々の芽吹きは早いものの、キビタキの飛来は例年通りなのか、縄張り争いで落ち着きが無く、囀っている個体は本当に少なかった。それでも頑張ったものの相変わらずの晴天で苦戦したが、午後3時を回ったら曇って来たので、やっとしっとりとした写真を得る事が出来てほっとした。

zaki-20150515-kosamebitaki.jpg
<コサメビタキ>

<今日出会った主なもの>鳥/アカゲラ、アオゲラ、コゲラ、キビタキ、コサメビタキ、シジュウカラ、ヤマガラ、ホオジロ、トビ等。
posted by 花虫とおる at 20:25| Comment(0) | 山梨県

2015年05月14日

横浜市(仮称)アマサギの里(午後)

昼食は、何故だか牛丼を食べたくなったので吉野家へ行った。食後は缶コーヒーの代りにコーヒー飴を一粒舐め、間食は一切無しで夕食まで過ごすのだが、一向に体重が落ちない。まこと困った事である。今日も暑いから秘密の日陰で爆睡した後に田んぼ巡りをしたが、アマサギが一羽飛来していた。農家の方のトラクターの後をつけて餌を漁る時以外は、人が近づくと敏感ですぐ飛び去るから、デジスコを組み立てて近づいた。毎年、田植えの時期にアマサギが見られるが、何故だか風も強く、デジスコ撮影を手古摺らせる。

zaki-20150514-amasagi.jpg
<アマサギ>

<今日出会った主なもの>鳥/アマサギ、ダイサギ、ツバメ、ハクセキレイ、ムクドリ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 18:59| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区北八朔公園(午前)

今日は昨日より気温が上がるらしい。急に気温が高くなったので身に堪えるが、梅雨前にはこんな日が多いものである。という訳で、今日も木陰の昆虫観察をメインに北八朔公園へ行った。例によって田んぼの農道に車を停めたが、早いもので田植えが終わった所もあった。公園入口横の草原には眩しいほど真っ黄色なオオキンケイギクが、花壇には鮮やかなピンクのムシトリナデシコが咲いていた。駐車場の土留め下にはユキノシタが見られたが、ピーカンでは撮る気も起きない。

zaki-20150514-ojiroashinagazomushi.jpg
<オジロアシナガゾウムシ>

そこで、不本意ながら毎度お馴染みの東名高速港北PA裏の木陰の昆虫横丁へ行った。しかし、期待した程には昆虫の姿が少ない。そこで、のんびりゆっくり3往復もしてしまった。その甲斐あって、かなりの種類の昆虫を見つけたが、エゴシギゾウムシ等のこれぞといった昆虫はいなかった。それでも、初見のトホシクビボソハムシの無紋型や大好きなオジロアシナガゾウムシがいて嬉しくなった。最後に大池に寄ったが、アオモンイトトンボ、クロイトトンボ等がかなり見られた。

zaki-20150514-marumunejokai.jpg
<マルムネジョウカイ>

<今日出会った主なもの>花/ユキノシタ、ニワゼキショウ、ムラサキサギゴケ、ハルジオン、ヘラオオバコ、キツネノボタン、アカバナユウゲショウ、ナガミヒナゲシ、カタバミ、オオキンケイギク、ムシトリナデシコ、アヤメ、キショウブ、エゴノキ等。蝶/アオスジアゲハ、ツマグロヒョウモン、クロヒカゲ、ヒメウラナミジャノメ等。昆虫/マルムネジョウカイ、セボシジョウカイ、トホシクビボソハムシ、キイロクビボソハムシ、アトボシハムシ、ジンガサハムシ、ルリクビボソハムシ、オジロアシナガゾウムシ、トホシテントウ、ホソオビヒゲナガ、クワキヨコバイ、ホウズキカメムシ、ヤマサナエ、クロイトトンボ、アオモンイトトンボ等。
posted by 花虫とおる at 18:50| Comment(0) | 緑  区

2015年05月13日

横浜市緑区三保市民の森

昨日の台風6号崩れの低気圧通過時は、風雨ともに強くなったが、あっという間に治まった。そんな訳で、今日は一種の台風一過、東京では30度まで気温が上がると予報されていた。加齢とともに日向を歩くのはしんどいし、風が残っているので三保市民の森へ行った。旧道へ降りて来ると、ユキノシタの特異な花が咲き、竹林際ではベニカミキリがかなり見られた。次にバス通り歩道脇へ寄ったが、美味しいモミジイチゴの実を口に放り込み、シナノクロフカミキリを見つけた。

zaki-20150513-tatsunamiso.jpg
<タツナミソウ>

今日は暑いから三保平には寄らずに谷道へ進んだ。相変わらずカワトンボが各所で見られ、アオジョウカイ、ジョウカイボン、マルムネジョウカイ等もいた。更に進んで開けた場所に至ると、見事なタツナミソウが咲いていた。また、可愛らしいマドガも見つけた。終点まで行って引き返し、途中から伐採丸太が積んである場所に寄った。ヤマザクラもあるので、もしやヤツメカミキリがと探したら、下草に静止していたものの、気温が高い事もあって近づくと飛び立ってしまった。

zaki-20150513-shinanokurofukamikiri.jpg
<シナノクロフカミキリ>

<今日出会った主なもの>花/タツナミソウ、ユキノシタ、ニガナ、ハルジオン、コンフリー等。蝶/モンキアゲハ、アオスジアゲハ、サトキマダラヒカゲ、コジャノメ、ムラサキシジミ、コチャバネセセリ等。昆虫/シナノクロフカミキリ、ヤツメカミキリ、ベニカミキリ、アオジョウカイ、ジョウカイボン、マルムネジョウカイ、クロウリハムシ、キベリクビボソハムシ、ヤマサナエ、カワトンボ、ホオズキカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、マドガ、ホソオビヒゲナガ等。その他/モミジイチゴの実、ウグイスカグラの実等。
posted by 花虫とおる at 16:00| Comment(0) | 緑  区

2015年05月12日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

季節外れの台風6号が接近している。温帯低気圧に変わるものの、明日の未明に関東地方の沿岸をかすめそうである。この為、今日は朝から風が強い。こんな日は三保市民の森が定番なのだが、以前、強風下でも寺家ふるさと村の昆虫横丁は静穏だった事があったし、今日は四季の家が閉館しているので散策者も少ないのではと出かけてみた。まずは熊野池へ行ったが、何故かキンクロハジロの雄が一羽浮かんでいた。羽でも傷めていて旅立てないのかもしれない。

zaki-20150512-ohebiichigo.jpg
<オヘビイチゴ>

次に、鴨志田公園に隣接する田んぼの縁の小道を歩いたが、オカタツナミソウ、ニガナ、オヘビイチゴ、白花のムラサキサギゴケが咲いていた。また、ヒメウラナミジャノメがハルジオンに吸蜜していたので、これは頂きと接近したが、逃げられてしまった。その後、毎度お馴染みの昆虫横丁へ行ったが、名物のアカガネサルハムシがエビヅルに、カツオゾウムシがオオミゾソバに見られた位であった。最後に居谷戸へ足を伸ばしたが、これといった成果は無かった。

zaki-20150512-akaganesaruhamushi.jpg
<アカガネサルハムシ>

<今日出会った主なもの>花/オカタツナミソウ、オヘビイチゴ、ムラサキサギゴケ、アカバナユウゲショウ、ナガミヒナゲシ、ノアザミ、ハルジオン、ニガナ、コウゾリナ、ノゲシ、エゴノキ、コゴメウツギ、ノイバラ等。蝶/モンキアゲハ、アオスジアゲハ、ヒメウラナミジャノメ、ベニシジミ等。昆虫/アカガネサルハムシ、カツオゾウムシ、ヒメシロコブゾウムシ、シオカラトンボ、ムネアカアワフキ等。鳥/カルガモ、キンクロハジロの雄等。
posted by 花虫とおる at 16:45| Comment(0) | 青葉区

2015年05月11日

横浜市(仮称)アオゲラの森(午後)

午後からは(仮称)アオゲラの森へ様子を見に行った。連休中は機材を持たずに数回覗いたが、コツコツと穴を掘る音もしないし顔も出さないので営巣放棄かなと心配したが、今日は巣穴から出て辺りを見回す雄がいた。私の撮影が原因で営巣放棄でもされたら、お仲間から笑われ一生の不覚と思っていたので嬉しかった。アオゲラはオスとメスが交代で抱卵し、交代するまでの時間はかなり長く、抱卵中は約30分に一回顔を出すというので、気づかなかったのである。これで確実に抱卵まで進んでいる事が分かりほっとした。

zaki-20150511-aogera-osu.jpg
<アオゲラの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/アオゲラ、シジュウカラ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 19:10| Comment(0) | 都筑区

横浜市緑区梅田川(午前)

今日も青空一杯だが気温は低く爽やかである。とは言っても木陰の方が昆虫がいるだろうと梅田川へ行った。まずは梅田川遊水地から始めたが、ヤマサナエやカワトンボが飛び、アオジョウカイやジョウカイボンも見られた。しかし、過去の実績に比べると貧果で、キブシの葉に見られたウスモンオトシブミは今年も不作のようである。それでもエゴノキの葉には揺籃がたくさんあったので、エゴツルクビオトシブミは発生しているようだ。しかし、賑やかさに欠けるなあと眉をしかめた。

zaki-20150511-seribahienso.jpg
<セリバヒエンソウ>

しからば三保念珠坂下ならばと歩みを進めたが、遊水地と同じ様な状況であった。何故だか今季は昆虫の姿が少ないなあと感じるが、これからなのかもしれない。更に元庄屋さんの家まで行ってみたが、セリバヒエンソウが咲いていたので素直に切り取った。その後、Uターンしてスモモの丘から向原へ行ったら、ハラビロトンボが止まっていたので、まずは一枚撮影した。しかし、正面から撮らないとハラビロが分からないと回り込んだら、とても敏感で飛び去ってしまった。

zaki-20150511-harabirotonbo-mesu.jpg
<ハラビロトンボの雌>

<今日出会った主なもの>花/セリバヒエンソウ、ハルジオン、アカバナユウゲショウ、ナガミヒナゲシ、カタバミ、イモカタバミ等。蝶/アオスジアゲハ、サトキマダラヒカゲ等。昆虫/ジョウカイボン、アオジョウカイ、コフキゾウムシ、クサギカメムシ、ヤマサナエ、カワトンボ、ハラビロトンボ、ホソオビヒゲナガ等。
posted by 花虫とおる at 19:04| Comment(0) | 緑  区

2015年05月10日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

今日は朝から青空一杯、太陽はギラギラ、まこと暑くなりそうである。昨日の観察会は、散策開始時にほんの少し雨がぱらついたが曇りで快適だったが、まこと正反対という訳である。こんな日は木陰が多いフィールドの散策が定番なのだが、昨日の疲れも残っているので至近距離の茅ヶ崎公園へ行った。まずは昆虫の谷へ寄ったが、昨日の大地沢は多種多様の昆虫がいて個体数も多かったが、マガリケムシヒキが多くいただけなので拍子抜けしてしまった。自然度が高い所へ行った後は、近場が本当にみすぼらしく感じられる。

zaki-20150510-kaojirohigenagazomushi.jpg
<カオジロヒゲナガゾウムシ>

それでも元気を出して港北ファミール下へ寄ったが、ヒメシロコブゾウムシとアカヒゲヒラタコメツキが見られただけだった。次に、生態園上のアジサイの植え込みに行ったが、晴天だから何も見られず、藪蚊に刺されただけだった。それでも、ヌルデの幹でマダラアシゾウムシが複数交尾していた。その後、大原みねみち公園まで足を伸ばしたが貧果が続き、引き返そうと思った時に、エノキの幹でカオジロヒゲナガゾウムシを見つけて嬉しくなった。

zaki-20150510-akahigehiratakometsuki.jpg
<アカヒゲヒラタコメツキ>

<今日出会った主なもの>花/アカツメクサ、ヤブデマリ、サワウツギ等。蝶/コミスジ、クロヒカゲ等。昆虫/ヒメシロコブゾウムシ、マダラアシゾウムシ、カオジロヒゲナガゾウムシ、コブヒゲボソゾウムシ、アカヒゲヒラタコメツキ、サビキコリ、ヒゲナガハナノミ、リンゴコフキハムシ、アトボシハムシ、テントウムシ、ホソオビヒゲナガ、マガリケムシヒキ、シオカラトンボ等。
posted by 花虫とおる at 20:09| Comment(0) | 都筑区

2015年05月09日

東京都町田市大地沢

今日は待ちに待った道端自然観察会である。1年間を通して最も成果が上がる町田市大地沢だから期待したのだが、大地沢に近づくとフロントガラスに雨粒が落ちて来た。これはやばい、今年1年の運をキバネツノトンボに出会って使い切った方が参加されるからかもしれない。それでも集合場所の第2駐車場には、たくさんの方々が現れた。まずは頭上に木々が生えているので、NO傘で散策出来る相模原市緑区の谷戸から散策を開始したが、有難い事に雨は30分程で止んだ。

zaki-20150509-komisuji.jpg
<コミスジ>

それからはずっと曇りで、散策及び写真撮影には好適なのだが、チョウに関しては天気が悪過ぎた。それでもウスバシロチョウが数頭だが見られ、コミスジがハルジオンに、カラスアゲハがヤマツツジに吸蜜にやって来た。今日の観察会における蝶での特筆事項は、エノキの大木から無数のテングチョウの幼虫が糸を出して降りて来て、低木の葉裏で蛹化し、あるいはこれか蛹になろうとする幼虫がいた事である。長い間の野山の散策で、こんな光景を見たのは初めてである。

zaki-20150509-tengucho-sanagi.jpg
<テングチョウの蛹>

今回も昼食は大地沢青少年センターのキャンプ場でとったが、ジャケツイバラが三分咲き程度で、去年に比べると開花の進行は早かった。その後、林道を登り詰めてUターンして戻って来たが、期待したイタドリに揺籃はあったがドロハマキチョッキリは見られず、ルイスアシナガオトシブミが見られたケヤキも目の届く枝は切られていて見られなかった。しかし、湿地脇のアジサイに、シロオビアカアシナガゾウムシ、モンカゲロウ、クロハネシロヒゲナガ等がたくさん居て嬉しくなった。

zaki-20150509-higenagaotoshibumi-osu-2.jpg
<ヒゲナガオトシブミの雄>

<今日出会った主なもの>花/タツナミソウ、キンポウゲ、セリバヒエンソウ、ハルジオン、キツネノボタン、キショウブ、マルバウツギ、ジャケツイバラ等。蝶/カラスアゲハ、ウスバシロチョウ、コミスジ、スジグロシロチョウ、ツマキチョウ、テングチョウの蛹等。昆虫/ハンミョウ、ヒメオサムシ、コアオハナムグリ、クチキヒゲクシムシ、アオジョウカイ、ジョウカイボン、ヒメジョウカイ、ウスチャジョウカイ、ニジュウヤホシテントウ、アカハネムシ、アオハムシダマシ、ヒゲナガオトシブミ、ヒメコブオトシブミ、ヒメケブカチョッキリ、ハスジカツオゾウムシ、カツオゾウムシ、シロオビアカアシナガゾウムシ、カワトンボ、シオカラトンボ、ダビドサナエ、モンカゲロウ、クロハネシロヒゲナガ等。鳥/オオルリ、キビタキ、アオバト、ガビチョウ、ウグイス等。その他/アオオニグモ等。
posted by 花虫とおる at 19:22| Comment(0) | 町田市

2015年05月08日

横浜市緑区北八朔公園

今日は青空一杯で、かなり暑くなりそうである。午後から用事があるので午前中のみなのだが、木陰の少ない至近距離の新吉田町散策は気が進まない。そこで、木陰の昆虫横丁のある北八朔公園へ行った。これから一気に夏になる訳では無いが、まこと暑いのは嫌だなあと眉をしかめた。田んぼに車を停めて散策を開始したが、ハルジオンやアカバナユウゲショウが咲く入口手前の小さな公園の草地では、ツマグロヒョウモンやモンシロチョウが軽やかに飛んでいた。

zaki-20150508-niwazekisho.jpg
<ニワゼキショウ>

園内に入ると花を確保と探したが、ムラサキサギゴケが咲いていたものの、絵にするにはまこと難しい花であった。そこで、昆虫確保だなあと昆虫横丁へ上って行ったが、前回より姿が少ない。これは困ったなあとと思っていたら、美麗なキベリクビボソハムシを見つけてほっとした。近づくと飛び立ってしまう敏感な甲虫だが、何故かおとなしく、じゅっくり撮影出来た。その後、北八朔住宅の芝地でニワゼキショウを確保して、今日も、なんとか「花虫撮る」となった。

zaki-20150508-kiberikubibosohamushi.jpg
<キベリクビボソハムシ>

<今日出会った主なもの>花/ニワゼキショウ、キンラン、ムラサキサギゴケ、ハルジオン、ヘラオオバコ、キツネノボタン、アカバナユウゲショウ、ナガミヒナゲシ、カタバミ、アヤメ、キショウブ、カキツバタ等。蝶/アゲハ、ツマグロヒョウモン、モンシロチョウ、モンキチョウ等。昆虫/キベリクビボソハムシ、ヨツモンクロツツハムシ、ルリクビボソハムシ、オジロアシナガゾウムシ、コフキゾウムシ、キクスイカミキリ、キイロテントウ、ホソオビヒゲナガ等。
posted by 花虫とおる at 15:13| Comment(0) | 緑  区

2015年05月07日

横浜市青葉区(仮称)カイツブリの里(午後)

昼食はもちろん至近の島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑へ行った。今日は普通のラーメンと思ったが、またしてもネギラーメンにしてしまった。白髪葱が入るか入らないかで味に大差が出るのである。午後からは雛が3羽も誕生したという(仮称)カイツブリの里へ行った。もちろん、アオゲラやエナガの巣も覗いてみたが、これといった変化は無かった。期待したカイツブリの親子は巣に留まっていて離れない。そこで、親単独の保険写真を撮ってから、待てば海路の日和かなと期待したが、雛を背負って出て来た時には水面が浮かんだ落ち葉で汚らしくなり、撮る気が失せてしまった。

zaki-20150507-kaitsuburi.jpg
<カイツブリ>

<今日出会った主なもの>鳥/アオゲラ、エナガ、ウグイス、ガビチョウ、カイツブリ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 19:15| Comment(0) | 青葉区

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午前)

やっとゴールデンウイークが終わった。現役世代や子供達には待ちに待った連休であっただろうが、サンデー毎日の身には「早く終わってくれないかなあ」と思う連休であった。今日は本当に久しぶりに寺家ふるさと村へ行った。昆虫横丁の下草の葉が開くまでは昆虫の姿が少ないので、足が遠のいていたのだ。それに今日は四季の家が休館なので、のんびり散策出来る筈と思ったのである。その思惑はずばり当たって、人出が本当に少なくて風薫る寺家ふるさと村であった。

zaki-20150507-yamaruriso.jpg
<ヤマルリソウ>

まずは熊野池方面から散策を開始したが、オカタツナミソウが斜面に咲き、シロヘリカメムシを見つけた。次に本命の昆虫横丁へ行ったが、下草の葉の伸展具合は芳しくなく、昆虫の姿も少なかった。それでも、クロボシツツハムシ、キベリトゲハムシ、アトボシハムシ、アオカメノコハムシ、ヒメシロコブゾウムシ等が見られた。また、杉林の奥にヤマルリソウが咲き残っていたのでカメラに納めた。その後、居谷戸へ足を伸ばしたが、マルウンカを見つけた位で引き返した。

zaki-20150507-kuroboshitsutsuhamushi.jpg
<クロボシツツハムシ>

<今日出会った主なもの>花/オカタツナミソウ、ヤマルリソウ、コウゾリナ、カキツバタ等。蝶/キアゲハ、ツマグロヒョウモン、ヒメウラナミジャノメ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、コチャバネセセリ等。昆虫/クロボシツツハムシ、キベリトゲハムシ、アトボシハムシ、アオカメノコハムシ、ヒメシロコブゾウムシ、シロヘリカメムシ、マルウンカ等。
posted by 花虫とおる at 19:10| Comment(0) | 青葉区

2015年05月06日

横浜市都筑区葛ヶ谷公園

今日は何処へ行こうかなと考えたが、昨日の続だと葛ヶ谷公園から都筑中央公園の「ばじょうじ谷戸」まで行って見ようと出発した。今年に入って貧果ばかりのコースだが、何かしら撮れるだろうと思ったのだ。最近、何処へ行ってこれこれを撮るという事よりも、行った先で何かを見つけてカメラに納めるのが楽しみとなっている。とは言うものの、アシナガオトシブミとエゴシギゾウムシを昨年見つけた葛ヶ谷公園のバス通り裏へ直行した。しかし、これといったものは見られなかった。

zaki-20150506-kiberinagakasumikame.jpg
<ケブカキベリナガカスミカメ>

それでも、今までなら無視していただろうケブカキベリカスミカメとセアカハマダラミバエを見つけたので、保険として撮影した。次に、鴨池公園の柿の木広場へ寄ったが、ハナウドの葉にヒメシロコブゾウムシを見つけたものの非協力的で、例年に比べると個体数も少なかった。最後に都筑中央公園の「ばじょうじ谷戸」へ行ったが、ここでも成果無しで、カワセミおじさん等が井戸端会議に精を出していた。そんな訳で、保険として撮影した昆虫をアップする事となった。

zaki-20150506-seakahamadaramibae.jpg
<セアカハマダラミバエ>

<今日出会った主なもの>花/アカツメクサ、ブタナ、コウゾリナ、キツネノボタン、ナガミヒナゲシ、アカバナユウゲショウ、イモカタバミ、コゴメウツギ等。蝶/アオスジアゲハ、ベニシジミ等。昆虫/ヤツボシハムシ、ヒメシロコブゾウムシ、コフキゾウムシ、セアカハマダラミバエ、ケブカキベリナガカスミカメ、ホソオビヒゲナガ、マガリケムシヒキ等。その他/ウグイスカグラの実、モミジイチゴの実等。
posted by 花虫とおる at 18:35| Comment(0) | 都筑区

2015年05月05日

横浜市(仮称)ツミの森公園(午後)

今日の健康昼寝は涼しいから快適で、目覚めるとツミの様子を伺いに(仮称)ツミの森公園へ行った。最近、ツミの雌が抱卵に入ってようで、出が芳しく無いと聞いていたが、お気に入りの枝に止まっていた。そこで車を田んぼに停めに行き15分程で戻ったが、有難い事にまだ同じ場所に止まっていた。そこで、ばんばんシャツターを切ったが、ああ無常、5分もせずに抱卵に戻ってしまった。そこで夕方まで粘ったものの、一度だけ現れたが、残念ながら良い場所では無かった。

zaki-20150505-tsumi-mesu.jpg
<ツミの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ツミ、キジバト、オナガ等。
posted by 花虫とおる at 19:30| Comment(0) | 青葉区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

今日は久しぶりに曇って涼しい。こんな日は散策及び撮影日和だと、いつも期待を裏切らない茅ヶ崎公園へ行った。川崎の虫撮り仲間がエゴシギゾウムシをブログにアップしていたので、私も続こうという訳である。いつものようにキノコ横丁から散策を開始したが、キノコは皆無であったが、ウメモドキの葉にコブヒゲボソゾウムシが止まっていた。次に、昆虫の谷へ行ったがエゴシギゾウムシは見られなかったが、ヤブデマリが咲き、コミスジやクロヒカゲが舞っていた。

zaki-20150505-akatsumegusa.jpg
<アカツメクサ>

今日は生態園はパスして尾根に上がり、アジサイの植え込みに注意しながら大原みねみち公園まで行った。アジサイの葉上では、リンゴコフキハムシ、ホソオビヒゲナガ等が見られた。大原みねみち公園では、もちろんエゴシギゾウムシのポイントへ行ったが発見出来ず、しかし、マユミの葉に真っ黒なサメハダヒメゾウムシが2匹も這っていた。その後、花でも撮ろうと頑張ったが、サワウツギは絵にならず、池の草原に咲くアカツメクサをカメラに納めて引き返した。

zaki-20150505-hosoobihigenaga.jpg
<ホソオビヒゲナガの雌>

<今日出会った主なもの>花/アカツメクサ、ヤブデマリ、サワウツギ等。蝶/コミスジ、クロヒカゲ等。昆虫/サメハダヒメゾウムシ、コブヒゲボソゾウムシ、リンゴコフキハムシ、テントウムシ、ホソオビヒゲナガ、マガリケムシヒキ等。
posted by 花虫とおる at 19:29| Comment(0) | 都筑区

2015年05月04日

横浜市緑区北八朔公園

今日は朝から風が非常に強い。こんなに強いと薫風とは言えず、鯉のぼりは張り裂けるのではなかろうかと危惧するほど悲鳴を上げて泳いでいる。今日は「みどりの日」だから、緑区を散策せねばと風にも強い北八朔公園へ行った。まずは入り口手前にある小さな公園で、アカバナユウゲショウが咲いていたので撮影した。入口にある花壇には、アヤメ、シラン、ムシトリナデシコ等が咲いていて美しい。季節の花だからアヤメをゲットと思ったが、背景が今一で風も強い為に諦めた。

zaki-20150504-akabanayugesho.jpg
<アカバナユウゲショウ>

その後、去年たいへん面白かった東名高速港北PAと公園との間の小道へ行ったが、これといった昆虫が見られない。それでも何遍も往復して探したら、ジンガサハムシ、コフキゾウムシ、ベニヘリテントウ、ウシカメムシ、ホソオビヒゲナガ等を見つけた。最後に、公園奥へ降りて行ったが、ハルジオンにコチャバネセセリが吸蜜し、草原ではツマグロヒョウモンが舞っていた。大池では子供たちが早くもトンボを捕ろうと網を振っていたが、シオカラトンボがかなり発生していた。

zaki-20150504-ushikamemushi.jpg
<ウシカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/ムラサキサギゴケ、ハルジオン、ヘラオオバコ、キツネノボタン、アカバナユウゲショウ、ナガミヒナゲシ、カラスノエンドウ、カタバミ、アヤメ、キショウブ、キリ等。蝶/キアゲハ、ツマグロヒョウモン、コミスジ、クロヒカゲ、ベニシジミ等。昆虫/ジンガサハムシ、コフキゾウムシ、ベニヘリテントウ、ウシカメムシ、ホソオビヒゲナガ、シオカラトンボ等。
posted by 花虫とおる at 18:33| Comment(0) | 緑  区

2015年05月03日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

昼食はコンビニ弁当だと買いに行くと、100円引きのものがあったので購入した。しかし、ちょいと量が少ないので柏餅を一個追加したが、500円でお釣りが来た。午後からは泉の森公園の「しらかしの家」で開催中の野鳥写真展を見に行った。その後、このまま鳥撮りと思ったが、人出が多く、のんびり出来そうもないのでUターンして新治市民の森へ行った。しかし、カワセミは不在で、遠くでキビタキが囀っているだけだった。そこで、梅田川遊水地に期待して戻ったが、カワセミは居たものの落ち着かず、電線で囀るシジュウカラを撮った。

zaki-20150503-shijyukara.jpg
<シジュウカラ>

<今日出会った主なもの>鳥/キビタキ、カワセミ、ツバメ、ハクセキレイ、シジュウカラ、ガビチョウ、ヒヨドリ、スズメ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 18:52| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区三保市民の森(午前)

今日は憲法記念日である。安倍ちゃんが再登板してから、憲法改正論議が活発となっている。しかし、憲法についてどれだけ知っているのかと自問自答してみると、第1条と第9条だけである。その他は、まったく知らないのだから情けない。たまには憲法の勉強をしなくてはならなくなった。今日は、昨日散策した横浜動物の森公園のお隣とも言える三保市民の森へ行った。いつものように旧道へ降りて来ると、途中、サワフタギの花が真っ白に咲いていた。

zaki-20150503-kawatonbo.jpg
<カワトンボ>

旧道やバス通り歩道脇ではキベリクビボソハムシとルリクビボソハムシを見つけた位であった。そこで三保平に期待したが、ニワゼキショウやカタバミが咲いている位で被写体は少なく、毎度お馴染みの谷道に行った。日陰だからかイチリンソウが咲き、カワトンボが擬木の手摺等に止まっていた。少し開けた場所ではハルジオンにコチャバネセセリが吸蜜し、最奥まで歩みを進めると、ホタルカズラが5株程咲いていたものの、絵になるようには撮れなかった。

zaki-20150503-rurikubibosohamushi.jpg
<ルリクビボソハムシ>

<今日出会った主なもの>花/ホタルカズラ、イチリンソウ、キンラン、ギンラン、カキドオシ、ニワゼキショウ、カタバミ、ハルジオン、オニタビラコ、サワフタギ、オオデマリ等。蝶/コミスジ、クロヒカゲ、コチャバネセセリ等。昆虫/ジョウカイボン、ルリクビボソハムシ、キベリクビボソハムシ、イチモンジカメノコハムシ、ジンガサハムシ、ヤマサナエ、カワトンボ、ホオズキカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ等。その他/ウグイスカグラの実等。
posted by 花虫とおる at 18:46| Comment(0) | 緑  区

2015年05月02日

横浜市緑区横浜動物の森公園

風薫る5月、今日から連休に入られた方も多いのではなかろうか。6日までだと計5日間となるので、やはりゴールデンウィークである。私の様なサンデー毎日のおじさんには、何処へ行っても交通渋滞や人出が多いから眉をひそめてしまう。そんな訳で、今日はのんびりと散策出来る横浜動物の森公園へ行った。いつもと異なって梅田川からの裏道を使ったが、路駐した場所や梅田川遊水地に大好きなカマツカが咲いていたものの、良い絵柄が得られず撮影は断念した。

zaki-20150502-uguisukagura-mi.jpg
<ウグイスカグラの実>

梅田川沿いから旧道に入り公園へ通ずる小道へ曲がると、オニグルミが咲いていて、赤い雌花を撮りたいなあと思ったが、背景が今一なので諦めた。横浜動物の森公園では、まずは昆虫横丁へ寄ったが、イチモンジカメノコハムシがいたので嬉しくなった。これでお次はウグイスカグラの実だなあと探したら、かなり色づいていたので頑張って撮影した。帰路は同じコースで戻ったが、三保念珠坂公園下で、キクスイカミキリやジョウカイボンがお待ちかねであった。

zaki-20150502-ichimonjikamenokohamushi.jpg
<イチモンジカメノコハムシ>

<今日出会った主なもの>花/キンラン、ギンラン、ニリンソウ、オニタビラコ、カラスノエンドウ、イモカタバミ、コゴメウツギ、カマツカ、オニグルミ等。蝶/アオスジアゲハ、コミスジ、ベニシジミ等。昆虫/キクスイカミキリ、ジョウカイボン、イチモンジカメノコハムシ、クロウリハムシ、コフキゾウムシ、ヤマサナエ、カワトンボ、クサギカメムシ等。その他/ウグイスカグラの実等。
posted by 花虫とおる at 18:48| Comment(0) | 緑  区