2015年05月11日

横浜市(仮称)アオゲラの森(午後)

午後からは(仮称)アオゲラの森へ様子を見に行った。連休中は機材を持たずに数回覗いたが、コツコツと穴を掘る音もしないし顔も出さないので営巣放棄かなと心配したが、今日は巣穴から出て辺りを見回す雄がいた。私の撮影が原因で営巣放棄でもされたら、お仲間から笑われ一生の不覚と思っていたので嬉しかった。アオゲラはオスとメスが交代で抱卵し、交代するまでの時間はかなり長く、抱卵中は約30分に一回顔を出すというので、気づかなかったのである。これで確実に抱卵まで進んでいる事が分かりほっとした。

zaki-20150511-aogera-osu.jpg
<アオゲラの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/アオゲラ、シジュウカラ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 19:10| Comment(0) | 都筑区

横浜市緑区梅田川(午前)

今日も青空一杯だが気温は低く爽やかである。とは言っても木陰の方が昆虫がいるだろうと梅田川へ行った。まずは梅田川遊水地から始めたが、ヤマサナエやカワトンボが飛び、アオジョウカイやジョウカイボンも見られた。しかし、過去の実績に比べると貧果で、キブシの葉に見られたウスモンオトシブミは今年も不作のようである。それでもエゴノキの葉には揺籃がたくさんあったので、エゴツルクビオトシブミは発生しているようだ。しかし、賑やかさに欠けるなあと眉をしかめた。

zaki-20150511-seribahienso.jpg
<セリバヒエンソウ>

しからば三保念珠坂下ならばと歩みを進めたが、遊水地と同じ様な状況であった。何故だか今季は昆虫の姿が少ないなあと感じるが、これからなのかもしれない。更に元庄屋さんの家まで行ってみたが、セリバヒエンソウが咲いていたので素直に切り取った。その後、Uターンしてスモモの丘から向原へ行ったら、ハラビロトンボが止まっていたので、まずは一枚撮影した。しかし、正面から撮らないとハラビロが分からないと回り込んだら、とても敏感で飛び去ってしまった。

zaki-20150511-harabirotonbo-mesu.jpg
<ハラビロトンボの雌>

<今日出会った主なもの>花/セリバヒエンソウ、ハルジオン、アカバナユウゲショウ、ナガミヒナゲシ、カタバミ、イモカタバミ等。蝶/アオスジアゲハ、サトキマダラヒカゲ等。昆虫/ジョウカイボン、アオジョウカイ、コフキゾウムシ、クサギカメムシ、ヤマサナエ、カワトンボ、ハラビロトンボ、ホソオビヒゲナガ等。
posted by 花虫とおる at 19:04| Comment(0) | 緑  区