2015年05月17日

横浜市(仮称)アマサギの里(午後)

昼食は「嘉門」から変わった「一心」で豚肉と小松菜の炒め定食を食べた。値段は700円とリーズナブルなのだが、調理人さんが変わったようで、今一単調な味わいである。調味料の何かが欠けているのだろう。その後、例によって秘密の日陰で爆睡した後、もかしたらアマサギ以外の鳥が出ているかもしれないと(仮称)アマサギの里へ行った。するとカメラマンがかなり集まっていた。近づくとアカエリヒレアシシギが、なんと2羽も飛来していた。久しぶりにお会いする鳥友もいて、談笑しながらばんばんシャツターを切った。

zaki-20150517-akaerihireashishigi.jpg
<アカエリヒレアシシギ>

<今日出会った主なもの>鳥/アマサギ、アカエリヒレアシシギ、コチドリ、カワラヒワ、ハクセキレイ、ムクドリ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 20:32| Comment(0) | 青葉区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

なんだか近頃熟睡感が無い。中途半端な暑さだし、夜中に気温の変化があるのだろう。寒ければ寒い、暑ければ暑い、気候が安定していた方が心身ともに調子が良い。そんな訳だろうか、今日は雲一つない晴天に戻ったが、なんとなく元気が出ない。そこで、至近距離の葛ヶ谷公園から茅ヶ崎公園を往復した。葛ヶ谷公園の昆虫横丁は相変わらず貧果であったが、キイロトラカミキリを見つけてほっとした。花ではハンショウヅルを期待したのだが、すでに咲き終わっていた。

zaki-20150517-akasujikinkamemushi.jpg
<アカスジキンカメムシ>

その後、大原みねみち公園の昆虫横丁へ寄ったが、ここでも貧果で眉をしかめた。今年の近場での昆虫の発生はかなり少ないようだ。先だっての大地沢の観察会では多彩な昆虫が数多く見られたのに、まこと天国と地獄の差だなあと天を仰いだ。そこで、やっぱり茅ヶ崎公園しか無いと足を伸ばすと、生態園西門上の広場や尾根筋のアジサイの植え込みで、ヒゲナガハナノミ、トホシオサゾウムシ、エサキモンキツノカメムシ、アカスジキンカメムシ等を見つけた。

zaki-20150517-kirotorakamikiri.jpg
<キイロトラカミキリ>

<今日出会った主なもの>花/アカツメクサ、ブタナ、イボタ、オオベニウツギ等。蝶/ツマグロヒョウモン、コミスジ、アカボシゴマダラ等。昆虫/キイロトラカミキリ、ヒゲナガハナノミ、トホシオサゾウムシ、コフキゾウムシ、エサキモンキツノカメムシ、マガリケムシヒキ、アカスジキンカメムシ、ホソオビヒゲナガ等。
posted by 花虫とおる at 18:59| Comment(0) | 都筑区