2015年06月30日

静岡県小山町(仮称)オオルリの森

今日はやっと一日中曇りとなったので、今年最後だと早朝に(仮称)キビタキの森目指して出発した。もちろん、途中の(仮称)オオルリの森へも寄ったが、なんとなんとオオルリの雄が前回と同じ枝でお待ちかねであった。その後、期待して(仮称)キビタキの森へ行ったのだが、キビタキはいたものの、距離が遠かったり梢高くで囀っていたりして、なかなか良い写真が得られない。これは困ったなあと思っていると、やっと絵になる場所に止まってくれた。そこで、ばんばんシャッターを切ったが、液晶ディスプレイで拡大してみると、子育てで疲れたのか、羽がかなり傷んだ個体であった。そんな訳で、午後の(仮称)キビタキの森のブログアップは諦めざるを得なくなった。

zaki-20150630-ooruri-osu.jpg
<オオルリの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/オオルリ、キビタキ、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 20:37| Comment(0) | 静岡県

2015年06月29日

横浜市港北区新吉田町

今日は仲良くしていた写真仲間がまさかの早逝となり、お通夜で最後のお別れにと思っているので、午前中のみ至近距離の新吉田町へ行った。まずは丘の上の畑へ向け散策を開始したが、ガガイモやヤブカンゾウが咲き始めていた。また、民家の庭先には、ノウゼンカズラ、タチアオイ、ゼニアオイ、ヒマワリ等が咲いて、いよいよ夏が近くなった。しかし、昆虫の姿は少なく、アゲハ、モンシロチョウ、ベニシジミ、オオシオカラトンボ等が見られた位であった。

zaki-20150629-gagaimo.jpg
<ガガイモ>

そこで、草刈りがされずに半分程残った第3京浜都筑インターへ通ずる昆虫横丁へ行ったが、ここもチャバネアオカメムシ、カツオゾウムシが見られた位であった。しかし、日曜菜園へ通ずる小道脇には、程良く雨が続いたのでアカバナユウゲショウが美しく広がっていた。更に丘を越えて杉山神社の方へ歩みを進めたが、オオブタクサにブタクサハムシが、ヒメコウゾにタバゲササラゾウムシが、また、ひらひらとホタルガが飛んでいるだけだった。

zaki-20150629-tabagesasarazomushi.jpg
<タバゲササラゾウムシ>

<今日出会った主なもの>花/ヤブカンゾウ、ガガイモ、ヒヨドリジョウゴ、ヨウシュヤマゴボウ、ツユクサ、アカバナユウゲショウ、ドクダミ、カタバミ、ヒメジオン、アジサイ等。蝶/アオスジアゲハ、アゲハ、モンシロチョウ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、キマダラセセリ等。昆虫/タバゲササラゾウムシ、カツオゾウムシ、カシルリオトシブミ、コフキゾウムシ、ハムシダマシ、ブタクサハムシ、ウリハムシ、クロウリハムシ、ルリクビボソハムシ、アシナガキンバエ、チャバネアオカメムシ、ホタルガ、カノコガ、ヨツスジヒメシンクイ、オオシオカラトンボ等。鳥/ホトトギス等。
posted by 花虫とおる at 14:39| Comment(0) | 港北区

2015年06月28日

横浜市緑区三保市民の森

今日は朝から馬鹿っ晴れ。昨日の続きのキノコ探索に都筑中央公園へ行こうと思っていたのだが、こんな天気では良いキノコ写真が撮れそうも無いし、木陰が少ないので虫探しも無理やなあと三保市民の森へと予定を変更した。例によって旧道へ降りて行ったが、途中、ヤブカンゾウが鮮やかに咲き始めていた。相変わらず旧道では貧果であったが、今季初めてムクゲの葉でラミーカミキリを見つけた。その名のごとく、ムクゲよりカラムシの方が好きなのだろう。

zaki-20150628-ruriboshikamikiri.jpg
<ルリボシカミキリ>

次にバス通り歩道脇へ寄ったが、今年は本当に成果が上がらず、ルリクビボソハムシとオオニジュウヤホシテントウがいた位であった。その後、三保平へ登って行ったが、途中、またしてもオオミドリシジミの雌に出会った。更に、下草の葉に初見となるオオチャイロナガカメムシが這っていた。また、羽化したばかりのニイニイゼミがフェンスに止まっていたのには驚いた。もうすぐ7月、ニイニイゼミが見られても不思議ではないわなあと苦笑した。

zaki-20150628-akakubinagahamushi.jpg
<アカクビナガハムシ>

最後に谷道へ歩みを進めたが、シラカシの伐採丸太に、ナガゴマフカミキリ、キイロトラカミキリが、アジサイの花に、フタオビミドリトラカミキリ、ヨツスジハナカミキリが見られた。アジサイの花には蝶はほとんどやって来ないが、カミキリムシには好まれるようである。また、谷道でもオオミドリシジミの雌に出会って驚いた。最後に同好者に出会い、入口上の伐採丸太にルリボシカミキリが来ていると教えて貰ったので行ってみると、なんと5匹も這っていた。

zaki-20150628-oochaironagakamemushi.jpg
<オオチャイロナガカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/ヤブカンゾウ、アキノタムラソウ、ハエドクソウ、ドクダミ、アジサイ等。蝶/ヒカゲチョウ、モンシロチョウ、オオミドリシジミ、ベニシジミ、キマダラセセリ等。昆虫/ルリボシカミキリ、ラミーカミキリ、ナガゴマフカミキリ、フタオピミドリトラカミキリ、キイロトラカミキリ、ヨツスジハナカミキリ、カシルリオトシブミ、コフキゾウムシ、アカクビナガハムシ、ルリクビボソハムシ、クロウリハムシ、オオニジュウヤホシテントウ、ニイニイゼミ、オオチャイロナガカメムシ、マダラアシナガバエ、ホタルガ、カノコガ、ヨツスジヒロシンクイ等。キノコ/オオホウライタケ、ツルタケ等。
posted by 花虫とおる at 18:35| Comment(0) | 緑  区

2015年06月27日

横浜市都筑区葛ヶ谷公園

昨日の午後から降り始めた雨は、今朝の10時頃まで降り続いた。そこで正午まで1時間半位しかないが、葛ヶ谷公園から鴨池公園まで往復した。もちろん目的はキノコなのだが、前回に比べて左程の変化は無かった。しかし、小ぶりだがヤマドリタケモドキが苔の上に顔を出していたのでカメラに納めた。大好きなテングタケの幼菌も見られたが、今一シャッターを切る気にはなれなかった。今年の梅雨は長いとの事だが、もう一度、キノコが爆生してくれるのではないかと期待している。

zaki-20150627-yamadoritakemodoki.jpg
<ヤマドリタケモドキ>

<今日出会った主なもの>花/ドクダミ、アジサイ等。昆虫/コフキゾウムシ、マダラアシナガバエ、マガリケムシヒキ等。キノコ/ヤマドリタケモドキ、ニオイコベニタケ、テングタケ、ツルタケ、キツネタケ等。
posted by 花虫とおる at 18:21| Comment(0) | 都筑区

2015年06月26日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

今日は今年最後の山中湖へ行こうと思っていたが、午後から雨との予報となってしまった。一日中曇りというの日はなかなか訪れない。また、直前に天気予報が変わるという今日この頃である。そんな訳で午前中のみ散策ですねと茅ヶ崎公園へ行った。まずはキノコ横丁へ寄ったが、相変わらずニオイコベニタケが爆生していた。その後、ずっとキノコ目を維持したが、ヤマドリタケモドキ、キタマゴタケ、ツルタケ等が見られたが、今一写欲をそそるようには生えていなかった。

zaki-20150626-daikonso.jpg
<ダイコンソウ>

そこで昆虫やーいという事になったが、カシルリオトシブミ、マガリケムシヒキ、チャバネアオカメムシ、エサキモンキツノカメムシ等が見られたが、これまた絵になる所には止まっていず、カメラの中はしばらく空っぽであった。これは困ったなあと尾根道へ出て、ふとコナラの幹を見上げると、ずんぐりと大きいノコギリクワガタの雌が這っていた。もちろん慎重にカメラに納め、その後、生態園西門前の窪地に進むとダイコンソウが咲いていた。都筑区では貴重な野の花である。

zaki-20150626-nokogirikuwagata-mesu.jpg
<ノコギリクワガタの雌>

<今日出会った主なもの>花/ダイコンソウ、ネジバナ、ヨウシュヤマゴボウ、ドクダミ、イモカタバミ、アジサイ等。蝶/アオスジアゲハ、キマダラセセリ等。昆虫/ノコギリクワガタの雌、ナガゴマフカミキリ、マダラアシゾウムシ、カシルリオトシブミ、ハムシダマシ、ヤマイモハムシ、ルリクビボソハムシ、クロウリハムシ、マダラアシナガバエ、マガリケムシヒキ、ショウジョウトンボ、チャバネアオカメムシ、エサキモンキツノカメムシ等。キノコ/ヤマドリタケモドキ、ニオイコベニタケ、キタマゴタケ、テングタケ、ツルタケ、キツネタケ、オオホウライタケ、クロアシボソノボリリュウタケ等。
posted by 花虫とおる at 15:57| Comment(0) | 都筑区

2015年06月25日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

今日は本当に暑くなって、今季初めてカーエアコンを使用した。また、秘密の日陰の場所で健康昼寝を貪り、コルモピアの20%引きのハガキが来たので、半袖シャツを買ってから新治市民の森のカワセミの池まで行った。先日、ビーグル犬の「ジョン」君の飼い主が、2羽いると教えてくれたので期待したのである。確かに親子連れのカワセミはいたものの、親はすぐに飛び立って対岸に消え、幼鳥はよたよた飛翔の後に、ほんの数分だが止まり木に止まってくれた。

zaki-20150625-kawasemi-yocho.jpg
<カワセミの幼鳥>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミの幼鳥、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 18:41| Comment(0) | 緑  区

神奈川県川崎市麻生区早野の里(午前)

今日は何故か島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑の極旨ラーメン+ギョウザセットを食べたくなった。そこで何処へ行こうかなあと考えたが、寺家ふるさと村の昆虫横丁は今季不作だし、必ず知り合いに出会って観察及び撮影が中断されて落着かない。また、町田市三輪町は左程期待出来そうも無いので、ベストとは言い難いがまたしても早野の里となった。緑区に幸楽苑がオープンしてくれれば、余程の事が無い限り国道246を超えなくて済むのになあと思った。

zaki-20150625-kanabun.jpg
<カナブン>

そんな食べたいものを優先した為か、これといったものには巡り会わず、桐蔭学園の方まで足を伸ばしたが、カシルリオトシブミが見られた位であった。そこでハンノキ林の方へ行ったが、コナラ亭にカナブンがいたので保険として撮影した。次にキリの葉を確認したら、今日はクロタマゾウムシが3匹もいた。しかし、高い所の葉裏なので帽子に落ちて貰って、葉の表に這わせて撮る事にした。しかし、なかなか落ち着いてくれないので良い写真は得られなかった。

zaki-20150625-kurotamazomushi.jpg
<クロタマゾウムシ>

<今日出会った主なもの>花/オカトラノオ、ドクダミ、ツユクサ、イモカタバミ等。蝶/ジャコウアゲハ、ヒカゲチョウ、オオミドリシジミ等。昆虫/カナブン、ラミーカミキリ、クロタマゾウムシ、ヒメクロオトシブミ、カシルリオトシブミ、ルリクビボソハムシ、クロウリハムシ、セスジナガカメムシ等。鳥/キビタキ等。
posted by 花虫とおる at 18:34| Comment(0) | 川崎市

2015年06月24日

横浜市緑区北八朔公園

ほぼ毎日の様に新吉田町の昆虫横丁の脇を車で通るが、昨日、草刈りらしき集団が見られたので、もしやと思ったら、今朝通ると半分程草刈りがなされていた。更に残りも続行する様なので眉をしかめた。お仲間によると梅田川にも草刈りが入ったとの事なので、これから暑くなった時の逃げ場である木陰のポイントが少なくなって、まことに困った。今日は、ほとんど雲が無い青空が広がって暑くなりそうである。そこで、草刈りが入っていない北八朔公園の昆虫横丁へ行った。

zaki-20150624-kanamugurahimezomushi.jpg
<カナムグラヒメゾウムシ>

いつもの様に田んぼに車を停めると、ポイントに直行した事は言うまでも無い。毎度の事だが最初の内はこれといった昆虫は見つからなかったが、時間が経つにつれて現れてほっとした。特にカナムグラの先端近くの茎にカナムグラヒメゾウムシが見られ、葉で休んでいる個体もいたので慎重に撮影した。その他は左程の変化は無く、野の花でも撮ろうと公園内へ降りて行ったが暑くて堪らず、大池を覗いて見ると、ギンヤンマ、ショウジョウトンボ、コシアキトンボ等が飛んでいた。

zaki-20150624-imosaruhamushi.jpg
<ヤマイモハムシ>

<今日出会った主なもの>花/ママコノシリヌグイ、ハエドクソウ、ドクダミ、ツユクサ、アジサイ等。蝶/アカボシゴマダラ、ムラサキシジミ等。昆虫/ラミーカミキリ、キボシツツハムシ、ヤマイモハムシ、ルリクビボソハムシ、クロウリハムシ、カナムグラヒメゾウムシ、コフキゾウムシ、タデマルカメムシ、ヨツスジヒメシンクイ、ギンヤンマ、ショウジョウトンボ、コシアキトンボ、シオカラトンボ等。
posted by 花虫とおる at 15:51| Comment(0) | 緑  区

2015年06月23日

横浜市緑区横浜動物の森公園

昨日散策した三保市民の森には去年良い伐採丸太があって、タマムシやルリボシカミキリがたくさんいた。今年もまだ残ってはいるのだが、腐朽が進んでいるし草がかなり覆いかぶさって来そうもない。そこで何処か伐採丸太が積んである場所を探さねばと思い、今春、間伐があった横浜動物の森公園へ行った。まずはカメラの中を賑やかにしておこうと昆虫横丁や掘立小屋広場に寄ったが、なんとなんと飛び古したウラナミシジミがいて驚いたが、これといった被写体は無かった。

zaki-20150623-madaraashinagabae.jpg
<マダラアシナガバエ>

そこでコナラ亭に行ったが何も見られず、たくさんいたヒオドシチョウは何処に消えたんだろうと思わずにはいられなかった。更に進むとサイクリングおじさんがいて、アサギマダラを見つけて撮影していた。私は所期の目的である間伐された森へ行ったが、丸太は持ち出されてはいなかったものの、路傍に並べられ枯葉が付いた枝で覆いかぶされていた。これではカミキリムシやタマムシは期待薄だなと、市営ひかりが丘住宅前の昆虫横丁でカメラを賑やかにしてから引き返した。

zaki-20150623-sesujitsuyumushi-yochyu.jpg
<セスジツユムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/アキノタムラソウ、ハエドクソウ、ドクダミ、ツユクサ、ハルジオン、ムラサキカタバミ等。蝶/アサギマダラ、クロヒカゲ、ヒカゲチョウ、ウラナミアカシジミ、ムラサキシジミ、ベニシジミ、キマダラセセリ等。昆虫/ベニカミキリ、コフキゾウムシ、ルリクビボソハムシ、ハムシダマシ、イチモンジカメノコハムシ、クロウリハムシ、オオニジュウヤホシテントウ、マダラアシナガバエ、セスジツユムシの幼虫、ササキリの幼虫、オオシオカラトンボ等。鳥/ホトトギス等。
posted by 花虫とおる at 19:23| Comment(0) | 緑  区

2015年06月22日

横浜市緑区三保市民の森

昨日は正午前に雨となって夕方まで降り続いた。今日は梅雨の中休みだが、雲が多く時折り陽が射すといった天気である。そこで昨日に引き続いてキノコ探しに都筑区の緑道及び公園へ行こうと出発したが、次第に青空が多くなって来たので、予定を変更して三保市民の森へ行った。いつもの場所に車を停めて旧道に降りて行ったが、これといった昆虫は見当らない。そこで、農家の庭先に咲く大好きなテンニンギクを、背景だけは選んだが、日の丸構図で一輪のみ撮影した。

zaki-20150622-tenningiku.jpg
<テンニンギク>

次に、頭上が梢で覆いかぶさっているバス通り歩道脇へ行ったが、ルリクビボソハムシとオオニジュウヤホシテントウがかなり見られた位であった。そこで、レモンガスを通ってズーラシアに接する雑木林まで歩みを進めたが、草原にネジバナが咲いている位だったので、Uターンして三保市民の森の谷道へ行った。まずは大型で美麗なセアカツノカメムシを見つけた。更に、第2化となるのだろうウスモンオトシブミを見つけて嬉しくなった。緑区では久しぶりの対面である。

zaki-20150622-usumonotoshibumi.jpg
<ウスモンオトシブミ>

更に進んで大きなキリの木のある場所まで来ると、もちろんクロタマゾウムシが下草に落ちていないかと探したが見つからなかった。また、シラカシの伐採丸太が積んであったので、シラカシは材が固いからカミキリが好まないけど、なにかしらいるかもと近寄ってみるとキイロトラカミキリがかなり這っていた。更に進んで開けた場所に到着すると、ベニシジミがヒメジオンの花に吸蜜していた。また、特異な格好のモモブトスカシバが発生し、ハエドクソウが咲き始めていた。

zaki-20150622-benishijimi.jpg
<ベニシジミ>

<今日出会った主なもの>花/ネジバナ、オカトラノオ、アキノタムラソウ、ハエドクソウ、ドクダミ、ツユクサ等。蝶/アゲハ、ツバメシジミ、ベニシジミ、キマダラセセリ等。昆虫/ベニカミキリ、キイロトラカミキリ、ウスモンオトシブミ、ヒメクロオトシブミ、カシルリオトシブミ、コフキゾウムシ、ルリクビボソハムシ、クロウリハムシ、オオニジュウヤホシテントウ、マダラアシナガバエ、モモブトスカシバ等。
posted by 花虫とおる at 19:23| Comment(0) | 緑  区

2015年06月21日

横浜市都筑区葛ヶ谷公園

今日は一日中曇りの筈であったが、午前8時半頃から雨がぱらついて来た。いつものように、すぐに止むだろうと思ったら1時間程で上がった。そこで新吉田町へ行ったが、黒い雲が流れて来て雨が降って来たので、空が明るい都筑区の葛ヶ谷公園へ転戦した。都筑中央公園をMFにしているお仲間によると、中央公園では左程のキノコは発生していないとの事であった。しからば御影橋周辺のキノコ横丁も期待薄だなとは思ったものの、行ってみないと気が済まないのである。

zaki-20150621-tokyohimehanmyo.jpg
<トウキョウヒメハンミョウ>

御影橋周辺では1ヶ所だけ数本のヤマドリタケモドキやテングタケが生えていたが、足場が悪いので撮影までには至らなかった。恐らく本格的な発生はもう少し先なのではなかろうか。そんな訳でカメラの中は1枚も写真が無いので、葛ヶ谷公園の昆虫横丁へ歩みを進めた。するとトウキョウヒメハンミョウが早くも発生していた。また、去年初めて北八朔公園で出会ったキボシツツハムシだが、新吉田町に続いてここでも見られた。分布勢力を拡大しているのかもしれない。

zaki-20150621-kiboshitsutsuhamushi.jpg
<キボシツツハムシ>

<今日出会った主なもの>花/ドクダミ、アジサイ等。蝶/アゲハ等。昆虫/コフキゾウムシ、ハムシダマシ、キボシツツハムシ、マダラアシナガバエ、マガリケムシヒキ等。キノコ/ヤマドリタケモドキ、キタマゴタケ、テングタケ、ニオイコベニタケ等。
posted by 花虫とおる at 18:32| Comment(0) | 都筑区

2015年06月20日

東京都(仮称)チョウゲンの谷(午後)

午後からは今年最後だと(仮称)チョウゲンの谷へ行った。予想していた通りに駐車場はがらがらで、カメラマンは僅かに一人であった。それでも成長が遅れていた幼鳥が巣穴の前に止まっていたので、デジスコを組み立てて撮影した。しばらくすると親が飛んで来たが、獲物は持っていず、幼鳥に巣立ちを促しているかのようであった。幼鳥は、それに応えるかのように飛び立ったが、やはりまだ慣れていないのか近くのコンクリの上に止まったりして巣穴に戻った。おそらく明日明後日には、チョウゲンボウはまったく見られなくなるだろう。

zaki-20150620-chogenbo-yocho.jpg
<チョウゲンボウの幼鳥>

<今日出会った主なもの>鳥/チョウゲンボウ、キジバト、スズメ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 20:51| Comment(0) | 東京都

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

昨日は、ほんの少しの止み間はあったものの、ほぼ一日中梅雨らしい雨となった。そこで、溜まりに溜まっていた雑用の処理に専念した。今日は起床して外を見ると、目が眩むほどの青空が広がっていた。こんな日は、梅雨の季節には本当に貴重な洗濯日和だから、主婦の方には嬉しい天気に違いない。しかし、私にとっては、木陰の昆虫観察しかないなあと眉をしかめたが、かなり雲が多くなり時折り日が遮られるようになったので、久しぶりに茅ヶ崎公園へ行ってみた。

zaki-20150620-nioikobenitake.jpg
<ニオイコベニタケ>

まずはキノコ横丁へ寄ったが、雨が降り続いたので、ニオイコベニタケやキチャハツ等がたくさん顔を出していていて嬉しくなった。しかし、大型のテングタケは、ひょろ長いのが一本あっただけで、これからの様である。そこで、やっぱり昆虫を撮らねばと探したら、アジサイの花にヨツスジハナカミキリが、下草の葉にアトジロサビカミキリやハムシダマシが、生態園の伐採丸太にエグリトラカミキリが見られた。また、ヌルデの幹には相変わらずマダラアシゾウムシが這っていた。

zaki-20150620-atojirosabikamikiri.jpg
<アトジロサビカミキリ>

<今日出会った主なもの>花/ヨウシュヤマゴボウ、ドクダミ、アジサイ等。蝶/ヒカゲチョウ、キマダラセセリ等。昆虫/ヨツスジハナカミキリ、アトジロサビカミキリ、エグリトラカミキリ、マダラアシゾウムシ、カシルリオトシブミ、ハムシダマシ、クロウリハムシ、マダラアシナガバエ、マガリケムシヒキ、オオシオカラトンボ等。キノコ/ニオイコベニタケ、キチヤハツ、テングタケ、キツネタケ、クロアシボソノボリリュウタケ等。
posted by 花虫とおる at 19:14| Comment(0) | 都筑区

2015年06月18日

横浜市港北区新吉田町

昨日の午後はかなりの雨が降った。深夜も弱い雨があったらしく、起床して外を見ると道路が濡れていた。天気予報では午後から雨で、明日の昼前まで降り続くとある。やっと梅雨らしくなったなあと嬉しくなった。雨は道端自然観察の大敵ではあるが、梅雨が無かったら暑くて堪らないし、作物の生育はもちろん、水不足にもなるだろう。それに雨が続けば、タマゴタケ、テングタケ、ヤマドリタケモドキ等のキノコが、にょきにょき生えて来るので、被写体が増えるという訳である。

zaki-20150618-yotsusujihimeshinkui.jpg
<ヨツスジヒメシンクイ>

今日は頭上に梢が覆いかぶさっているで、下草の葉は雨で左程濡れず、この為、すぐ乾いてくれる筈の新吉田町の昆虫横丁へ行った。散策開始当初は例によってヨツスジヒメシンクイとマダラアシナガバエが見られた位であったが、もちろん保険としてカメラに納めた。その後、次第に観察出来る昆虫が増え、普通種だがクロウリハムシやヤマイモハムシを撮影した。また、既にブログアップしているタバゲササラゾウムシ、オジロアシナガゾウムシ、トホシオサゾウムシ等も見られた。

zaki-20150618-keshikamikiri.jpg
<ケシカミキリ>

そんな訳で、これでブログアップ出来るぞと気楽になり、更に散策を続けると、なんと4ミリ程の極小カミキリを見つけた。一昨日の早野の里で観察したニイジマチビカミキリよりも、もっと小さいのだから驚いた。種名は分からなかったが、後で観察仲間がケシカミキリだと教えてくれた。カミキリムシというと50ミリもある大型のシロスジカミキリもいるのに、なんとケシカミキリは十分の一以下の大きさで、もちろんカミキリ型をしているのだから驚異である。

zaki-20150618-chabaneaokamemushi-yochyu.jpg
<チャバネアオカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/キキョウソウ、ヨウシュヤマゴボウ、ツユクサ、アカバナユウゲショウ、ドクダミ、カタバミ、ヒメジオン、アジサイ等。蝶/アゲハ、モンシロチョウ、ヤマトシジミ、ベニシジミ等。昆虫/ビロウドカミキリ、ムネアカナガタマムシ、タバゲササラゾウムシ、オジロアシナガゾウムシ、トホシオサゾウムシ、カシルリオトシブミ、コフキゾウムシ、キボシツツハムシ、ウリハムシ、クロウリハムシ、ヤマイモハムシ、ルリクビボソハムシ、マダラアシナガバエ、チャバネアオカメムシの幼虫、セアカツノカメムシの幼虫、カノコガ、ヨツスジヒメシンクイ等。
posted by 花虫とおる at 17:44| Comment(0) | 港北区

2015年06月17日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

今日は一日中曇りの予報で、いつもの時間に三保市民の森目指して出発した。しかし、都筑区に入ると雨がぱらついて来て、行く先は黒い雲に覆われている。しかし、国道246を越えた青葉区や町田市方面は明るいので、寺家ふるさと村へと行く先を変更した。もちろん、いつ雨が降って来ても車に逃げ込めるようにと、熊野神社周辺や昆虫横丁を往復したが、観察出来た昆虫は少なかった。それでも、オカトラノオやアキノタムラソウが咲き、オオチャバネセセリが発生していた。

zaki-20150617-aosagi.jpg
<アオサギ>

しかし、次第に空は黒い雲に覆われ、午前11時には雨が降って来た。そこで車に戻り居眠りをした後に、昨日も行った島忠ホームズ町田店内のSANWAで弁当を買って食べた。さすがスーパー、コンビニより安い。その後、ちょいと一休みしたら雨が止んだので、田んぼで餌を啄んでいたゴイサギはまだいるかなと寺家ふるさと村に戻ったが、ゴイサギは見られず、代わりにアオサギを撮った。もう少し粘ってゴイサギを待とうかなと思ったが、またしても雨が降って来た。

zaki-20150617-hasujikatsuozomushi.jpg
<ハスジカツオゾウムシ>

<今日出会った主なもの>花/オカトラノオ、アキノタムラソウ、ワルナスビ、ドクダミ、ツユクサ、ナワシロイチゴ等。蝶/ツバメシジミ、オオチャバネセセリ等。昆虫/ハスジカツオゾウムシ、ヒメシロコブゾウムシ、オジロアシナガゾウムシ、カシルリオトシブミ、コフキゾウムシ、アトボシハムシ、クロウリハムシ、マダラアシナガバエ、アシナガキンバエ、カノコガ等。鳥/アオサギ、ゴイサギ、ガビチョウ、ウグイス、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 16:12| Comment(0) | 青葉区

2015年06月16日

東京都(仮称)チョウゲンの谷(午後)

午後からは予定通り(仮称)チョウゲンの谷へ行った。駐車場はがらがらで、鳥撮りマンも僅か3名なのには驚いた。先に来ていた常連さんよると、2つの巣穴内に成長の遅い幼鳥が各1羽残っているだけだし、天気も曇りだからカメラマンが来ないのだろうとの事であった。少し前に偵察に行ったアオバズクは良い枝に止まっていなかったし、(仮称)アオゲラの森では朝から晩まで張り付いている困ったカメラマンがいるし、残すは(仮称)ツミの森公園の巣立ちだけだなあと苦笑した。

zaki-20150616-chogenbo-yocho.jpg
<チョウゲンボウの幼鳥>

<今日出会った主なもの>鳥/チョウゲンボウ、キジバト、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:47| Comment(0) | 東京都

神奈川県川崎市麻生区早野の里(午前)

今日は島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑の極旨ラーメン+ギョウザセットを食べたくなったし、午後は(仮称)チョウゲンの谷へ行くつもりだったから、自ずと行く先は途中にある早野の里と決まった。もちろん、寺家ふるさと村とも考えたが、四季の家が休館の日でも、必ず知り合いに出会って観察及び撮影が中断されて落着かないし、この時期の町田市三輪町は左程期待出来そうも無いので、ベストとは言い難いが、残ったのは早野の里という訳である。

zaki-20150616-tsuyukusa.jpg
<ツユクサ>

霊園内に車を停めて散策を開始すると、今日もオオミドリシジミの雌に出会った。かなり新鮮な個体なので、絵になる場所に止まってよと頑張ったが、頭上高く飛び去ってしまった。その後、ハンノキ林へ行ったが、キリの葉に小さな穴が開いていたのでクロタマゾウムシはいないかと探したが、クロウリハムシばかりで、小さな穴はクロウリハムシの食痕だったのだ。今日は貧果だなあと戻ったが、途中、ニイジマチビカミキリを見つけてほっとした。

michibatazukan-20150616-nijimachibikamikiri.jpg
<ニイジマチビカミキリ>

<今日出会った主なもの>花/ネジバナ、ニワゼキショウ、ドクダミ、ツユクサ、イモカタバミ等。蝶/ヒカゲチョウ、オオミドリシジミ、キマダラセセリ等。昆虫/ラミーカミキリ、ニイジマチビカミキリ、キイロトラカミキリ、ヒメクロオトシブミ、カシルリオトシブミ、コフキゾウムシ、ルリクビボソハムシ、アカガネサルハムシ、クロウリハムシ、マダラアシナガバエ等。鳥/キビタキ等。
posted by 花虫とおる at 18:43| Comment(0) | 川崎市

2015年06月15日

横浜市緑区北八朔公園

今朝起きて外を見ると晴れていて眉をしかめた。きっと真夏日になるぞと思うと、今日はここしか有りませんねと北八朔公園へ行った。公園に入ると日陰を選んで足早に通り過ぎ、心臓破りの階段を上って東名港北PA裏の日陰の昆虫横丁へ直行した。しかも、行ったり来たりを繰り返して2時間も居たのだから素晴らしい。相変わらず一往復目では、ヨツスジヒメシンクイとマダラアシナガバエを見つけた位で成果は無かったが、保険として、これらを撮影した事を言うまでも無い。

zaki-20150615-kusagikamemushi-yochyu.jpg
<クサギカメムシの2齢幼虫>

その後も今日はなかなかこれぞというものが見つからない。カナムグラの茎にカナムグラヒメゾウムシや葉上にカナムグラサルゾウムシを見つけたが余りにも極小である。やっぱり今日はヨツスジヒメシンクイとマダラアシナガバエでブログアツプかなと思われたが、まずはクサギカメムシの2齢幼虫を見つけた。次に背中に小さな白紋が可愛らしいタデマルカメムシを見つけ、更に時間切れ直前にキボシツツハムシも現れて、終わってみればカメラの中はかなり賑やかになった。

zaki-20150615-tademaruhamushi.jpg
<タデマルカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/ハエドクソウ、ドクダミ、オオキンケイギク、ムシトリナデシコ、キンシバイ、アジサイ等。蝶/サトキマダラヒカゲ、ヤマトシジミ等。昆虫/ヒメヒゲナガカミキリ、キボシツツハムシ、ヤマイモハムシ、ルリクビボソハムシ、クロウリハムシ、トホシオサゾウムシ、カナムグラヒメゾウムシ、カナムグラサルゾウムシ、コフキゾウムシ、タデマルカメムシ、クサギカメムシの2齢幼虫、マダラアシナガバエ、ヨツスジヒメシンクイ等。
posted by 花虫とおる at 18:52| Comment(0) | 緑  区

2015年06月14日

横浜市(仮称)ツミの森公園(午後)

昼食は、ポイントがファミリーマートと異なって100円につき1点つくローソンで、格安弁当とカステラを買って食べた。500円ちょいなので、まことお財布の健康には良い。その後、健康昼寝の後に、空が曇っていたので(仮称)ツミの森公園へ行った。ポイントへ到着すると、良い枝に雌が止まっていた。そこでしばしシャッターを切っていたら、餌を持った雄が飛んで来て雌に渡した。すると、雌は巣に運んで真っ白な雛に給餌し、終わると元の枝に舞い戻った。巣の見張りと雄が餌を再び持って帰るのを待っているのだろう。

zaki-20150614-tsumi-mesu.jpg
<ツミの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ツミ、オナガ、ムクドリ、キジバト等。
posted by 花虫とおる at 19:17| Comment(0) | 青葉区

横浜市港北区新吉田町(午前)

今日も午前9時頃まで小雨が降っていたので、10時過ぎに新吉田町へ行った。こんな天気には、まことに有り難い所である。例によって頭上が木々の梢で覆われている歩道を往復した訳だが、やたらと小さな蛾であるヨツスジヒメシンクイが葉上にいた。蝶ではキマダラセセリが羽を開いて止まり、第2化となるアオスジアゲハやアゲハが軽快に飛んでいた。また、ササキリの幼虫やセアカツノカメムシの2齢幼虫も見られ、普通種ばかりだが、カメラの中は賑やかになった。

zaki-20150614-seakatsunokamemushi-yochyu.jpg
<セアカツノカメムシの2齢幼虫>

<今日出会った主なもの>花/キキョウソウ、ヨウシュヤマゴボウ、ツユクサ、アカバナユウゲショウ、アジサイ等。蝶/アオスジアゲハ、アゲハ、モンシロチョウ、ヤマトシジミ、キマダラセセリ等。昆虫/ハスジカツオゾウムシ、コフキゾウムシ、ウリハムシ、クロウリハムシ、ルリクビボソハムシ、ジンガサハムシ、セマダラコガネ、トホシテントウ、テントウムシ、マダラアシナガバエ、セアカツノカメムシの幼虫、カノコガ、ヨツスジヒメシンクイ等。
posted by 花虫とおる at 19:11| Comment(0) | 港北区

2015年06月13日

横浜市緑区新治市民の森

今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。集合場所の池ぶち広場に一足先に着くと、クヌギやコナラの幼木が植えられている場所に行ったが、ヒメクロオトシブミの第2化成虫がたくさん見られた。また、何故かエノキの木にアトジロサビカミキリが3匹も這っていた。今日は暑さの為か参加者が少なかったが、こんな時に思わぬものに出くわすんですよねと散策を開始すると、ヤマハギに産卵されたルリシジミの卵や植栽のオオデマリの葉に美麗なシラホシカミキリが見られた。

zaki-20150613-usuhiratake.jpg
<ウスヒラタケ>

今日の目的の一つであるミドリシジミを見にハンノキ林へ行くと、既に到着していた同好の面々が見つけたミドリシジミがお待ちかねであった。その後、シロヒゲナガゾウムシや見事に発生したヒトヨタケ等を観察した後に、新治里山公園の交流センターに向かってぞろぞろ歩き始めたが、今年こそはと期待していたヒノキの伐採丸太に、キラキラと緑色に輝くマスダクロホシタマムシが2匹も這っていた。しかも、撮影に協力的で、参加したメンバーが飽きるまでお付き合いしてくれた。

zaki-20150613-masudakurohoshitamamushi.jpg
<マスダクロホシタマムシ>

にいはる交流センターで昼食をとった後に、いつもの様に旭谷戸を散策したが、オオミドリシジミ、ウラゴマダラシジミ、ウラナミアカシジが見つかった。オオミドリシジミは雌であったが開翅してくれ、ウラゴマダラシジミの雌までもが開翅してくれた。旭谷戸はミドリシジミこそいないが、人も来ないしゼフィルスの穴場かもしれない。その後、今日はマスダクロホシタマムシが気になってUターンしたが、またしても2匹が迎えてくれたものの、午前中と異なって撮影には非協力的であった。

zaki-20150613-himekurootoshibumi.jpg
<ヒメクロオトシブミ>

<今日出会った主なもの>花/ドクダミ、キキョウソウ、ツユクサ、ムラサキシキブ等。蝶/ヒカゲチョウ、サトキマダラヒカゲ、キチョウ、オオミドリシジミ、ミドリシジミ、ウラゴマダラシジミ、ウラナミアカシジミ、ウラギンシジミ、ムラサキシジミ、ルリシジミ、ツバメシジミ、ベニシジミ、ダイミョウセセリ等。昆虫/マスダクロホシタマムシ、シラホシカミキリ、アトジロサビカミキリ、キイロトラカミキリ、シロヒゲナガゾウムシ、ヒメクロオトシブミ、カシルリオトシブミ、オジロアシナガゾウムシ、アトボシハムシ、ドウガネサルハムシ、クロウリハムシ、ウリハムシ、アオジョウカイ、ハリカメムシ、マダラアシナガバエ、コオニヤンマ、オオシオカラトンボ、ショウジョウトンボ、ビロードハマキ、カノコガ等。鳥/ホトトギス、カワセミ等。キノコ/ウスヒラタケ、ヒトヨタケ等。その他/ヒメコウゾの実、ヤマグワの実等。
posted by 花虫とおる at 19:15| Comment(0) | 緑  区

2015年06月12日

東京都(仮称)チョウゲンの谷(午後)

昼食は華風料理「一心」にてとったが、調理人が日本人に変わった為か、その味は今一のものとなった。午後からは久しぶりに(仮称)チョウゲンの谷へ行った。今年は例年より少ないものの2番が営巣していて、その内の1つが巣立ったとの事なので期待したが、例年に比べてやはり寂しい。それでも数羽が飛び交う場面もあった。また、かなりの距離があるもののケヤキの大木の天辺に止まり、長時間止まり続けてくれた。そこで、デジスコで慎重にシャッターを切った。

zaki-20150612-chogenbo.jpg
<チョウゲンボウ>

<今日出会った主なもの>鳥/チョウゲンボウ、キジバト、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:49| Comment(0) | 東京都

横浜市港北区新吉田町(午前)

今日も9日と同様、朝起きたら雨が降っていたが10時頃に止んだので、頭上に木が覆い被さっている所なら下草の雨粒も無くなっているだろうと新吉田町へ行った。予想した通りに葉上はかなり乾いていて、こんな天気の割には普通種だが、かなりの昆虫が見られた。しかし、絵にならない場所にいたり、すでにブログアップしているものだったりしたので、合計6枚程カメラに納めたが、今季初であるセマダラコガネを見つけたのでご紹介する。もう、そんな季節になったのである。

zaki-20150612-semadarakogane.jpg
<セマダラコガネ>

<今日出会った主なもの>花/ヨウシュヤマゴボウ、ツユクサ、アカバナユウゲショウ、アジサイ等。昆虫/アトジロサビカミキリ、オジロアシナガゾウムシ、トホシオサゾウムシ、カシルリオトシブミ、ウリハムシ、ジンガサハムシ、セマダラコガネ、テントウムシ、ヒメアカボシテントウ、マダラアシナガバエ、カノコガ、ヨツスジヒメシンクイ等。
posted by 花虫とおる at 18:40| Comment(0) | 港北区

2015年06月11日

山梨県山中湖(仮称)キビタキの森

今日は久しぶりに一日中曇りとの予報なので、山中湖の(仮称)キビタキの森に向って、午前6時半に自宅を出発した。もちろん、前回成果が上がった小山町の(仮称)オオルリの森へも寄ったが、今日は小鳥の囀りが全く聞こえなかった。そこで、地元の方に教えて貰ったポイントに期待したが、とても良い場所であったものの、ここでも小鳥の囀りはまったく聞こえなかった。そんな訳で、カメラの中は空っぽのまま(仮称)キビタキの森へ転戦した。時計を見ると正午まで2時間程しか無いので、車を停めた周辺のみを散策した。

zaki-20150611-kibitaki-osu-1.jpg
<キビタキの雄>

まずはコサメビタキに良く出会うポイントへ行ったが、遠くでキビタキが囀っているだけだった。しからばキビタキのポイントへと歩みを進めたが、巣立った幼鳥に餌を与えるキビタキの雄が見られたが、落ち着きが無く撮影出来なかった。これは困ったなあと引き返すと、絵になる小枝で囀るキビタキの雄を見つけた。これは頂きとシャツターを切ったが、なんと車がやって来て飛び立たれてしまった。そこで午後に期待したのだが、午前中と同じで、子育てに忙しいのか時間たっぷりのカメラマンと遊んでくれる鳥はいなかった。

zaki-20150611-kibitaki-osu-2.jpg
<キビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/アオゲラ、コゲラ、キビタキ、オオルリ、イカル、クロツグミ、シジュウカラ、ホオジロ、キセキレイ、カッコー、ホトトギス、トビ等。
posted by 花虫とおる at 20:28| Comment(0) | 山梨県

2015年06月10日

神奈川県川崎市麻生区早野の里

そろそろ島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑の極旨ラーメン+ギョウザセットを食べたくなったし、過去にマスダクロホシタマムシを撮っているので、久しぶりに早野の里へ行った。例によって車を聖地霊園内に停めて小道を降りて行ったが、オオミドリシジミの雌を見つけた。しかし、バックが爽やかな花虫流写真にはならなかったので諦めた。オオミドリシジミは落ち着きが無く、産卵場所を探していたのかもしれない。しかし、カシルリオトシブミが葉上に静止していたので撮影した。

zaki-20150610-nagame-yochyu.jpg
<ナガメの幼虫>

ハンノキ林へ歩みを進めると、入り口にあるコナラの樹液にヒカゲチョウがたくさん吸汁にやって来ていた。また、隣接する数本のクリの花を見詰めているカメラマンがなんと3人もいた。ゼフィルス狙いなのだろうが時期は過ぎたようで、キマダラセセリが吸蜜しているだけだった。今日の期待の炭焼き小屋周辺の伐採丸太では、ヤツメカミキリ、キイロトラカミキリ、ホソトラカミキリが見られたが、本命のマスダクロホシタマムシは丸太にもヒノキ林の下の葉上にも見られなかった。

zaki-20150610-kashiruriotoshibumi.jpg
<カシルリオトシブミ>

<今日出会った主なもの>花/ドクダミ、ツユクサ、イモカタバミ、ムラサキシキブ等。蝶/ヒカゲチョウ、オオミドリシジミ、キマダラセセリ等。昆虫/ラミーカミキリ、ヤツメカミキリ、キイロトラカミキリ、ホソトラカミキリ、ヒメクロオトシブミ、カシルリオトシブミ、コフキゾウムシ、アカガネサルハムシ、クロウリハムシ、ウリハムシ、ヤマトシリアゲ、ナガメの幼虫、ノコギリカメムシ、ハリカメムシ、マダラアシナガバエ等。
posted by 花虫とおる at 20:16| Comment(0) | 川崎市

2015年06月09日

横浜市港北区新吉田町

今日は午前中は雨、午後3時から通院なので散策及びブログアップは無しと思っていた。いわゆる加齢病なので通院しても直りそうも無いのだが、毎日道端自然観察を続けていると飽きて来るし、通院でもしないと駅の方へ行く事もなくなるから、まあ良いのではなかろうか。そんな訳で、朝食後に布団にUターンしたが、快い眠りに落ちる事無しに、1時間程で布団から抜け出した。外を見ると雨は止んでいて道路が乾いているので、しめしめと至近距離の新吉田町へ行った。

zaki-20150609-atomonmarukeshikmikiri.jpg
<アトモンマルケシカミキリ>

まずは前回見つけた昆虫横丁へ直行したが、ああ無常、草刈りが入っていた。そこで、第3京浜都筑インターへ通ずる交通量の多い頭上に木々が被さる歩道を往復した。昨日と同様、散策開始当初はこれといったものは見つからなかったが、ヒメコウゾの幼木の葉に、可愛らしいタバゲササラゾウムシが2匹いた。タバゲとは束毛、ササラとはビン等を洗う為の昔ながらの道具の事である。ヒメコウゾの葉に2ミリ位の穴が開いていたら、タバゲ君の食痕だから要注意である。

zaki-20150609-fujihamushi.jpg
<フジハムシ>

更に歩みを進めると、極小だか初見の粋なカミキリを見つけた。種名が分からなかったが、虫友にアトモンマルケシカミキリと後で教えて貰った。希少種かなと思ったが超普通種らしく、今まで気づかなかったのは極小の為かもしれない。その後、まだ撮影していないフジハムシを見つけてにんまりした。今日は何処でもたくさん見られるマダラアシナガバエやヨツスジヒメシンクイでブログアップかなと思っていたが、かなりの面白い昆虫達が撮影出来て嬉しくなった。

zaki-20150609-tabagesasarazomushi.jpg
<タバゲササラゾウムシ>

<今日出会った主なもの>花/ツユクサ、カタバミ、アカバナユウゲショウ、ムシトリナデシコ、アジサイ等。蝶/スジグロシロチョウ、ムラサキシジミ、ルリシジミ、ベニシジミ、キマダラセセリ等。昆虫/アトモンマルケシカミキリ、フジハムシ、イモサルハムシ、アカガネサルハムシ、クロウリハムシ、タバゲササラゾウムシ、オジロアシナガゾウムシ、コフキゾウムシ、ヒシモンナガタマムシ、マダラアシナガバエ、カノコガ等。
posted by 花虫とおる at 18:49| Comment(0) | 港北区

2015年06月08日

横浜市(仮称)アオゲラの森(午後)

午後からは、まだ薄日が時折り射す天気だったので、横浜動物の森公園のコナラ亭へ行った。このところ主に甲虫をブログアップして来たが、やはり蝶は美しい。特に、ヒオドシチョウやルリタテハ等のタテハチョウ科の仲間は、とても華やかである。しかし、コナラ亭に到着した時にはヒオドシチョウとルリタテハが各1頭見られたが、飛び去ってしまうと待てども待てども再び飛来しなかった。天気も完全な曇りに変わって、このまま待っていても望み薄と、久しぶりに(仮称)アオゲラの森へ転戦してみた。すると雄がお待ちかねであった。

zaki-20150608-aogera-osu.jpg
<アオゲラの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/アオゲラの雄等。
posted by 花虫とおる at 19:26| Comment(0) | 都筑区

横浜市緑区北八朔公園(午前)

いつものように外回りの掃除が終わってから自宅を出発したが、薄曇りであったし、雨が降ったのでキノコの様子見も兼ねて茅ヶ崎公園へ行った。しかし、キノコはまったく生えていないし、昆虫もあまり期待出来そうもないから、北八朔公園へ転戦した。それでも午前10時に昆虫横丁に立つ事が出来、いつもの様に往復を繰り返した。最初の一往復では、これといった昆虫は見られず眉をしかめたが、毎度の事なので、その内なんとかなるでしょうと頑張った。

zaki-20150608-ojiroashinagazomushi.jpg
<オジロアシナガゾウムシ>

今年はゼフィルスこそ多かったが、甲虫やカメムシ等は不作の様で、それでも北八朔公園の昆虫横丁は何かしらが現れるのだから嬉しくなる。まずは、ジンガサハムシ、タデマルカメムシ、オジロアシナガゾウムシ、ヤマイモハムシ等の普通種が見つかった。目が慣れて来るのだろうか、あるいは時間の経過とともに気温が上がるからだろうか。そんな訳で一時間程往復していたら、キボシツツハムシや初見のヒラセクモゾウムシを見つける事が出来た。

zaki-20150608-hirasekumozomushi.jpg
<ヒラセクモゾウムシ>

<今日出会った主なもの>花/ドクダミ、キキョウソウ、オオキンケイギク、ムシトリナデシコ、キンシバイ、アジサイ等。蝶/ミドリヒョウモン、モンシロチョウ、キチョウ、ベニシジミ、キマダラセセリ等。昆虫/ラミーカミキリ、ジンガサハムシ、キボシツツハムシ、ヤマイモハムシ、ルリクビボソハムシ、キイロクビナガハムシ、クロウリハムシ、オジロアシナガゾウムシ、ヒラセクモゾウムシ、コフキゾウムシ、ホオズキカメムシ、タデマルカメムシ等。
posted by 花虫とおる at 19:17| Comment(0) | 緑  区

2015年06月07日

横浜市緑区梅田川

昨夜ちょこっと雨が降って、今日は湿度が低い爽やかな晴天となった。こんな日は一般的には歓迎すべき天気なのだが、何回も記しているように、私にとっては眉をしかめる天気である。今日は久しぶりに茅ヶ崎公園へ行こうと思っていたのだが、ポイントが日向が多いので止めにして梅田川へ行った。まずは梅田川遊水地へ寄ったが、今年は昆虫の姿が本当に少なく、ハラビロトンボとしばし戯れた。木陰の小道にイネ科植物が多くなったのも、昆虫が少ない一因かもしれない。

zaki-20150607-aojokai.jpg
<アオジョウカイ>

次に、三保念珠坂公園下へ足を伸ばしたが、これまた昆虫の姿は少なかったが、アオジョウカイはかなり見られた。その後、Uターンしてマスダクロホシタマムシを探しに、スモモの丘、向原、満倉谷戸を巡り歩いたが、これといったものは見られなかった。最後に、シラカシの伐採丸太が積んであったので、「シラカシの丸太は材が固いからか、カミキリムシやタマムシ等に好まれないんですよね」と思いながら近づいたら、なんとエグリトラカミキリとキイロトラカミキリが這っていた。

zaki-20150607-kirotorakamikiri.jpg
<キイロトラカミキリ>

<今日出会った主なもの>花/アカバナユウゲショウ、イモカタバミ、オオキンケイギク、ムラサキシキブ、クマノミズキ等。蝶/モンシロチョウ、キチョウ、ムラサキシジミ、ベニシジミ等。昆虫/キイロトラカミキリ、エグリトラカミキリ、コフキゾウムシ、クロウリハムシ、アオジョウカイ、ハラビロトンボ等。
posted by 花虫とおる at 18:33| Comment(0) | 緑  区

2015年06月06日

横浜市港北区新吉田町

けっこう長い間生きているが、国会でまことに面白い事が起きた。安保法制を巡っての衆議院の憲法審査会で、民主党と維新の党が推薦した憲法学者の参考人が憲法違反だと明言したのは当然なのだが、なんと自民党や公明党が推薦した与党側の参考人も憲法違反だと断じた。まこと与党側は自ら墓穴を掘った形となり、やっぱり誰が見ても安保法制は憲法違反なのである。安倍ちゃん、こそこそやらないで憲法改定をしてから、安保法制に取り組んだらいかがですか。

zaki-20150506-kimadaraseseri.jpg
<キマダラセセリの交尾>

昨日の夕方から降り続いた雨は早朝まで残ったようで、起床して外を見ると道路が濡れていた。しかし、1時間半後に新吉田町を久しぶりに散策したが、有り難い事に下草の雨粒はほとんど残っていなかった。しかし、風がややあって眉をしかめたが、なんとんかなるでしょうと歩き始めた。まずは私有地では無い道路の歩道脇に生えているビワが美味しそうに実っていたので、2つ口に放り込んだ。甘酸っぱくて八百屋さんで売られているものより美味しい。

zaki-20150506-kanokoga.jpg
<カノコガ>

いつもの様に丘の上の畑へ行ったが、下草にイモサルハムシがいて嬉しくなった。成虫はヒルガオやサツマイモの葉を食べ、幼虫は芋を食べるからイモサルハムシなのだが、ハムシとしてはかなり大きくて存在感がある。次にローソンのある谷へ下りて行ったが、途中、アカガネサルハムシを見つけた。また、第三京浜に通ずる道で、キマダラセセリの交尾個体も撮影出来た。これで今日のブログアップは可能と気楽になり、しばらく散策していない杉山神社方面へ足を伸ばした。

zaki-20150606-imosaruhamushi.jpg
<イモサルハムシ>

すると、日陰の小道のクサギの葉に羽化したばかりで新鮮なカノコガを見つけた。普通種だが蛾の仲間では美麗種である。また、何故かアズマネザサの葉にケヤキやムクノキ等の葉を食べるヒシモンナガタマムシが見られ、更に、その脇のクサイチゴの葉にキボシツツハムシが静止していた。去年まで出会った事の無かった美麗なハムシが、なんと新吉田町にも居たのである。最後に丘を越えて車に戻ったが、フサスグリの実が真っ赤に輝いてぶら下がっていた。

zaki-20150506-kiboshitsutsuhamushi.jpg
<キボシツツハムシ>

<今日出会った主なもの>花/ツユクサ、ドクダミ、カタバミ、イモカタバミ、ムラサキカタバミ、ナガミヒナゲシ、アカバナユウゲショウ、ノゲシ、ムシトリナデシコ、クマノミズキ等。蝶/アカボシゴマダラ、モンシロチョウ、キチョウ、サトキマダラヒカゲ、ルリシジミ、ベニシジミ、キマダラセセリ等。昆虫/キボシカミキリ、イモサルハムシ、キボシツツハムシ、アカガネサルハムシ、クロウリハムシ、オジロアシナガゾウムシ、ヒシモンナガタマムシ、マダラアシナガバエ、カノコガ等。その他/ビワの実、フサスグリの実等。
posted by 花虫とおる at 19:05| Comment(0) | 港北区

2015年06月05日

横浜市緑区北八朔公園

今日は久しぶりに曇り日で風も弱い。こんな日は絶好の散策及び撮影日和だから、何処を散策しても良いのだが、風の為に昨日散策出来なかった北八朔公園へ行った。もちろん昆虫横丁へ直行したのだが、期待した程の昆虫は見つからない。やはり曇り日で気温かやや低いからなのだろうか。それでも行ったり来たりを繰り返し、クワナガタマムシ、ムナグロナガハムシ、ルリクビボソハムシ、ハムシダマシ、ウシカメムシ、トビイロツノゼミ、ヤマトカギバ等を見つけた。

zaki-20150605-ramikamikiri.jpg
<ラミーカミキリ>

しかし、みんな地味な色彩の昆虫ばかりなので、もうちょっとカラフルな被写体が無いかなあと探したが、花は園芸品種以外にはこれといったものは咲いていず、公園内へ降りて行って小川沿いのカラムシの葉に注意して歩いた。するとラミーカミキリが葉上に止まっていて、曇りだからか撮影にとても協力的であった。その昔は弘法山等へ行かないと見られなかったが、今では近場のフィールドでも普通に観察出来るようになった。これも温暖化の影響かもしれない。

zaki-20150605-kuwanagatamamushi.jpg
<クワナガタマムシ>

<今日出会った主なもの>花/ドクダミ、キキョウソウ、オオキンケイギク、ムシトリナデシコ、キンシバイ、アジサイ等。蝶/クロヒカゲ、スジグロシロチョウ、アカシジミ、ウラナミアカシジミ、キマダラセセリ等。昆虫/ラミーカミキリ、クワナガタマムシ、ムナグロナガハムシ、ルリクビボソハムシ、クロウリハムシ、ハムシダマシ、コフキゾウムシ、ショウジョウトンボ、アオモンイトトンボ、ウシカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、トビイロツノゼミ、ヤマトカギバ等。
posted by 花虫とおる at 18:40| Comment(0) | 緑  区

2015年06月04日

横浜市緑区横浜動物の森公園(午後)

昼食は50円の割引券を貰ったので吉野家へ行き、ベジ牛丼+味噌汁+お新香を注文した。しかし、割引券を使っても750円となり眉をしかめた。なお、ベジとはベジタブルの略で、ベジ牛丼とは野菜たっぷりの牛丼という訳である。最近、外食産業ではベジタブルなメニューがブームで、健康指向は有難い事のだが、お財布には不健康な高い値段となる。昨日の昼に食べた日高屋の野菜炒め定食は、なんと570円なのだから、なんとかならないもんかねーと愚痴が毀れた。

zaki-20150604-hiodoshicho.jpg
<ヒオドシチョウ>

午後からは相変わらずピーカンなので、横浜動物の森公園のコナラ亭へ行った。しかし、美麗なタテハチョウの仲間は見られず、お邪魔蝶のサトキマダラヒカゲが乱れ飛んでいるだけであった。しかし、まだ時間が早いからかなと待っていると、ヒオドシチョウもルリタテハもキタテハやって来た。そこでサイクリングおじさんがルリタテハの開翅写真を撮っていたので、負けてはならじと頑張ったら、なんとか引上げ時間寸前に撮影出来て、滑り込みセーフとなった。

zaki-20150604-ruritateha.jpg
<ルリタテハ>

<今日出会った主なもの>蝶/テングチョウ、ヒオドシチョウ、キタテハ、ルリタテハ、サトキマダラヒカゲ、クロヒカゲ、ルリシジミ等。
posted by 花虫とおる at 18:49| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区三保市民の森(午前)

昨日は久しぶりに雨となり、カメラのイメージセンサーにゴミが着いていたので、新宿のニコンのサービスセンターへ行き清掃して貰った。オリンパスのカメラはゴミ付着問題がほとんど起きないようだが、キヤノンもニコンもペンタックスも同じようにゴミが着くので面倒である。今日は朝から雲一つ無い晴天で、こんな日は北八朔公園の昆虫横丁だなと行ってみたが、風がやや強くて下草の葉が揺れていたので、これは駄目だと風に強い三保市民の森へ行き先を変えた。

zaki-20150604-nagagomafukamikiri.jpg
<ナガゴマフカミキリ>

旧道に降りて来ると、伐採丸太にキイロトラカミキリが這っていた。また、アジサイの葉にナガゴマフカミキリが見られた。その後、三保平手前左手の小道に入って行くと、カラムシにラミーカミキリがいた。更に谷道へ歩みを進めると、ベニカミキリ、リンゴカミキリの仲間、ヨツスジハナカミキリも観察出来た。しかし、撮影出来たのは地味なナガゴマフカミキリだけだった。今日の特筆事項は、オオミドリシジミが地面で開翅していたことで、キラキラと緑色に光っていた。

zaki-20150604-sasakiri-yochyu.jpg
<ササキリの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ドクダミ、アカバナユウゲショウ、ナワシロイチゴ、アジサイ等。蝶/モンキアゲハ、テングチョウ、アカボシゴマダラ、ヒオドシチョウ、スジグロシロチョウ、オオミドリシジミ、ウラナミアカシジミ、アカシジミ、ルリシジミ、ウラギンシジミ等。昆虫/ラミーカミキリ、ナガゴマフカミキリ、ベニカミキリ、ヨツスジハナカミキリ、キイロトラカミキリ、アオジョウカイ、アカガネサルハムシ、クロウリハムシ、コフキゾウムシ、カワトンボ、ヤマサナエ、ササキリの幼虫、ヤブキリの幼虫、ヤマトフキバッタの幼虫、ヒメギスの幼虫等。
posted by 花虫とおる at 18:42| Comment(0) | 緑  区

2015年06月02日

横浜市(仮称)ツミの森公園(午後)

昼食は、もちろん島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑へ行って、極旨ラーメン+ギョウザセットを食べた。前述したように、昨日、東名港北PAでラーメンを食べたのだが、味が異なるのでOKなのである。その後、いつもの様に健康昼寝をとり(仮称)ミドリシジミの里を覗いてみたが、やっぱり開翅は朝早くなのか、数は見られたが羽を閉じていた。そこで、空が曇って来たので久しぶりに(仮称)ツミの森公園へ転戦した。待つこと30分、雌が飛来して雄と抱卵を交代し、しばらく雄が留まっていたので、ばんばんシャッターを切る事が出来た。

zaki-20150630-tsumi-osu.jpg
<ツミの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ツミ、オナガ、ムクドリ、キジバト等。
posted by 花虫とおる at 20:35| Comment(0) | 青葉区

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午前)

今日は火曜日、寺家ふるさと村の四季の家が休館だから、のんびり散策出来るのではないかと出かけてみた。まずは熊野池に向って左側の小道を進んだが、観察会の時にみられたゲンジボタルはいなかった。また、熊野池や石畳の道の雑木林の路傍でも、観察会に比べるとアカシジミやウラナミアカシジミの数は少なく、ミズイロオナガシジミはまったく見られなかった。そこで昆虫横丁に期待したが、風がやや強かったり、3台もの車が斜面に乗り上げていたりして眉をしかめた。

zaki-20150602-kirokebukamibae.jpg
<キイロケブカミバエ>

しからばゼフィルスの丘はと行って見ると、ラミーカミキリは居たものの、大きな補虫網を携えた採集者が栗の花を眺めていた。残された貴重な緑地なのだから採集は遠慮願いたいが、注意するとこちらも気分が悪くなるので今回は見過ごした。その後、ゴマダラ峠でオオミドリシジミの雌が開翅していたが、絵になる場所では無かったので撮影は諦めた。また、採集者がまたしても栗林に現れたので、足早に逃げ去った。まこと寺家周辺は、マナー知らずの採集者の天国である。

zaki-20150630-akaganesaruhamushi.jpg
<アカガネサルハムシ>

<今日出会った主なもの>花/ドクダミ、オカタツナミソウ、ノアザミ、ナワシロイチゴ等。蝶/テングチョウ、キチョウ、オオミドリシジミ、ウラゴマダラシジミ、ウラナミアカシジミ、アカシジミ、ルリシジミ、ウラギンシジミ、キマダラセセリ等。昆虫/ラミーカミキリ、キクスイカミキリ、アカガネサルハムシ、キイロクビナガハムシ、クロウリハムシ、アトボシハムシ、シロコブゾウムシ、トホシオサゾウムシ、コフキゾウムシ、キスジホソマダラ、マドガ等。鳥/ホトトギス、ガビチョウ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 20:29| Comment(0) | 青葉区

2015年06月01日

横浜市緑区横浜動物の森公園(午後)

昼食は東名港北PAの横濱うまいもん亭で、久しぶりに港北ラーメンを食べた。最近、ラーメンというと島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑へ行って食べるが、ここが一番安くて美味いのである。そんな訳で港北ラーメンはパスし続けていたのだが、ラーメン担当のお姉さんが悲しい顔をするので、たまには食べようと隣接するローソンで110円のコンブのお握りをプラスして食べた。なんと合計730円となってしまったが、港北ラーメンは昔懐かしい味がする。

zaki-20150601-hikagecho.jpg
<ヒカゲチョウ>

午後からも相変わらず晴天で、曇ったら(仮称)ツミの森や(仮称)アオゲラ森に行こうと思っているのだが、晴天続きで連日行きそびれている。そんな訳で、今日も車を日陰に停められ、涼しい木陰の横浜動物の森公園のコナラ亭へ行った。相変わらずヒオトシチョウが飛来していたが、今日は別の蝶を撮ろうと頑張った。しかし、目的のルリタテハは翅を開いてはくれないし、サトキマダラヒカゲはやや飛び古して来たので、キタテハとヒカゲチョウを撮った。

zaki-20150601-kitateha.jpg
<キタテハ>

<今日出会った主なもの>蝶/ヒオドシチョウ、キタテハ、ルリタテハ、サトキマダラヒカゲ、クロヒカゲ、ヒカゲチョウ、ルリシジミ等。
posted by 花虫とおる at 19:18| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区梅田川(午前)

6月に入ったが今日もまた晴れである。5月は雨が降った日はもちろんあったが少なく、また、雨は午前だけとか午後だけとかで、一日も休まずに散策に出かける羽目となった。いくら好きとは言っても、たまにはのんびりと自宅蟄居したいものである。最近、港北NTの公園や緑道、緑区や青葉区の緑地で、カメラ片手の「うろつき婦人」が増えているようだ。身近な道端自然観察の旗を振り続けて来たのだが、家内が家外となっては、ご主人も苦笑いを浮かべているに違いない。

zaki-20150601-harabirotonbo.jpg
<ハラビロトンボの雄>

今日は、このところ蝶主体のブログアップが続いたし、ピーカンだから日向は嫌だと梅田川へ行った。まずは遊水地へ寄ったが、カラムシにラミーカミキリはいたものの、その他の甲虫は少なく、私の様なハラビロ(腹広)トンボがいたので撮影した。次に、三保念珠坂公園下へ行ったが、ここでも昆虫は少な目であったが、まだ写したことが無いセスジナガカメムシがいたので嬉しくなった。最後に、スモモの丘から満倉谷戸へ歩みを進めたが、やはり低調であった。

zaki-20150601-sesujinagakamemushi.jpg
<セスジナガカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/キキョウソウ、ニワゼキショウ、イモカタバミ、オオキンケイギク、ムラサキシキブ等。蝶/モンキアゲハ、テングチョウ、サトキマダラヒカゲ、アカシジミ、ウラナミアカシジミ、ミズイロオナガシジミ等。昆虫/ラミーカミキリ、キクスイカミキリ、ヒメクロオトシブミ、コフキゾウムシ、アオジョウカイ、ハムシダマシ、チャバネアオカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、ジュウジナガカメムシ、ハラビロトンボ、ホソオビヒゲナガ等。
posted by 花虫とおる at 19:17| Comment(0) | 緑  区