2015年06月06日

横浜市港北区新吉田町

けっこう長い間生きているが、国会でまことに面白い事が起きた。安保法制を巡っての衆議院の憲法審査会で、民主党と維新の党が推薦した憲法学者の参考人が憲法違反だと明言したのは当然なのだが、なんと自民党や公明党が推薦した与党側の参考人も憲法違反だと断じた。まこと与党側は自ら墓穴を掘った形となり、やっぱり誰が見ても安保法制は憲法違反なのである。安倍ちゃん、こそこそやらないで憲法改定をしてから、安保法制に取り組んだらいかがですか。

zaki-20150506-kimadaraseseri.jpg
<キマダラセセリの交尾>

昨日の夕方から降り続いた雨は早朝まで残ったようで、起床して外を見ると道路が濡れていた。しかし、1時間半後に新吉田町を久しぶりに散策したが、有り難い事に下草の雨粒はほとんど残っていなかった。しかし、風がややあって眉をしかめたが、なんとんかなるでしょうと歩き始めた。まずは私有地では無い道路の歩道脇に生えているビワが美味しそうに実っていたので、2つ口に放り込んだ。甘酸っぱくて八百屋さんで売られているものより美味しい。

zaki-20150506-kanokoga.jpg
<カノコガ>

いつもの様に丘の上の畑へ行ったが、下草にイモサルハムシがいて嬉しくなった。成虫はヒルガオやサツマイモの葉を食べ、幼虫は芋を食べるからイモサルハムシなのだが、ハムシとしてはかなり大きくて存在感がある。次にローソンのある谷へ下りて行ったが、途中、アカガネサルハムシを見つけた。また、第三京浜に通ずる道で、キマダラセセリの交尾個体も撮影出来た。これで今日のブログアップは可能と気楽になり、しばらく散策していない杉山神社方面へ足を伸ばした。

zaki-20150606-imosaruhamushi.jpg
<イモサルハムシ>

すると、日陰の小道のクサギの葉に羽化したばかりで新鮮なカノコガを見つけた。普通種だが蛾の仲間では美麗種である。また、何故かアズマネザサの葉にケヤキやムクノキ等の葉を食べるヒシモンナガタマムシが見られ、更に、その脇のクサイチゴの葉にキボシツツハムシが静止していた。去年まで出会った事の無かった美麗なハムシが、なんと新吉田町にも居たのである。最後に丘を越えて車に戻ったが、フサスグリの実が真っ赤に輝いてぶら下がっていた。

zaki-20150506-kiboshitsutsuhamushi.jpg
<キボシツツハムシ>

<今日出会った主なもの>花/ツユクサ、ドクダミ、カタバミ、イモカタバミ、ムラサキカタバミ、ナガミヒナゲシ、アカバナユウゲショウ、ノゲシ、ムシトリナデシコ、クマノミズキ等。蝶/アカボシゴマダラ、モンシロチョウ、キチョウ、サトキマダラヒカゲ、ルリシジミ、ベニシジミ、キマダラセセリ等。昆虫/キボシカミキリ、イモサルハムシ、キボシツツハムシ、アカガネサルハムシ、クロウリハムシ、オジロアシナガゾウムシ、ヒシモンナガタマムシ、マダラアシナガバエ、カノコガ等。その他/ビワの実、フサスグリの実等。
posted by 花虫とおる at 19:05| Comment(0) | 港北区