2015年07月03日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

今日は朝からかなりの雨が降っている。梅雨前線の活動が活発となって、千葉市では冠水被害が出て、一部に避難勧告が出たらしい。そんな訳で、一日中自宅蟄居だと思ったものの、これといったする事もないので、読書をしたり昼寝を貪ったりしていたら午後3時頃に雨が止んだ。そこで、どうしても気になっていた茅ヶ崎公園のキノコ横丁へ様子を見に行った。小川沿いで綺麗に苔蒸した所が続いて、生えていれば良い写真が撮れるのである。

zaki-20150703-kitsunetake.jpg
<キツネタケ>

まずはクロアシボソノボリリュウタケを見つけた。独特な格好で楽しくなるキノコである。更に足を進めるとカレバキツネタケ、キツネタケ、キチャハツが爆生していた。どれも極々普通だけれど、丁寧にカメラに納めた。また、昨日ブログアップしたテングタケの幼菌も見られ、カワリハツやキタマゴタケは生えていたものの早くも老菌となっていた。今日は雑木林の中には入らなかったが、きっと材上生のキノコもたくさん生えているに違いない。

zaki-20150703-kuroashibosonoboriryutake.jpg
<クロアシボソノボリリュウタケ>

<今日出会った主なもの>キノコ/テングタケ、キタマゴタケ、ツルタケ、クサハツ、カワリハツ、カレバキツネタケ、キツネタケ、キチャハツ、ニオイコベニタケ、ハリガネオチバタケ、ドクツルタケ、クロアシボソノボリリュウタケ、シロソウメンタケ、ヒイロタケ、スエヒロタケ、ツノマタタケ等。
posted by 花虫とおる at 18:53| Comment(2) | 都筑区