2015年07月04日

神奈川県大井町いこいの村

今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。梅雨シーズン真っ盛りなので、前日ぎりぎりまで延期しようかとさんざん迷った。しかし、昨晩の天気予報を見ると、午前10時頃からは一日中曇りと変わったので、それを信じて催す事にした。自宅を出発した時は、ほんの少し雨がぱらついていたが、大井町いこいの村の駐車場に到着すると、曇りに変わってほっとした。こんな日は参加者が少ないのではと危惧されたが、なんと8名もの方が集まった。

zaki-20150704-agehamodoki.jpg
<アゲハモドキ>

午前中は丘の上の農道沿いを散策したが、まずは駐車場のケヤキの幹に、ノコギリクワガタの雌が這っていた。農道へ入るとクリの幹に大きなノコギリカミキリが、クヌギの葉にはジャコウアゲハの雌に擬態したアゲハモドキが見つかった。更に、美麗なシラホシカミキリや夏の蝶であるジャノメチョウがたくさん現れた。雑木林では雨後の為か樹液の出がまだなのか、カナブンがいた位で、また去年見られたマスダクロホシタマムシも発見出来なかった。

zaki-20150704-shirahoshikamikiri.jpg
<シラホシカミキリ>

昼食はレストランで、私は860円の天重を食べたが、足柄牛の入ったメンチコロッケ定食が一番人気であった。これまでの観察会は菓子パンをぱくつくのがほとんどだったが、レストランでちゃんとした食事をとれるのは有り難い。午後1時になったので散策を再開したが、雨がほんの少しだがぱらついて来た。それでも谷の方へ降りて行くと、竹林になんとなんとタシロランが爆生し、一度は見たかったキヌガサタケも生えていて嬉しくなった。

zaki-20150704-urihamushimodoki.jpg
<ウリハムシモドキ>

<今日出会った主なもの>花/タシロラン、ヤマユリ、ヤブカンゾウ、ウツボグサ、ホタルブクロ、ネジバナ、オオキンケイギク等。蝶/モンキアゲハ、アオスジアゲハ、ジャノメチョウ、クロヒカゲ、ヒメウラナミジャノメ、ミズイロオナガシジミ、ツバメシジミ、ヤマトシジミ、ベニシジミ、ムラサキシジミ等。昆虫/ノコギリクワガタ、コクワガタ、シロスジカミキリ、ノコギリカミキリ、ナガゴマフカミキリ、シラホシカミキリ、アカハナカミキリ、ラミーカミキリ、カナブン、キマワリ、イタドリハムシ、サンゴジュハムシ、ウリハムシモドキ、シロコブゾウムシ等。キノコ/キヌガサタケ、ヤブレベニタケ、ハリガネオチバタケ等。鳥/コサメビタキ、キビタキ、ヒバリ、ツバメ等。その他/ナワシロイチゴの実等。
posted by 花虫とおる at 18:48| Comment(0) | 県  内