2015年07月07日

横浜市緑区北八朔公園

昨日は一日中雨であった。このところ日中は曇りでも朝晩雨が降る事が多く、まこと何年ぶりかの梅雨らしい日々が続く。こんなに雨が続くと農作物にとっては恵みの雨を通り越して、悪影響があるのではないかと心配だ。今日は7月7日、七夕である。記憶をかなり辿っても晴れの日の七夕なんて思い浮かばない。何故に梅雨時に、こんな日を設けたのかと不思議に思う。そこでネットで調べたが、旧暦の七夕は8月に入ってからの様である。

zaki-20150707-haiirochokiri.jpg
<ハイイロチョッキリ>

今日は何処へ行こうかなあと考えたが、キノコはピークを過ぎたし、雑木林の中は木々の幹が湿っているだろうと思い、北八朔公園へ行った。いつものように田んぼに車を停めて公園内を通り、心臓破りの80段の階段を上って東名港北PA裏の昆虫横丁へ直行した。まずは、橙色型のヒメカメノコテントウがおとなしくしていたのでカメラに納めた。次に、エゴヒゲナガゾウムシが葉上に静止していたので嬉しくなった。その後、合計4匹程見つかった。

zaki-20150707-kibaga-nakama.jpg
<キバガ上科の未記載種>

更に目を凝らして散策を続けると、ハイイロチョッキリが見られた。まこと昆虫は季節に敏感というか、多少のずれはあっても、毎年決まった季節に現れるのだから驚きである。今日は良く似ているキイロクビナガハムシ、アカクビボソハムシ、ヤマイモハムシ、ルリクビボソハムシ等が多く、カナムグラの葉や蔓にはカナムグラヒメゾウムシ、カナムグラサルゾウムシも見られた。時折りほんの少し雨がぱらついたが、頭上が木々の梢だから助かった。

zaki-20150707-egohigenagazomushi-mesu.jpg
<エゴヒゲナガソウムシの雌>

<今日出会った主なもの>花/ヤブカンゾウ、ヘラオオバコ、ヤブカラシ、ママコノシリヌグイ、ハエドクソウ、ヒマワリ等。蝶/モンシロチョウ、ムラサキシジミ等。昆虫/キイロクビナガハムシ、アカクビボソハムシ、ヤマイモハムシ、ルリクビボソハムシ、クロウリハムシ、カナムグラヒメゾウムシ、カナムグラサルゾウムシ、エゴヒゲナガゾウムシ、ハイイロチョッキリ、コフキゾウムシ、オジロアシナガゾウムシ、オオニジュウヤホシテントウ、ヒメカメノコテントウ、タデマルカメムシ、チャバネアオカメムシ、クサギカメムシの幼虫、ササキリの幼虫、ヨツスジヒメシンクイ、キバガ上科の未記載種、ショウジョウトンボ、コフキトンボ等。
posted by 花虫とおる at 16:30| Comment(0) | 緑  区