2015年07月11日

横浜市(仮称)チョウトンボの里(午後)

こう暑くなると、健康昼寝をむさぼれる所は秘密の日陰の場所しかないので、昼食後ちょいと寄り道してから横浜動物の森公園のコナラ亭を覗いて見た。しかし、アカボシゴマダラの発生はまだのようで、飛び古したヒカゲチョウがいるだけだった。そこで青空一杯だから鳥撮りも気が進まず、(仮称)チョウトンボの里へ行って見た。例年通りに飛んではいたが数は少なく、晴れているからお尻を上げるポーズを期待したのだが、午後には行わないようであった。

zaki-20150711-chotonbo.jpg
<チョウトンボ>

<今日出会った主なもの>蝶/アゲハ、ツマグロヒョウモン等。昆虫/チョウトンボ、ショウジョウトンボ、アオメアブ等。
posted by 花虫とおる at 19:51| Comment(0) | 鶴見区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

今日も朝から晴れ渡っている。予報ではかなり暑くなって30度を越えるとの事である。そんな訳で、セオリーから行くと木陰の昆虫観察となるのだが、そればかり続けていると飽きが来る。そこで、梅雨時のキノコの最後の観察と雑木林になにか昆虫がいないかと茅ヶ崎公園へ行った。まずはキノコ横丁へ直行した訳だが、見られたものは前回とほぼ同じだが、やはり終期を迎えていて、クロアシボソノボリリュウタケ以外は数がかなり減って老菌が多かった。

zaki-20150711-himekonakaburitsurutake.jpg
<ヒメコナカブリツルタケ>

しからば昆虫やーいとなった訳だが、草刈りが激しく木々の幹に注意して歩くと、コナラの幹にヒメシロコブゾウムシが這っていた。また、エゴノキにエゴツルクオトシブミの雌とたくさんの揺籃が見られた。今日は土曜日なので開園している生態園へ入ってみると、子供達が田んぼの草取りをしていた。早いものでコナギがかなり蔓延っているという。最後に尾根上へ行ったが、ニイニイゼミの脱殻が増え、ヌルデの幹にマダラアシゾウムシがたくさん這っていた。

zaki-20150711-haedokuso.jpg
<ハエドクソウ>

<今日出会った主なもの>花/ヤブカンゾウ、ハエドクソウ、ヨウシュヤマゴボウ、ツユクサ、カタバミ等。蝶/クロアゲハ、カラスアゲハ、ヒカゲチョウ、スジグロシロチョウ、キチョウ等。昆虫/カナブン、ヒメシロコブゾウムシ、マダラアシゾウムシ、エゴツルクビオトシブミ、コフキゾウムシ、アトボシハム、クロウリハムシ、ヤマイモハムシ、ルリクビボソハムシ、ニイニイゼミ、ササキリの幼虫、オオシオカラトンボ、シオカラトンボ、ルリチュウジレン、マガリケムシヒキ、マダラアシナガバエ等。キノコ/テングタケ、ツルタケ、ヒメコナカブリツルタケ、カレバキツネタケ、キツネタケ、アイタケ、ニオイコベニタケ、クロアシボソノボリリュウタケ等。
posted by 花虫とおる at 19:26| Comment(0) | 都筑区