2015年07月18日

横浜市緑区北八朔公園

今日も南南西の風が非常に強い。台風11号が熱帯低気圧に変わって、日本海にある為だろう。そんな訳で、今日もまた風が防げる所という事で、北八朔公園の昆虫横丁へ行った。例によって田んぼの農道に車を停めて公園内を通ったが、地元の子供達の為にソーメン流しが行われるらしく、半分に割った太いモウソウチクが何本も並べられていた。水は水道からホースで引いて流すようである。大人達は準備で大忙したが、子供達は昆虫探し等で遊んでいた。

zaki-20150718-himekamenokotento.jpg
<ヒメカメノコテントウ(セスジ型)>

80段の心臓破りの階段を上がって東名港北PA裏の昆虫横丁に辿り着いたが、東名高速は3連休の初日とあって、ノロノロと渋滞していた。昆虫横丁は雨風が強かった後だからか、初めの内はこれといったものは見られず、まずは保険としてクサギカメムシの幼虫とササキリの幼虫をカメラに納めた。その後、前回逃げられてしまった可愛いタマツツハムシを探したが見つからなかったものの、初見となる後肢の太ももが膨れるヨモギトビハムシを見つけた。

zaki-20150718-sasakiri-yochyu.jpg
<ササキリの幼虫>

時間が経つにつれヒメカメノコテントウが現れ、標準的な斑紋のものが多かったが、橙色の羽の真ん中に黒い筋が通るセスジ型も見られた。その後も相変わらず昆虫横丁以外は風が吹き荒れているので、公園内には降りずに行ったり来たりを繰り返していたら、キボシツツハムシも現れた。近縁のカシワツツハムシをお仲間が鎌倉中央公園で見つけているので、是非とも横浜で見つけなければと更に目を凝らして散策したが、今日はやはり普通種が多かった。

zaki-20150718-yomogitobihamushi.jpg
<ヨモギトビハムシ>

<今日出会った主なもの>花/ヘクソカズラ、ママコノシリヌグイ等。蝶/ナガサキアゲハ、モンキアゲハ、カラスアゲハ、アカボシゴマダラ、コミスジ、ヤマトシジミ等。昆虫/ヒメカメノコテントウ、アカガネサルハムシ、キボシツツハムシ、ヨモギトビハムシ、ヤマイモハムシ、ルリクビボソハムシ、キイロクビナガハムシ、クロウリハムシ、コフキゾウムシ、ササキリの幼虫、クサギカメムシの幼虫、ヨツスジヒメシンクイ、ウスバキトンボ等。
posted by 花虫とおる at 17:05| Comment(0) | 緑  区