2015年07月19日

横浜市緑区三保市民の森

今朝は抜けるような青空が広がって、陽射しは本当に眩しい。きっと横浜でも真夏日になるに違いない。こんな日は毎度お馴染みの木陰昆虫散策なのだが、三保念珠坂公園下に草刈りが入ってから、梅田川周辺に行く気が起きなくなっている。そこで三保市民の森へ行った。いつも車を停める秘密の場所は、木陰だから嬉しい限りである。しかし、旧道もバス通り歩道脇も昆虫の姿は少なく、ニガクサが咲いていたが、ちょいとくたびれているのでパスした。

zaki-20150719-tamamushi.jpg
<タマムシ>

そこで涼しい谷道へと歩みを進めたが、ここでも貧果に泣いたものの、今季まだ撮影していないマドガがいてほっとした。時計を見ると午後11時となったので、「タマムシ祭」に行って見ると、合計5匹も産卵に集まっていた。しかし、ルリボシカミキリは雄が一匹いたのみだったので、もしかしたら盛期が過ぎたのかもしれない。帰り際に三保平へ寄ったが、サイクリングおじさんが菓子パンをぱくついていたので、しばしお話した後に「かつや」へ急いだ。

zaki-20150719-madoga.jpg
<マドガ>

<今日出会った主なもの>花/ヤマユリ、トキリマメ、ニガクサ、ヤブカラシ、ツユクサ、アキノタムラソウ、ハエドクソウ等。蝶/スジグロシロチョウ、モンシロチョウ、キチョウ等。昆虫/カブトムシ、ルリボシカミキリ、タマムシ、ルリクビボソハムシ、クロウリハムシ、トホシテントウ、オオニジュウヤホシテントウ、ニイニイゼミ、ホシハラビロヘリカメムシ、ハリカメムシ、ベッコウハゴロモ、アミガサハゴロモ、ササキリの幼虫、ヤマトフキバッタ、マドガ等。
posted by 花虫とおる at 18:45| Comment(0) | 緑  区