2015年07月24日

山梨県北杜市白州町中山峠

今日は待ちに待った、一泊泊まりの高原合宿道端自然観察会の初日である。集合は山梨県北杜市の道の駅「白州」に午前10時に集合だから、久しぶりに午前6時に自宅を出発した。途中、朝食、洗面、トイレタイムをとったが、予定通りに午前9時30分に到着した。太陽の光こそ眩しいが湿度は低いし標高も高いので、涼しいとは言い難いがからっとしている。この道の駅は、南アルプスの天然水がいくらでも無料で頂けるので有り難い。自宅から持参したアルカリイオン水と飲み比べると、やはり天然水の方が美味しかった。

zaki-20150724-amagaeru.jpg
<アマガエル>

今日は何人位参加者があるかなあと心配したが、なんと8名もの方が集まって驚いた。午前10時に車で5分程のポイントへ行ったが、予想していた通りに樹液の出は悪く、オオムラサキの姿は見られなかった。前日に長坂町にあるオオムラサキセンターに立ち寄った参加者の話によると、今年はやはり不作との事である。それでも、いつものコースを元気一杯で散策を開始した。一旦田んぼの方へ下って山掃除の行き届いた雑木林に入ってみると、シャクジョウソウ、タマゴタケ、アカヤマドリが生え、梢にオオムラサキが旋回していた。

zaki-20150724-oomurasaki.jpg
<オオムラサキの雌雄>

午前中の観察はあっという間に過ぎて、道の駅「白州」に戻って昼食をとり、また戻って来て散策を再開したが、午前中は見られなかった場所に、少し破損したオオムラサキがいてほっとした。次に、送電線下の雑木林を目指したが、ああ無情、樹木が伸びて電線に触れるのを防止する為、かなりの幅で伐採されていた。これで今年はスミナガシやオオムラサキの良い写真は撮れないかもと思っていたら、なんとなんとオオムラサキのペアが飛んで来て求愛活動を始めた。そんな訳で、雌雄とも翅を広げて睨み合う光景をたっぷり写す事が出来た。

zaki-20150724-hosomiotsunentonbo.jpg
<オツネントンボ>

木陰の林道ではエゾゼミの幼虫が地面から伐採丸太に這い上って来て、その姿を見ていると暗い地中からの使者の様に思えた。エゾゼミはたくさんいてもなかなか見られないセミなので、お仲間が連れ帰って宿で羽化の観察をする事になった。この他、目的の一つであるオツネントンボの仲間は至る所にたくさん見られ、花では青紫のシデシャジンが去年よりたくさん咲き、相変わらずカワラナデシコも見られた。また、チョウでは一頭だがホソバセセリがいて嬉しくなった。

zaki-20150724-oozomushi.jpg
<オオゾウムシ>

<今日出会った主なもの>花/シャクジョウソウ、シデシャジン、イヌゴマ、カワラナデシコ、チダケサシ、ダイコンソウ、ハエドクソウ、リョウブ等。蝶/オオムラサキ、コミスジ、ジャノメチョウ、ホソバセセリ等。昆虫/オオゾウムシ、アカガネサルハムシ、ミヤマクワガタ、ヨツボシオオキスイ、カブトムシ、カナブン、アオカナブン、マメコガネ、シラホシカミキリ、アカハナカミキリ、ゴマフカミキリ、ウスイロトラカミキリ、エグリトラカミキリ、キマワリ、エゾゼミ、ヒグラシ、ツノアオカメムシ、オニヤンマ、マユタテアカネ、ナツアカネ、ハラビロトンボ、オオシオカラトンボ、ホソミオツネントンボ、オツネントンボ、オニベニシタバ、カノコガ、ヤマトフキバッタ、ナキイナゴ等。キノコ/アカヤマドリ、タマゴタケ等。
posted by 花虫とおる at 20:00| Comment(0) | 山梨県