2015年08月31日

横浜市都筑区都筑中央公園

観察仲間のブログを見ると、一足早い秋の長雨で、多数のキノコが発生を始めたようである。そこで、今日は都筑中央公園へ行った。まずは例によって御影橋方面へ寄り道したが、テングタケやヤマドリタケモドキが発生していた。ほんの数日前に下見に行った時はなんにもなかったのに、キノコの発生はまことに早い。しかし、絵になるようには生えていなかったので、鴨池公園のキノコ山へと歩みを進めたが、ここでも今一歩であった。そこで、サンシュユ横丁にガガイモがたくさん咲いていたので保険としてカメラに納めた。

zaki-20150831-gagaimo.jpg
<ガガイモ>

その後、心行寺横丁へも寄り道したが、ここではウスキテングタケとテングタケが爆生していた。しかし、やはり写欲を誘うキノコは無かったので、都筑中央公園の「ばじょうじ谷戸」へ行った。するとオオアオイトトンボがジュズダマの葉に止まっていたので、頂きますと撮影した。都筑中央公園でもアケビコノハの幼虫が発生しているらしいので、キノコ眼を保ちつつ、アケビを探したが一本だに生えていなかった。早淵川に隣接する辺りがポイントなのだろう。そんな訳で、キノコが目的だったのにキノコを撮れずに引き返した。

zaki-20150831-ooaoitotonbo.jpg
<オオアオイトトンボ>

<今日出会った主なもの>花/ガガイモ、ツユクサ、ヤブカラシ等。蝶/アオスジアゲハ、イチモンジセセリ等。昆虫/クロウリハムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、オオアオイトトンボ等。キノコ/キタマゴタケ、テングタケ、ウスキテングタケ、ヤマドリタケモドキ、ムラサキヤマドリタケ、ニオイコベニタケ等。
posted by 花虫とおる at 18:42| Comment(0) | 都筑区

2015年08月30日

横浜市港北区新吉田町

今日も降ったり止んだりと、ぐずついた天気である。その程度は昨日よりかなり悪いので、一日中自宅蟄居かなと思われた。しかし、午後1時過ぎに止み間があったので、またしても至近距離の新吉田町へ行った。例によって昆虫横丁へ行くと、下草の葉上は乾いていて、ツヤマルシラホシカメムシの幼虫がすぐに見つかった。更に複眼が青緑色で美しいミスジミバエを見つけた。幼虫はカラスウリ類の雄花を食するとあるが、キュウリ等を食害している場合もあるようだ。

zaki-20150830-misujimibae.jpg
<ミスジミバエ>

次にカメムシ横丁へ行くと、昨日と同じ個体と思われるアカスジキンカメムシの幼虫がいた。また、オオブタクサには、スケバハゴロモ、オオヨコバイが見られた。空が暗くなって来たから、そろそろ雨かなと思われたが、ウラナミシジミが気になって丘の上の畑へ行ったが、気温が低いのに飛翔している個体も見られた。また、クズやカナムグラの葉上にツチイナゴの幼虫が鎮座していた。しかし、すぐ雨が降って来たので引き返したが、まこと散策出来てラッキーであった。

zaki-20150830-tsuyamarushirahoshikamemushi-yochyu.jpg
<ツヤマルシラホシカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/オオケタデ、ヒヨドリジョウゴ、ヨウシュヤマゴボウ、ツユクサ、ヤブカラシ等。蝶/ウラナミシジミ、ヤマトシジミ、キマダラセセリ、イチモンジセセリ等。昆虫/クロウリハムシ、トホシテントウ、エサキモンキツノカメムシ、ツヤマルシラホシカメムシの幼虫、アカスジキンカメムシの幼虫、スケバハゴロモ、アオバハゴロモ、オオヨコバイ、オンブバッタ、ツチイナゴの幼虫、シオカラトンボ、ミスジミバエ、カノコガ等。
posted by 花虫とおる at 17:45| Comment(0) | 港北区

2015年08月29日

横浜市港北区新吉田町

天気予報を見ると雲と傘マークばかりが並んでいる。いわゆる秋の長雨なのかもしれないが、ちょいと早過ぎるのではなかろうか。ネットで調べてみると「年によって差があるものの、だいたい9月の半ばから10月の初めにかけての、およそ1ヶ月間」とあった。やはりちょいと早いのである。そんな訳で今日も霧雨が降り続いて、午後になるとやっと止み間が訪れた。そこで至近距離の新吉田町へ行った。まずはカメムシ横丁へ行ったら、早くもアカスジキンカメムシの幼虫がいて驚いた。

zaki-20150829-akasujikinkamemushi-yochyu.jpg
<アカスジキンカメムシの幼虫>

道路沿いの昆虫横丁では、葛の茎にオジロアシナガゾウムシがしがみついていた。また、ブドウハマキチョッキリも見られたので、昆虫達も涼しさに誘われてお出ましのようである。丘の上の雑木林の小道へ行くと、早くもコウヤボウキが咲いていた。また、その先の畑ではアズキに秋の使者であるウラナミシジミがたくさんいた。どうにかしてカメラに納めようと思ったが、多くいると戯れて撮影出来なかった。そこでと言っては失礼だが、イチモンジセセリに代役になって貰った。

zaki-20150829-ichimonjiseseri.jpg
<イチモンジセセリ>

<今日出会った主なもの>花/オオケタデ、ヒヨドリジョウゴ、ベニバナボロギク、ヨウシュヤマゴボウ、ツユクサ、ヤブカラシ、コウヤボウキ等。蝶/アゲハ、キタテハ、ウラナミシジミ、キマダラセセリ、イチモンジセセリ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、ブドウハマキチョッキリ、クロウリハムシ、トホシテントウ、ヒメツノカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、クサギカメムシの幼虫、ナガメの幼虫、アカスジキンカメムシの幼虫、ベッコウハゴロモ、アオバハゴロモ、オオヨコバイ、ミスジミバエ等。
posted by 花虫とおる at 18:51| Comment(0) | 港北区

2015年08月28日

横浜市緑区梅田川(午後)

今日の昼食は松屋と思っていたが、散策先が変わったので吉野家へ行って「ねぎ塩ロース豚焼定食」に漬物をプラスした。合計で650円となり、如何に昨日の華風料理「一心」がリーズナブルなのかが分かる。今日も気温は低く、健康昼寝も快適、しかも雨は一向に降らない。そこで昨日同様に鳥撮りだと田んぼ巡りをしてみたが、こんな天気だからかツバメもスズメもムクドリもいなかった。そこで梅田川遊水地へ行くしかないなあと転戦したら、昨日遊んでくれたカワセミが「おじさん、また来たの!」とお待ちかねだった。

zaki-20150828-kawasemi-yocho.jpg
<カワセミの幼鳥>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ等。
posted by 花虫とおる at 18:26| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区北八朔公園(午前)

今日はNHKの天気予報では午後から雨、ヤフーの天気予報では午前中から雨とあった。まあ、予想が難しい気圧配置という事だろう。そこで、散策したばかりだが車にすぐに逃げ込める新吉田町かなと思ったが、意外と西の空が明るいので、北八朔公園に行く先を変えた。前回はじめて観察したキマダラカメムシにまた会いたいと思ったのである。今日は風がそんなに吹いていないから昆虫横丁もOKかなと行って見たが、やはり下草は揺れていて、ダイミョウセセリ、イチモンジセセリ、キマダラセセリが見られただけだった。

zaki-20150828-kobanokamomezuru.jpg
<コバノカモメヅル>

そこで公園内に戻ると、またしてもセアカツノカメムシに出会った。しかし、良い場所に止まっていないので撮影は諦めた。このままではNOブログアップかなと危惧されたが、芦原に行くとコバノカモメヅルがたくさん咲いていたので嬉しくなった。また、お食事の一休みなのか、イナゴの幼虫がアシの先端に止まっていた。また、クヌギの露出した根から出る樹液目当てに、クロコノマチョウも見られた。もちろん最後に、前回キマダラカメムシの幼虫が見られた付近を丹念に探したが、残念ながら発見出来なかった。

zaki-20150828-tsuchiinago-yochyu.jpg
<イナゴの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/アレチヌスビトハギ、コバノカモメヅル、ダイコンソウ、ママコノシリヌグイ、ヘクソカズラ、ヨウシュヤマゴボウ等。蝶/アオスジアゲハ、カラスアゲハ、ツマグロヒョウモン、クロコノマチョウ、サトキマダラヒカゲ、ムラサキシジミ、ヤマトシジミ、ダイミョウセセリ、イチモンジセセリ、キマダラセセリ等。昆虫/クマゼミ、アブラゼミ、ミンミンゼミ、セアカツノカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、ベッコウハゴロモ、アオバハゴロモ、イナゴの幼虫、オンブバッタ等。
posted by 花虫とおる at 18:19| Comment(0) | 緑  区

2015年08月27日

横浜市緑区梅田川(午後)

昼食は毎度お馴染みの華風料理「一心」で600円の定食を食べた。牛丼屋で何か一品でも追加すれば楽に600円を超える。私の財布の紐も多くの方々と同様に益々きつくなっているが、まこと華風料理「一心」の出現は有り難い。そんな訳で気温も低めだし、健康昼寝も快適、そこで午後からは久しぶりの鳥撮りだと田んぼ巡りをしてみたが、ツバメとスズメのみであった。そこで梅田川遊水地へ転戦したら、まだあどけなさが残るカワセミの雄がいて嬉しくなった。

zaki-20150827-kawasemi-osu.jpg
<カワセミの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、キジバト等。
posted by 花虫とおる at 19:16| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区東方公園周辺(午前)

今日は雲は多いものの、久しぶりの晴天となった。そこで、先だって見つけた大原みねみち公園のコナラ亭が気になったので、葛ヶ谷公園経由で行って見た。しかし、葛ヶ谷公園ではショウリョウバッタモドキがいた位で昆虫の姿は無く、樹液酒場にはオオスズメバチが吸汁しているだけだった。そこで本命たる大原みねみち公園のコナラ亭へ歩みを進めたが、クロカナブンとサトキマダラヒカゲが居たのみで、しからば今季最後のミンミンゼミでもと思ったが、やはり姿は少なかった。

zaki-20150827-kurokanabun.jpg
<クロカナブン>

時計を見ると10時半である。そこで、ちょいと離れているが東方公園周辺へ行って見る事にした。まずは防火緑地を覗いたが、ニシキギにキバラヘリカメムシが、クズにホシハラビロヘリカメムシの幼虫が見られた。公園内に入るとムラサキシジミがたくさん居たが、なかなか開翅してくれないので諦めた。また、新鮮なアカボシゴマダラがふわふわ飛んでいた。最後に池辺町の農耕地へ降りて行くと、ハサミツノカメムシ、ホオズキカメムシの幼虫等が居て、なんとか格好がついた。

zaki-20150827-chanokokakumonhamaki.jpg
<チャノコカクモンハマキ>

<今日出会った主なもの>花/ワルナスビ、アカツメクサ、ヘクソカズラ等。蝶/アオスジアゲハ、アカボシゴマダラ、サトキマダラヒカゲ、ムラサキシジミ、ツバメシジミ、キマダラセセリ、イチモンジセセリ等。昆虫/クロカナブン、クロウリハムシ、ミンミンゼミ、アブラゼミ、ツクツクボウシ、ハサミツノカメムシ、ホオズキカメムシの幼虫、ホシハラビロヘリカメムシ、アミガサハゴロモ、ベッコウハゴロモ、アオバハゴロモ、ウスバキトンボ、チャノコカクモンハマキ、ショウリョウバッタモドキ、オンブバッタ等。その他/ヤマボウシの実等。
posted by 花虫とおる at 19:07| Comment(0) | 都筑区

2015年08月26日

横浜市港北区新吉田町

深夜は雨がかなり降ったようだが、朝になると弱い霧雨に変わっていた。しかし、止みそうで止まないから気温はぐんぐん下がって、長袖シャツを引っ張り出して来た。まだ8月だというにのなあと苦笑した。夏休みを過ごした嬬恋村では、厚手のジャンパーの出番となっているかもしれない。しかし、正午を過ぎると雨が止んだので、至近距離の新吉田町へ行った。昆虫横丁は頭上に木々が覆いかぶさっているから、下草の葉上の乾きはかなり早く、ほんの少しの雨なら防いでくれるので、こんな天気の逃げ場となっている。

zaki-20150826-hiyodorijogo.jpg
<ヒヨドリジョウゴ>

北東風がややあるので下草はかなり揺れるが、止み間があるから助かった。まずはヒヨドリジョウゴの花を見つけたのカメラに納め、家庭菜園奥のカメムシの穴場には、エサキモンキツノカメムシがたくさん見られた。その中に、ちょいと色彩の異なるものがいて、自宅に帰って図鑑で調べるてみると、初見のヒメツノカメムシであった。小道の両側にはオオブタクサが繁茂していて、もしかしたらと探してみたら、スケバハゴロモが1匹見つかった。春から何遍も散策している新吉田町だが、まこと侮れない散策場所である。

zaki-20150826-himetsunokamemushi.jpg
<ヒメツノカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/ヒヨドリジョウゴ、ヨウシュヤマゴボウ、ツユクサ、アカバナユウゲショウ、ヤブカラシ等。蝶/キタテハ、イチモンジセセリ等。昆虫/クロウリハムシ、トホシテントウ、ヒメツノカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、クサギカメムシの幼虫、スケバハゴロモ、ベッコウハゴロモ、アオバハゴロモ等。
posted by 花虫とおる at 17:58| Comment(0) | 港北区

2015年08月25日

横浜市都筑区葛ヶ谷公園

急激な株価の下落が続いているが、今日の天気は不景気風が吹いているかのようである。2つの台風の狭間から、大陸の涼しい大気が流れ込んで来ているのだという。そんな訳で散策には格好の気温なのだが、これといった行く先が無い。「例年、8月下旬は被写体が少ないんですよね」と苦笑する。そこで「一昨日の続きですね」と葛ヶ谷公園から大原みねみち公園へ行った。葛ヶ谷公園の昆虫横丁は寂しく、エサキモンキツノカメムシとアミガサハゴロモを保険としてカメラに納めた。

zaki-20150825-kanabun.jpg
<カナブン>

次に、コナラの樹液酒場を覗いて見たら、「えっ、アオカナブン」と叫びたくなるような緑色のカナブンがいた。体型や輝き具合からカナブンと判別したが、ことによったらとの疑問が今でも残っている。その後、御影橋周辺のキノコのポイントを覗いて見たが、材上性のベニヒダタケの仲間が生えているだけだった。そこでUターンして大原みねみち公園へ行ったが、これといったものは見られず、気温が低い為かミンミンゼミやツクツクボウシ等の鳴き声もまったく聞こえて来なかった。

zaki-20150825-amigasahagoromo.jpg
<アミガサハゴロモ>

<今日出会った主なもの>花/ワルナスビ、アカツメクサ等。蝶/アオスジアゲハ、アゲハ、サトキマダラヒカゲ、イチモンジセセリ等。昆虫/カナブン、ミンミンゼミ、アブラゼミ、ツクツクボウシ、エサキモンキツノカメムシ、マルカメムシ、アミガサハゴロモ、ベッコウハゴロモ、コノシメトンボ等。
posted by 花虫とおる at 18:00| Comment(0) | 都筑区

2015年08月24日

横浜市緑区北八朔公園

今日はとても涼しく、嬬恋村に舞い戻ったかのようであった。そこで、何処へ行こうかなあと考えたが、成果が一番上がる北八朔公園に行った。公園内に入ると昨日と同様にセミの鳴き声がうるさく、ひときわ騒がしいクマゼミの鳴き声もあちこちで聞こえた。例によって心臓破りの80段の階段を上って昆虫横丁へ行ったが、風がかなり弱くなったと思っていたのだが、北東風だから下草の葉はかなり揺れていた。南寄りの風にはすこぶる強いのになあと苦笑したが、お手上げですねと昆虫横丁は諦めて公園内に下りて行った。

zaki-20150824-yamatoshijimi.jpg
<ヤマトシジミ>

まずは、オオブタクサの葉上でセアカツノカメムシを見つけた。すぐ横にミズキがあったので、成程そうでしたかと微笑んだ。また、オオブタクサの花穂にヤマトシジミが交尾していたのでにんまりした。雄雌の両方の目にピントが合うように撮るのは結構難しい。最後にコナラの幹に丸くて薄いアルミ板がくっついているように思えたので、おかしいなあと思って行って見ると、観察仲間が何故か入院中に見つけたキマダラカメムシの幼虫であった。最近になって東京都で観察された、中国ないし台湾からの外来種との事である。

zaki-20150824-kimadarakamemushi-yochyu.jpg
<キマダラカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ダイコンソウ、ママコノシリヌグイ等。蝶/アオスジアゲハ、ルリタテハ、ツマグロヒョウモン、サトキマダラヒカゲ、ヒカゲチョウ、ムラサキシジミ、ヤマトシジミ、ツバメシジミ、イチモンジセセリ、キマダラセセリ等。昆虫/クマゼミ、アブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシ、キマダラカメムシの幼虫、セアカツノカメムシ、チャバネアオカメムシ、ベッコウハゴロモ、アオバハゴロモ、オニヤンマ、コノシメトンボ、オオシオカラトンボ、シオカラトンボ、オンブバッタ等。
posted by 花虫とおる at 15:41| Comment(0) | 緑  区

2015年08月23日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

昨日は夏休みの写真整理やブログアップに追われたが、ノートパソコンを持参して行ったので、比較的簡単に処理が終えてほっとした。まだかなり疲れが残っているが、地元の散策を再開しようと茅ヶ崎公園へ行った。台風の影響からなのか風がかなりあるし、また、久しぶりに華風料理「一心」にてリーズナブルな昼食をと思ったのである。公園内に入ると各種のセミが鳴いてうるさい位である。上田市の公園でも鳴いてはいたが、茅ヶ崎公園に比べると雲泥の差である。そこで、今季まだ撮影していなかったツクツクボウシを撮った。

zaki-20150823-tsukutsukuboshi.jpg
<ツクツクボウシ>

次に、かなり雨が降ったようなのでキノコ横丁を覗いて見たが、まったく生えていなかった。しかし、ゴマダラカミキリが高い小枝に這っているのを見つけて嬉しくなった。広場に戻って木陰にアカネ類が休んでいないかと探したら、コノシメトンボが2匹もいた。その後、日曜日なので生態園が開いていると行って見ると、煙草爺ちゃんとお仲間等が3人もいて、吸水しているナガサキアゲハとクロアゲハを撮っていた。港北ニュータウンの緑道や公園には、最近、昆虫お姉さんばかりでなく爺ちゃんもうろついているなあと微笑んだ。

zaki-20150823-konoshimetonbo.jpg
<コノシメトンボ>

<今日出会った主なもの>花/キンミズヒキ、ツユクサ等。蝶/アオスジアゲハ、ナガサキアゲハ、クロアゲハ、アゲハ、アカボシゴマダラ、キチョウ、イチモンジセセリ等。昆虫/ゴマダラカミキリ、マメコガネ、チャバネアオカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、ミンミンゼミ、アブラゼミ、ツクツクボウシ、コノシメトンボ、シオカラトンボ等。
posted by 花虫とおる at 18:09| Comment(0) | 都筑区

2015年08月21日

長野県上田市上田市民の森

いよいよ横浜へ帰る日となった。しかし、今日も朝から雨が降っている。嬬恋村に来てから太陽を拝めたのは、10日の内たったの3日なのだから嫌になってしまう。これまで20年以上もお盆の頃に来ているが、まこと最悪の天気となった。それでも一日たりとも蟄居せずに過ごせたのは、雨の少ない上田市のお陰である。そんな訳で、例年なら鹿沢高原に寄って帰宅の途に着くのだが、今日はまたまた鳥居峠越えて昨日に引き続いて、上田市民の森へ行った。しかし、昨日と同様に下れども下れども雨がぱらついていたものの、上田市民の森が近づくと空が明るくなるのだから不思議である。

zaki-20150821-miyamakuwagata-osu.jpg
<ミヤマクワガタの雄>

何と申しましょうか天候不順の為に、今日で5回目の散策となるのだから、まこと上田市民の森に救われた夏休みとなった。また、例年より良い場所に数箇所樹液酒場があったのもラッキーであった。いつものように雑木林の中に入ると、ミヤマクワガタの雄を見つけた。これで3回目となるのだが全て別個体だから、この辺りはミヤマクワガタの宝庫の様である。その後、スミナガシも飛来したが、翅の破損箇所から昨日と同一個体であった。その他には、ルリタテハやジャノメチョウ科の仲間達だったので、公園内を一回りしてみたが、アカハナカミキリを見つけた位で終了となった。

zaki-20150821-akahanakamikiri.jpg
<アカハナカミキリ>

<今日出会った主なもの>花/タチフウロ、ワレモコウ、ユウスゲ、キンミズヒキ、シラヤマギク、ヘクソカズラ等。蝶/スミナガシ、ルリタテハ、サトキマダラヒカゲ、ジャノメチョウ、クロヒカゲ、ヒメジャノメ等。昆虫/ミヤマクワガタ、スジクワガタ、キマワリ、ミンミンゼミ、アブラゼミ、アキアカネ、ノシメトンボ、ウスバキトンボ等。
posted by 花虫とおる at 21:50| Comment(0) | 長野県

2015年08月20日

長野県上田市信州国際音楽村周辺(夕方)

昼食は900円とちょいとお高いが美味しい肉野菜炒め定食を食べ、毎度お馴染みの信州国際音楽村の駐車場にて健康昼寝を貪った。今日は甲子園の高校野球の決勝戦で、地元神奈川県の東海大相模と宮城県の仙台育英との対決である。もちろん地元に優勝して貰いたいのだが、100年におよぶ高校野球の歴史の中で、未だ優勝校が出ていない東北地方の仙台育英も応援したくなる。昼寝の前は東海大相模が2点を先取していたが、目覚めたら4点リードとなって、これなら東海大相模の圧勝かなと思っていたら、ツノアオカメムシをカメラに納め車に戻って来たら6対6の同点となっていた。

zaki-20150820-tsunoaokamemushi.jpg
<ツノアオカメムシ>

そこで、どうなるのだろうと気が気でなく、散策を中断してラジオに耳を傾けたが、結局、地元神奈川の東海大相模が勝ったので微笑んで散策を再開した。今日は神社前の農道をいつもより先まで行ってみたが、ケヤキの巨木が2本もある別の神社もあって驚いた。フクロウが営巣しそうな穴も開いていて、ことによったらと見回したが、もちろんフクロウやアオバズクの姿は無かった。それでも近くにあるエノキの大木の梢に、オオムラサキが旋回していたので嬉しくなった。今年の夏休みの初見となるのだから当然である。その他の昆虫は、オオブタクサにスケバハゴロモがいてにんまりした。

zaki-20150820-kusagikamemushi-yochyu.jpg
<クサギカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/キクイモ、マルバルコウソウ、クサフジ、クズ、アカツメクサ等。蝶/オオムラサキ、ヒメアカタテハ、ジャノメチョウ、ツバメシジミ等。昆虫/カブトムシ、キマワリ、クロウリハムシ、ツノアオカメムシ、クサギカメムシの幼虫、ベッコウハゴロモ、スケバハゴロモ、オニヤンマ、コオニヤンマ、アキアカネ、ノシメトンボ等。
posted by 花虫とおる at 16:00| Comment(0) | 長野県

長野県上田市上田市民の森(午後)

前述したバラギ湖では、短時間であったが各種の花を撮る事が出来てほっとした。しかし、予報より少し早く雨が降って来たので、ちょいと心残りでもあったが、時計を見るとまだ10時半である。そこで、鳥居峠を越えれば雨が止んでいる所がある筈と車を走らせたが、下れども下れども雨がぱらついていた。やはり上田市も同じような天気なのかなと思ったが、頼みの綱の上田市民の森へ近づくと、次第に上空が明るくなった。本当に今年は「神様仏様上田市民の森様」である。駐車場に到着すると、まだほんの少しぱらついていたが、雑木林の中に入るとすぐ止んで、空は明るくなり気温も高くなった。

zaki-20150820-kimadaramodoki.jpg
<キマダラモドキ>

時計を見ると11時を少し回っていたが、昼食を遅くすればなんとか撮影時間は確保出来るとほくそ笑んだ。樹液酒場は相変わらず賑やかで、ほんの少しくたびれているがキマダラモドキが吸汁していた。今まで数多くのキマダラモドキを撮影しているが、幹に止まって休んでいる個体ばかりで、樹液を吸っているのは初見である。キマダラモドキは私の様に気が弱くて、他の昆虫が吸汁していると仲間に入って行けない様である。その他、ルリタテハ、サトキマダラヒカゲ、ジャノメチョウ等がいて、お腹が空いたので引き上げようとしたら、またしてもやや破損したスミナガシがやって来た。

zaki-20150820-ruritateha.jpg
<ルリタテハ>

<今日出会った主なもの>花/オオバギボウシ、キンミズヒキ、シラヤマギク等。蝶/スミナガシ、ルリタテハ、キマダラモドキ、サトキマダラヒカゲ、ジャノメチョウ、クロヒカゲ等。昆虫/カブトムシ、スジクワガタ、アキアカネ、ノシメトンボ、ミンミンゼミ等。
posted by 花虫とおる at 14:00| Comment(0) | 長野県

群馬県吾妻郡嬬恋村バラギ湖(午前)

去年もそうだったが、今年もぐずついた天気に泣かされた。今日と明日は降らない筈と思っていたのに、天気予報によると曇り時々雨に変わった。自宅に居ればネットで天気予報を詳細に調べられるのだが、ラジオだけではそうはいかない。そこで自宅にメールして詳しい天気予報を送って貰っているが、午前中は曇りとの事だったのでバラギ湖へ行った。スマホを持っていれば便利だなあと思うのだが、夏休みの為にお高いスマホに変えるつもりない。バラギ湖へ到着すると少し暗いものの雨は降って無く、花や下草は乾いていたのでほっとした。

zaki-20150820-matsumushiso.jpg
<マツムシソウ>

そこでコオニユリを撮ろうと、キャンプ場付近を散策したが、やはりコオニユリは盛期が過ぎていた。そこで湖畔に沿った小道に歩みを進めると、キマダラモドキがいて嬉しくなった。また、アカゲラが木の幹をつつきモズも鳴いていた。バードウォッチングの本にバラギ湖が紹介されているのも頷ける。その後、車に戻って水分を補給し「湖畔の湯」まで行ったが、入り口広場で各種の花を撮り、お次は昆虫ですねと探したが、トゲカメムシがいた位であった。そこで他の場所も探してみようと歩き始めたら、雨がぱらぱら降って来て、やがて本降りとなった。

zaki-20150820-marubahagi.jpg
<マルバハギ>

<今日出会った主なもの>花/ヤナギラン、ノハラアザミ、キンミズヒキ、マツムシソウ、ツリガネニンジン、ワレモコウ、ヤマオダマキ、コオニユリ、オミナエシ、キキョウ、キツリフネ、ツリフネソウ、クサレダマ、オオハンゴンソウ、イケマ、シシウド、マルバハギ等。蝶/ウラギンヒョウモン、キマダラモドキ、キチョウ、イチモンシセセリ等。昆虫/イタドリハムシ、マメコガネ、トゲカメムシ、アキアカネ等。鳥/アオゲラ、モズ等。
posted by 花虫とおる at 10:00| Comment(0) | 群馬県

2015年08月19日

群馬県吾妻郡嬬恋村鹿沢高原(午後)

昼食は地蔵峠の山小屋で山菜ピラフでも食べようかと思ったが、値段は割高だし量も少ないので、ガソリン代はかかるものの、またしても「けんちゃん食堂」へ行って「けんちゃんラーメン」を食べた。前回は辛さを中辛にしたが、少し辛かったので、今回は小辛で頼んだが、ちょいとぴりり感が無かった。その後、明日からまたしてもぐずついた天気になるというので、予定を早めて鹿沢高原へ行った。もちろん天気が心配だから、健康昼寝は割愛した事は言うまでも無い。しかし、陽は射していたものの、昨日より気温がいくらか下がった為もあってか、ポイントにはエルタテハが2頭いたのみであった。

zaki-20150819-udo.jpg
<ウド>

その後、気温はいくらか上昇したが相変わらずで、昨日、採集者がいたポイントへも行ってみたが芳しくなかった。たくさん見られるのはアサギマダラとゴイシシジミだけで、ルリタテハとミドリヒョウモンが各1頭飛来しただけだった。どうやら今年の鹿沢高原は極度の蝶不作の様である。そこでターゲットを花に変え、桟敷山登山口駐車場から少し上がった、もう1つの登山口にいつも車が止まっているので、もしかしたらと路傍に車を停めて小道を少し登ると、そこは静かで広大な本当に素晴らしい花園であった。なお、30日は全日本ラリー大会があるので、全面通行止めになると掲示されていた。

zaki-20150819-asagimadara.jpg
<アサギマダラ>

<今日出会った主なもの>花/マルバダケブキ、アキノキリンソウ、ゴマナ、ハンゴンソウ、コウリンカ、ヤマハハコ、ヤナギラン、サワヒヨドリ、ノハラアザミ、ノアザミ、タムラソウ、ツリガネニンジン、ワレモコウ、ウツボグサ、ダイコンソウ、キンミズヒキ、ノダケ、ウド、シシウド、アレチマツヨイグサ、マルバハギ等。蝶/アサギマダラ、エルタテハ、ルリタテハ、ミドリヒョウモン、ヒメキマダラヒカゲ、ゴイシシジミ、オオチャバネセセリ等。昆虫/アカハナカミキリ、ツマグロハナカミキリ、オトシブミ、トゲカメムシ、アキアカネ等。
posted by 花虫とおる at 14:00| Comment(0) | 群馬県

長野県東御市湯の丸高原(午前)

今朝も陽は射していたが、昨日に比べるとなんとなく弱々しい。雲がかなり発生し陽が遮られる時が多いからある。もちろん今日も安近短だと湯の丸高原へ行った。地蔵峠の駐車場に停まっている車はほとんど無く、登山者もちらほら見られる程度であった。まずは駐車場周辺を散策したが、アカハナカミキリがウドの葉上に静止していた。今日は幸先が良いですなあとカメラに納めて、臼窪湿原を目指して林道を歩き始めたが、ゆっくり歩いても10分もかからずに広々とした湿原に到着した。手前はキャンプ場になっているのだが、お客さんは誰も見られず、すでに夏は終わったようである。

zaki-20150819-noazami.jpg
<ノアザミ>

湿原には大好きなノアザミの群落が広がっている筈であったが、何故だかまばらで、コオニユリは花期が過ぎていた。そんな訳で、期待したノアザミに吸蜜する蝶は、かなり飛び古したオオチャバネセセリが見られただけであった。例年ならクジャクチョウやウラギンヒョウモンが吸蜜しているのだが、見回しても姿が無い。やはり鹿沢高原と同様に蝶が少ないようである。そこで、蝶がいなければ昆虫を探そう戻る途中、キャンブ場の砂利道でキベリタテハとシータテハに各1頭出会った。もちろんカメラを向けて開翅写真を撮ったのだが、砂利の上では絵にならないなあと消去した。

zaki-20150819-akahanakamikiri.jpg
<アカハナカミキリ>

<今日出会った主なもの>花/マツムシソウ、アキノキリンソウ、ゴマナ、マルバダケブキ、アサマフウロ、コオニユリ、ヤナギラン、サワヒヨドリ、ノアザミ、ノハラアザミ、ツリガネニンジン、ウド、シシウド、ワレモコウ、マルバハギ等。蝶/キベリタテハ、シータテハ、ベニヒカゲ、ヒメキマダラヒカゲ、オオチャバネセセリ等。昆虫/アカハナカミキリ、マメコガネ、アキアカネ等。
posted by 花虫とおる at 10:00| Comment(0) | 長野県

2015年08月18日

群馬県吾妻郡嬬恋村バラギ湖(午後)

昼食は、もちろん鹿沢温泉入り口にある「けんちゃん食堂」へ行って、散策仲間ご推奨の「コロッケ定食」を食べた。値段は750円とお安く、ほかほかで美味しいコロッケであった。その後、雨の心配は無さそうなので健康昼寝を試みたが、なにしろ毎晩やる事が無いから早く寝て、たっぷり8時間も睡眠をとっているからか、心地良い眠りには入れなかった。それでも午前中の疲れからは回復したので、これまた定番のバラギ湖へ行った。前回来た時はキャンプを楽しむ方々で賑わっていたが、今日は閑散としていた。バラギ湖は人造湖だが、広々としていて景色が良く、1級のキャンプ地だと思う。

zaki-20150818-tsurifuneso.jpg
<ツリフネソウ>

駐車場に車を停めて、まずは「湖畔の湯」まで往復したが、かなり破損したミヤマカラスアゲハに出会った。また、昆虫ではハサミツノカメムシとテングアワフキを見つけただけで、相変わらずアキアカネばかりであった。その後、湖畔を一周する遊歩道に入ったが、大好きなコオニユリやフシグロセンノウが咲いていたが、ちょいとくたびれていて、ツリフネソウをカメラに納めた。もちろん期待したオトシブミのポイントへも寄ったが、成虫も揺籃もなかった。そこで、とぼとぼ歩いて車に戻ったが、アオサギが湖面すれすれに2羽も飛び、シシウドの枯れた茎の天辺でモズが鳴いていた。

zaki-20150818-tsunoaokamemushi-mesu.jpg
<セアカツノカメムシの雌>

<今日出会った主なもの>花/ツリガネニンジン、ワレモコウ、ヤマオダマキ、コオニユリ、オミナエシ、キキョウ、フシグロセンノウ、キツリフネ、ツリフネソウ、クサレダマ、ハンゴンソウ、オオハンゴンソウ、イケマ、シシウド等。蝶/ミヤマカラスアゲハ、カラスアゲハ、キチョウ、オオチャバネセセリ、イチモンシセセリ等。昆虫/イタドリハムシ、マメコガネ、ハサミツノカメムシ、テングアワフキ、アキアカネ、ノシメトンボ等。鳥/モズ、アオサギ等。
posted by 花虫とおる at 14:00| Comment(0) | 群馬県

群馬県吾妻郡嬬恋村鹿沢高原(午前)

朝起きて外を見ると、太陽の光が眩しい程に射し込んでいる。嬬恋村に来て7日目になるが、15日に晴れただけで、雨模様のぐずついた天気ばかりだったから本当に嬉しい。帰宅まで残り4日となったが、天気予報によると今後雨は無さそうなので、やっと安近短の高原巡りが出来る。これまでの不満足な日々を撮り返そうとは思うのだが、いささか疲れが出たなあと苦笑した。そんな訳で、例年なら2日目に必ず行く鹿沢高原へ行った。まずはアサギマダラが多いポイントへ行ったが、「えっ」と愕く程個体数が少なかった。それでも撮影には充分の数は見られたのだから、さすが鹿沢高原である。

zaki-20150818-asagimadara.jpg
<アサギマダラ>

しかし、ゴイシシジミはたくさん発生した。また、キベリタテキも1頭確認したが、採集者が2組も現れたので、「撮影出来なくなるから遠慮して欲しい」と注意したが、ネットを広げたので本命ポイントへ転戦した。しかし、エルタテハが3頭いただけで、待てども他の蝶は現れなかった。去年以上に不作なのか、それとも雨続きであったから、これから発生して来るのかもしれない。そんな訳で、エルタテハ以外は各1頭観察しただけで、まこと貧果に終わった。

zaki-20150818-erutateha.jpg
<エルタテハ>

<今日出会った主なもの>花/コウリンカ、ヤナギラン、ヤマオダマキ、サワヒヨドリ、ノハラアザミ、ワレモコウ、アレチマツヨイグサ、シシウド等。蝶/アサギマダラ、キベリタテハ、エルタテハ、クジャクチョウ、ヒオドシチョウ、シータテハ、ミドリヒョウモン、ヒメキマダラヒカゲ、ゴイシシジミ、オオチャバネセセリ等。昆虫/アキアカネ等。
posted by 花虫とおる at 10:00| Comment(0) | 群馬県

2015年08月17日

長野県上田市信州国際音楽村周辺(午後)

ラジオのニュースによると、関東地方は大荒れのようである。また、長野市や美ヶ原や湯の丸高原方面も黒い雲で覆われていて、雨が降っているようである。しかし、何故だか上田市上空だけは明るいのだから不思議である。地元の方によると、雨が少ないから野菜の栽培には適していないと言うが、私にとっては嬉しい限りである。午後からは信州国際音楽村周辺を散策したが、雨の後だからか被写体は少なく、雑木林の樹液酒場も閑散としていた。そこでクロヒカゲをカメラに納めた後に、東御市の湯楽里館周辺の雑木林に寄ってみたが、かなり伐採されていたので散策せずに帰路に着いた。

zaki-20150816-kurohikage.jpg
<クロヒカゲ>

<今日出会った主なもの>花/キクイモ、アカツメクサ等。蝶/ルリタテハ、ジャノメチョウ、クロヒカゲ等。昆虫/カブトムシ、アキアカネ、ノシメトンボ等。
posted by 花虫とおる at 14:00| Comment(0) | 長野県

長野県上田市上田市民の森(午前)

今日も2日連続で嬬恋村は1日中雨となった。天気予報によると新潟県は曇りとの事なので、須坂市ならなんとかなるかもしれないと菅平経由で出発した。しかし、かなりの雨が降っていて、国道18号で上田市まで戻って来ると、またしても上田市民の森の上空が明るい。まったくガソリン代の浪費だったなあと行ってみると、ぱらぱら降っているだけだったので傘をさして散策を開始した。今日はツノアオカメムシを見つけようと頑張ったが見つからず、そこで、いつもの雑木林に戻ると雨が止んで、ルリタテハやキマダラモドキ等が現れた。

zaki-20150816-kabutomushi-osu.jpg
<カブトムシの雄>

<今日出会った主なもの>花/オオバギボウシ、キンミズヒキ、シラヤマギク等。蝶/ルリタテハ、キマダラモドキ、サトキマダラヒカゲ、ジャノメチョウ、クロヒカゲ等。昆虫/カブトムシ、ミヤマクワガタ、スジクワガタ、アキアカネ、ノシメトンボ、ミンミンゼミ等。
posted by 花虫とおる at 10:00| Comment(0) | 長野県

2015年08月16日

長野県上田市真田町古城緑地広場(午後)

昼食はラーメン屋に入ったが、ラーメンだけでは物足らないので半ライスも頼んだら、なんと800円となってしまった。まこと地方では知らない店に飛び込むと大変な事になる。上田地方は次第に青空が広がって暑い位になったが、湯の丸高原の方を見上げると黒い雲に覆われている。これでは行っても雨だろうと木陰で健康昼寝を貪り、真田町の古城緑地広場へ行った。古城緑地広場は真田信綱の墓がある信綱寺を中心とした緑地で、雑木林の尾根には遊歩道が巡っている。かつては黒門付近でムモンアカシジミやマイコアカネを撮影しているのだが、最近はかなりの不振が続いている。

zaki-20150816-otsunentonbo.jpg
<オツネントンボ>

まずは黒門付近を散策したが、お墓の傍らにナツズイセンが綺麗に咲いていたものの、ムモンアカシジミの姿は無かった。そこで田んぼの方に降りていったが、アキアカネとノシメトンボばかりで、広い農道に植栽されているムクゲをカメラに納めて黒門に戻った。そこから尾根筋の散策を続けたら、オツネントンボがオケラの葉に止まっていたので撮影した。その後、行けども探せども被写体は無く、仕方なしにシオカラトンボを撮ったが、これでは信州に来たのに余りにも寂しいと、農道脇の木陰の葉上を丹念に探し回ったら、横浜では見たことの無いヨツモンカメムシを見つけてほっとした。

zaki-20150816-yotsuboshikamemushi.jpg
<ヨツボシカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/ナツズイセン、ハエドクソウ、ツリガネニンジン、クサノオウ、ヘクソカズラ、ムクゲ等。蝶/ジャノメチョウ、ヒメウラナミジャノメ等。昆虫/アカハナカミキリ、ミンミンゼミ、アブラゼミ、ヨツボシカメムシ、トゲカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、オニヤンマ、シオカラトンボ、ノシメトンボ、アキアカネ、オツネントンボ等。その他/アマガエル等。
posted by 花虫とおる at 14:00| Comment(0) | 長野県

長野県上田市上田市民の森(午前)

朝起きて外を見ると、また雨が降っている。昨晩の天気予報と違うではないかと愚痴っても仕方が無い。そこで、ラジオで今日の天気予報を聴くと、甲信越は晴れとの事であったので、迷わず鳥居峠を越える事にした。鳥居峠が近づくと空は明るくなって雨は止んだ。そこで、前回とても面白かった上田市民の森へ行く事にした。今日で嬬恋村に来て5日目になるというのに、安近短の鹿沢高原や湯の丸高原に行けないのだから溜息が出る。やはりこの時期の高原合宿道端自然観察会は難しいなあと感じた。宿を予約しておかなければならないのだから、梅雨明けの天気が安定している時期が無難である。

zaki-20150816-kimadaramodoki.jpg
<キマダラモドキ>

上田市民の森へ到着すると前回と同じく時折雨がぱらついたが、雑木林に入ってしまえば気にならない。今日は日曜日だから捕虫網を持った親子連れが見られたので、クワガタ類は絶望的だが、樹液酒場にやって来る蝶には興味が無いので心配ない。前回に比べると蝶の姿は多く、特にルリタテハがたくさん見られた。また、期待したキマダラモドキも撮影する事が出来て嬉しくなった。また、散策終了間際にスミナガシも飛来したが、残念な事に破損個体であった。蝶以外では、相変わらずノシメトンボが多く、美麗なツノアオカメムシを1匹見つけたのだが、絵になる場所には止まっていなかった。

zaki-20150816-satokimadarahikage.jpg
<サトキマダラヒカゲ>

<今日出会った主なもの>花/シラヤマギク、ノハラアザミ、オオバギボウシ、ユウスゲ、コオニユリ、ハエドクソウ、キンミズヒキ、カワラナデシコ、ツリガネニンジン等。蝶/オナガアゲハ、スミナガシ、ルリタテハ、ホシミスジ、キチョウ、キマダラモドキ、サトキマダラヒカゲ、ジャノメチョウ、クロヒカゲ等。昆虫/キマワリ、ヨツボシオオキスイ、スジクワガタ、ミンミンゼミ、ツノアオカメムシ、アキアカネ、ノシメトンボ、オニベニシタバ等。
posted by 花虫とおる at 10:00| Comment(0) | 長野県

2015年08月15日

群馬県高崎市倉渕村わらび平森林公園(午後)

昼飯は、今年もお約束の元北軽井沢駅前の「ますや」にて750円のモツ煮定食を食べた。自宅から嬬恋村に来る途中、上信越道甘楽PAでモツ煮定食を食べたばかりであったが、「ますや」のものも負けず劣らず美味しいのである。甘楽PAのものはやや辛目だが、「ますや」のものは極々普通である。まこと上州はモツ煮の本場のようで、両方ともモツがとても柔らかく、ぷりんぷりん系が苦手であるのに、上州のモツ煮のコンニャクはまこと美味しい。その後、不意の雨が心配だから今日もまた健康昼寝は割愛して、「わらび平森林公園」を目指し、かなりきついカーブと急坂が続く林道をゆっくり下りて行った。

zaki-20150815-fushigurosenno.jpg
<フシグロセンノウ>

真っ直ぐで広い道に出て、やれやれと思う間も無く、すぐに左折して3キロの急な林道を上がった。わらび平森林公園はかなりの辺境の地にあるのだ。まずは登山道を少し登って大好きなフシグロセンノウをカメラに納めた。次は、もちろんレンゲショウマですねと尾根を目指し、登山道からほんの少し離れた急斜面に、今年もまたレンゲショウマを見つけて嬉しくなった。足場が悪くて爺ちゃん向きではないが、なんとかカメラに納めてほっとした。その後、引き返して花以外のものを探したが、伐採丸太にキマワリがいたくらいで、早く帰って洗濯をしようと、親子連れで賑わう、わらび平森林公園を後にした。

zaki-20150815-rengeshoma.jpg
<レンゲショウマ>

<今日出会った主なもの>花/モミジガサ、フシグロセンノウ、レンゲショウマ、アカバナ、キツリフネ、クルマバナ、ノハラアザミ、ウド、シシウド等。蝶/スジグロシロチョウ、キチョウ等。昆虫/キマワリ、アキアカネ等。
posted by 花虫とおる at 14:00| Comment(0) | 群馬県

群馬県吾妻郡長野原町浅間牧場(午前)

去年もそうだったが、嬬恋村に来て昨日一昨日と2日連続で天気が悪かった。それでも、なんとか散策だけは出来たのだから、ラッキーと言わねばなるまい。今朝起きて外を見ると久しぶりの青空が広がって嬉しくなった。そこで、去年とても多くの昆虫がいて面白かった浅間牧場へ行った。いつものように「丘を越えての碑」の辺りまで登り、雄大な浅間山を振り返ったが、頂上付近から白い雲が立ち上っていて、今日も不意な雨に見舞われるかもしれないと眉をしかめた。遊歩道脇の林の下には、例年通り真っ赤なトチバニンジンの実が観察出来たものの、その他の被写体は見られなかった。

zaki-20150815-aokuchibutokamemushi.jpg
<アオクチブトカメムシ>

浅間牧場手前の刈り残してある草原には、今年もカセンソウ、グンナイフウロ、コオニユリ等が咲いていた。しかし、浅間牧場の昆虫横丁ともいえる広い道の両脇は草刈が入っていて驚いた。今まで何辺も来ているが初めての事である。それでも、いくらか残っているウドやイタドリの葉上を注意して下りて行ったら、昆虫では、アカハナカミキリ、ヨツスジハナカミキリ、ヒメシロコブゾウムシ、トゲカメムシ、アオクチブトカメムシ、ジュウジナガカメムシの幼虫等が見られた。蝶では、カラスアゲハ、アサギマダラ、ミドリヒョウモンが飛来し、天気が悪い日が続いたから、やっと見られたと嬉しくなった。

zaki-20150815-togekamemushi.jpg
<トゲカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/ハンゴンソウ、コオニユリ、ノハラアザミ、ツリガネニンジン、マツムシソウ、カセンソウ、グンナイフウロ、キツリフネ、ツリフネソウ、クサレダマ、ダイコンソウ、オミナエシ、キオン、ゲンノショウコ、ワレモコウ、キンミズヒキ、シシウド、ウド等。蝶/カラスアゲハ、アサギマダラ、ミドリヒョウモン等。昆虫/アカハナカミキリ、ヨツスジハナカミキリ、マメコガネ、ヒメシロコブゾウムシ、トゲカメムシ、アオクチブトカメムシ、ジュウジナガカメムシの幼虫、アキアカネ、イカリモンガ、キモンガ等。その他/トチバニンジンの実等。
posted by 花虫とおる at 10:00| Comment(0) | 群馬県

2015年08月14日

群馬県吾妻郡嬬恋村たまだれの滝(午後)

昼食は鹿沢温泉入り口にある散策仲間ご推奨の「けんちゃん食堂」へ行って「けんちゃんラーメン」の中辛を食べた。さすが野菜の産地だけあって、野菜たっぷりの味噌ラーメンであった。その後、いつ雨が降って来てもおかしくないので健康昼寝は割愛し、地蔵峠付近は天気が悪そうなので、標高の低い鹿沢高原休暇村へ寄った。しかし、なんとなく散策する気が起きなくて、ほんの少し上った「たまだれの滝」の駐車場に車を停めて散策を開始した。まずは渓流沿いだからかツリフネソウが咲いていたのでレンズを向け、数回シャツターを切ったら、なんとなんと本降りの雨となってしまった。

zaki-20150814-kurumabana.jpg
<クルマバナ>

ほうほうの体で車に戻った事は言うまでも無いが、かなりの量の雨でしばらく止みそうも無い。そこで何処か雨が降っていない所はないかなと、朝同様に車を走らせたが、結局、ガソリンの無駄遣いとなって、雨が止んだので1時間後に舞い戻って来た。今度は再び雨が降って来そうも無いので、鹿沢高原キャンプ場まで往復したが、花は、クルマバナ、ヤナギラン、アサマフウロ等が見られものの、昆虫はイタドリハムシばかりであったが、最後にクヌギカメムシを見つけてほっとした。帰り際に、せっかく来たのだから滝を見ておこうと覗いたら、数本のヤマトリカブトが咲いていて嬉しくなった。

zaki-20150814-kunugikamemushi.jpg
<クヌギカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/ヤマトリカブト、クルマバナ、ヤナギラン、アサマフウロ、ヤマオダマキ、ワレモコウ、ツリフネソウ、キツリフネ、アキノキリンソウ、クサレダマ、キンミズヒキ、クサフジ、オオハンゴンソウ、ヤマハギ等。蝶/オオチャバネセセリ等。昆虫/イタドリハムシ、マメコガネ、オオヘリカメムシ、クヌギカメムシ、アキアカネ等。
posted by 花虫とおる at 14:00| Comment(0) | 群馬県

群馬県吾妻郡嬬恋村バラギ湖(午前)

今日こそ良い天気になるぞと期待したが、夜から降り出した雨は朝には止んだものの、周囲の山々の中腹以上は黒い雲に覆われている。これでは鹿沢高原やバラギ湖へ行っても散策出来ないと、またしても鳥居峠を越えてみたが、信州側もかなりの雨が降っていた。そこで天気予報「群馬県北部は曇り」を信じて戻って来た。まことかなりの時間とガソリンの無駄遣いであった。嬬恋村は相変わらず厚い雲に覆われていたが、バラギ湖上空は比較的明るかったので行ってみた。有難い事に雨は降っていなかったので、湖畔の遊歩道の散策を開始したが、なんと30分程すると小雨がぱらついて来た。

zaki-20150814-oohangonso.jpg
<オオハンゴンソウ>

もちろん車に戻ったが、しばらくすると雨が止んだので、いつ雨が降って来ても逃げられる「湖畔の湯」の入り口に車を停めて散策を再開した。こんな天気だから、なんでもカメラに納めなければと、まずはワレモコウに止まるアキアカネを撮り、次にオミナエシで吸蜜するベニシジミを確保し、毎年お馴染みの外来種であるが大好きなオオハンゴンソウをカメラに納めた。その後、時折ほんの少しだが青空見え始めたので湖畔まで往復したが、オオチャバネセセリ、アカハナカミキリ、クビアカジョウカイ、トゲカメムシ等が見られた。そんな訳で、散策した時間は少なかったが、なんとか格好がついた。

zaki-20150814-akiakane.jpg
<アキアカネ>

<今日出会った主なもの>花/オトギリソウ、コオニユリ、オミナエシ、ワレモコウ、キキョウ、フシグロセンノウ、クサレダマ、ノハラアザミ、ウツボグサ、ツリガネニンジン、マツムシソウ、キンミズヒキ、ウド、オオハンゴンソウ等。蝶/ジャノメチョウ、ベニシジミ、オオチャバネセセリ等。昆虫/アカハナカミキリ、クビアカジョウカイ、トゲカメムシ、アキアカネ、ノシメトンボ等。
posted by 花虫とおる at 10:00| Comment(0) | 群馬県

2015年08月13日

長野県上田市信州国際音楽村周辺(午後)

昼食は、一昨年からお世話になっている国道18号線沿いの「松屋」へ寄って、カルビ焼き肉定食を食べ、信州国際音楽村へ行き駐車場で健康昼寝を貪った。天候は時折ほんの少し雨がぱらつく程度で、まずは墓場横の雑木林へ行った。樹液酒場はあったがノコギリクワガタとミヤマクワガタの雌が来ていて、目的のスミナガシ等の姿は無かった。また。林縁でオナガサナエとマイコアカネを見つけたが、足場が悪くて撮影は諦めた。次に神社前の農道に行ったが、ここでもオナガサナエを見つけたものの、絵になる場所に止まっていなくて、うろちょろしていたら何処かに飛び去ってしまった。

zaki-20150813-kikuimo.jpg
<キクイモ>

そこで本命の雑木林へ行ったが、奥の方が小面積だが伐採されていたものの、数は少ないが樹液酒場は開店していた。しかし、例年見られるオオムラサキの姿はまったく無く、やはり今年は山梨県と同様に不作のようである。その他はカブトムシがいた位で、アオカナブンは一匹しかいなかった。更に民家裏の雑木林に歩みを進めたが、コナラの幹にシロスジカミキリを見つけただけだった。そこで道路脇でキクイモを撮り、棒の先に止まるノシメトンボをカメラに納めた。今日はまことに貧果であったが、雨予報だったにもかかわらず、散策出来ただけでもラッキーと早々引き上げた。

zaki-20150813-noshimetonbo.jpg
<ノシメトンボ>

<今日出会った主なもの>花/キクイモ、アカツメクサ等。蝶/ジャノメチョウ、クロヒカゲ、サトキマダラヒカゲ等。昆虫/カブトムシ、アオカナブン、カナブン、ミヤマクワガタ、ノコギリクワガタ、シロスジカミキリ、マイコアカネ、アキアカネ、ノシメトンボ、オニヤンマ、オナガサナエ等。
posted by 花虫とおる at 14:00| Comment(0) | 長野県

長野県上田市上田市民の森(午前)

今日は天気予報通り朝から雨となった。こんな時は鳥居峠を越えて長野県側へ行くのがセオリーなのだが、天気予報によると長野県もぐずついた天気とのことであった。しかし、たとえ雨であっても、上田市ならネットカフェー等の時間をつぶせる場所があるし、昼食も色々なお店があるからと出発した。鳥居峠を越えてしばらく下っても相変わらず雨が降っていた。そこで、真田町の眺望の良い丘の上に行って辺りを見渡したら、上田市民の森と信州国際音楽村の上空が明るかったので、距離が近い上田市民の森へ行ってみた。すると雨はほとんど止んでいたので、ラッキーですねと散策を開始した。

zaki-20150813-noharaazami.jpg
<ノハラアザミ>

雑木林の中に入ると、ほんの少しぱらつく雨は梢で遮られて気にならないので嬉しくなった。樹液の状態は、たくさん出ている木こそ無かったが、それでも割れ目から滲み出る樹液酒場が数ヶ所はあって、まずはミヤマクワガタを見つけた。しかし、あまり良い所では無かったので、お尻を棒で突ついて移動させたら、怒って硬直してしまった。その他では、ルリタテハ、キマダラモドキ、サトキマダラヒカゲ、ジャノメチョウ、オニベニシタバ等が吸汁していたが、破損している個体であったり良い所に止まっていなかったりして、次回ですねと諦め、早くも咲き始めたノハラアザミを撮って引き返した。

zaki-20150813-janomecho.jpg
<ジャノメチョウ>

<今日出会った主なもの>花/ノハラアザミ、オオバギボウシ、ユウスゲ、コオニユリ、ハエドクソウ、キンミズヒキ、カワラナデシコ、ツリガネニンジン、シラヤマギク等。蝶/ルリタテハ、ホシミスジ、キチョウ、キマダラモドキ、サトキマダラヒカゲ、ジャノメチョウ、クロヒカゲ等。昆虫/ミヤマクワガタ、スジクワガタ、アキアカネ、ノシメトンボ、オニベニシタバ等。
posted by 花虫とおる at 10:00| Comment(0) | 長野県

2015年08月12日

群馬県吾妻郡嬬恋村プリンスランド

今日からいよいよ群馬県の嬬恋村にて10日間の夏休みに入る。いつもより30分早く起きて午前8時30分に自宅を出発した。圏央道経由というルートもあったのだが、高速道路料金が高くつくので、環8経由で関越自動車道に乗る事にした。心配した環8の渋滞はまあまあで、午前10時に関越自動車道に乗れたものの、所沢から嵐山小川まで渋滞となって眉をしかめた。しかし、全く止まるという事はほとんど無く、なんとか甘楽PAに2時間ちょいで到着出来、とっても美味しいモツ煮込み定食を食べる事が出来た。そこから先は嬬恋村までスムーズで、この時期として「良い方かな」といった按配で到着出来た。

zaki-20150812-tsuribana-mi.jpg
<ツリバナの実>

荷物を車から降ろすと、例年通りプリンスランドの軽井沢高原教会周辺を散策した。期待したキノコはほとんど無く、しからば花を撮ろうと探したが、絵になるように咲いていなかったので、まだ弾けてはいないがツリバナの実をカメラに納めた。お次は、去年出会ったムモンアカシジミを期待したが見つからず、それでは昆虫ですねとターゲットを変えたが、セマダラコガネとコガシラアワフキはいたものの、ここならではの昆虫はなかなか見つからなかった。しかし、そろそろ散策を終了しようと車に戻る途中、高原のウドの葉に見られる美しいベニモンツノカメムシやテングアワフキを見つけてほっとした。

zaki-20150812-benimontsunokamemushi.jpg
<ベニモンツノカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/キツリフネ、キオン、ツリガネニンジン、ゲンノショウコ、ワレモコウ、ウド、ヌスビトハギ、マルバハギ等。昆虫/セマダラコガネ、ベニモンツノカメムシ、コガシラアワフキ、テングアワフキ、アシナガキンバイ等。キノコ/ツチカブリ、イロガワリ、コオニイグチ、ニッケイタケ等。その他/ツリバナの実、ウワミズザクラの実等。
posted by 花虫とおる at 00:00| Comment(0) | 群馬県

2015年08月11日

横浜市緑区北八朔公園

いよいよ近場の散策では暑さの為に被写体はかなり少なくなった。元気なのはセミとトンボ位である。そこで明日から10日間、群馬県嬬恋村にて夏休みを過ごす事にしたが、だからと言ってたくさんの昆虫達に出会える訳では無い。やはり日向ではほとんど見られず、木蔭昆虫観察がメインとなる。しかし、お盆を過ぎるとアサギマダラはもちろん、キベリタテハ、エルタテハ、シータテハ、クジャクチョウ等の高原の綺麗どころの蝶が現れるので楽しくなる。

zaki-20150811-daikonso.jpg
<ダイコンソウ>

そんな訳で、今日で地元散策とはしばしお別れとなるので、一番成果が上がりそうな北八朔公園へ行った。公園内に入るとクマゼミがかなり鳴いていたが、高い所の小枝に止まっているようで発見出来なかった。まだ左程観察した訳では無いが、クマゼミはアブラゼミやミンミンゼミと異なって、幹の太い部分に止まるのが好きでないのかもしれない。そんな訳で昆虫横丁へ歩みを進めたが、今日は風向きからか下草の葉は少し揺れていて眉をしかめた。

zaki-20150811-mengatakasumikamemushi.jpg
<メンガタカスミカメムシ>

それでも何処かへ転戦する気は起きずに観察を続けたが、今日はメンガタカスミカメムシがたくさんいた。メンガタとは「面形」で、前胸背の2つの紋が目に思え、確かにお面に見える。その他は、多くのハムシ類は姿を消しているが、何故だかヤマイモハムシだけは元気であった。その後、公園内に降りて行ったが、目的のオニヤンマは見られず木蔭にコノシメトンボが涼んでいた。また、ダイコンソウが綺麗に咲いていたのでカメラに納めて引き返した。

zaki-20150811-kusagikamemushi-yochyu.jpg
<クサギカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ダイコンソウ、ヘクソカズラ、ママコノシリヌグイ、クサギ等。蝶/クロアゲハ、カラスアゲハ、アカボシゴマダラ、ツマグロヒョウモン、ヒメアカタテハ、ウラギンシジミ等。昆虫/ココフキゾウムシ、ヤマイモハムシ、クマゼミ、アブラゼミ、ホシハラビロヘリカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、クサギカメムシの幼虫、メンガタカスミカメムシ、ベッコウハゴロモ、アオバハゴロモ、コノシメトンボ、ナツアカネ、オオシオカラトンボ、シオカラトンボ、コシアキトンボ、ショウジョウトンボ、ショウリョウバッタ、オンブバッタ等。
posted by 花虫とおる at 16:30| Comment(0) | 緑  区

2015年08月10日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

今朝起きて外を見ると道路が濡れていた。しかし、雨量は少なく良いお湿りとは言い難いが、なんだかほっとした気分になった。明後日12日から毎年恒例の嬬恋村での夏休みに入るので、「極旨ラーメン」から「あっさりラーメン」に変わって、ちょいと私好みでは無くなったが、昼食は幸楽苑のラーメンを食べておくことにした。そこで散策先は島忠ホームズ町田店に近い寺家ふるさと村となった。嬬恋村では「けんちゃん食堂」のラーメンに期待しているのだが、果たしてどうだろうか。

zaki-20150810-tsukutsukuboshi.jpg
<ツクツクボウシ>

まずはバス道路を少し上ってから鴨志田公園へ行ったが、新鮮なムラサキツバメを見つけたものの、待てども待てども開翅してくれなかった。そこで細いエゴノキに止まるツクツクボウシを撮った。すると空がにわかに暗くなって雨が降って来た。そこで仕方なくトイレに逃げ込んだ。幸いにも30分程で雨が止んだので、尾根上の樹液酒場や昆虫横丁を覗いたが、雨上がり直後の為か被写体はほとんど無く、畑に挿してある棒に止まるアオメアブをカメラに納めて終了となった。

zaki-20150810-aomeabu.jpg
<アオメアブ>

<今日出会った主なもの>花/ミズタマソウ、ユウガギク、クサギ等。蝶/サトキマダラヒカゲ、ベニシジミ、ムラサキツバメ等。昆虫/トラフカミキリ、マメコガネ、ミンミンゼミ、アブラゼミ、ニイニイゼミ、ツクツクボウシ、シオカラトンボ、アオメアブ等。
posted by 花虫とおる at 18:33| Comment(0) | 青葉区

2015年08月09日

横浜市都筑区都筑中央公園

今日は日曜日なので、近くの土建屋さんの従業員の駐車場と化してしまって路傍はがらがらだろう。そこで、久しぶりに都筑中央公園へ行ってみることにした。まずは、柿の木広場に寄り道したが、昨日と同様、木蔭でコノシメトンボが涼んでいた。また、ハサミツノカメムシの雄を見つけて嬉しくなった。このところ各所で観察しているのだが、撮れずにいたので慎重に近づいて撮影した。いつもミズキの木の下に見られるので図鑑を開いて見ると、ミズキの実が大好物の様である。

zaki-20150809-satokimadarahikage.jpg
<サトキマダラヒカゲ>

次に心行寺横丁へも寄り道したが、細い幹の木々がたくさん生えていて、ここにセミが止まってくれたら絵になるのにと思ったが、アブラゼミばかりで苦笑した。そこで都筑中央公園の「ばじょうじ谷戸」へ行って一回りしたが、これといったものは見られず、ちょいとバックして手前の階段から尾根に上がると、シラカシ亭が開店していて、カブトムシやカナブンが吸汁していた。更に進むと、サトキマダラヒカゲが細い幹に止まって休息していたので、スローシンクロにてカメラに納めた。

zaki-20150809-kumazemi.jpg
<クマゼミ>

その後、尾根を歩いて宮谷戸の大池へ降り杉山神社下へ歩いて行くと、見覚えのあるお仲間がカメラを構えている。なんとなんとNOトウモロコシさん達であった。何を撮っているんですかと聞くと、クマゼミだと言う。そこでお仲間に入れて貰ったが、ここが横浜市都筑区なのと疑う程、シャーシャーシャーとたくさん鳴いていた。ナガサキアゲハも、チョウトンボも見られるようになったのだから、クマゼミが多くいても不思議ではない。しかし、何故かここ一ヶ所だけであった。

zaki-20150809-hasamitsunokamemushi.jpg
<ハサミツノカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/ハエドクソウ、アカツメクサ等。蝶/アカボシゴマダラ、サトキマダラヒカゲ等。昆虫/カブトムシ、カナブン、クロカナブン、クマゼミ、ミンミンゼミ、アブラゼミ、ニイニイゼミ、ツクツクボウシ、ヒグラシ、コノシメトンボ、ハサミツノカメムシ等。
posted by 花虫とおる at 18:56| Comment(0) | 都筑区

2015年08月08日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

今日は朝からいくらか涼しい。窓を開け空を見ると曇っている。これなら東京の猛暑日連続記録は8日で終わるだろう。そんな訳で、この時期としては散策日和なのだが、何処へ行っても貧果必至、それならば昨日の続きとばかりに茅ヶ崎公園へ行った。まずはキノコ横丁を覗いたが、地味なキノコが生えていただけだった。しかし、シラカシ亭が開店していて、クロカナブンが集まっていた。樹液酒場というとクヌギやコナラを思い出すが、緑道ではシラカシも要注意である。

zaki-20150808-konoshimetonbo.jpg
<コノシメトンボ>

次に昆虫の谷へ寄ったが、木蔭にコノシメトンボが涼んでいて嬉しくなった。その後、土曜日だから開園している生態園へ行ったが、大勢の大学生が草刈りのボランティアにやって来ていた。また、煙草爺ちゃんや植物博士等の常連さんも賑やかで、お話ししていては写真が撮れないと、大原みねみち公園へ足を伸ばした。今日の目的の一つであるツクツクボウシを撮るためであるが、細い木の幹には止まっていなかった。そこでミンミンゼミをカメラに納めて引き返した。

zaki-20150808-minminzemi.jpg
<ミンミンゼミ>

<今日出会った主なもの>花/キンミズヒキ、アカツメクサ等。蝶/アオスジアゲハ、アカボシゴマダラ、キチョウ等。昆虫/カナブン、クロカナブン、トウキョウヒメハンミョウ、ミンミンゼミ、アブラゼミ、ニイニイゼミ、ツクツクボウシ、コノシメトンボ、シオカラトンボ、コシアキトンボ等。
posted by 花虫とおる at 18:22| Comment(0) | 都筑区

2015年08月07日

横浜市都筑区大原みねみち公園

今日もまた雲一つ無い晴天で、気温がかなり上がりそうである。埼玉県や東京の多摩地方では雷雨が時々あったようだが、横浜地方には一滴の雨さえ降らない。そんな訳で、楽しませてくれた横浜動物の森公園等の樹液酒場は干上がってしまった。樹液に集まる昆虫はもちろん小さな甲虫達も姿が消えて、鳥枯れに続き虫枯れである。そんな中で唯一元気なのはセミ、カメムシ、ハゴロモ等の半翅目の昆虫達とトンボの仲間達である。こうなっては極暑で身が持たないし虫枯れだから、いよいよ嬬恋村に夏休みに行くしかない。

zaki-20150807-ninizemi.jpg
<ニイニイゼミ>

今日は何処へ行っても貧果必至なので、ツクツクボウシでも撮ろうと大原みねみち公園へ行った。しかし、良い場所に止まっているものがいなかったので、最も普通なニイニイゼミを撮った。ニイニイゼミを撮っていると、何故か隣のエノキの大木をノコギリクワガタの雌が上って行った。エノキとノコギリクワガタはミスマッチなんだけどなあと苦笑した。その後、例によって葛ヶ谷公園まで足を伸ばしたが、キバラヘリカメムシの幼虫やメンガタカスミカメムシ等が見つかり、やはり半翅目の昆虫は元気ですねーと微笑んだ。

zaki-20150807-kibaraherikamemushi.jpg
<キバラヘリカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/アカツメクサ等。蝶/アカボシゴマダラ、ムラサキシジミ等。昆虫/ノコギリクワガタ、カナブン、クロカナブン、トウキョウヒメハンミョウ、ミンミンゼミ、アブラゼミ、ニイニイゼミ、ツクツクボウシ、ホシハラビロヘリカメムシ、キバラヘリカメムシの幼虫、メンガタカスミカメムシ、ベッコハゴロモ、コシアキトンボ、シオカラトンボ、オオシオカラトンボ等。
posted by 花虫とおる at 17:17| Comment(0) | 都筑区

2015年08月06日

横浜市緑区北八朔公園

先だって散策したばかりだから、ちょいと早い気もしたが、もう少し良いクマゼミの写真が撮りたいと北八朔公園へ行った。そんな訳で公園入口すぐのケヤキの立木を見て回ったが、アブラゼミとミンミンゼミばかりでクマゼミの姿はなかった。そこで心臓破りの80段の階段を上って昆虫横丁へ行った。しかし、前回に比べると本当に昆虫の姿が少ない。マツヒョウタンカスミカメムシとかヨツスジヒメシンクイとかでさえ見られない。そこでまずはクサギカメムシの幼虫を撮った。

zaki-20150806-yotsusujitorakamikiri.jpg
<ヨツスジトラカミキリ>

その後、何遍も往復したが見られる昆虫は増えなかったが、東名港北PAで「スカッと爽やかコカコーラ」を飲んで戻って来たら、エゴヒゲナガゾウムシ、ヨツスジトラカミキリ、ムーアシロホシテントウ、ヤマイモハムシ、ツヤマルシラホシカメムシ、ハサミツノカメムシ等が現れて嬉しくなった。そこでブログアップの写真が確保出来たので、もう一度公園内に降りて行ってクマゼミやオニヤンマを探したが見つからず、炎熱燃ゆる歩道をとぼとぼと歩いて車に戻った。

zaki-20150806-muashirohoshitento.jpg
<ムーアシロホシテントウ>

<今日出会った主なもの>花/ダイコンソウ、ヘクソカズラ、ママコノシリヌグイ、ハエドクソウ、クサギ等。蝶/モンキアゲハ、カラスアゲハ、キアゲハ、アカボシゴマダラ、ヒメアカタテハ、モンシロチョウ等。昆虫/エゴヒゲナガゾウムシ、コフキゾウムシ、ヨツスジトラカミキリ、ムーアシロホシテントウ、オオニジュウヤホシテントウ、テントウムシ、キイロテントウ、ヤマイモハムシ、アブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシ、ツヤマルシラホシカメムシ、ハサミツノカメムシ、マルカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、クサギカメムシの幼虫、スケバハゴロモ、ベッコウハゴロモ、アオバハゴロモ、ギンヤンマ、オオシオカラトンボ、シオカラトンボ、コシアキトンボ、オンブバッタの幼虫、ササキリの幼虫等。
posted by 花虫とおる at 18:52| Comment(0) | 緑  区

2015年08月05日

横浜市港北区新吉田町

来週から足底筋膜炎のリハビリに通っているクリニックが夏休みに入るので、薬を貰っておかないと困る事になる。そこで今日は午後からは通院ですねと、至近距離の新吉田町へ行った。空は抜けるような雲一つ無い青空で、東京は新記録の6日連続の猛暑日となりそうである。いくら散策に慣れているとはいえ、寄る年波には抗せず、熱中症が心配である。そこで、最近は木蔭オンリーの道端自然観察となっているが、昆虫達も草むらにでも潜り込んでいるのだろう貧果続きである。

zaki-20150805-akahanenagaunka.jpg
<アカハネナガウンカ>

今日は最近成果が上がっているローソン前の家庭菜園のある谷へ直行した。まずは保険としてアシナガキンバエをカメラに納めた。その後、ルリモンハナバチ、ハサミツノカメムシ、ヨツスジトラカミキリ等が見つかったが、逃げられたり絵になる場所に止まっていなかったりして、結局は前回と同じアカハネナガウンカを撮影した。気温は益々上昇して、日向に出ると頭がくらくらしそうである。私ですらこんな状態なのだから、今の時期の道端自然観察はお勧めで出来ない。

zaki-20150805-ashinagakinbae.jpg
<アシナガキンバエ>

<今日出会った主なもの>花/ツユクサ、アカバナユウゲショウ、ヘクソカズラ、ヤブカラシ等。蝶/キアゲハ、アカボシゴマダラ、ウラギンシジミ等。昆虫/ヨツスジトラカミキリ、オジロアシナガゾウムシ、クロウリハムシ、トウキョウヒメハンミヨウ、ハサミツノカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、チャバネアオカメムシの幼虫、アカハネナガウンカ、ベッコウハゴロモ、アミガサハゴロモ、アオバハゴロモ、アシナガキンバエ、シオヤアブ、アオメアブ、ルリモンハナバチ、シオカラトンボ等。
posted by 花虫とおる at 16:17| Comment(0) | 港北区

2015年08月04日

東京都町田市(仮称)オオムラサキの丘(午後)

昼食は、もちろん島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑へ行ったが、極旨ラーメンがなくなって、あっさりラーメンに変わり、普通クラスの美味さとなってしまった。夏だから「あっさり」なのかもしれないので、極旨ラーメンの復活を願いたい。健康昼寝は三輪町の竹林脇の日陰でとったが、風が良く通って、まこと快適であった。そこで、ここまで来たのだからと町田市の(仮称)オオムラサキの丘へ行ってみた。もちろん目的は先だってと同じスミナガシである。

zaki-20150804-oomurasaki-mesu.jpg
<オオムラサキの雌>

しかし、樹液酒場には蝶の姿はまったくなく、ここでもクロカナブンとカナブンが群れていた。そこで、君達がいたら蝶が来れないのよねーと棒で追い払い、付近を一回りして戻って来ると、まずはアカホボシゴマダラ、サトキマダラヒカゲ、クロヒカゲの順にやって来た。昆虫ではスジクワガタのちびちゃんも現れたが、目的のスミナガシはやって来ない。しかし、帰宅時間間際に比較的破損の少ないオオムラサキの雌がやって来たので、バックを選んで撮影した。

zaki-20150804-kurohikage.jpg
<クロヒカゲ>

<今日出会った主なもの>蝶/オオムラサキ、アカボシゴマダラ、クロヒカゲ、サトキマダラヒカゲ等。昆虫/スジクワガタ、クロカナブン、カナブン、ヤブキリ等。
posted by 花虫とおる at 19:23| Comment(0) | 町田市

神奈川県川崎市麻生区早野の里(午前)

最近、寺家ふるさと村が不調ならしく、カード爺ちゃんが早野の里へも行くようになったと聞いたので、そうかなあとの疑問符を抱きつつも、車を木陰に停められるからと行ってみた。霊園や農耕地へ下る途中の昆虫横丁はさっぱりで、ハンノキ林に期待したが樹液酒場はカナブンばかりだった。また、伐採丸太にはタマムシが1匹、ゴマフカミキリが2匹いただけで、まことに貧果であったが、最後の最後、オオブタクサに佃煮にするようにスケバハゴロモがいて嬉しくなった。

zaki-20150804-sukebahagoromo.jpg
<スケバハゴロモ>

<今日出会った主なもの>花/ノカンゾウ、ダイコンソウ、ツユクサ、ヘクソカズラ、イモカタバミ等。蝶/スジグロシロチョウ、ムラサキシジミ等。昆虫/タマムシ、ゴマフカミキリ、クロカナブン、カナブン、スケバハゴロモ、ベッコウハゴロモ、ササキリの幼虫等。
posted by 花虫とおる at 19:21| Comment(0) | 川崎市

2015年08月03日

横浜市緑区横浜動物の森公園(午後)

このところ秘密の日陰の健康昼寝は、暑くて暑くて不健康昼寝となっている。そこで、クリエイトで「かき氷」を買って内部から冷やし、横浜動物の森公園へ行った。そろそろルリタテハとかアカタテハとかが現れるのではと期待したのだが、ぽろぽろのアカボシゴマダラとジャノメチョウが各1頭見られただけであった。横浜地方はしばらく雨が降らないから日照り状況で、樹液酒場のお酒も枯れ気味である。それでも、シラカシ亭にノコギリクワガタのペアがいたのでカメラに納めた。

zaki-20150803-nokogirikuwagata.jpg
<ノコギリクワガタ>

<今日出会った主なもの>蝶/アカボシゴマダラ、コミスジ、ジャノメチョウ等。昆虫/ノコギリクワガタ等。
posted by 花虫とおる at 19:04| Comment(0) | 緑  区