2015年08月03日

横浜市緑区北八朔公園(午前)

猛暑日がずっと続いて、かなり疲れが出ているが、今日は北八朔公園へ行った。もちろん木陰の昆虫横丁へ直行したのだが、観察出来た昆虫はまことに少なく、ヤマイモハムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、マツヒョウタンカスミカメムシ、チャバネアオカメムシの幼虫、ナツアカネ、カノコガ、ヨツスジヒメシンクイ等が見られた位であった。そこで時間が経てばと何遍も往復したが芳しくなく、東名港北PAへ行ってコカコーラを飲み干してから公園内へ下って行った。

zaki-20150803-himeakatateha.jpg
<ヒメアカタテハ>

まずはオオブタクサが繁茂しているのでスケバハゴロモを探したが見られず、樹液酒場も開園していなかった。そこで、とぼとぼと引きあげて来ると、ケヤキの梢で「シャーシャーシャー」とクマゼミの鳴き声がする。そこで見上げてみると、近場では初見となる雄がいて嬉しくなった。更に、花壇のキバナコスモスにヒメアカタテハが吸蜜していて、ばんばんシャッターを切った。以上、そんな訳で、貧果だった筈なのに、あっという間にカメラの中は賑やかになった。

zaki-20150803-kumazemi.jpg
<クマゼミの雄>

<今日出会った主なもの>花/ダイコンソウ、ヘクソカズラ、ママコノシリヌグイ、ハエドクソウ、クサギ等。蝶/アカボシゴマダラ、ヒメアカタテハ、チャバネセセリ等。昆虫/ヤマイモハムシ、クマゼミ、アブラゼミ、マツヒョウタンカスミカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、ベッコウハゴロモ、アオバハゴロモ、オニヤンマ、ナツアカネ、シオカラトンボ、カノコガ、ヨツスジヒメシンクイ等。
posted by 花虫とおる at 18:55| Comment(0) | 緑  区

2015年08月02日

横浜市都筑区葛ヶ谷公園

今日は、先だって少年達に教えて貰った樹液酒場が気になって葛ヶ谷公園へ行った。車を何処に停めようかなあと思ったが、横浜家本店裏の農道はかんかん照りだから、ちょいと遠くなるが平台の木陰に停めた。そこで、まずは大原みねみち公園へ行ったが、今年は少ないのかなあと思っていたミンミンゼミがたくさんいた。しかし、敏感なセミだから良い場所に止まっていたものは逃げられてしまった。また、早くもツクツクボウシが鳴いていて、季節は順調に推移しているようである。

zaki-20150802-minminzemi.jpg
<ミンミンゼミ>

大原みねみち公園でも樹液酒場を覗いたが、撮影が困難なかなり高い所にカブトムシとゴマダラチョウが仲良く樹液を吸っていた。その後、葛ヶ谷公園へ向ったが、日曜日だというのに暑い為かジョギングしている方にはすれ違わなかった。目的の樹液酒場へ直行すると、アカボシゴマダラ、クロカナブン、カナブンがいたが、待てども待てどもゴマダラチョウやコムラサキはやって来なかったので、木蔭の昆虫横丁へ行ってトウキョウヒメハンミョウをカメラに納めた。

zaki-20150802-tokyohimehanmyo.jpg
<トウキョウヒメハンミョウ>

<今日出会った主なもの>花/アカツメクサ等。蝶/ゴマダラチョウ、アカボシゴマダラ、ムラサキツバメ、ムラサキシジミ等。昆虫/カブトムシ、カナブン、クロカナブン、トウキョウヒメハンミョウ、ミンミンゼミ、アブラゼミ、ニイニイゼミ、ツクツクボウシ、アミガサハゴロモ、ショウジョウトンボ、コシアキトンボ、シオカラトンボ、オオシオカラトンボ等。
posted by 花虫とおる at 18:54| Comment(0) | 都筑区

2015年08月01日

東京都町田市(仮称)オオムラサキの丘(午後)

午後からは、オオムラサキはぼろぼろだろうが、スミナガシがいればまだ新鮮かもと、本当に久しぶりに町田市の(仮称)オオムラサキの丘へ行った。第1のポイントは2ヶ所の樹液酒場があったものの出は悪く、カブトムシとカナブンしかいなかった。そこで第2のポイントへ転戦したが、ここは樹液の出が良好で、なんとなんとぼろぼろだがオオムラサキの雄が2頭もいた。しかし、目的のスミナガシは飛来せず、サトキマダラヒカゲが吸汁していたのでカメラに納めて引き返した。

zaki-20150801-satokimadarahikage.jpg
<サトキマダラヒカゲ>

<今日出会った主なもの>蝶/オオムラサキ、アカボシゴマダラ、ジャノメチョウ、クロヒカゲ、ヒカゲチョウ、サトキマダラヒカゲ等。昆虫/カブトムシ、クロカナブン、カナブン等。
posted by 花虫とおる at 20:06| Comment(0) | 町田市

横浜市緑区横浜動物の森公園(午前)

ここ数日、健康昼寝の後は暑くて仕方が無いので横浜動物の森公園の樹液酒場へ顔を出していたが、飛び古したゴマダラチョウが一回吸汁していたが、アカボシゴマダラさえも吸汁に訪れなくなった。コナラ亭の樹液は枯れたが、クヌギ亭、シラカシ亭はまだにじみ出ている。また、アカボシゴマダラは数多く梢を旋回しているのに樹液には来ない。おかしいなあ暑くなったので西日が当たる午後には吸汁しないのだろうかと考え、しからば今日は午前中行って見ようという事になった。

zaki-20150801-hekusokazura.jpg
<ヘクソカズラ>

そんな訳で樹液酒場に直行したが、カブトムシはいたものの、吸汁に訪れている蝶はいなかった。ことによったら、もっと涼しい内に食事をしているのかもしれにない。まこと不思議で首を傾げたが、何か撮影しなければブログアップ出来ないと、まずはヘクソカズラをカメラに納め、次に、ススキの原っぱでオオトリノフンダマシを見つけた。その他の被写体はとても少なく、帰り際にやっとアカボシゴマダラとルリタテハが各1頭吸汁に訪れていて、ますます謎は深まった。

zaki-20150801-ootorinofundamashi.jpg
<オオトリノフンダマシ>

<今日出会った主なもの>花/ミズタマソウ、ダイコンソウ、ヘクソカズラ、ヤブカラシ、ツユクサ、ハエドクソウ、フジカンゾウ等。蝶/モンキアゲハ、アカボシゴマダラ、ルリタテハ、コミスジ、イチモンジチョウ、ジャノメチョウ等。昆虫/カブトムシ、ノコギリクワガタ、ホシハラビロヘリカメムシ、ベッコウハゴロモ、アミガサハゴロモ等。その他/オオトリノフンダマシ等。
posted by 花虫とおる at 19:55| Comment(0) | 緑  区