2015年08月20日

長野県上田市信州国際音楽村周辺(夕方)

昼食は900円とちょいとお高いが美味しい肉野菜炒め定食を食べ、毎度お馴染みの信州国際音楽村の駐車場にて健康昼寝を貪った。今日は甲子園の高校野球の決勝戦で、地元神奈川県の東海大相模と宮城県の仙台育英との対決である。もちろん地元に優勝して貰いたいのだが、100年におよぶ高校野球の歴史の中で、未だ優勝校が出ていない東北地方の仙台育英も応援したくなる。昼寝の前は東海大相模が2点を先取していたが、目覚めたら4点リードとなって、これなら東海大相模の圧勝かなと思っていたら、ツノアオカメムシをカメラに納め車に戻って来たら6対6の同点となっていた。

zaki-20150820-tsunoaokamemushi.jpg
<ツノアオカメムシ>

そこで、どうなるのだろうと気が気でなく、散策を中断してラジオに耳を傾けたが、結局、地元神奈川の東海大相模が勝ったので微笑んで散策を再開した。今日は神社前の農道をいつもより先まで行ってみたが、ケヤキの巨木が2本もある別の神社もあって驚いた。フクロウが営巣しそうな穴も開いていて、ことによったらと見回したが、もちろんフクロウやアオバズクの姿は無かった。それでも近くにあるエノキの大木の梢に、オオムラサキが旋回していたので嬉しくなった。今年の夏休みの初見となるのだから当然である。その他の昆虫は、オオブタクサにスケバハゴロモがいてにんまりした。

zaki-20150820-kusagikamemushi-yochyu.jpg
<クサギカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/キクイモ、マルバルコウソウ、クサフジ、クズ、アカツメクサ等。蝶/オオムラサキ、ヒメアカタテハ、ジャノメチョウ、ツバメシジミ等。昆虫/カブトムシ、キマワリ、クロウリハムシ、ツノアオカメムシ、クサギカメムシの幼虫、ベッコウハゴロモ、スケバハゴロモ、オニヤンマ、コオニヤンマ、アキアカネ、ノシメトンボ等。
posted by 花虫とおる at 16:00| Comment(0) | 長野県

長野県上田市上田市民の森(午後)

前述したバラギ湖では、短時間であったが各種の花を撮る事が出来てほっとした。しかし、予報より少し早く雨が降って来たので、ちょいと心残りでもあったが、時計を見るとまだ10時半である。そこで、鳥居峠を越えれば雨が止んでいる所がある筈と車を走らせたが、下れども下れども雨がぱらついていた。やはり上田市も同じような天気なのかなと思ったが、頼みの綱の上田市民の森へ近づくと、次第に上空が明るくなった。本当に今年は「神様仏様上田市民の森様」である。駐車場に到着すると、まだほんの少しぱらついていたが、雑木林の中に入るとすぐ止んで、空は明るくなり気温も高くなった。

zaki-20150820-kimadaramodoki.jpg
<キマダラモドキ>

時計を見ると11時を少し回っていたが、昼食を遅くすればなんとか撮影時間は確保出来るとほくそ笑んだ。樹液酒場は相変わらず賑やかで、ほんの少しくたびれているがキマダラモドキが吸汁していた。今まで数多くのキマダラモドキを撮影しているが、幹に止まって休んでいる個体ばかりで、樹液を吸っているのは初見である。キマダラモドキは私の様に気が弱くて、他の昆虫が吸汁していると仲間に入って行けない様である。その他、ルリタテハ、サトキマダラヒカゲ、ジャノメチョウ等がいて、お腹が空いたので引き上げようとしたら、またしてもやや破損したスミナガシがやって来た。

zaki-20150820-ruritateha.jpg
<ルリタテハ>

<今日出会った主なもの>花/オオバギボウシ、キンミズヒキ、シラヤマギク等。蝶/スミナガシ、ルリタテハ、キマダラモドキ、サトキマダラヒカゲ、ジャノメチョウ、クロヒカゲ等。昆虫/カブトムシ、スジクワガタ、アキアカネ、ノシメトンボ、ミンミンゼミ等。
posted by 花虫とおる at 14:00| Comment(0) | 長野県

群馬県吾妻郡嬬恋村バラギ湖(午前)

去年もそうだったが、今年もぐずついた天気に泣かされた。今日と明日は降らない筈と思っていたのに、天気予報によると曇り時々雨に変わった。自宅に居ればネットで天気予報を詳細に調べられるのだが、ラジオだけではそうはいかない。そこで自宅にメールして詳しい天気予報を送って貰っているが、午前中は曇りとの事だったのでバラギ湖へ行った。スマホを持っていれば便利だなあと思うのだが、夏休みの為にお高いスマホに変えるつもりない。バラギ湖へ到着すると少し暗いものの雨は降って無く、花や下草は乾いていたのでほっとした。

zaki-20150820-matsumushiso.jpg
<マツムシソウ>

そこでコオニユリを撮ろうと、キャンプ場付近を散策したが、やはりコオニユリは盛期が過ぎていた。そこで湖畔に沿った小道に歩みを進めると、キマダラモドキがいて嬉しくなった。また、アカゲラが木の幹をつつきモズも鳴いていた。バードウォッチングの本にバラギ湖が紹介されているのも頷ける。その後、車に戻って水分を補給し「湖畔の湯」まで行ったが、入り口広場で各種の花を撮り、お次は昆虫ですねと探したが、トゲカメムシがいた位であった。そこで他の場所も探してみようと歩き始めたら、雨がぱらぱら降って来て、やがて本降りとなった。

zaki-20150820-marubahagi.jpg
<マルバハギ>

<今日出会った主なもの>花/ヤナギラン、ノハラアザミ、キンミズヒキ、マツムシソウ、ツリガネニンジン、ワレモコウ、ヤマオダマキ、コオニユリ、オミナエシ、キキョウ、キツリフネ、ツリフネソウ、クサレダマ、オオハンゴンソウ、イケマ、シシウド、マルバハギ等。蝶/ウラギンヒョウモン、キマダラモドキ、キチョウ、イチモンシセセリ等。昆虫/イタドリハムシ、マメコガネ、トゲカメムシ、アキアカネ等。鳥/アオゲラ、モズ等。
posted by 花虫とおる at 10:00| Comment(0) | 群馬県