2015年08月24日

横浜市緑区北八朔公園

今日はとても涼しく、嬬恋村に舞い戻ったかのようであった。そこで、何処へ行こうかなあと考えたが、成果が一番上がる北八朔公園に行った。公園内に入ると昨日と同様にセミの鳴き声がうるさく、ひときわ騒がしいクマゼミの鳴き声もあちこちで聞こえた。例によって心臓破りの80段の階段を上って昆虫横丁へ行ったが、風がかなり弱くなったと思っていたのだが、北東風だから下草の葉はかなり揺れていた。南寄りの風にはすこぶる強いのになあと苦笑したが、お手上げですねと昆虫横丁は諦めて公園内に下りて行った。

zaki-20150824-yamatoshijimi.jpg
<ヤマトシジミ>

まずは、オオブタクサの葉上でセアカツノカメムシを見つけた。すぐ横にミズキがあったので、成程そうでしたかと微笑んだ。また、オオブタクサの花穂にヤマトシジミが交尾していたのでにんまりした。雄雌の両方の目にピントが合うように撮るのは結構難しい。最後にコナラの幹に丸くて薄いアルミ板がくっついているように思えたので、おかしいなあと思って行って見ると、観察仲間が何故か入院中に見つけたキマダラカメムシの幼虫であった。最近になって東京都で観察された、中国ないし台湾からの外来種との事である。

zaki-20150824-kimadarakamemushi-yochyu.jpg
<キマダラカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ダイコンソウ、ママコノシリヌグイ等。蝶/アオスジアゲハ、ルリタテハ、ツマグロヒョウモン、サトキマダラヒカゲ、ヒカゲチョウ、ムラサキシジミ、ヤマトシジミ、ツバメシジミ、イチモンジセセリ、キマダラセセリ等。昆虫/クマゼミ、アブラゼミ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシ、キマダラカメムシの幼虫、セアカツノカメムシ、チャバネアオカメムシ、ベッコウハゴロモ、アオバハゴロモ、オニヤンマ、コノシメトンボ、オオシオカラトンボ、シオカラトンボ、オンブバッタ等。
posted by 花虫とおる at 15:41| Comment(0) | 緑  区