2015年09月30日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。8月はお休みだったから、ほぼ2ヶ月ぶりで、参加する方が少ないのではと心配したが、常連の方はもとより懐かしいお仲間まで揃って嬉しくなった。また、天気は爽やかな秋晴れ、気温も低めの散策日和、風は最初はやや強かったが、すぐに治まった。まずは熊野池へ方面を散策したが、アキアカネやナツアカネが見られた。次に、アワブキの木を見に行ったが、目的のものは見られなかったものの、ほんの少し実がついていた。

zaki-20150930-tsurifuneso.jpg
<ツリフネソウ>

その後、昆虫横丁へ寄ったが、今の時期は貧果必至と危惧したものの、皆で歩けば怖くない、左程珍しいものは見られなかったが、ナカジロサビカミキリやタバゲササラゾウムシ等もいて驚いた。また、ヒメツノカメムシは今が発生期の様で、様々な色合いの個体が見られた。時計を見ると正午を回ったので四季の家に戻ったが、途中、カラスを捕獲して食べているオオタカの若鳥がいたらしく、生々しい場面をカメラに納めたラッキーな方も現れた。まこと白昼堂々の狩りである。

zaki-20150930-natsuakane.jpg
<ナツアカネ>

昼食は木陰に各自がシートを敷いて、楽しい会話をしながら弁当を食べた。もちろん食べ終わると散策を再開したが、昆虫横丁で早くもタイアザミに吸蜜するホシホウジャクがいて、歩みが止まってしまった。まこと秋ならではの風物詩である。その後、昆虫横丁だけでは片手落ちと蛇街道まで行ったが、オニヤンマが飛び、オオアオイトトンボも見られた。今日の目的であるアカトンボは個体数も種数も少なかったが、コノシメトンボ、マユタテアカネを追加する事が出来た。

zaki-20150930-himetsunokamemushi.jpg
<ヒメツノカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/ツリフネソウ、オオミゾソバ、ツルニンジン、ワレモコウ、ヒヨドリバナ、ゲンノショウコ、ヒメジソ、ユウガギク、タイアザミ、ノハラアザミ、ヤブマメ、アキノノゲシ、アメリカセンダングサ、ダイコンソウ等。蝶/モンキアゲハ、ミドリヒョウモン、メスグロヒョウモン、コミスジ、ヒメジャノメ、ヒカゲチョウ、キチョウ、オオチャバネセセリ、イチモンジセセリ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、タバゲササラゾウムシ、タデノクチブトサルゾウムシ、コブクチブトサルゾウムシ、トホシオサゾウムシ、クロウリハムシ、ナカジロサビカミキリ、エサキモンキツノカメムシ、チャバネアオカメムシ、ヒメツノカメムシ、ハリカメムシ、キバラヘリカメムシ、スケバハゴロモ、アオバハゴロモ、オニヤンマ、ナツアカネ、アキアカネ、マユタテアカネ、コノシメトンボ、オオアオイトトンボ、コバネイナゴ、ショウリョウバッタモドキ、オンブバッタ、ヒメクロホウジャク、ヨツボシホソバ、ホタルガ等。鳥/オオタカ、ハクセキレイ等。その他/アワブキの実、ヤマカガシ等。
posted by 花虫とおる at 19:31| Comment(0) | 青葉区

2015年09月29日

横浜市緑区(仮称)ノビタキの里(午後)

昼食は何処にしようかなあと思ったが、久しぶりにリンガーハットへ行ってみた。消費税アップ前は500円で食べられるランチがあったが、アップ後は700円オーバーのランチしか無くなったので足が遠のいていたのだ。しかし、牛丼屋さんも値上げして客足が減ったからと値下げに踏み切るらしいので、リンガーハットも変わっているかもと期待したが、結局、741円もの予算オーバーのものを食べるはめとなった。まあ、野菜が値上がっているから仕方ないかなと苦笑した。

zaki-20150929-mozu-osu.jpg
<モズの雄>

その後、今日も陽射したっぷりで気温も高いので、秘密の日陰へ行って健康昼寝を貪った。もうすぐ10月、日向に出て一休みする日も時間の問題やなと微笑んだ。その後、田んぼ巡りを開始したが、昨日の鶴見川の田んぼにはノビタキもモズも見られず、仕方なしに毎度お馴染みの(仮称)ノビタキの里へ行った。すると、本当に久しぶりの鳥撮りMさん等が集まっていたので、お仲間に入れて貰った。今日は鳥の出は絶好調で、ノビタキはもちろん、モズの雄もやって来た。

zaki-20150929-nobitaki-6.jpg
<ノビタキ>

<今日出会った主なもの>鳥/ノビタキ、チョウゲンボウ、モズ、ハクセキレイ、ムクドリ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 19:18| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区三保市民の森(午前)

エンジン付の草刈り機が安価で買えるようになり、何処でも草刈りが頻繁に入って、道端自然観察には困った事である。だからと言って草刈りがなされて無い場所ばかりでは飽きてしまうので、貧果必至だが三保市民の森へ行った。いつもの場所に車を停めたが、アキノノゲシやヒヨドリバナが咲いていた。旧道に降りて来ると、顔見知りの農家のおばさんがミョウガを採っていた。そこで「今が収穫期なの?」と聞くと、夏ミョウガ、秋ミョウガと2回収穫出来るとの事であった。

zaki-20150929-umemodoki-mi.jpg
<ウメモドキの実>

次に三保平に行ったが、ウメモドキの実が色づいていたのでカメラに納めた。その他には被写体は無く、谷道に歩みを進めたが、ホトトギスやイヌコウジュが咲いていて、山野草観察には捨てがたいなあと思って先に進むと、期待した昆虫横丁は綺麗さっぱり草刈りが入っていた。そこで困ったなあとUターンしたが、アジサイの葉にアトボシハムシとオジロアシナガゾウムシを見つけてほっとした。その後、農耕地を散策したが、アキアカネが見られた位であった。

zaki-20150929-atoboshihamushi.jpg
<アトボシハムシ>

<今日出会った主なもの>花/ホトトギス、イヌショウマ、ワレモコウ、ヒヨドリバナ、ゲンノショウコ、ユウガギク、メナモミ、ノハラアザミ、ヤブマメ、アキノノゲシ、アメリカセンダングサ、ツユクサ、マルバルコウソウ、ヤマハギ等。蝶/ツマグロヒョウモン、コミスジ、イチモンジセセリ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、アトボシハムシ、アオバハゴロモ、アキアカネ、マユタテアカネ、オンブバッタ等。その他/ウメモドキの実等。
posted by 花虫とおる at 19:07| Comment(0) | 緑  区

2015年09月28日

横浜市緑区鶴見川(午後)

昼食は昆虫横丁前のローソンにて弁当を買って食べたが、陽射しが強く気温も上昇して来たので、健康昼寝は秘密の日陰の場所へ行って貪った。その後、田んぼ巡りを開始したが、鶴見川沿いの田んぼにノビタキが2羽、モズが1羽いて嬉しくなった。しかも、カメラマンは一人もいないので、ノビノビとノビタキと遊んだ。また、田んぼには杭や棒が刺してないので、伏してある束ねた稲藁の天辺に止まり、今までとは異なった絵柄の写真を手にする事が出来た。

zaki-20150908-nobitaki.jpg
<ノビタキ>

<今日出会った主なもの>鳥/ノビタキ、モズ、ハクセキレイ等。
posted by 花虫とおる at 18:49| Comment(2) | 緑  区

横浜市港北区新吉田町(午前)

今朝は用事があって、いつもより遅い出発となってしまった。そこで、一昨日も散策したが至近距離の新吉田町へ行った。例によってローソン前の昆虫横丁から散策を開始したが、下草の葉上はかなり濡れていた。雨は降らなかった筈だが、露がかなり降りたようである。そんな訳か、エサキモンキツノカメムシとホシハラビロカメムシが各1匹いたのみで眉をしかめた。次に、家庭菜園奥のカメムシ横丁へ行ったが、より日陰だから、もっと露が降りていた。秋は朝露の季節でもある。

zaki-20150928-esakimonkitsunokamemushi-yochyu.jpg
<エサキモンキツノカメムシの幼虫>

そこで、Uターンして第三京浜都筑インター方面へ散策を続けたが、有り難い事に朝露はだいぶ乾いていて、エサキモンキツノカメムシの成虫はもちろん、幼虫がたくさんいた。エサキモンキツノカメムシの幼虫は緑色が普通だが、一匹だけ黄色いものがいたので迷わず撮影した。カメムシは各齢ごとに模様が異なり、地色の変化もあるから楽しくなる。その後、ニシキギの葉にたくさんのキバラヘリカメムシの幼虫が見られ、短時間であったが、そこそこの成果が得られた。

zaki-20150928-kibaraherikamemushi-yochyu.jpg
<キバラヘリカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/オオケタデ、アカバナユウゲショウ、ヤブマメ、ハキダメギク、ツユクサ、ヒヨドリジョウゴ等。蝶/イチモンジセセリ等。昆虫/オジロアシナガソヴムシ、クサギカメムシの幼虫、エサキモンキツノカメムシ、チャバネアオカメムシ、キバラヘリカメムシの幼虫、アキアカネ、オンブバッタ、ツチイナゴの幼虫、ヨツスジヒメシンクイ等。
posted by 花虫とおる at 18:43| Comment(0) | 港北区

2015年09月27日

横浜市緑区梅田川

今日もすっきりしない天気で、いつ雨が降って来てもおかしくない。そこで、すぐ車に逃げ込める梅田川周辺へ行った。散策を開始しするとまずはヒラタグンバイウンカを見つけたが、良い場所に止まってよと飛び立たせたら何処かに消えてしまった。お馴染みの三保念珠坂公園下の昆虫横丁は寂しかったが、それでもオジロアシナガソウムシ、クロウリハムシ、チャバネアオカメムシ等が見られた。午前中は陽当たりが無い場所だから、やはり昆虫達が寄り付かなくなったのだろう。

zaki-20150927-marubarukoso.jpg
<マルバルコウソウ>

しかし、梅田川を渡った反対側の陽が当たる老人ホーム裏では、久しぶりの対面となるブチヒゲカメムシ、アオクサカメムシ、ハリカメムシが見られた。もちろん棒の先にはアキアカネがたくさん止まっていた。ハムシやカミキリムシ等の甲虫類は激減したが、成虫越冬となるカメムシの仲間は多いので、選り好みをしなければまだまだ楽しめる。最後に満倉谷戸へ行って、コールデンリトリバーのリン君に挨拶してから梅田川沿いに戻り、途中、マルバルコウソウをカメラに納めた。

zaki-20150927-buchihigekamemushi.jpg
<ブチヒゲカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/ヒガンバナ、カラスノゴマ、アキノノゲシ、コセンダングサ、アメリカセンダングサ、アレチウリ、ツルボ、ツユクサ、マルバルコウソウ、ヤマハギ等。蝶/ツマグロヒョウモン、キタテハ、ウラギンシジミ、ヤマトシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/オジロアシナガソウムシ、コフキゾウムシ、クロウリハムシ、ブチヒゲカメムシ、チャバネアオカメムシ、アオクサカメムシ、ハリカメムシ、ホソヘリカメムシ、ヒラタグンバイウンカ、アミガサハゴロモ、アキアカネ、マユタテアカネ、オンブバッタ、ツチイナゴの幼虫等。その他/ノブドウの実等。
posted by 花虫とおる at 18:23| Comment(0) | 緑  区

2015年09月26日

横浜市緑区(仮称)ノビタキの里(午後)

昼食は華風料理「一心」にてニンニクの芽と豚肉の炒め定食を食べ、健康昼寝の後に田んぼ巡りを開始した。しかし、相変わらず鶴見川沿いの田んぼには何も見られず、仕方なしに(仮称)ノビタキの里へ行った。すると野鳥カメラマンが集結していてノビタキを撮っていた。もちろんお仲間に入れて貰ったが、ギャラリーが多いと私の様に照れ屋なのか近くに来てくれない。この距離ではなあと思ったが、他に行く所も無いので、お仲間と雑談しながら頑張った。

zaki-20150926-nobitaki.jpg
<ノビタキ>

<今日出会った主なもの>鳥/ノビタキ、モズ、カワセミ、ハクセキレイ、ムクドリ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 19:28| Comment(0) | 緑  区

横浜市港北区新吉田町(午前)

それにしても、フォルクスワーゲンのディーゼルエンジン車の排ガス規制逃れの不正には驚きました。バッハ、ベートーベン、ブラームス、カント、ニーチェ、ヘッセ、ゲーテ、アインシュタイン、ケプラー、グーテンベルク、マルクス等々、数多くの偉人を輩出しているドイツ。まさかそのドイツの名門企業が、「なんでそんな馬鹿な事をやるの」と耳を疑った。まこと「フォル糞ワーゲン」に成り下がった。全貌詳細はまだはっきりとはしていないが、ドイツ経済はがたがたになりそうである。

zaki-20150926-himejiso.jpg
<ヒメジソ>

今日は朝まで雨が残ったので、こんな時は頭上が梢だから下草の葉がすぐ乾く新吉田町へ行った。まずはローソン前の昆虫横丁へ行ったが、オジロアシナガゾウムシやスグリゾウムシが出迎えてくれた。次にカメムシ横丁へ寄ったが、雨粒の乾きが遅く葉上は濡れていた。そこで、かなり戻って信号手前の昆虫横丁まで足を伸ばしたら、今の時期としては珍しいジンガサハムシがいて驚いた。最後に丘の上の畑周辺を覗いたが、赤味の強いヒメジソが咲いていた。

zaki-20150926-muneakatsuyakomayubachi.jpg
<ムネアカツヤコマユバチ>

<今日出会った主なもの>花/ヒガンバナ、ヒメジソ、アカバナユウゲショウ、ヤブマメ、コセンダングサ、キツネノマゴ、ミズヒキ、ツユクサ、ヒヨドリジョウゴ等。蝶/ツマグロヒョウモン、イチモンジセセリ等。昆虫/オジロアシナガソヴムシ、スグリゾウムシ、クロウリハムシ、ジンガサハムシ、ムネアカツヤコマユバチ、クサギカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、キバラヘリカメムシの幼虫、ベッコウハゴロモ、アキアカネ、オンブバッタ、ツチイナゴの幼虫、ビロードハマキ、ヨツスジヒメシンクイ等。
posted by 花虫とおる at 19:22| Comment(0) | 港北区

2015年09月24日

東京都町田市三輪町

今日はしばらく続いた秋晴れから、午前中は曇り午後から雨の、ぐずついた天気となった。明日明後日も雨模様なので、日曜日までお日様としばしお別れである。そんな訳で、ノハラアザミとススキに見られる昆虫でも撮ろうと久しぶりに町田市三輪町へ行った。しかし、谷戸入り口の草原は畑に変わっていて、また、左手奥のノハラアザミのポイントは荒れ放題であった。どうやら左の谷戸はすべて畑になりそうで、またしても好観察地が消えるなあと眉をしかめた。

zaki-20150924-higanbana.jpg
<ヒガンバナ>

そこで、寺家ふるさと村に通ずる右手の谷戸へ歩みを進めたが、棒の先にアキアカネ、ナツアカネ、コノシメトンボの雌が止まっていた。また、各種の秋の野の花も見られたが、写欲を誘うようには咲いていなかった。そこで妙福寺下の谷戸へ転戦したら、ヒガンバナが綺麗に咲いていた。まこと近場では一番の自生地である。その後、ツリフネソウとツクバトリカブトを見に行ったが、ツリフネソウは絵になるものが無く、ツクバトリカブトはまだ蕾であった。

zaki-20150924-natsuakane-osu.jpg
<ナツアカネの雄>

<今日出会った主なもの>花/ヒガンバナ、ツリフネソウ、ヒメジソ、アキノノゲシ、ノハラアザミ、ヤブツルアズキ、ヤブマメ、アメリカセンダングサ、ユウガギク、キツネノマゴ、ゲンノショウ、ママコノシリヌグイ、ミズヒキ、ツユクサ、アレチヌスビトハギ、マルバルコウソウ、ヤマハギ等。蝶/ツマグロヒョウモン、イチモンジセセリ等。昆虫/クロウリハムシ、アキアカネ、ナツアカネ、コノシメトンボ、オンブバッタ、ツチイナゴの幼虫等。その他/ヤマコウバシの実等。
posted by 花虫とおる at 18:25| Comment(0) | 町田市

2015年09月23日

横浜市緑区(仮称)ノビタキの里(午後)

午後からは新治市民の森でも行ってみようかなと思ったが、相変わらずの晴天なので、田んぼ巡りの後に(仮称)ノビタキの里へ行った。すると竹の棒の先にノビタキが、錆びた鉄パイプの上にモズが止まっていた。今日もモズとノビタキとも思ったが、思わぬ場所に止まってくれるかもしれないとデジスコを組み立て散策を開始すると、モズもノビタキも何処かに飛び去り消えていた。そこで、すぐに現れるだろうと待ったが、結局、2時間後の夕方にモズの雌と2羽のノビタキが現れた。その間、何処にいて何をしていたのだろう。

zaki-20150923-mozu-mesu.jpg
<モズの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ノビタキ、モズ、カワセミ、チョウゲンボウ、ハクセキレイ、ムクドリ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:40| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区北八朔公園(午前)

今日も爽やかな秋晴れ、5連休は上天気が続いて、まこと何よりであった。今日は左程期待出来ないものの、毎度お馴染みの北八朔公園へ行った。公園内に入るとアキアカネが各所に止まっていた。そこで、変ったアカトンボはいないかなと探したら、コノシメトンボの雌が棒の先に止まっていたので、背景を選んで撮影した。次に、もう一度会いたいキマダラカメムシを探したが見つからなかった。どんな生態をしているのだろう、また成虫はもちろん幼虫にも会ってみたい。

zaki-20150923-konoshimetonbo-mesu.jpg
<コノシメトンボの雌>

その後、昆虫横丁へ上って行ったが、オジロアシナガゾウムシ、クロウリハムシ、ホオズキカメムシ、クサギカメムシの幼虫、エサキモンキツノカメムシ、チャバネアオカメムシ、ヨツスジヒメシンクイ等が見られ、この時期としてはまあまあの成果であった。特にクサギカメムシの幼虫が多く、カナムグラの蕾に吸汁していた。名前からして主にクサギの実を吸汁しているのではと思っていたが、昨日の大豆、今日のカナムグラの蕾等、様々なものを吸汁しているようである。

zaki-20150923-kusagikamemushi-yochyu.jpg
<クサギカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ヒガンバナ、ヤマホトトギス、キツネノマゴ、アレチヌスビトハギ、ママコノシリヌグイ、ヤブカラシ等。蝶/クロアゲハ、ツマグロヒョウモン、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、ベニシジミ、ムラサキシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、クロウリハムシ、ホオズキカメムシ、クサギカメムシの幼虫、エサキモンキツノカメムシ、チャバネアオカメムシ、コノシメトンボ、マユタテアカネ、ヨツスジヒメシンクイ等。
posted by 花虫とおる at 18:35| Comment(0) | 緑  区

2015年09月22日

横浜市緑区(仮称)ノビタキの里(午後)

昼食は、コンビニで定番となりつつある焼きそばとお握り一個を買って食べ、これまたお馴染みの昼寝スポットへ行って健康昼寝を貪った。その後、田んぼ巡りを開始したが、鶴見川沿いの北八朔の田んぼは道路建設の工事の為もあってか、これといった鳥は見られず、またしても昨日と同様に(仮称)ノビタキの里へ行った。すると、夫婦連れのカメラマンが盛んにノビタキを撮っていた。昨日はすぐに見失ってしまったが、やはり(仮称)ノビタキの里に留まっていたようである。

zaki-20150922-nobitaki.jpg
<ノビタキ>

しばらくすると昨日と同じ錆びた鉄パイプに移動したので、晴天だから露出補正に気をつけてばんばんシャッターを切った。しかし、また何処かへ飛び去って姿が見えなくなったが、夫婦連れの奥さんの方が双眼鏡で畔に降りてじっとしているノビタキを見つけてくれた。ノビタキというと棒の先と思われるが、下に降りて餌を啄んだり休んだりしている事もあるのだから、しばし頑張ってみるのも必要である。案の定、30分程すると、また同じ棒の先に止まってくれた。

zaki-20150922-mozu-osu.jpg
<モズの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ノビタキ、モズ、チョウゲンボウ、ハクセキレイ、ムクドリ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 19:04| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区長津田町(仮称)東名の森(午前)

今日も清々しい秋晴れ、何処へ行こうかなあと考えたが行く当てが無い。そこで、自然度が減少傾向だが、長津田町の東名の森へ行った。いつもの場所に路駐し、まずは尾根道へ寄ったが、風がややある事もあってか、被写体は見つからなかった。そこで農耕地へ下り、畑等に挿してある棒の先を見て歩いた。止まっているのはアキアカネがほとんどだったが、かなり朱に近い鮮やかなアカトンボを見つけた。探していたネキトンボである。ちょいと尻上げが足りないが慎重に撮影した。

zaki-20150922-kiageha.jpg
<キアゲハ>

次に、ほんの少し残っている田んぼの方へ歩みを進めたが、大豆畑にイチモンジカメムシ、クサギカメムシ、ホソヘリカメムを見つけた。みんな美味しい豆を吸汁しているのだろう。その後、環状4号を越えて散策を続けたが、雑木林が太陽光発電パネルに変わっていたりして、これといったものは見当らなかった。そこで、もう一度大豆畑へ戻る途中、畑に挿してあるビニール被膜の棒に、羽化したばかりのキアゲハを見つけた。もちろん何枚もシャッターを切った事は言うまでも無い。

zaki-20150922-nekitonbo-osu.jpg
<ネキトンボの雄>

<今日出会った主なもの>花/カラスノゴマ、ヒガンバナ、ツユクサ、マルバルコウソウ、ママコノシリヌグイ等。蝶/モンキアゲハ、アカボシゴマダラ、キタテハ、クロコノマチョウの幼虫、ヒカゲチョウ、イチモンジセセリ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、クロウリハムシ、イチモンジカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、クサギカメムシ、ネキトンボ、アキアカネ、オンブバッタ、ツチイナゴの幼虫等。その他/サンショウの実、ゴンズイの実、クサギの実等。
posted by 花虫とおる at 18:57| Comment(0) | 緑  区

2015年09月21日

横浜市緑区(仮称)ノビタキの里(午後)

今日は連休2日目だから空いているだろうと東名港北PAの横濱うまいもん亭へ行ったが、かなり混んでいた。馴染の徳ちゃんに「なんでこんな混んだ日に来るの?」と言われたが、570円の手作り豚汁定食を食べたくなったのだから仕方が無い。その後、いつものように健康昼寝の後に田んぼ巡りをしたら、(仮称)ノビタキの里で、錆びた鉄パイプに止まるものだがノビタキに会えた。しかし、10分程遊んでくれた後、何処かに飛び去って、かなり探したが見つからなかった。

zaki-20150921-nobitaki.jpg
<ノビタキ>

<今日出会った主なもの>鳥/ノビタキ、モズ、チョウゲンボウ、ハクセキレイ、ムクドリ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:34| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区梅田川(午前)

今日は一日曇りと予報されていたので、日向もかなりある梅田川周辺へ行った。しかし、予報に反して雲は多いものの晴れとなったが、それでも暑さは程々で快適な散策となった。まずは例によって三保念珠坂公園下へ行ったが、途中の路傍のイネ科植物の葉に、チャバネセセリの幼虫が静止していた。ヒカゲチョウの仲間と異なって角は無いが、良く見ると可愛い顔をしている。本気になった事は今までないが、各種蝶の幼虫の顔を撮って集めたら面白い事だろう。

zaki-20150921-arechiuri.jpg
<アレチウリ>

期待した三保念珠坂公園下は、気温が上がらない木蔭だからか、昆虫の数が減って来たからか、ルリチュウジレン、クロウリハムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、エサキモンキツノカメムシ等の超普通種ばかりで眉をしかめた。更にバス通りを横切って元名主さん宅の方へ歩みを進めると、他所ではあまり見かけないカラスノゴマが群落をつくって咲き、早くもヤクシソウが花開いていた。また、草原にはアキノノゲシも風に揺れて、秋ですねえと微笑んだ。

zaki-20150921-chabaneseseri-yochyu.jpg
<チャバネセセリの幼虫>

その後、踵を返して老人ホーム裏へ行ったが、アレチウリがたくさん咲いていた。外来種である為か葉を食べる昆虫もいないらしく、いつも葉は緑でつやつやしている。畑の棒の先等にはアキアカネがかなり止まっていて、やっと地元でもみられるようになったとほっとした。また、オオセイボウと思われる緑色に光るハチも見られた。その後、横道に逸れたりしたが、何処でもアキアカネが見られた。最後に梅田川遊水地に立ち寄ったが、やっと草刈りがなされていた。

zaki-20150921-akiakane.jpg
<アキアカネ>

<今日出会った主なもの>花/カラスノゴマ、ヤクシソウ、アキノノゲシ、アレチウリ、ツルボ、ミズヒキ、ツユクサ、ヌスビトハギ、アレチヌスビトハギ、マルバルコウソウ、ヤマハギ、イモカタバミ等。蝶/アカボシゴマダラ、キタテハ、クロコノマチョウ、チャバネセセリの幼虫、イチモンジセセリ等。昆虫/オオセイボウ、ルリチュウジレン、クロウリハムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、オニヤンマ、アキアカネ、マユタテアカネ、ハグロトンボ、ショウリョウバッタ、オンブバッタ、ツチイナゴの幼虫等。その他/ノブドウの実等。
posted by 花虫とおる at 18:24| Comment(0) | 緑  区

2015年09月20日

横浜市緑区長津田町(仮称)246の森(午後)

昼食は50円の割引券を貰ったので吉野家へ行ったが、連休初日だからか国道246号線は物凄く渋滞していた。その後、健康昼寝を貪り田んぼ巡りをしたが、状況の変化は無く、ネキトンボを求めて長津田町の(仮称)246の森へ行った。観察仲間のブログによると鎌倉にはアキアカネが大群で飛来したとあるが、長津田町も昨日の新治市民の森と同様にアカネ類はまったく見られなかった。しかし、ホタルガがいて、良い所に止まってよと飛び立たせたら、クズの葉に止まってくれた。

zaki-20150920-hotaruga.jpg
<ホタルガ>

<今日出会った主なもの>花/ヒガンバナ、ノササゲ、ゲンノショウコ、キツネノマゴ、アレチヌスビトハギ、ヌスビトハギ、ミズヒキ、ツユクサ等。蝶/モンキアゲハ、ナガサキアゲハ、アカボシゴマダラ、コミスジ、クロコノマチョウの幼虫、ヒカゲチョウ、ヤマトシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/ホタルガ等。
posted by 花虫とおる at 18:34| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区都筑中央公園(午前)

今日も爽やかな秋晴れで、日曜日だから都筑中央公園へ行った。まずは御影橋周辺のキノコ横丁を覗いて見たが、ほぼキノコは終わっていた。そこで葛ヶ谷公園の昆虫横丁まで歩みを進めたが、ホソヘリカメムシとムラサキシジミが見られただけだった。そこで踵を返して都筑中央公園へ行ったが、途中、クロコノマチョウの幼虫がススキの葉を食べていた。公園内でも貧果に泣いたが、自転車おじさんが何か撮っていた場所に帰りがけ寄ってみると、アオイトトンボがいて嬉しくなった。

zaki-20150920-aoitotonbo.jpg
<アオイトトンボ>

<今日出会った主なもの>花/ヒガンバナ、ノササゲ、ヒメジソ、キツネノマゴ、ヨウシュヤマゴボウ、ミズヒキ、アレチヌスビトハギ、ツユクサ、ヤブカラシ、イモカタバミ、ヤマハギ等。蝶/アカボシゴマダラ、ツマグロヒョウモン、ヒカゲチョウ、クロコノマチョウの幼虫、キチョウ、ムラサキシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/アオイトトンボ、ホソヘリカメムシ等。キノコ/テングタケ、ヤマドリタケモドキ、キツネタケ等。
posted by 花虫とおる at 18:33| Comment(0) | 都筑区

2015年09月19日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

昼食は、予定通り華風料理「一心」にて600円の野菜炒め定食を食べ、健康昼寝の後に田んぼ巡りをしたが、これといった野鳥は見られなかった。そこで、20%引きセールのコルモピアでも覗いてから帰ろうかなと思ったが、今季まだネキトンボを撮っていないし、健康散策だと新治市民の森の旭谷戸へ行った。しかし、アカネ類はまったく見られなかったが、ノハラアザミの花を食べているオンブバッタを見つけた。また、クロコノマチョウの幼虫が、ススキの葉をバリバリ齧っていた。

zaki-20150919-onbubata.jpg
<オンブバッタ>

<今日出会った主なもの>花/ヒガンバナ、ゲンノショウコ、ワレモコウ、ヤマハギ、ナンテンハギ、マルバルコウソウ、ツルボ、ツユクサ等。蝶/アゲハ、ツマグロヒョウモン、キタテハ、クロコノマチョウの幼虫、イチモンジセセリ等。昆虫/オニヤンマ、オンブバッタ等。
posted by 花虫とおる at 18:54| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

今日は土曜日だから生態園は開いているし、華風料理「一心」で食事もしたいし、昨日一昨日と雨が降ったのでキノコも出ているだろうと茅ヶ崎公園へ行った。そんな訳でキノコ横丁へ直行した訳だが、これといったキノコは生えていなかった。そこで生態園へ歩みを進めたが、各種の野花は一服で、晴天だから良い写真も撮れそうもない。そこで、見つけたらなんでも撮ろうと頑張ったが、散策時間終了間際に、アカシマサシガメやツヤマルシラホシカメムシ等を見つけてほっとした。

zaki-20150919-akashimasashigame.jpg
<アカシマサシガメ>

<今日出会った主なもの>花/ヒガンバナ、タイアザミ、ヤマホトトギス、ヒメジソ、イヌホオズキ、イヌゴマ、ツユクサ、ゲンノショウコ、キンミズヒキ等。蝶/アオスジアゲハ、アカボシゴマダラ、コミスジ、キチョウ等。昆虫/クロウリハムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、ツヤマルシラホシカメムシ、アカスジキンカメムシの幼虫、アカシマサシガメ、ミンミンゼミ、ツクツクボウシ、ウスバキトンボ等。キノコ/ヤマドリタケモドキ、キタマゴタケ、ツルタケ、テングタケ、ニオイコベニタケ、キツネタケ、カレバキツネタケ、キチャハツ、クロアシボソノボリリュウタケ等。その他/ゴンズイの実、クサギの実等。
posted by 花虫とおる at 18:45| Comment(0) | 都筑区

2015年09月18日

横浜市港北区新吉田町

昨日は一日中雨で、気温が下がって寒い位であった。まこと「暑さ寒さも彼岸まで」である。明日からは天気が良さそうなので、各所で高原から下りて来たアキアカネや渡り途中の小鳥が見られるかもしれない。しかし、今朝は雨がまだ残っていたが、やっと午後に上がったので、至近距離の新吉田町へ行った。散策を開始するとホタルガを見つけたが、良い場所に止まっていないので飛び立たせたものの、数回繰り返したら頭上高く消えてしまった。なかなか思う様には行かない。

zaki-20150918-seakatsunokamemushi.jpg
<セアカツノカメムシ>

ローソン前の昆虫横丁ではチャバネアオカメムシやクサギカメムシの幼虫が、家庭菜園のカメムシ横丁ではエサキモンキツノカメシが、更に第3京浜都筑PA近くではセアカツノカメムシが見られた。甲虫類は僅かにオジロアシナガゾウムシとクロウリハムシがいた位だから、まことフィールドはカメムシワールドの様相を呈していた。前述したように、もうすぐアキアカネ等のアカネ類が多くなるので、甲虫好きの方も宗旨替えをしなければ、ノーシャッターの連続ではなかろうか。

zaki-20150918-kusagikamemushi-yochyu.jpg
<クサギカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/オオケタデ、ヒヨドリジョウゴ、アカバナユウゲショウ、ツユクサ、ヤブカラシ等。蝶/アゲハ、ツバメシジミ、ヤマトシジミ、キマダラセセリ、イチモンジセセリ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、クロウリハムシ、エサキモンキツノカメムシ、チャバネアオカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、セアカツノカメムシ、ベッコウハゴロモ、アオバハゴロモ、オンブバッタ、ホタルガ、カノコガ、シロオビノメイガ、ヨツスジヒメシンクイ等。
posted by 花虫とおる at 18:50| Comment(0) | 港北区

2015年09月16日

横浜市緑区新治市民の森

今日は気温が低く一日中曇りとの事なので、しばらく足が遠のいていた新治市民の森を一周する事にした。まずは旭谷戸へ行ったが、入り口にはコスモス畑が広がって、新治里山公園周辺にはヒガンバナがかなり咲いていた。また、畑にはニラが、民家の庭先にはキバナコスモスやハナトラノオも咲いていたので、200〜300ミリまであるレンズで待っていれば、アゲハやヒメアカタテハ等の良い写真が撮れる事だろう。最奥の谷戸田にはカープ女子等の各種の案山子が立っていて、もうすぐ稲刈りが始まるに違いない。

zaki-20150916-tsuribana-mi.jpg
<ツリバナの実>

旭谷戸ではこれといった昆虫には出合わなかったが、赤花のゲンノショウコが咲いていたのでカメラに納めた。そこで鎌立谷戸へ行ってツリバナの実でも撮ろうと山を越えたが、ツリバナの実がまだ残っていてほっとした。次に、何故だかカワセミの池手前の草原にツリフネソウが見られるようになったので、これも頂きますと行って見たが、3株程咲いていた。しかし、絵になるようには撮れなくて、四季の森公園で再挑戦だなと引き返した。以上、昆虫こそ数は減ったが、秋の花や木の実草の実はたくさん見られた。

zaki-20150916-gennoshoko.jpg
<ゲンノショウコ>

<今日出会った主なもの>花/ヒガンバナ、ツリフネソウ、ゲンノショウコ、ワレモコウ、クズ、ヤブツルアズキ、ヤマハギ、ヤマホトトギス、ツルボ、ヌスビトハギ、ママコノシリヌグイ、ツユクサ等。蝶/アオスジアゲハ、アゲハ、ミドリヒョウモン、アカボシゴマダラ、コミスジ、ヒカゲチョウ、イチモンジセセリ等。昆虫/クロウリハムシ、ホオズキカメムシ、ナツアカネ、オンブバッタ等。その他/ツリバナの実、ゴンズイの実、クサギの実等。
posted by 花虫とおる at 17:51| Comment(0) | 緑  区

2015年09月15日

神奈川県川崎市麻生区早野の里

例年ならば9月半は残暑がかなり厳しいのだが、今日もだいぶ涼しくなって散策日和である。そこで、草刈りが入って散策場所が少なくなったので、成果は望めないものの、久しぶりに早野の里へ行った。最近、国道246の江田駅近くに幸楽苑を見つけたので、わざわざ早野の里や三輪町へ行かなくとも美味しいラーメンが食べられるようになった。しかし、今日の昼食はもちろん島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑の「あっさりラーメン+チャーハンセットですね」とにんまりした。

zaki-20150915-momijiaoi.jpg
<モミジアオイ>

霊園内に車を停めると路傍にヤマホトトギスがかなり咲いていた。その昔は稀少種と思っていたのだが、何処でも普通に見られるようになった。ジャコウアゲハのポイントに寄り道すると、ウマノスズクサはだいぶ少なくなっていたが、幼虫も蛹も見られた。その後、桐蔭学園に接する丘の上に歩みを進めたが、これといったものは見られなかったが、ナツアカネが草原に出て棒の先に止まっていた。また、天然自然の山栗(芝栗)が落ちていたので、20粒ほどポケットに投げ込んだ。

zaki-20150915-jakoageha-sanagi.jpg
<ジャコウアゲハの蛹>

その後、ハンノキ林へ向ったが小川沿いのフェンスに絡まるアケビにアケビコノハの幼虫が見られた。また、民家の庭先にあるザクロが色づいて、美味そうに垂れ下がっていた。ハイキング等で疲れた時に口の中に放り込むと、元気がかなり回復するという。更に、入り口に何故だか園芸種のモミジアオイが真っ赤に燃えて自己主張をしていたのでカメラに納めた。それ以外はナガコガネグモが手摺に網を張っていた位で、これといったものは見られず、尾根を越えて霊園に戻った。

zaki-20150915-zakuro-mi.jpg
<ザクロの実>

<今日出会った主なもの>花/ヒガンバナ、ゲンノショウコ、ナンテンハギ、トキリマメ、クズ、ヤブツルアズキ、ヤマハギ、ノササゲ、ヤマホトトギス、センニンソウ、アレチヌスビトハギ、ママコノシリヌグイ、ヨウシュヤマゴボウ、ツユクサ、イモカタバミ等。蝶/アオスジアゲハ、ジャコウアゲハの幼虫、テングチョウ、アカボシゴマダラ、サトキマダラヒカゲ、ウラギンシジミ、ムラサキシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/アキアカネ、ナツアカネ、オンブバッタ、エサキモンキツノカメムシ等。キノコ/タマゴタケ等。その他/ザクロの実等。
posted by 花虫とおる at 18:42| Comment(0) | 川崎市

2015年09月14日

横浜市緑区北八朔公園

今日は晴れだが、気温は下がって過ごし易くなった。何処へ行こうかなあと考えたが、前回とても成果が上がった北八朔公園へ行った。もちろん田んぼの農道に車を停めたが、フロントガラスにサンシェードを使用しなくとも良くなったので有り難い。まずはキマダラカメムシの居たコナラに直行したが、今日は1匹だに見つからなかった。そこで昆虫横丁へ登って行ったが、今の時期としては、まあまあの成果かなといった按配であったが、ヤマイモハムシがまだ居たのには驚いた。

zaki-20150914-yamahototogisu.jpg
<ヤマホトトギス>

その後、雑木林の中を下って公園奥へ降りて行ったが、前回見られたアケビコノハの幼虫はいなかった。きっと無事に蛹になったに違いない。公園奥は草刈りが入ってお手上の状態で、竹林横の雑木林に入った。するとヤマホトトギスがかなり咲いていたが、藪蚊の襲来を受けて落ち着いて撮影出来なかった。最後にもう一度キマダラカメムシを探したが見つからず、何故か多いコノシメトンボをカメラに納めた。今年はリスアカネを1匹も見ていないが、どうしたのだろう。

zaki-20150914-kimadaraseseri.jpg
<キマダラセセリ>

<今日出会った主なもの>花/ヤマホトトギス、アレチヌスビトハギ、ママコノシリヌグイ、ヤブカラシ等。蝶/クロコノマチョウの幼虫、サトキマダラヒカゲ、ヤマトシジミ、イチモンジセセリ、キマダラセセリ等。昆虫/ヤマイモハムシ、クロウリハムシ、キイロテントウ、ツクツクボウシ、ホオズキカメムシ、クサギカメムシの幼虫、ショウリョウバッタモドキ、オンブバッタ、コノシメトンボ、ヨツスジヒメシンクイ等。
posted by 花虫とおる at 18:52| Comment(0) | 緑  区

2015年09月13日

横浜市都筑区都筑中央公園

今まで何遍も記しているが、都筑区の公園及び緑道はキノコの宝庫である。昨日の茅ヶ崎公園と同じようなキノコは何処でも生えているのだが、場所によって微妙に異なる。特に都筑中央公園は丘陵性のキノコが発生するので見逃せない。また、今日は日曜日だからサンシュユ畑横に駐車が出来るので、迷わず都筑中央公園へ行った。まずは例によって御影橋周辺まで往復したが、車を停めたすぐの場所でヤマドリタケモドキを見つけた。そこで敷物を敷いてローアングルで撮影した

zaki-20150913-yamadoritakemodoki.jpg
<ヤマドリタケモドキ>

御影橋周辺はこれといったキノコは見られず、鴨池公園のキノコ山にも登ったが、やはり寂しい限りであった。そこで昆虫でもと柿の木広場に寄ったが、アジサイの葉上にオオトビサシガメが見られた。都筑中央公園では、期待したタマゴタケは盛期を過ぎていた。そこでツリバナの実でも撮ろうと尾根へ登ったが、風が強くて撮影は諦めた。こんな調子なので今日のブログは写真1枚でアップかなと思われたが、車に戻る途中のアジサイの葉上でビロードハマキを見つけて嬉しくなった。

zaki-20150913-birodohamaki.jpg
<ビロードハマキ>

<今日出会った主なもの>花/ガガイモ、アレチヌスビトハギ、ヌスビトハギ、ツユクサ、ヤブカラシ、イモカタバミ等。蝶/アオスジアゲハ、クロアゲハ、アカボシゴマダラ、ツマグロヒョウモン、コミスジ、キチョウ、クロコノマチョウの幼虫、ヤマトシジミ、ツバメシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/オオトビサシガメ、アカスジキンカメムシの幼虫、ルリチュウレンジ、ビロードハマキ等。キノコ/タマゴタケ、テングタケ、カバイロツルタケ、ヤマドリタケモドキ、キツネタケ、ウラムラサキ、ニオイコベニタケ等。
posted by 花虫とおる at 17:54| Comment(2) | 都筑区

2015年09月12日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

各地で水害が発生する等、余りにも雨が降り過ぎたが、キノコの発生はどうなっているのだろうかと気になって、茅ヶ崎公園へ行った。今までの経験だと激しい雨より、しとしとぴっちゃんの方がキノコの発生には良いようだが、まずはキノコ横丁へ行って見た。すると、キタマゴタケ、テングタケ、ヒメコナカブリツルタケ等がたくさん生えていた。もちろん、相変わらずニオイコベニタケやカレバキツネタケも見られ、大型のヤマドリタケモドキも発生を再開していた。

zaki-20150912-himekonakaburitsurutake.jpg
<ヒメコナカブリツルタケ>

今日は土曜日なので生態園にちょいと寄ってから、樹液酒場が気になるので大原みねみち公園へ急いだが、コナラ亭にはサトキマダラヒカゲとクロカナブンが吸汁しているだけだった。もちろんキノコも爆生していて、特にウスキテングタケやニオイワチチタケが多かった。最後に尾根道で引き返し、ヤマホトトギスのポイントを覗いて見たら、先週と異なって花がたくさん咲いていた。しかし、キノコでカメラの中は一杯だし、藪蚊に刺されそうなので素通りとなった。

zaki-20150912-tengutake-yokin.jpg
<テングタケの幼菌>

<今日出会った主なもの>花/ヤマホトトギス、ツルマメ、ツユクサ等。蝶/アオスジアゲハ、クロアゲハ、キチョウ、サトキマダラヒカゲ、ムラサキツバメ、ヤマトシジミ等。昆虫/クロカナブン、エサキモンキツノカメムシ、ツクツクボウシ、ウスバキトンボ等。キノコ/ヤマドリタケモドキ、キタマゴタケ、ヒメコナカブリツルタケ、ツルタケ、テングタケ、ウスキテングタケ、ニオイワチチタケ、ニオイコベニタケ、キツネタケ、カレバキツネタケ、キチャハツ、クロアシボソノボリリュウタケ等。鳥/カワセミ等。
posted by 花虫とおる at 18:20| Comment(0) | 都筑区

2015年09月11日

横浜市緑区梅田川(午後)

昼食はコンビニで焼きそばとお握り1個を買って食べた。これだと400円ちょいなので、お財布には快適である。その後、健康昼寝の後に田んぼ巡りを行ったが、チョウゲンボウが舞っている所が1ヶ所あった位で、モズもノビタキも見られなかった。そこで仕方なしに午前中も散策した梅田川遊水地に行って見ると、カワセミの幼鳥がお出迎えしてくれた。いつもカワちゃんにビンチヒッターとして登場してもらっているが、カワちゃんすら見られない所もたくさんあるらしい。そんな訳で「カワちゃん、ありがとう」と微笑んで、ばしばしシャッターを切った。

zaki-20150911-kawasemi-yocho.jpg
<カワセミの幼鳥>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、キジバト、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 19:00| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区梅田川(午前)

3日も雨が降り続いて、やっと雲一つ無い青空が広がった。しかし、茨城県常総市の鬼怒川の氾濫等、各所で水害が発生し、なんだか久しぶりの散策でも手放しでは喜べない。鶴見川沿いに住んでいるので、堤防が決壊して過去2回程膝まで水浸しになった経験があるから尚更だ。もっとも、子供の頃は水が出ると旧庄屋さんの池から鯉が逃げて来て、子供でも捕獲出来たので嬉しかった。まあ、床下浸水程度だったから、そんな楽しみもあった訳だが、常総市の水害は、濁流が押し寄せて来たのだから本当に恐ろしい。

zaki-20150911-rurichyurengi.jpg
<ルリチュウレンジ>

そんな訳で、今日は比較的明るく広々とした梅田川周辺へ行った。途中、早淵川、鶴見川、恩田川にかかる橋を渡ったが、平常水位近くまで戻っていてほっとした。例によって三保念珠坂公園下の昆虫横丁へ行ったが、ハムシダマシがたくさん発生していた。また、セイボウかなと思われる程美麗なルリチュウレンジも見られた。同じ仲間のチュウレンジバチの幼虫はバラの葉を食べる害虫だが、ルリチュウレンジの幼虫はツツジの害虫として著名である。その他は、ススキの葉に各種のバッタやその幼虫が見られた。

zaki-20150911-hamushidamashi.jpg
<ハムシダマシ>

<今日出会った主なもの>花/ツルボ、ヌスビトハギ、アレチヌスビトハギ、マルバルコウソウ、ヤマハギ、テイカカズラ等。蝶/アオスジアゲハ、アゲハ、コミスジ、イチモンジセセリ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、コフキゾウムシ、キベリクビボソハムシ、ハムシダマシ、ツヤマルシラホシカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、ハグロトンボ、ショウリョウバッタ、オンブバッタ、ツチイナゴの幼虫、イナゴ、ショウリョウバッタモドキ等。その他/ノブドウの実等。
posted by 花虫とおる at 19:00| Comment(0) | 緑  区

2015年09月07日

横浜市港北区新吉田町

昨夕から降り続いた雨は、午前8時頃には止んだ。そこで、下草の葉上の乾きが早い新吉田町へ午前10時に行った。また雨が降って来てもおかしくないので、車を停めた周辺のみの散策となった。まずは例によってローソン前の昆虫横丁へ行ったら、オジロアシナガゾウムシがヒメコウゾの葉上で出迎えてくれた。まことに礼儀正しく真面目な昆虫のように感ずる。いつも思案気なので、なにか考えているのかなあと散策仲間に質問したら「腹が減った位じゃないの」との答えであった。

zaki-20150907-ojiroashinagazomushi.jpg
<オジロアシナガゾウムシ>

次にカメムシ横丁へ行ったら、エサキモンキツノカメムシ、チャバネアオカメムシ、アカスジキンカメムシの幼虫が見られた。頭上がミズキの大木だから、その実を吸汁して暮らしているのだろう。今季はアカスジキンカメムシの成虫は一度しか出会わなかったが、幼虫は各所で見られるようになったから、来季は期待出来るかもしれない。その他にブログアップしていない昆虫はいないかなあと探したら、オオブタクサの茎にオオヨコバイが見られたので、有難うさんとカメラに納めた。

zaki-20150907-ooyokobai.jpg
<オオヨコバイ>

<今日出会った主なもの>花/オオケタデ、ヒヨドリジョウゴ、ヨウシュヤマゴボウ、ツユクサ、ヤブカラシ等。蝶/アゲハ、ヤマトシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、トホシテントウ、エサキモンキツノカメムシ、チャバネアオカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、アカスジキンカメムシの幼虫、ベッコウハゴロモ、アオバハゴロモ、オオヨコバイ、オンブバッタ、ツチイナゴの幼虫、ヨツスジヒメシンクイ、ルリチュウレンジ等。
posted by 花虫とおる at 18:18| Comment(0) | 港北区

2015年09月06日

横浜市都筑区都筑中央公園

八王子に住む観察仲間のブログを見ていたら、タマゴタケ爆生の写真が載っていた。また、今日は日曜日だからサンシュユ畑横に路上駐車が出来る。そこで、迷わず都筑中央公園へ行った。今まで何回も記しているが、キノコは年2回、梅雨の頃と秋の長雨の頃に発生のピークを迎える。また、あっという間に生え、あっという間に消えてしまうから、いつでも撮れる昆虫より優先して散策しなければならない。特に秋は、美麗なタマゴタケが梅雨の頃より多く発生するので嬉しくなる。

zaki-20150906-tamagotake.jpg
<タマゴタケの幼菌>

まずは例によって御影橋周辺に寄り道したが、せせらぎ沿いの苔むした場所に、テングタケの幼菌、ヤマドリタケモドキの幼菌が生えていた。また、カバイロツルタケも綺麗に傘を広げていたが、足場が悪いので撮影は諦めた。その後、鴨池公園のキノコ山へ登ったが、天辺にはキノコの姿はほとんど無かったものの、そこから続く尾根沿いにはタマゴタケが生えていた。もちろん柿の木広場へ下ったが、これといった昆虫の姿が見られず、都筑中央公園へ歩みを進めた。

zaki-20150906-tengutake.jpg
<テングタケの幼菌>

まずは「ばじょうじ谷戸」の入り口でニシキギに発生したキバラヘリカメムシを撮り、タマゴタケのポイントに足を伸ばすと期待通りに、かなりたくさん生えていた。休憩所前の小さな田んぼの前では鳥撮りスーさんがクロコノマチョウの幼虫と遊んでいた。最近、ペンタ親子さんやピタキお姉さんの影響か、煙草爺ちゃん、自転車おじさん等も昆虫を撮るようになった。安倍ちゃんのお蔭で戦争法案が可決されそうだが、徴兵される齢ではないものの、なんたって平和が一番ですよ。

zaki-20150906-yamadoritakemodoki.jpg
<ヤマドリタケモドキの幼菌>

<今日出会った主なもの>花/ガガイモ、ツユクサ、ヤブカラシ、イモカタバミ等。蝶/アゲハ、アカボシゴマダラ、コミスジ、サトキマダラヒカゲ、クロコノマチョウの幼虫、ヤマトシジミ、キマダラセセリ、イチモンジセセリ等。昆虫/キバラヘリカメムシ等。キノコ/タマゴタケ、ミヤマタマゴタケ、テングタケ、カバイロツルタケ、ツルタケ、ヤマドリタケモドキ、ムラサキヤマドリタケ等。
posted by 花虫とおる at 18:12| Comment(0) | 都筑区

2015年09月05日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

NHKの天気予報の解説者が「明日は久しぶりの良い天気で、その後、またぐずついた天気に戻るので、大いに活用しよう」と言っていたが、まことその通りになった。何処へ行こうかなあと思ったが、生態園が開園している土曜なので茅ヶ崎公園へ行った。まずはキノコ横丁に寄り道したが、ニオイコベニタケとカレバキツネタケが爆生していた。その他は、ツルタケ、テングタケ、ウスキテングタケ、キチャハツ等が見られた。そこで、毎度お馴染みのニオイコベニタケをカメラに納めた。

zaki-20150905-nioikobenitake.jpg
<ニオイコベニタケ>

生態園に入ると、子供たちが案山子作りに励んでいた。花では、ゲンノショウコ、ツルマメ、キンミズヒキが咲いていたが、昆虫の姿は見られなかった。しかし、緑道に出るとキリの幹に超小型のコクワガタの雄が這っていた。その後、大原みねみち公園の樹液酒場が気になって行って見たが、サトキマダラヒカゲが吸汁しているだけだった。その他はこれといったものは見られず、Uターンして茅ヶ崎公園のヤマホトトギスの群落を見に行ったが、何故だか数輪咲いているだけだった。

zaki-20150905-kokuwagata-osu.jpg
<コクワガタの小型の雄>

<今日出会った主なもの>花/ヤマホトトギス、ツルマメ、ヤブラン、ゲンノショウコ、キンミズヒキ、ツユクサ等。蝶/キチョウ、サトキマダラヒカゲ、ムラサキシジミ等。昆虫/コクワガタ、マメコガネ、ミンミンゼミ、アブラゼミ、ツクツクボウシ、シオカラトンボ等。キノコ/ツルタケ、テングタケ、ウスキテングタケ、ニオイコベニタケ、カレバキツネタケ、キチャハツ等。
posted by 花虫とおる at 18:16| Comment(0) | 都筑区

2015年09月04日

横浜市緑区横浜動物の森公園

夜中に雨は降ったようだが、今日は朝から一日中晴れの様である。洗濯物の溜まった主婦や作物の生育が心配な農家の方にとっては朗報だが、道端自然観察者にとっては「暑くなるなあ」と愚痴が出る。9月に入ったとはいえ、例年なら残暑厳しい季節である。そんな訳で成果は望めないが木陰の昆虫観察かなと思ったが、ススキの葉にいる昆虫、テングスケバ、トリノフンダマシ、ツチイナゴの幼虫、クロコノマチョウの幼虫等を撮ろうと、久しぶりに横浜動物の森公園へ行った。

zaki-20150904-akebikonoha-yochyu.jpg
<アケビコノハの幼虫>

朝から陽が出て気温が高いから、ススキ等の葉は乾いているだろうが、地面に近い所は濡れている筈と思い、久しぶりに長靴を履いて掘立小屋跡地へ行った。平成29年春に開催される「全国都市緑化よこはまフェア」の為に、他所へ移転させられたのである。この為、跡地は荒れ放題だがススキは残っていて、ツチイナゴの幼虫がたくさんいた。しかし、テングスケバやシロオビトリノフンダマシは見つからず、クロコノマチョウの幼虫は、たったの1匹しか見つからなかった。

zaki-20150904-kurokonomachyo-yochyu.jpg
<クロコノマチョウの幼虫>

その後、観察仲間のKさんが横浜動物の森公園ではアケビコノハの幼虫が見つからないと嘆いていたので、そんな事は無いだろうと、棒杭と針金で作られている小道脇の柵を見て回った。アケビやミツバアケビはたくさん絡んでいて、アケビコノハの幼虫も2匹見つける事が出来た。昨日も写真をブログアップしたが、黒い若齢幼虫だったので、今日は大きな褐色の幼虫を撮影した。やはりアケピコノハの幼虫は蛹化間近の、大きくて太い幼虫が存在感があって最高である。

zaki-20150904-tsuchiinago-yochyu.jpg
<ツチイナゴの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ハエドクソウ、オトコエシ、ヌスビトハギ等。蝶/モンキアゲハ、メスグロヒョウモン、コミスジ、ヒカゲチョウ、クロコノマチョウの幼虫、ムラサキシジミ、ベニシジミ、キマダラセセリ等。昆虫/ミンミンゼミ、ツマグロオオヨコバイ、ツチイナゴの幼虫、マユタテアカネ、アケビコノハの幼虫等。
posted by 花虫とおる at 17:50| Comment(0) | 緑  区

2015年09月03日

横浜市緑区北八朔公園

昨日はピーカンで風も有り、午後の散策だった事もあってか「とほほ」の結果となってしまった。そこで今日は最近成果が上がっている北八朔公園へ行った。天気は薄曇りで風も無く、湿度こそ高いものの絶好の日和で嬉しくなった。まずは公園入口手前にある小さな公園で、アレチヌスビトハギがたくさん咲いていたのでカメラに納めた。花は「ウッドペッカー」似でとても可愛いのだが、実は衣服に強力にくっ付く困りものである。年毎に勢力拡大中で、今後、どうなる事やら心配である。

zaki-20150903-arechinusubitohagi.jpg
<アレチヌスビトハギ>

無事にアレチヌスビトハギを撮影すると、クズの葉にヒナバッタが静止していた。そこで、静かに近づいてシャッターをばんばん切った。公園内に入るとキマダラカメムシの幼虫がいたコナラに直行したが、なんと今日は2匹も成虫が見られて嬉しくなった。しかし、幹に止まっていると樹肌に溶け込んでしまって、どう工夫してもくっきりすっきりとは撮影出来なかった。散策仲間の自転車おじさんも鶴見川で多数観察したとの事なので、これから目にする機会が増えて行く事だろう。

zaki-20150903-akebikonoha-yochyu.jpg
<アケビコノハの幼虫>

次に心臓破りの80段の階段を上がって昆虫横丁へ行った。今日は風で葉が揺れる事無く絶好と思われたが、見られた昆虫は本当に少なかった。普通ならカメムシ類の幼虫がいる筈なのに、クサギカメムシの幼虫すら姿が無く、イチモンジセセリやキマダラセセリ等がほんの少し見られただけだった。昨日の三保市民の森でも木陰の下草の葉上では成果がほとんど無かったが、やはり気温がかなり低い日が続いたので、木蔭下草昆虫観察の季節は過ぎたのかもしれない。

zaki-20150903-hinabata.jpg
<ヒナバッタ>

そこで雑木林の中を通って公園内に下りる事にしたが、アケビコノハの幼虫を見つけようと、アケビが生えてると立ち止まり、じゅっくりと見回した。そんな事を数回繰り返していたら、アケビの貧弱な幼木の茎の天辺にアケビコノハの若齢幼虫が向かい合って2匹も止まっていた。どうやら葉より柔らかい茎の方が好きなようである。新潟では山菜としてアケビの芽が好まれるが、アケビコノハの幼虫もそうなんだと微笑んだ。藪蚊の猛襲に会いながらもバックを選んでなんとか撮影した。

zaki-20150903-kimadarakamemushi.jpg
<キマダラカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/アレチヌスビトハギ、ダイコンソウ、ママコノシリヌグイ、ヘクソカズラ、ヤブカラシ等。蝶/アオスジアゲハ、アゲハ、ツマグロヒョウモン、サトキマダラヒカゲ、イチモンジセセリ、キマダラセセリ等。昆虫/クマゼミ、アブラゼミ、キマダラカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、アカスジキンカメムシの幼虫、ヒナバッタ、オンブバッタ、アケビコノハの幼虫等。
posted by 花虫とおる at 17:18| Comment(0) | 緑  区

2015年09月02日

横浜市緑区三保市民の森

午前中は雨だったが、午後からは久しぶりに青空一杯となった。しかし、風がかなり強くて、キノコなら風でも微動だにしないと、茅ヶ崎公園のキノコ横丁を覗いてみた。ニオイコベニタケやカレバキツネタケが見られたものの、毎度お馴染みの絵柄ではなあと、風の強い時の逃げ場である三保市民の森に転戦した。しかし、ここでも風が強く、おまけにバス通り歩道脇は綺麗さっぱり草刈りがなされていた。そんな訳で谷道に期待したが、ヒメシロコブゾウムシが見られたが絵にならず、何処でも多数発生しているエサキモンキツノカメムシしか撮れなかった。そんな訳で、まこと「とほほ」の散策に終わった。

zaki-20150902-esakimonkitsunokamemushi.jpg
<エサキモンキツノカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/ゲンノショウコ、オトコエシ、センニンソウ、ニガクサ、ヤブカラシ、アキノタムラソウ、フジカンゾウ、ヌスビトハギ等。蝶/アゲハ、キタテハ、コミスジ、クロコノマチョウ、ヒメウラナミジャノメ、イチモンジセセリ等。昆虫/ヒメシロコブゾウムシ、オジロアシナガゾウムシ、コフキゾウムシ、ヤマイモハムシ、ウリハムシ、クロウリハムシ、エサキモンキツノカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、ベッコウハゴロモ、アオバハゴロモ、ツマグロオオヨコバイ、ササキリ、ツチイナゴの幼虫、オンブバッタ、マユタテアカネ等。その他/アオツヅラフジの実、ナガコガネグモ等。
posted by 花虫とおる at 18:50| Comment(0) | 緑  区

2015年09月01日

横浜市緑区梅田川

今日も相も変わらずぐずついた天気であったが、午後から雨は上がった。しかし、雑木林の下草の葉上はびっしょり濡れていると思い、久しぶりに梅田川へ行った。まずは草刈りからだいぶ月日がたったので昆虫横丁へ行って見た。すると、半ズボン姿の観察仲間のお姉さんがいて驚いた。昆虫では他所と同じようにカメムシの仲間が多く、甲虫類はクロウリハムシとコフキゾウムシだけだった。その後、梅田川遊水地へ行ったが、誰も通らなくなった草茂る小道には蜘蛛の巣が張っていて、先に進む気にはなれなかった。

zaki-20150901-yamahagi.jpg
<ヤマハギ>

そこで、スモモの丘経由で満倉谷戸を散策したが、マユタテアカネがかなり見られた。また、新治市民の森の尾根道入口にアケビがあったのを思い出して行って見たが、アケビコノハの幼虫も食痕も見られなかった。その他にも雨上がりの為か、これといった被写体は無く、ラブラドール・リトリバーのリンちゃんは元気かなと寄ってみると、尾を振ってわんわん出迎えてくれた。その後、時間が余ったので鎌立谷戸のカワセミの池まで行ったが、ススキの葉にアカハネナガウンカが見られ、ツリバナの実が早くも弾けていた。

zaki-20150901-mayutateakane.jpg
<マユタテアカネ>

<今日出会った主なもの>花/ツルボ、センニンソウ、マルバルコウソウ、ガガイモ、ヤマハギ等。蝶/アゲハ、キマダラセセリ、イチモンジセセリ等。昆虫/クロウリハムシ、コフキゾウムシ、ミンミンゼミ、アブラゼミ、ブチヒゲカメムシ、アカスジキンカメムシの幼虫、ホシハラビロヘリカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、アカハネナガウンカ、マユタテアカネ、ハグロトンボ、ショウリョウバッタ、オンブバッタ、ツチイナゴの幼虫等。その他/ツリバナの実等。
posted by 花虫とおる at 18:57| Comment(0) | 緑  区