2015年10月31日

神奈川県平塚市土屋

今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。散策場所は神奈川県の偉大なる田舎、秋の野の花や木の実草の実がたくさん見られる平塚市土屋である。東名高速道路が渋滞すると困るので、かなり早めに自宅を出発したが空は曇っている。天気予報では一日中晴れとの事だったのに、きっとそのうち晴れるだろうと思ったが、結果としては解散時間間際になって晴れただけだった。そんな訳で蝶や昆虫はかなり少なかったが、野の花や木の実草の実はさすがに土屋であった。

zaki-20151031-runogiku.jpg
<リュウノウギク>

集合場所の土屋霊園駐車場にかな早く着いたので、まずはリュウノウギク横丁へ行ってみた。期待した通りにリュウノウギクやヤクシソウがたくさん咲き乱れていた。しばらくして参加者が集合したので、まずはリンドウ山へ登ったが、曇り日だというのリンドウが花開いていてほっした。ここ数年では一番の多さで、踏みつけてしまうのでないかと心配になる位の株数であった。また、アキノキリンソウやコウヤボウキもそこかしこに咲き、本当に田舎が残っているなあと微笑んだ。

zaki-20151031-aotsuzurafuji-mi.jpg
<アオツヅラフジの実>

次に案内標も立っていない、知る人しか知らない駒ヶ滝に寄り道して遠藤原へ行ったが、昆虫は少なかったが長閑な風景が広がって、ここに来ると本当に時間が止まる。昼食は霊園内のベンチでとったが、ジョウビタキの雄が挨拶に現れてくれた。午後からは砦を目指したが、コセンダングサとヤマハッカがびっしり生える斜面に、ウラナミシジミ、ベニシジミ、ヤマトシジミ等が休憩していた。その後、1本当たり500個程も実がついていそうなミカン畑を通って、土屋霊園駐車場に戻った。

zaki-20151031-hishibata.jpg
<ヒシバッタ>

<今日出会った主なもの>花/リンドウ、リュウノウギク、アキノキリンソウ、オケラ、コウヤボウキ、ヤクシソウ、タイアザミ、コシロノセンダングサ、イヌタデ、ヤマハッカ、セイタカアワタチソウ等。蝶/ルリタテハ、キタテハ、ツマグロヒョウモン、モンキチョウ、モンシロチョウ、クロコノマチョウ、ウラギンシジミ、ウラナミシジミ、ベニシジミ、ヤマトシジミ等。昆虫/キボシカミキリ、テントウムシ、シロオビアワフキ、ツマグロオオヨコバイ、アキアカネ、ヒシバッタ、ツチイナゴ、ハラビロカマキリ、チョウセンカマキリ、コミミズクの幼虫等。鳥/ノスリ、ジョウビタキ、モズ、キセキレイ、ハクセキレイ、セグロセキレイ、スズメ、ガビチョウ、ハシブトガラス等。その他/ヤマコウバシの実、カマツカの実、イシミカワの実、アオツヅラフジの実、クサギの実、サルトリイバラの実、ガマズミの実、シオデの実、アケビの実、ノイバラの実、サネカズラの実、エビヅルの実、トキリマメの実等。
posted by 花虫とおる at 19:06| Comment(0) | 県  内

2015年10月30日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

昼食は800円とお高いが、とても美味しい鴨志田町のラーメン店「青龍」にて「半ラーメン+ミニ中華丼」セットを食べた。まあ、この日の為に格安な昼食を続けて来たのだから、良いかなあといった按配である。その後、健康昼寝を経て昨日に引き続いて新治市民の森へ行った。散策を開始するとジョウビタキの雌が、またしてもクルミ広場のオニグルミの天辺の枝先に止まっていた。帰路にも止まっていたので、余程この場所が気に入ったようである。この他には、これといった成果は無く、またしても健康ウォーキングとなってしまった。

zaki-20151030-jobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキの雌、ヒヨドリ、バン、コサギ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:43| Comment(0) | 緑  区

東京都町田市三輪町(午前)

昆虫が少なくなって、いよいよ手摺観察や葉捲りの季節が近づいている。しかし、霜が降りるまでは今まで通りと思うのだが行く当てが無い。そこで、久しぶりに町田市三輪町へ行ってみた。車を空き地に止めて周囲を見渡すとノハラアザミの群落が広がっていた。何故だか三輪町にはノハラアザミが多い。そこで何とか綺麗にと頑張ったが、足場が悪くてワンパターンの写真しか撮れなかった。また、クズの葉にヒシバッタを見つけたので、しめしめと近づいたが逃げられてしまった。

zaki-20151030-noharaazami.jpg
<ノハラアザミ>

そこで、谷戸奥に歩みを進めたらアカボシゴマダラがエノキの幼木に、ウラナミシジミがコガネタヌキマメに卵を産み付けていた。また、ノハラアザミにアカタテハが、コセンダングサにキチョウが吸蜜し、ムラサキツバメが葉上で羽を広げて日向ぼっこをしていた。ともに頂きますと近づいたら、ああ無常、逃げられてしまった。やはり億劫でも望遠レンズに付替えなければならなかったなあと後悔した。そんな訳で、黄葉したコブシの葉上で餌を狙うネコハエトリをカメラに納めた。

zaki-20151030-nekohaetori.jpg
<ネコハエトリ>

<今日出会った主なもの>花/ヤクシソウ、ノハラアザミ、コシロノセンダングサ、アメリカセンダングサ、セイタカアワタチソウ等。蝶/アカボシゴマタラ、アカタテハ、キタテハ、ツマグロヒョウモン、モンキチョウ、キチョウ、ムラサキツバメ、ウラナミシジミ、ベニシジミ、チャバネセセリ、イチモンジセセリ等。昆虫/クサギカメムシ、ツマグロオオヨコバイ、オオヨコバイ、アキアカネ、オンブバッタ、ハラビロカマキリ等。その他/ネコハエトリ、ノブドウの実、ノイバラの実等。
posted by 花虫とおる at 18:37| Comment(0) | 町田市

2015年10月29日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

昼食はサラダ無料券を貰ったので「なか卯」へ行き、500円の平日ランチを食べた。すなわち「ミニ牛丼+はいからうどん」に無料のサラダで、かなり豪華なメニューとなった。安倍ちゃんや黒田ちゃんがデノミ脱却の旗を振れども、お財布が厚くならねば、どうしょうもありませんよねー。午後からは例によって新治市民の森のカワセミの池まで行ったが、散策開始すぐのクルミ広場で、今季初のジョウビタキの雌をゲットした。これは幸先がとても良いわいと微笑んだが、その後は、なんにも撮れずの健康ウォーキングとなった。

zaki-20151029-jobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキの雌、コゲラ、モズ、シジュウカラ、ヒヨドリ、コサギ、アオサギ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:04| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区梅田川(午前)

今朝は、ほんの少し短時間だが雨がぱらついた。空は薄曇りで時折黒い雲が流れて来る。そんな訳で、いつ雨が降って来てもおかしくないので、すぐ車に逃げ込める梅田川へ行った。まずはススモモの丘から満倉谷戸へ行ったが、田んぼの縁に一本だがツクバトリカブトが咲いていた。久しぶりなのでゴールデンリトリバーの「りんちゃん」に挨拶して行こうと寄ってみたが、何処にも姿は無く、しかも鎖も見当らなかった。事によったらお隠れになったのかもしれない。

zaki-20151029-marubarukoso-mi.jpg
<マルバルコウソウの実>

その後、クルミ広場へ出て梅田川沿いを歩いたが、これぞといった被写体が見当たらないので、マルバルコウソウの実をバックを選んで撮影した。また、クサギの葉にクサギカメムシがいて嬉しくなった。更に、昆虫横丁まで歩みを進めたが、チャバネアオカメムシの幼虫が見られただけだった。そこで、養老院裏を通って戻ったが、陽が射して来たからか、アサギマダラ、ルリタテハ、ヒメアカタテハ、キタテハ、ツマグロヒョウモン等の蝶が賑やかに舞っていた。

zaki-20151029-chabaneaokamemushi-yochyu.jpg
<チャバネアオカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ツクバトリカブト、ヤクシソウ、ノハラアザミ、コセンダングサ、セイタカアワタチソウ、イモカタバミ等。蝶/アサギマダラ、ルリタテハ、ヒメアカタテハ、キタテハ、ツマグロヒョウモン、モンシロチョウ、モンキチョウ、キチョウ、ベニシジミ、ヤマトシジミ、チャバネセセリ等。昆虫/クサギカメムシ、チャバネアオカメムシの幼虫、ツマグロオオヨコバイ、アキアカネ、オンブバッタ、ハラビロカマキリ等。その他/マルバルコウソウの実、ゴンズイの実、クサギの実、ガマズミの実等。
posted by 花虫とおる at 17:56| Comment(0) | 緑  区

2015年10月28日

横浜市緑区北八朔公園

今日は午後から所用があるので、午前中のみの散策となった。こんな時は通例なら新吉田町なのだが、ローソン前の昆虫横丁に草刈りが入ったので、北八朔公園へ行った。まずはサンシュユの実を撮影したが、鴨池公園では実がほとんどついていなかったが、ここではたわわに実っていた。この差はいったい何故にと考えてしまうが、北八朔公園のは風通しの良い日向にあるからかもしれない。その他、ムラサキツバメが各所で見られたが、越冬前だから活発なのだろう。

zaki-20151028-sanshyuyu-mi.jpg
<サンシュユの実>

次に、心臓破りの階段を上って昆虫横丁へ行ったが、ここだけは一回も草刈りが入らなかった。しかし、朝晩の気温はだいぶ低くなったので、昆虫は見られないかもと危惧したが、クロウリハムシ、テントウムシ、チャバネアオカメムシ、マルカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、ヨツスジヒメシンクイ等が見られた。最後に公園奥へ降りて行ったが、擬木の手摺に、コカマキリ、ハラビロカマキリ、コバネイナゴ、オンブバッタ、ササキリ等が這っていた。

zaki-20151028-esakimonkitsunokamemushi.jpg
<エサキモンキツノカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/コシロノセンダングサ、キツネノマゴ、ハキダメギク、イモカタバミ、ジュウガツザクラ等。蝶/キチョウ、ムラサキツバメ、ヤマトシジミ等。昆虫/クロウリハムシ、テントウムシ、クサギカメムシ、チャバネアオカメムシ、マルカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、アキアカネ、コカマキリ、ハラビロカマキリ、コバネイナゴ、オンブバッタ、ササキリ、ヨツスジヒメシンクイ等。その他/サンシュユの実、ニシキギの実、クサギの実、ゴンズイの実等。
posted by 花虫とおる at 16:04| Comment(0) | 緑  区

2015年10月27日

神奈川県川崎市麻生区早野の里

一昨日は北風が吹いて寒かったが、今日は南風で気温が高くなった。加齢とともに気温の変化は身体に堪えるが、寝込んだりする風邪等には罹らないのは有り難い。今日も何処へ行こうかなと思ったが、コバノガマズミやヤブムラサキの実を撮りたいので早野の里へ行った。国道246号線を越さないと見られないのだ。まずはウマノスズクサの生える芝地へ行ったが、きれいさっぱりと草刈りがなされていて、今年は越冬蛹は無しかなと探したら、なんと一個だが見つかってほっした。

zaki-20151027-kobanogamazumi-mi.jpg
<コバノガマズミの実>

次に、野の花横丁へ降りて行ったが、途中、コウヤボウキやヤクシソウが咲いていた。また、「ハチの巣に注意!」との立て看板があって、地元の方によると昨日巣を除去したのだというが、パニック状態のスズメバチがわんさか飛んでいて危険を感じた。期待した野の花横丁は綺麗さっぱり草刈りがなされていた。近年、格安のエンジン付草刈り機が売り出されていて、何処も彼処も草刈りが入って困ってしまう。数年前は、これ程まででは無かったのになあと眉をしかめた。

zaki-20151027-jakoageha-yochyu.jpg
<ジャコウアゲハの蛹>

最後にハンノキ林を散策したが、アキアカネやナツアカネが竹の横柵に止まって日向ぼっこをしていた。また、小道沿いの手摺には、かなりくたびれたハラビロカマキリやアオマツムシの雌が見られ、何故かオオクモヘリカメムシがたくさんいた。そこで今日の目的であるコバノガマズミを見に行ったら、今年は豊作なのか鈴なりに実がなっていて嬉しくなった。コバノとはつくが、その実はガマズミより大きくて丸い。しかし、風が強い為に撮影には時間がかかった。

zaki-20151027-natsuakane.jpg
<ナツアカネ>

<今日出会った主なもの>花/コウヤボウキ、タイアザミ、シロヨメナ、カントウヨメナ、ヤクシソウ、イヌタデ、イモカタバミ等。蝶/ジャコウアゲハの蛹、アカボシゴマダラ、ツマグロヒョウモン、キチョウ、ウラギンシジミ、ムラサキツバメ、ベニシジミ、ヤマトシジミ、チャバネセセリ等。昆虫/キイロテントウ、オオクモヘリカメムシ、アミガサハゴロモ、ツマグロオオヨコバイ、アキアカネ、ナツアカネ、アオマツムシ、ハラビロカマキリ等。その他/クサギの実、ガマズミの実、コバノガマズミの実、ヤブムラサキの実、ムラサキシキブの実、ピラカンサの実等。
posted by 花虫とおる at 18:49| Comment(0) | 川崎市

2015年10月26日

横浜市緑区(仮称)ノビタキの里(午後)

午後からは昨日と同様に新治市民の森のカワセミの池まで往復したが、カワセミは不在だったものの、鎌立谷戸入口すぐの空き家の生垣で、やっとジョウビタキの雌に出会う事が出来た。残念な事に撮影までには至らなかったが、いずれ協力してくれる筈である。そんな訳でノーシャッターに終わったので、消化不良ですねと(仮称)ノビタキの里へ転戦した。ノビタキの季節は終了したようだが、モズ子ちゃんがいつもの竹の棒の先に止まっていたので嬉しくなった。

zaki-20151026-mozu-mesu.jpg
<モズの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/モズ、ハクセキレイ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:18| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区長津田町(仮称)246の森(午前)

今日は風は止んだが行く当てが無い。そこで、「昼飯は何が食べたい?」とお腹に聞いて見ると「かつや」のカツ丼ですねとの返事だったので、散策先は至近距離にある長津田町の(仮称)246の森と決まった。「かつや」へ行くと必ず1ヵ月間有効の100円割引券をくれるから、それを使えば「カツ丼の梅+豚汁の小」を頼んでも、なんとなんと537円ですむのだから、お財布にはとっても優しい。しかも大根の漬物が食べ放題なのだから堪えられない。

zaki-20151026-kiku.jpg
<キク>

いつもの場所に車を停めて散策を開始すると、まずは長津田10景の1つである天王鶯林(てんのうおうりん)という神社方面へ行くと、畑の傍らにキクが秋の陽に輝いていたので撮影した。また、サトイモの葉にクモヘリカメムシがいたので嬉しくなった。また、畑に挿してある棒の先にはナツアカネとアキアカネが止まっていた。今日は幸先が宜しいようでと快適に散策を続けたが、その後はこれといった被写体に巡り会わず、健康ウォーキングとなった。

zaki-20151026-kumoherikamemushi.jpg
<クモヘリカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/サラシナショウマ、コセンダングサ、セイタカアワダチソウ、イヌタデ、キツネノマゴ等。蝶/テングチョウ、ツマグロヒョウモン、キチョウ、ヤマトシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/クモヘリカメムシ、ナツアカネ、アキアカネ等。その他/クサギの実、ガマズミの実等。
posted by 花虫とおる at 18:13| Comment(0) | 緑  区

2015年10月25日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

昼食は、昨日ちょいと予算オーバーだったので、なんと510円とお安い「賄い丼+小うどん定食」を横濱うまいもん亭で食べた。午後からは健康昼寝の後に田んぼへ行ってみたが、風が強くて撮影どころでは無い。そこで昨日と同様、新治市民の森のカワセミの池まで行った。お隣の長津田町にジョウビタキが到着したというので、今日は会えるのではないかと期待したのだが、ヒヨドリの囀りが聞こえるのみである。しかし、久しぶりにフレンドリーなカワセミがいて嬉しくなった。

zaki-20151025-kawasemi-osu.jpg
<カワセミの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 18:21| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区鴨池公園(午前)

昼のニュースで木枯らし1号が吹いたと報じられたが、朝から北風が強くて寒い。そんな訳で何処へ行っても写真撮影は難しい。それなら久しぶりに鴨池公園から葛ヶ谷公園だと行ってみた。まずはキノコ横丁から葛ヶ谷公園へ歩みを進めたが、アカスジキンカメムシの幼虫やエサキモンキツノカメムシが見られたものの、風が強くて撮影出来なかった。そこでUターンして風が防げる鴨池公園の柿の木広場で、シャクチリソバを撮影した。実は食べられないが若い葉は食用になるらしい。

zaki-20151025-shakuchirisoba.jpg
<シャクチリソバ>

<今日出会った主なもの>花/シャクチリソバ、ツワブキ、セイタカアワダチソウ、サザンカ等。蝶/キタテハ、ツマグロヒョウモン、キチョウ、ウラギンシジミ、ムラサキシジミ、チャバネセセリ等。昆虫/テントウムシ、エサキモンキツノカメムシ、アカスジキンカメムシの幼虫、アオバハゴロモ、アキアカネ等。その他/サンシュユの実等。
posted by 花虫とおる at 18:16| Comment(0) | 都筑区

2015年10月24日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

昼食は、毎度お馴染みの華風料理「一心」でとり、健康昼寝の後に田んぼ巡りをしたが、風が強くて鳥影もほとんど無かった。そこで、港北ニュータウンの煙草爺ちゃんが早淵川でジョウビタキの雄を2羽見たと言うので、新治市民の森にもきっと来ている筈とカワセミの池まで往復した。しかし、鳥影はまことに薄く、電線に止まるハクセキレをカメラに納めた。こんな時は梅田川遊水地でカワセミがお待ちかねかなと期待したが、コサギが2羽いるだけだった。

zaki-20151024-hakusekirei.jpg
<ハクセキレイ>

<今日出会った主なもの>鳥/ハクセキレイ、スズメ、コサギ等。
posted by 花虫とおる at 18:09| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

今日は、キノコの季節が終わってから、しばらく散策していなかった茅ヶ崎公園へ久しぶりに行った。まずはキノコ横丁へ寄り道したが、小さなキノコが生えているだけで、美しかった緑の苔も枯れている部分が増えて来た。そこで、コウヤボウキを撮ろうと尾根筋に上ったが、やや風があって、茎が細いから揺れに揺れて、良い写真は得られなかった。和歌山県の高野山では、その昔、この細い茎を束にして箒を作ったらしい。それが名の由来とあるが、まこと成程合点である。

zaki-20151024-enokitake.jpg
<エノキタケ>

そこで、薄暗い谷に降りてハダカホオズキの実は色づいたかなと行ってみると、有り難い事にかなり色づいていた。その名の通りハダカホオズキはホオズキの仲間だが、果実がホオズキのように袋に包まれる事無く、裸のままだから命名されたらしい。ハダカホオズキを無事に撮り終わって引き返すと、切り倒された丸太にエノキタケが爆生していた。そこで丸太を少し転がして、傘の裏の部分を撮影した。味噌汁の具にすると美味しいらしいが、食べる勇気がまだ湧かない。

zaki-20151024-hadakahozuki-mi.jpg
<ハダカホオズキの実>

<今日出会った主なもの>花/サクラタデ、イヌホオズキ、コウヤボウキ等。蝶/キチョウ等。昆虫/テントウムシ、コミミズクの幼虫、アキアカネ等。キノコ/エノキタケ等。鳥/カワセミ、アオサギ等。その他/ゴンズイの実、ノイバラの実、ハダカホオズキの実等。
posted by 花虫とおる at 18:03| Comment(0) | 都筑区

2015年10月23日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

今日は久しぶりに一日中曇りで、写真撮影には絶好の日和となったが、散策する場所の当てが無い。そこで成果は期待出来ないものの、四季の家で野鳥写真家「風のむろさん」の写真展が開催されているので、寺家ふるさと村へ行った。まずは写真展を覗いたが、小鳥たちの可愛い仕草の写真がたくさん並んでいた。顏はどちらかというとチョウゲンボウやトラフズク等の猛禽類に似ているのだが、心はとても優しいのだろう。まこと人間は、外観だけでは判断出来ないなあと微笑んだ。

zaki-20151023-ishimikawa-mi.jpg
<イシミカワの実>

その後、今日は散策コースを変えて、まずは居谷戸方面へ歩みを進めた。すると幸先良くイシミカワの実を見つけて嬉しくなった。人通りの多い山田谷戸に比べると裏道の様な居谷戸は、草刈り等も少なくさすがですねと思ったが、その後が続かない。トキリマメの実やクサギの実はあったが、イシミカワの実をカメラに納めているので昆虫を探したが、まったく見つからなかった。そこで尾根を越えて水車小屋へ下ったが、野鳥カメラマンがクマノミズキの実を食べにくる小鳥を狙っていた。

zaki-20151023-ojiroashinagazomushi.jpg
<オジロアシナガゾウムシ>

当然の事として昆虫街道へ行ったが、曇り日の為か時間が経過したからか、下草の葉上は乾いていてほっとした。まずは、ピンクの縁取りがとても綺麗なアカスジキンカメムシの4齢幼虫を見つけた。次に真面目を絵に描いた様なオジロアシナガゾウムシを見つけた。まこと昆虫が減少しているからスター的存在である。更に、9月末の観察会でも観察されたヒメツノカメムシがオオミゾソバの葉上に静止していた。その他、エサキモンキツノカメムシも見らたから、まあまあの賑わいであった。

zaki-20151023-himetsunokamemushi.jpg
<ヒメツノカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/イヌタデ、ゲンノショウコ、カントウヨメナ、ユウガギク、タイアザミ、アキノノゲシ、コセンダングサ、セイタカアワダチソウ等。蝶/イチモンジセセリ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、アミガサハゴロモ、アカスジキンカメムシの幼虫、エサキモンキツノカメムシ、ヒメツノカメムシ、アキアカネ、コバネイナゴ、オンブバッタ等。その他/トキリマメの実、クサギの実等。
posted by 花虫とおる at 18:05| Comment(2) | 青葉区

2015年10月22日

横浜市港北区新羽町

秋も深まって野の花や昆虫が減少し、いよいよ被写体が少なくなった。そんな訳で何処へ行っても貧果は必至なので、しばらく散策していなかった新羽町へ行ってみた。散策を開始するとカマツカの赤い実が路傍に落ちていたので見上げると、良い按配に実をつけている木があった。しかし、急斜面に生えているので近づけず涙を飲んだ。そこで新羽丘陵公園へ歩みを進めたが、イシミカワの実は盛期を過ぎていたが、ヒヨドリジョウゴの実が色づいていたのでカメラに納めた。

zaki-20151022-hiyodorijogo-mi.jpg
<ヒヨドリジョウゴの実>

その後、農耕地へ下りて行ったが、ダイズの葉にアオクサカメムシが見られた。期待したオオケタデは盛期を過ぎ、クコの群落は跡形なく消えていた。これは困ったなあと昨日のようにフキの葉上を見て回ったが、オンブバッタと何故かハナグモがいた位であった。今日は一枚の写真でブログアップかなと思われたが、車に戻る途中にクサギの幼木がたくさん生えていたので、じゅっくりと葉上を探すと、クサギカメムシの幼虫とキバラヘリカメムシを見つけてほっとした。

zaki-20151022-kibaraherikamemushi.jpg
<キバラヘリカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/セイタカアワダチソウ、アキノノゲシ、コセンダングサ、ハキダメギク、オオケタデ、イモカタバミ等。蝶/ツマグロヒョウモン、ヤマトシジミ等。昆虫/アオクサカメムシ、クサギカメムシ、キバラヘリカメムシ、アキアカネ、オンブバッタ等。その他/カマツカの実、ヒヨドリジョウゴの実、ハナグモ等。
posted by 花虫とおる at 17:55| Comment(0) | 港北区

2015年10月21日

横浜市港北区新吉田町

今日は朝から曇っていて北風がやや強い。午後からは通院等の所用もあるし、昼食は華風料理「一心」にて600円の野菜炒め定食を食べたいと、行く先は毎度お馴染みの新吉田町と決まった。まずは、しばらく散策していなかった尾根道を通って杉山神社方面へ行った。途中、ベニバナボロギクが咲いていたので、保険としてカメラに納めた。その後、これといった被写体が見つからないので、フキが生えている路傍へ行くと、葉上にヒシバッタが鎮座していた。

zaki-20151021-benibanaborogiku.jpg
<ベニバナボロギク>

一回りしてくると当然ローソン前の昆虫横丁へ寄ったが、オジロアシナガゾウムシ、トホシテントウ、ホシハラビロヘリカメム、キバラヘリカメムシ、エサキモンキツノカメムシが見られた位で、まこと寂しい限りであった。そこで丘の上の畑へ行ったが、相変わらずカナムグラの葉にシロヘリクチブトカメムシの幼虫が群がっていた。次第に陽射しが増して来たので、モンシロチョウがかなり舞い、キタテハも活動を開始していたものの、写欲を誘うものには出合えなかった。

zaki-20151021-hishibata.jpg
<ヒシバッタ>

<今日出会った主なもの>花/コウヤボウキ、ベニバナボロギク、アキノノゲシ、コセンダングサ、カントウヨメナ、ハキダメギク、オオケタデ、イヌタデ、アカバナユウゲショウ、ホトケノザ、イモカタバミ等。蝶/キタテハ、モンシロチョウ、ベニシジミ、ヤマトシジミ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、トホシテントウ、シロヘリクチブトカメムシの幼虫、クサギカメムシ、ホシハラビロヘリカメム、キバラヘリカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、アキアカネ、ヒシバッタ、オンブバッタ、ショウリョウバッタモドキ等。鳥/モズ等。その他/クサギの実、ノイパラの実、ナガコガネグモ、ジョロウグモ等。
posted by 花虫とおる at 15:57| Comment(0) | 港北区

2015年10月20日

横浜市緑区(仮称)ノビタキの里(午後)

昼食は予定通りに「なか卯」へ行って、平日500円ランチを食べ、田んぼにて秋の陽が降り注ぐ中で健康昼寝を貪った。その後、田んぼ巡りをしたがノビタキやムナグロは見られず、しからばジョウビタキが飛来していないかと新治市民の森入口付近を探したが見当らなかった。そこで、またしても(仮称)ノビタキの里へ戻ってモズの雌を撮影した。夕方になるとモズの活動が活発になるのか、雄が2羽、雌が1羽いて、今年はモズの当たり年なのかなあと思う程であった。

zaki-20151020-mozu-mesu.jpg
<モズの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/モズ、ハクセキレイ、ムクドリ、スズメ、アオサギ、コサギ等。
posted by 花虫とおる at 19:10| Comment(2) | 緑  区

横浜市緑区横浜動物の森公園(午前)

今日も行く当てが無いので、「なか卯」で貰った鳥の唐揚げ2個無料券の有効期限が近づいていたので、至近距離の横浜動物の森公園へ行った。小さな唐揚げたった2個に釣られるのも情けないが、生まれついた貧乏性は直りそうもない。もっとも、小遣いが煙草代に消えてコンビニおにぎり2個や菓子パン2個の方もいるし、生まれてから一度も「ふぐ料理」や「松茸料理」を食べた事の無い方もいる。私もそのうち冥途の土産に「ふぐ料理」や「松茸料理」を食べたおきたいものである。

zaki-20151020-yakushiso.jpg
<ヤクシソウ>

車をいつもの場所に停めて横浜動物の森公園へ向ったが、途中の三保念珠坂公園下は昆虫達が死に絶えたかのような静けさだった。バス通りを渡って旧道に入るとヤクシソウが咲いていた。横浜動物の森に入ると、陽当たりの良いクサギの葉上にクヌギカメムシを見つけた位で、これといった昆虫は見当らず、コガタコガネグモをカメラに納めて引き返した。途中の老人ホーム周辺では色とりどりのコスモスが乱れ咲き、セイタカアワダチソウにツマグロヒョウモンが吸蜜していた。

zaki-20151020-kogatakoganegumo.jpg
<コガタコガネグモ>

<今日出会った主なもの>花/ヤクシソウ、ミゾソバ、イヌタデ、セイタカアワダチソウ、アキノノゲシ、コセンダングサ、ヤマハギ等。蝶/ツマグロヒョウモン、キチョウ、クロコノマチョウ、イチモンジセセリ等。昆虫/エサキモンキツノカメムシ、クサギカメムシ、アキアカネ、マユタテアカネ、ツチイナゴ、オンブバッタ、ルリチュウジレン等。その他/コガタコガネグモ、ジョロウグモ、クサギの実、カマツカの実、ガマズミの実、ゴンズイの実等。
posted by 花虫とおる at 19:02| Comment(0) | 緑  区

2015年10月19日

横浜市緑区北八朔公園

ここといった行きたい場所も撮りたいもの無いので、昼に港北PAの豚汁定食を食べたいから、至近距離の北八朔公園へ行った。園内に入ると花壇の脇に何故かコミカンソウがかなり生えていたのには驚いたが、絵になる場所では無かったので撮影は諦めた。そこで日陰に咲いているタイワンホトトギスを撮影した。また、ジュウガツザクラがまばらに花をつけていた。例によってキマダラカメムシを探したが見当らず、マユタテアカネが陽に温められた手摺に止まっていた。

zaki-20151019-taiwanhototogisu.jpg
<タイワンホトトギス>

心臓破りの階段を上って昆虫横丁へ行ったが、昆虫の賑わいは全くなく、僅かに、クロウリハムシ、ダンダラテントウ、エサキモンキツノカメムシが見られた。いつもなら必ず見られるクサギカメムシもいないのだから、完全閉店は間近の様である。そこで雑木林を下って公園奥の広場に行ったが、手摺に大型のキリギリスであるクダマキモドキが見られた。帰り際に、またしてもキマダラカメムシを探したが見当らず、キタテハが根際に染み出る樹液を吸っていた。

zaki-20151019-dandaratento.jpg
<ダンダラテントウ>

<今日出会った主なもの>花/イヌタデ、コシロノセンダングサ、アメリカセンダングサ、コミカンソウ、セイタカアワダチソウ、タイワンホトトギス等。蝶/キタテハ、ツマグロヒョウモン、ヒカゲチョウ等。昆虫/クロウリハムシ、ダンダラテントウ、エサキモンキツノカメムシ、ナツアカネ、アキアカネ、マユタテアカネ、ハラビロカマキリ、クダマキモドキ、オンブバッタ等。
posted by 花虫とおる at 18:20| Comment(0) | 緑  区

2015年10月18日

横浜市緑区新治市民の森

今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。予定は昨日だったのだが雨で日延べとなり、参加者が少ないかなと思ったが、たくさんの方々が参加されてほっとした。しかし、午前9時開門の駐車場がなかなか開かずに慌てたが、集合時間には間に合ってほっした。駐車場から池ぶち広場に降りて行く途中でも、ゴンズイの実やオオホシカメムシ等がいて、早くも歩む速度が遅くなった。池ぶち広場では初参加の方や自転車で来られた仲間が首を長くして待っていた。

zaki-20151018-gonzui-mi.jpg
<ゴンズイの実>

まずはカワセミの池方面へ行ったが、やたらにクロコノマチョウが飛び出して驚いたが、草原には食草のジュズダマが繁茂していた。今日は至る所でカマキリも目立ったが、こんなに多いと捕獲される昆虫はもの凄い数に上るのではなかろうか。カワセミの池には鳥は不在で「にいはる里山交流センター」に向け踵を返したが、可愛らしいコミカンソウが路傍に見られ、下草にはアカハバビロオオキノコムシが止まっていた。図鑑を開くとカイガラタケやカワラタケがお好みの様である。

zaki-20151018-ooaoitotonbo.jpg
<オオアオイトトンボ>

また、何故か一本だけ植栽されているマテバシイに、ムラサキツバメが飛んで来た。「にいはる里山交流センター」には予定より30分遅れで到着し、昼食をぱくついた後に旭谷戸へ行った。最奥の谷戸田にはツリガネニンジンやノハラアザミが咲き乱れ、期待したツクバトリカブトは昨年程では無かったが咲いていた。今日の観察会のお目当てであるオオアオイトトンボはかなりたくさん居て、良い所に止まっているのに仲間がちょっかいしに来るので撮影に手古摺った。

zaki-20151018-akahababiroookinokomushi.jpg
<アカハバビロオオキノコムシ>

<今日出会った主なもの>花/ツクバトリカブト、イヌタデ、ツリガネニンジン、シロヨメナ、ヤクシソウ、カントウヨメナ、サラシナショウマ、ミゾソバ、ヒヨドリバナ、ゲンノショウコ、ノハラアザミ、コセンダングサ、セイタカアワタチソウ、コミカンソウ等。蝶/キタテハ、コミスジ、ルリタテハの幼虫、ツマグロヒョウモン、メスグロヒョウモン、クロコノマチョウ、キチョウ、モンシロチョウ、ムラサキツバメ、ベニシジミ、ヤマトシジミ、チャバネセセリ、イチモンジセセリ等。昆虫/キボシカミキリ、クロウリハムシ、アカハバビロオオキノコムシ、クサギカメムシ、オオホシカメムシ、ホソヘリカメムシ、クモヘリカンメムシ、オオクモヘリカメムシ、ホオズキカメムシ、ハリカメムシ、アカスジキンカメムシの幼虫、ツマグロオオヨコバイ、オニヤンマ、ネキトンボ、アキアカネ、マユタテアカネ、オオアオイトトンボ、ウマオイ、コバネイナゴ、ショウリョウバッタモドキ、オンブバッタ、オオカマキリ、ハラビロカマキリ、コカマキリ等。鳥/モズ等。キノコ/シロツチグリ等。その他/ゴンズイの実、クサギの実、ノイバラの実、ガマズミの実、ニシキギの実等。
posted by 花虫とおる at 18:46| Comment(0) | 緑  区

2015年10月17日

横浜市緑区(仮称)ノビタキの里(夕方)

今日は午前中に健康朝寝をしたので、まだかなり時間が残っている。そこで、お馴染みの(仮称)ノビタキの里へ行ったが、ノビタキもモズも見られない。雨上がりで気温が低く、まだ雲がかなり厚いから、晩秋の様な様相である。やはり秋の田んぼは「天高く馬肥ゆる」がお似合いですねと苦笑し、恩田川を越え、横浜線近くの田んぼへ車を走らせたら、有り難い事に鳥友が一人いて、ムナグロを撮っていた。そこで図々しくお仲間に入れて貰って、ローアングルで撮影した。

zaki-20151017-munaguro.jpg
<ムナグロ>

<今日出会った主なもの>鳥/ムナグロ、ハクセキレイ等。
posted by 花虫とおる at 18:06| Comment(0) | 緑  区

横浜市港北区新吉田町(午後)

今日は道端自然観察会の日であったが、天気が思わしくないので日延べとなった。天気予報通り朝から弱い雨が降っていたので、日延べは的確な判断だったが、正午近くに止んだので新吉田町へ行った。それにしても、とんでもなく酷過ぎる。都筑区に建つ700戸もあるマンションが、ずさんな基礎工事の為に傾いた。ニュースが流れる度に、なんだか都筑区までもがイメージダウンに繋がると眉をしかめたが、港北ニュータウンではなく、「ららぽーと横浜」に隣接しているらしい。

zaki-20151017-seiyokamatsuka-mi.jpg
<セイヨウカマツカの実>

ドイツのフォルクスワーゲンの不正に比べると規模は小さいものの、住んでいる方々のストレスはとんでもなく多大なものであるに違いない。今日も、まずはローソン前の昆虫横丁から始めて、家庭菜園の谷、丘の上の畑へと歩みを進めたが、雨上がりで気温が低めなのに前回と同様なものが見られた。特にシロヘリクチブトカメムシの幼虫は、カナムグラの葉上に合計10匹位も群がっていた。最後に、「彩が欲しいなあ」と車で移動して、セイヨウカマツカの実をカメラに納めた。

zaki-20151017-akasujikamemushi.jpg
<アカスジカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/キクイモ、カントウヨメナ、ハキダメギク、オオケタデ、イヌタデ、アカバナユウゲショウ、ヤブマメ、コセンダングサ、イモカタバミ等。蝶/キタテハ、ツマグロヒョウモン、モンシロチョウ、ヤマトシジミ、チャバネセセリ、イチモンジセセリ等。昆虫/アカスジカメムシ、ヒメジュウジナガカメムシ、シロヘリクチブトカメムシの幼虫、クサギカメムシの幼虫、ホシハラビロヘリカメム、アキアカネ、エンマコオロギ、オンブバッタ等。鳥/モズ等。その他/セイヨウカマツカの実、ナガコガネグモ、ジョロウグモ等。
posted by 花虫とおる at 18:04| Comment(0) | 港北区

2015年10月15日

横浜市緑区梅田川(午後)

午後からは健康昼寝の後に毎度お馴染みの田んぼ巡りをしたものの、稲刈りが盛んに行われていて、モズは居たもののノビタキは見られなかった。そこで「運動ですね」と割り切ってデジスコを担いぎ、期待薄な新治市民の森のカワセミの池まで行った。今日はカワセミはいたものの、とても臆病なのかすぐに飛び去ってしまった。そこでUターンして梅田川遊水地へ行ったら、なんとなんとススキが生える湿地にノビタキが2羽もいて、池にはカワセミが棒の先でお待ちかねであった。

zaki-20151015-kawasemi-osu.jpg
<カワセミの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、ノビタキ、シジュウカラ、ガビチョウ、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 18:31| Comment(0) | 緑  区

神奈川県川崎市麻生区早野の里(午前)

今日も秋晴れで風も無く散策日和だが行く当てが無い。昆虫は減少したし各所で草刈りが入って、これといった道端自然観察に好適な所が少なくなった。そこで、こんな時はお腹に問い合わせるのが一番と、「今日の昼飯は何が食べたい?」と聞いて見ると、即座に島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑の「ラーメン+チャーハンセット」との答えが返って来た。「極旨ラーメン」が「あっさりラーメン」に変わって美味しさは減じたが、それでも間が空くと食べたくなる。

zaki-20151015-kosumosu.jpg
<コスモス>

そんな訳で成果は期待出来ないものの早野の里へ行った。まずは霊園内の日陰の道端を往復したが、昆虫は見られなかったが、ゴンズイやクサギの実が綺麗だった。また、ジャコウアゲハの蛹はないかと探したが、一個も見つからなかった。しかも、ウマノスズクサが何故だか消えていた。次に、野の花横丁へ下りて行ったが、コシオガマは咲き終わりキバナアキギリが僅かに残っていた。また、ヤクシソウがかなり咲いていたが、写欲に叶うものはなかった。

zaki-20151015-pirakansa-mi.jpg
<ピラカンサの実>

そこで農耕地へ歩みを進めると、ピラカンサの実が秋の陽に輝いていたのでカメラに納めた。最後にハンノキ林へ行ったが、クサギの葉にササキリが止まっていたので嬉しくなった。マユタテアカネも見られたが、棒の先には止まらず、暖められた手摺に止まる個体ばかりなので撮影は諦めた。そこでハヤトウリの葉に何かいないかと探したら、クロウリハムシ、ウリハムシ、マルカメムシ、ツマグロオオヨコバイ、ナガメ等が見られたが、撮影に非協力的であった。

zaki-20151015-sasakiri.jpg
<ササキリ>

<今日出会った主なもの>花/キバナアキギリ、タイアザミ、ゲンノショウコ、カントウヨメナ、キクイモ、ヤクシソウ、ミゾソバ、イヌタデ、イモカタバミ等。蝶/アオスジアゲハ、ツマグロヒョウモン、ヤマトシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/クロウリハムシ、ウリハムシ、マルカメムシ、ツマグロオオヨコバイ、ナガメ、アキアカネ、マユタテアカネ、ササキリ等。その他/アワブキの実、ゴンズイの実、クサギの実、ガマズミの実、ムラサキシキブの実、ピラカンサの実等。
posted by 花虫とおる at 18:24| Comment(0) | 川崎市

2015年10月14日

横浜市港北区新吉田町

今日は、ぐずついた天気では無いのに新吉田町を散策した。そこで、まずは久しぶりに円応寺方面へ行ったが、植木屋さんの畑のセイヨウカマツカの実が真っ赤に色づいている位で、これといった被写体は見つからなかった。そこで、ローソン前の昆虫横丁と家庭菜園の谷を歩いたが、クサギカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシの幼虫、キバラヘリカメムシの幼虫等が見られただけで、寂しい昆虫横丁に変貌していた。しかし、気温が上昇してくれば、もう少し期待出来るかもしれない。

zaki-20151014-tsumagurohyomon-mesu.jpg
<ツマグロヒョウモンの雌>

これは困ったなあ、少なくともアキアカネとモンシロチョウの蛹は撮れるからと、丘の上の畑へ行ったが、前回と同様、シロヘリクチブトカメムシの幼虫がカナムグラの葉に2匹も静止していた。次に、収穫が終わって花が咲いているニンジンが少し残っていたので行ってみると、予想した通り、アカスジカメムシが3匹も花の上に集合していた。そろそろ時間だなあと農道へ戻ると、路傍に咲いているセイタカアワダチソウに、ツマグロヒョウモンとキタテハが吸蜜していたので嬉しくなった。

zaki-20151014-akiakane.jpg
<アキアカネの雄>

<今日出会った主なもの>花/キクイモ、カントウヨメナ、ハキダメギク、オオケタデ、イヌタデ、アカバナユウゲショウ、ヤブマメ、コセンダングサ、イモカタバミ等。蝶/キアゲハ、キタテハ、ツマグロヒョウモン、モンキチョウ、モンシロチョウ、ヤマトシジミ、チャバネセセリ、イチモンジセセリ等。昆虫/アカスジカメムシ、シロヘリクチブトカメムシの幼虫、クサギカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシの幼虫、キバラヘリカメムシの幼虫、アキアカネ、オンブバッタ等。鳥/モズ等。
posted by 花虫とおる at 16:02| Comment(0) | 港北区

2015年10月13日

横浜市緑区(仮称)ノビタキの里(午後)

昼食は久しぶりに鴨志田町のラーメン店「青龍」へ行って、半ラーメン+ミニ中華丼セットを食べた。とても美味しいのだが、なんと800円なので眉をしかめた。先だって読んだ週刊誌に、公務員の昼食代は800円、民間サラリーマンの昼食代は600円との記事があったが、まこと今日は公務員並みの贅沢をしてしまった。午後からは新治市民の森のカワセミの池まで往復したが、カワセミは不在で、(仮称)ノビタキの里へ転戦した。するとモズの雄がお待ちかねであった。

zaki-20151013-mozu-osu.jpg
<モズの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ノビタキ、モズ、ハクセキレイ、ムクドリ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:21| Comment(0) | 緑  区

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午前)

齢をとったからかもしれないが、昔の政治家に比べると安倍ちゃんは非常に軽いなあと感ずる。自民党総裁に再選され内閣改造を行って、「新3本の矢」という次なる政策を発表した。第1の矢は「希望を生み出す強い経済」、第2の矢は「夢をつむぐ子育て支援」、そして第3の矢は「安心につながる社会保障」という事らしい。また、「1億総活躍社会」を目指すのだという。まこと「言うは易く行うは難し」で、「物言えば唇寒し秋の風」政権と言えるのではなかろうか。

zaki-20151013-kantoyomena.jpg
<カントウヨメナ>

今日は唇寒し秋の風ではないポカポカ陽気となったので、もう一度、アカトンボを探そうと寺家ふるさと村へ行った。しかし、アキアカネの数はかなり減って、ナツアカネはたったの2匹しか見られなかった。その他、コノシメトンボ、マユタテアカネは見られたものの、足場の悪い所に止まっていて撮影は諦めざるを得なかった。しからば昆虫横丁だと行ってみると、朝露が降りて湿っていた。どうやら寺家ふるさと村の昆虫達の賑わいは、もう終わったようである。

zaki-20151013-natsuakane.jpg
<ナツアカネの雄>

<今日出会った主なもの>花/ツクバトリカブト、ツリフネソウ、アキノウナギヅカミ、オオミゾソバ、ワレモコウ、カントウヨメナ、ユウガギク、タイアザミ、ノハラアザミ、コセンダングサ等。蝶/テングチョウ、ヒメアカタテハ、ツマグロヒョウモン、イチモンジセセリ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、クサギカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、ナツアカネ、アキアカネ、マユタテアカネ、コノシメトンボ、コバネイナゴ等。
posted by 花虫とおる at 18:16| Comment(0) | 青葉区

2015年10月12日

横浜市緑区(仮称)ノビタキの里(午後)

昼食は、もちろん至近距離にある港北PAの「横濱うまいもん亭」へ行って570円の豚汁定食を食べた。まこと常に財布が薄い貧乏生活を送っている者にとっては、嬉しい値段である。その後、健康昼寝の後に(仮称)ノビタキの里へ行った。前回(10月7日)の相模原市で撮ってアップしたノビタキは、目の周りに黒い部分が残っている雄で、可愛くないと不評だった。そこで、今日は色白の個体をと探したら、お待ちかねであった。雌なのか幼鳥なのかは分からないが、確かに目の周りが黒いものより人相ならぬ鳥相が良くて数段可愛い。そこで、遠くにある実が色づいた柿をバックに撮影した。

zaki-20151012-nobitaki.jpg
<ノビタキ>

<今日出会った主なもの>鳥/ノビタキ、モズ、ハクセキレイ、ムクドリ、スズメ、コサギ等。
posted by 花虫とおる at 18:43| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区北八朔公園(午前)

昨日は一日中ぐずついた天気だったので気温が上がらず寒い位であったが、今日は雲一つ無い晴天で、暑い位の陽気となった。そこで日陰の昆虫横丁のある北八朔公園へ行った。園内に入ると棒の先等にアカトンボが止まっていた。ほとんどがアキアカネだったが、ナツアカネが一匹見られた。例年ならリスアカネも見られるのだが、今年はコノシメトンボがほんの少し見られただけだった。今日もキマダラカメムシは居ないかと探してみたが、残念ながら見つからなかった。

zaki-20151012-ruritateha.jpg
<ルリタテハ>

そこで昆虫横丁へ上って行ったが、セスジナガカメムシ、チャバネアオカメムシ、クサギカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、ツヤマルシラホシカメムシ等のカメムシが多かったが、まだクロウリハムシがカラスウリの葉を食べていた。何遍も往復していたら違った昆虫が現れるかもしれないと思ったが、木の実、草の実でも撮ろうと雑木林を通って公園へ降りて行った。しかし、これといった被写体は無かったものの、ルリタテハが日向ぼっこをしていて嬉しくなった。

zaki-20151012-chabaneaokamemushi.jpg
<チャバネアオカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/イヌタデ、コシロノセンダングサ、アメリカセンダングサ、ママコノシリヌグイ等。蝶/ルリタテハ、ツマグロヒョウモン、クロコノマチョウ、ヒカゲチョウ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、クロウリハムシ、テントウムシ、セスジナガカメムシ、チャバネアオカメムシ、クサギカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、ツヤマルシラホシカメムシ、ナツアカネ、アキアカネ、ハラビロカマキリ、ヨツスジヒメシンクイ等。
posted by 花虫とおる at 18:37| Comment(0) | 緑  区

2015年10月11日

横浜市港北区新吉田町

朝起きて外を見ると予報通り雨がぱらついていた。そこで、久しぶりに朝食後、布団にUターンした。もちろん昼前に起きたが、まだ雨がぱらついているので眉をしかめた。しかし、もうすぐ正午、すぐ止むだろうと期待したが、結局、午後1時頃に止んだので、しばらく待ってから新吉田町へ行った。まずはローソン前の昆虫横丁へ寄ったが、下草の葉上はやや濡れていて、見られる昆虫も少なかったが、コセンダングサにヒメジュウジナガカメムシやホソヒラタアブが見られた。

zaki-20151011-hosohirataabu.jpg
<ホソヒラタアブ>

次に、家庭菜園の小道へ歩みを進めたが、これといった被写体は無かったものの、畑には、コスモス、シュウメイギク、ホトトギス、ケイトウ等が咲いていた。そこで踵を返して戻り、丘の上の畑へ行ったら、初見となるシロヘリクチブトカメムシの幼虫がいて嬉しくなった。前回に引き続いてまたしても初見なのだから、まこと新吉田町は不思議な所である。その後、畑の横の物置の壁にモンシロチョウの蛹が3つついていたのでカメラに納めた。多分、このまま越冬するのだろう。

zaki-20151011-shiroherikuchibutokamemushi.jpg
<シロヘリクチブトカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/キクイモ、カントウヨメナ、ハキダメギク、オオケタデ、イヌタデ、アカバナユウゲショウ、ヤブマメ、コセンダングサ、ツユクサ、ヒヨドリジョウゴ等。蝶/モンシロチョウの蛹、ヤマトシジミ、チャバネセセリ、イチモンジセセリ等。昆虫/シロヘリクチブトカメムシの幼虫、クサギカメムシの幼虫、チャバネアオカメムシ、ヒメジュウジナガカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、ホシハラビロヘリカメムシ、キバラヘリカメムシの幼虫、アキアカネ、オンブバッタ、ホタルガ等。鳥/モズ等。
posted by 花虫とおる at 17:37| Comment(0) | 港北区

2015年10月10日

横浜市緑区横浜動物の森公園

今朝はかなり冷え込んだ。いよいよ秋本番なのだが、今日は一日中曇りとの事で、散策及び写真撮影には絶好である。そこで梅田川沿いから久しぶりに横浜動物の森公園へ行った。まずは三保念珠坂公園下で保険としてエサキモンキツノカメムシの幼虫をカメラに納めた。その他、クサギカメムシやマユタテアカネが見られたものの、相変わらず昆虫の姿は少なかった。バス通りを横切って横浜動物の森へ向かうと、途中の路傍に、ミゾソバやゲンノショウコが咲いていた。

zaki-20151010-gamazumi-mi.jpg
<ガマズミの実>

横浜動物の森公園では、オジロアシナガゾウムシやクロウリハムシが見られた位で昆虫の姿は少なく、しからば野の花でもと探したが、これといったものは咲いていなかった。また、湿地では全国都市緑化フェアに向けて、一面に生えるアシを根こそぎ除去する作業が行われていた。ハスやハナショウブ等が植えられるのかもしれない。そんな訳で被写体も無いし騒がしいので、元掘立小屋広場から雑木林に入って木の実を探したら、ガマズミとゴンズイが色づいていた。

zaki-20151010-esakimonkitsunokamemushi-yochyu.jpg
<エサキモンキツノカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ミゾソバ、イヌタデ、ミズヒキ、ゲンノショウコ、セイタカアワダチソウ、アキノノゲシ、コセンダングサ、ヤマハギ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、クロウリハムシ、エサキモンキツノカメムシの幼虫、クサギカメムシの幼虫、アキアカネ、マユタテアカネ、オンブバッタ、ルリチュウジレン等。その他/ガマズミの実、ゴンズイの実等。
posted by 花虫とおる at 17:55| Comment(0) | 緑  区

2015年10月09日

横浜市緑区長津田町(仮称)246の森

今日は風がかなり治まったので、まだ良い写真が撮れてないネキトンボを探しに長津田町の(仮称)246の森へ行った。散策を開始するとイシミカワの実が色づいていたのでカメラに納めた。イシミカワはタデ科で、ママコノシリヌグイに近縁なのか茎には鋭い棘がある。ママコノシリヌグイは何処でも見られるが、イシミカワは比較的少ないので貴重品である。しかし、生えている所では爆生している事が多く、触れると痛いから、きっと地主さんも刈る気になれないのだろう。

zaki-20151009-ishimikawa-mi.jpg
<イシミカワの実>

次に昆虫横丁へ寄ったが、ヨツボシヒョウタンナガカメムシがいたので慎重に撮影した。これで写真は2枚確保したから気楽になり、ネキトンボを探しに農耕地の方に降りて行ったが、居た事は居たものの、ビニール被膜の棒の先だったので、何処か良い所へ止まってよと飛び立たせたら、空高く消えてしまった。そこで丘の上の畑へ行ったが、ここでもネキトンボを見つけたものの、これまた絵になる棒の先では無かったので飛び立たせたら、またまた空高く消えてしまった。

zaki-20151009-yotsuboshihyotannagakamemushi.jpg
<ヨツボシヒョウタンナガカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/セイタカアワダチソウ、ミゾソバ、イヌタデ、ユウガギク、ノハラアザミ、ヤブマメ、コセンダングサ、アキノノゲシ等。蝶/ツマグロヒョウモン、キタテハ、ヒカゲチョウ、モンシロチョアウ、イチモンジセセリ等。昆虫/ヨツボシヒョウタンナガカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、アオバハゴロモ、ネキトンボ、アキアカネ、コノシメトンボ、オンブバッタ、ホタルガ等。その他/ガマズミの実等。
posted by 花虫とおる at 17:50| Comment(0) | 緑  区

2015年10月08日

横浜市青葉区寺家ふるさと村

昨日に比べれば風は弱まったが、それでもかなり強い。東海上にある超大型台風23号の影響なのだろうか。そこで、今日も何処へ行こうかなあと思案したが、谷戸が入り組んだ寺家ふるさと村なら、風が遮られる場所がある筈と出かけた。まずは熊野池方面へ歩みを進めたが、棒の先等にアキアカネが多数止まっていた。もちろんナツアカネも見られたが1割程度で、圧倒的にアキアカネばかりであった。次に元青山亭前へ寄ったが、ナツアカネがいたのでカメラに納めた。

zaki-20151008-konoshimetonbo.jpg
<コノシメトンボの雄>

今日は、アキアカネ、ナツアカネ以外のアカトンボを撮ろうと頑張ったが、マユタテアカネやコノシメトンボの雌はいたものの、絵になるようには止まっていなかった。そこで昆虫横丁へ行ってみたが、先だっての観察会の時に比べると、暗く冷たい寂しい横丁に変わっていた。そこで、もう一度元青山亭前へ行ったら、コノシメトンボの雄とコバネイナゴを見つけて嬉しくなった。今年の寺家ふるさと村は、アキアカネ、ナツアカネは例年通りだが、他のアカトンボは少ないようだ。

zaki-20151008-kobaneinago.jpg
<コバネイナゴ>

<今日出会った主なもの>花/オオミゾソバ、ワレモコウ、ユウガギク、タイアザミ、ノハラアザミ、ヤブマメ、コセンダングサ、ダイコンソウ等。蝶/アカボシゴマダラ、ツマグロヒョウモン、メスグロヒョウモン、ヒカゲチョウ、イチモンジセセリ等。昆虫/クロウリハムシ、エサキモンキツノカメムシ、ヒメツノカメムシ、アミガサハゴロモ、ナツアカネ、アキアカネ、マユタテアカネ、コノシメトンボ、コバネイナゴ、オンブバッタ、ヒメクロホウジャク、ホタルガ等。
posted by 花虫とおる at 18:33| Comment(0) | 青葉区

2015年10月07日

神奈川県相模原市(仮称)ノビタキの里(午後)

午後からは、鳥撮り仲間が参加している写真展を見に谷戸山公園パークセンターへ行った。野鳥は元より昆虫や野の花の写真も出展されていて、非常に楽しい時間を過ごす事が出来た。その後、まだ時間があったので相模川沿いにある(仮称)ノビタキの里へ行ったが、有難い事にノビタキが4羽程いて嬉しくなった。しかし、人見知りが強くて近くに来てくれないし、西日が強烈で綺麗には撮れなかった。それでも、横浜に比べると格段に広い秋の田んぼでの一時を満喫した。

zaki-20151007-nobitaki.jpg
<ノビタキ>

<今日出会った主なもの>鳥/ノビタキ、モズ、スズメ、トビ等。
posted by 花虫とおる at 19:27| Comment(0) | 県  内

横浜市緑区梅田川(午前)

今日は空は真っ青だが北風がかなり強い。こんな風が強い日には、三保市民の森を散策するのが今までのセオリーなのだが、草刈りが入って期待出来ないので梅田川へ行った。風が遮られる場所が必ず有る筈と踏んだのだが、何処も彼処も風が強くて、撮影どころではなかった。せめてアキアカネでも撮ろうと思ったのだが、背景が離れた棒の先には風が強くて止まっていない。これは困ったなあと気温が上がり出したので昆虫横丁へ行ってみると、ツヤアオカメムシが居たので、風の止み間に連写してカメラに納めた。

zaki-20151007-tsuyaaokamemushi.jpg
<ツヤアオカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/セイタカアワダチソウ、アキノノゲシ、コセンダングサ、アメリカセンダングサ、ヤマハギ等。蝶/モンキアゲハ、アカボシゴマダラ、キタテハ、モンキチョウ、イチモンジセセリ等。昆虫/エサキモンキツノカメムシの幼虫、ツヤアオカメムシ、アミガサハゴロモ、アキアカネ、マユタテアカネ、オンブバッタ、ルリチュウジレン等。その他/トキリマメの実、ノブドウの実等。
posted by 花虫とおる at 19:26| Comment(0) | 緑  区

2015年10月06日

横浜市都筑区東方公園周辺

今日は午後からペンキ塗や通院なので、比較的至近な東方公園周辺へ行った。いつもの場所に路駐すると、防火緑地のハナミズキの実は色づいたかなあと見に寄ったが、昨年に比べるとかなり実がついていた。そこで素直に切り取ってカメラに納め、実に吸汁するカメムシはいないかと探したが、見つからなかった。付近の空き地や路傍にはコセンダングサやアキノノゲシが咲き、空は真っ青で吹く風は北寄りなのか涼しく、まこと秋たけなわの様相を呈していた。

zaki-20151006-hanamizuki-mi.jpg
<ハナミズキの実>

次に丘の上の柿畑へ行ったが、次郎柿が美味そうに色づいていた。葉が落ちた小枝の先にはアキアカネが止まっている。今年はアカトンボの仲間が少ないが、アキアカネに関しては、例年よりやや少な目といった感じである。その後、池辺町の農耕地へ下りて行ったが、途中の昆虫横丁は草刈りが入っていた。そこで、今日はハナミズキの実とアキアカネでブログアップかなと思われたが、コセンタングサにキチョウが吸蜜していたので嬉しくなった。

zaki-20151006-kicho.jpg
<キチョウ>

<今日出会った主なもの>花/イヌタデ、コセンダングサ、アキノノゲシ等。蝶/アゲハ、ルリタテハ、キタテハ、ヒカゲチョウ、ウラギンシジミ、ヤマトシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/アキアカネ、オンブバッタ等。
posted by 花虫とおる at 18:07| Comment(0) | 都筑区

2015年10月05日

横浜市緑区(仮称)ノビタキの里(午後)

今日は久しぶりに午後も曇りだったので、ノビタキ以外の鳥を撮りたいなあと思ったが、エゾビタキがいる公園は駐車場代が馬鹿高い。高額の市民税を取っているのに、なお、せしめようとする市役所の魂胆には腹が立つ。また、カワセミも近場の公園では出が悪いらしい。そこで、またしても(仮称)ノビタキの里へ行った。しかし、ノビタキは2羽いたものの、撮影に非協力的で近くにやって来ない。また、ビニール被膜の棒の上が大好きなのだから困りものである。そんな訳で不本意な写真だが、折角撮ったのだから消去せずにアップする事にした。

zaki-20151005-nobitaki.jpg
<ノビタキ>

<今日出会った主なもの>鳥/ノビタキ、モズ、チョウゲンボウ、ハクセキレイ、ムクドリ、スズメ、コサギ等。
posted by 花虫とおる at 18:43| Comment(0) | 緑  区

神奈川県川崎市麻生区早野の里(午前)

前述したように、昆虫が減少し草刈りが各所で行われて散策場所が少なくなった。また、島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑のラーメン+ギョウザセットも食べたくなったので、成果は期待出来ないものの早野の里へ行った。まずは野の花横丁へ寄ったが、コシオガマ、キバナアキギリ、ヤクシソウ等が咲いていたが、絵になるようには咲いていなかったので桐蔭学園方面へ歩みを進めた。しかし、これといったものは見られなかったので、たくさん咲いているコスモスをカメラに納めた。

zaki-20151005-kosumosu.jpg
<コスモス>

次に踵を返して農耕地へ下りて行ったが、ここでもコスモスが咲いていて、薄日が射したからかアオスジアゲハやツマグロヒョウモンが吸蜜していた。その後、ハンノキ林へ足を伸ばしたが、期待したアカトンボの仲間は見られず、青々としたハヤトウリの葉を丹念に見て行ったら、ハリカメムシとウリハムシを見つけた。ウリハムシは最も普通なハムシなのだが、近づくとすぐに飛び立って非協力的なのだが、何故か今日の個体は友好的なので、様々な角度からじゅっくり撮影した。

zaki-20151005-urihamushi.jpg
<ウリハムシ>

<今日出会った主なもの>花/コシオガマ、キバナアキギリ、タイアザミ、ゲンノショウコ、カントウヨメナ、ヤクシソウ等。蝶/アオスジアゲハ、ルリタテハ、ツマグロヒョウモン、ツバメシジミ、ヤマトシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、ウリハムシ、クサギカメムシ、アキアカネ、ハラビロカマキリ等。その他/ピラカンサの実等。
posted by 花虫とおる at 18:36| Comment(0) | 川崎市

2015年10月04日

横浜市都筑区都筑中央公園

昆虫が減少し、至る所で草刈りが行われるので、散策場所がかなり少なくなった。そこで貧果必至だが、日曜日なので都筑中央公園へ行った。いつもの場所に路駐し、まずは葛ヶ谷公園へ向ったが、途中、イモカタバミが咲いていたり、オンブバッタがケヤキの幹に貼り付いていたので、保険としてカメラに納めた。もちろん、御影橋周辺のキノコ横丁もじゅっくり見ながら歩いたが、キノコはまったく生えていなかった。やはり、秋のキノコは自然度が高い所が発生のポイントの様である。

zaki-20151004-mizosoba.jpg
<ミゾソバ>

葛ヶ谷公園では2ヶ所の昆虫のポイントへ行ったが、キバラヘリカメムシが居た位であった。また、コナラの樹液酒場にも寄ったが、ヒカゲチョウとコガタスズメバチが吸汁しているだけだった。そこでUターンして来た道を戻り都筑中央公園へ向かったが、途中、アシの葉にクロコノマチョウの幼虫を見つけた。更に、イネ科植物の葉に蛹を見つけたので敷物を敷いてローアングルで撮影したが、なんだか寄生蜂にやられているようなので全カット消去し、折角の苦労が水の泡となった。

zaki-20151004-kurokonomacho-yochy.jpg
<クロコノマチョウの幼虫>

都筑中央公園へ足を踏み入れると、野鳥カメラマンが数人集結していたが、これといった成果は無いらしい。しかし、笹薮からはコジュケイの鳴き声が聞こえて来た。また、落果した熟柿にクロコノマチョウが3頭も吸汁していて、野鳥カメラマンもレンズを向けていた。最近、鳥以外の生き物を撮る野鳥カメラマンが多くなった。猫の額ほどの田んぼの縁にはミゾソバがたくさん咲いていたので、なんとかものにしようと頑張った。また、赤いゲンノショウコもかなり見られた。

zaki-20151004-onbubata.jpg
<オンブバッタ>

<今日出会った主なもの>花/ミゾソバ、ゲンノショウコ、コセンダングサ、アメリカセンダングサ、ツユクサ、イモカタバミ等。蝶/クロコノマチョウ、ヒカゲチョウ、イチモンジセセリ等。昆虫/キバラヘリカメムシ、オンブバッタ、アオバハゴロモ等。鳥/カワセミ、コジュケイ等。
posted by 花虫とおる at 18:13| Comment(0) | 都筑区

2015年10月03日

横浜市緑区(仮称)ノビタキの里(午後)

今日は土曜日だから仕事が休みで稲刈りに駆り出されている方も多い筈だし、天気は写真撮影には不向きなピーカンであ。しかし、これといった用事も無く、行く当ても無いので、午後からは毎度お馴染みの田んぼ巡りとなった。まずは鶴見川の田んぼを覗いて見たが、カメラマンは2人居たものの、ノビタキの姿は無かった。そこで、昨日に引き続いて仮称)ノビタキの里へ行ったが、予想通り各所で稲刈りがなされていて、ノビタキは複数いたものの、近くにはやって来なかった。

zaki-20151003-mozu-osu.jpg
<モズの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ノビタキ、モズ、カワセミ、ハクセキレイ、ムクドリ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:40| Comment(0) | 緑  区