2015年10月04日

横浜市都筑区都筑中央公園

昆虫が減少し、至る所で草刈りが行われるので、散策場所がかなり少なくなった。そこで貧果必至だが、日曜日なので都筑中央公園へ行った。いつもの場所に路駐し、まずは葛ヶ谷公園へ向ったが、途中、イモカタバミが咲いていたり、オンブバッタがケヤキの幹に貼り付いていたので、保険としてカメラに納めた。もちろん、御影橋周辺のキノコ横丁もじゅっくり見ながら歩いたが、キノコはまったく生えていなかった。やはり、秋のキノコは自然度が高い所が発生のポイントの様である。

zaki-20151004-mizosoba.jpg
<ミゾソバ>

葛ヶ谷公園では2ヶ所の昆虫のポイントへ行ったが、キバラヘリカメムシが居た位であった。また、コナラの樹液酒場にも寄ったが、ヒカゲチョウとコガタスズメバチが吸汁しているだけだった。そこでUターンして来た道を戻り都筑中央公園へ向かったが、途中、アシの葉にクロコノマチョウの幼虫を見つけた。更に、イネ科植物の葉に蛹を見つけたので敷物を敷いてローアングルで撮影したが、なんだか寄生蜂にやられているようなので全カット消去し、折角の苦労が水の泡となった。

zaki-20151004-kurokonomacho-yochy.jpg
<クロコノマチョウの幼虫>

都筑中央公園へ足を踏み入れると、野鳥カメラマンが数人集結していたが、これといった成果は無いらしい。しかし、笹薮からはコジュケイの鳴き声が聞こえて来た。また、落果した熟柿にクロコノマチョウが3頭も吸汁していて、野鳥カメラマンもレンズを向けていた。最近、鳥以外の生き物を撮る野鳥カメラマンが多くなった。猫の額ほどの田んぼの縁にはミゾソバがたくさん咲いていたので、なんとかものにしようと頑張った。また、赤いゲンノショウコもかなり見られた。

zaki-20151004-onbubata.jpg
<オンブバッタ>

<今日出会った主なもの>花/ミゾソバ、ゲンノショウコ、コセンダングサ、アメリカセンダングサ、ツユクサ、イモカタバミ等。蝶/クロコノマチョウ、ヒカゲチョウ、イチモンジセセリ等。昆虫/キバラヘリカメムシ、オンブバッタ、アオバハゴロモ等。鳥/カワセミ、コジュケイ等。
posted by 花虫とおる at 18:13| Comment(0) | 都筑区