2015年11月30日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

昼食は、行けば必ず鳥の唐揚げ2個無料券を配るようになった「なか卯」に行き、チキンカレーと野菜サラダを注文した。もちろん鳥の唐揚げ2個付である。これで490円なのだから、お財布にはとても優しく、かなり気に入った昼食メニューに育ちつつある。いつまで無料券を配り続けるのか分からないが、ことによったらエンドレスになるのかもしれない。午後からは新治市民の森へ行ったが、今日は鳥の出が良くて、久しぶりにカワちゃんもお相手してくれた。

zaki-20151130-kawasemi-osu.jpg
<カワセミの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、ジョウビタキの雌、ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、ヒヨドリ、カルガモ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:56| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区梅田川(午前)

昨晩、拙HP「道端自然観察館」の画像掲示板に、緑区三保町在住の観察仲間からウスタビガの投稿があった。文面から推しはかると三保念珠坂公園か、その周辺で見つけたようである。そこで今日もまだいるかもしれないと梅田川周辺を散策した。まずは雑木林のある三保念珠坂公園へ行き、外灯周辺の木々に目を光らせたが見つからなかった。そこで手摺昆虫観察に切り替えたが、テントウムシが一匹いたのみで、園内にはクロスジフユエダシャクがひらそひらと舞っていた。

zaki-20151130-royagaki-mi.jpg
<ロウヤガキの実>

こうなったら数年前にみつけたバス通りを越えた旧道だなと行ってみたが、宅地造成工事中で、騒がしくて引き返した。こうなったらウスタビガは諦めモードとなり、まずは植木屋さんの畑でロウヤガキの実をカメラに納めた。サンシュユの実もあったが、こちらはかなり萎びていた。その後、車に戻る途中の老人ホームの庭に、なんとなんと中国原産のセンダン科の落葉高木であるチャンチンが植栽されていたのでにんまりした。なぜなら葉痕が腕白坊やの様に可愛いのである。

zaki-20151130-chanchin-yokon.jpg
<チャンチンの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/ハキダメギク等。蝶/ヤマトシジミ等。昆虫/テントウムシ、クロスジフユエダシャク等。その他/ムラサキシキブの実、マンリョウの実、ナンテンの実、ヘクソカズラの実、ゴンズイの実、アオツヅラフジの実、イヌホウズキの実、カラスウリの実、ロウヤガキの実、サンシュユの実等。
posted by 花虫とおる at 18:49| Comment(0) | 緑  区

2015年11月29日

横浜市都筑区鴨池公園

今朝はかなり冷え込んだ。まこと季節の推移は正確で、12月はもうすぐなのだから当然かなと苦笑する。この時期になると、マクロレンズを装着した散策だと被写体探しに苦労する。だからと言って毎日朝から鳥撮りも不本意なので、まあなんとかなるだろうと本当に久しぶりに鴨池公園へ行った。まずは保険として「つづきの丘小学校」前の小さな公園で、アキニレのアキ坊を撮った。ここのアキニレにはマヒワが実を食べにやって来るので要注意である。

zaki-20151129-akinire-yokon.jpg
<アキニレの葉痕>

次に柿の木広場へ行ってノササゲの実をと期待したが、ちょいと時期が遅かったようである。そこで都筑中央公園へ歩みを進めたが、まずは何にも撮れない時の為にヤツデの葉捲りをしてクロスジホソサジヨコバイをカメラに納めた。その後、樹木の幹や手摺に注意して一回りしたが、クロスジフユエダシャクがふわふわ飛んでいるだけだった。そこで鴨池公園に戻って手摺昆虫観察を行ったら、チンチンと鳴くカネタタキの雄が這っていてほっとした。

zaki-20151129-kanetataki-osu.jpg
<カネタタキの雄>

<今日出会った主なもの>花/ツワブキ等。蝶/ムラサキシジミ等。昆虫/カネタタキの雄、クロスジホソサジヨコバイ、クロスジフユエダシャク等。鳥/カワセミ等。その他/ワカバグモ、ノササゲの実、アマチャヅルの実、ホウチャクソウの実、ムラサキシキブの実、ゴンズイの実、ノイバラの実、マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 17:54| Comment(0) | 都筑区

2015年11月28日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

昼食は、各種定食の値段は変わらないものの冷奴の小鉢がつかくなり、実質的には値上げとなった東名高速港北PAの「横濱うまいもん亭」へ行って570円の豚汁定食を食べた。元々、冷奴は左程好きではないのだが、一品減るとやはり寂しい。その後、気温がかなり上がって抜群のお昼寝日和となったので、田んぼで爆睡した後に新治市民の森へ行った。散策を開始し梅田川遊水地を覗いて見ると、カワセミが手摺に止まっていたが、逆光なので撮影は諦めた。

zaki-20151128-jobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

次にクルミ広場へ行ったがジョウビタキの雌の姿は無かったが、グループホーム「結」の上の電線に止まっていた。雲一つ無い青空で暖かいから、ジョビ子ちゃんはご機嫌であった。その後、鎌立谷戸へ歩みを進めたが、ヤマガラとシジュウカラは元気であった。今日は土曜日だから蝶好きのI夫妻、T夫妻も散策に来ていて、蝶談義に花が咲いた。なんと憧れの奄美大島2泊3日で25000円との事。南の島での道端自然観察会開催が現実味を帯びて来た。

zaki-20151128-yamagara.jpg
<ヤマガラ>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、ジョウビタキの雌、ヤマガラ、シジュウカラ、ヒヨドリ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 18:07| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

先だって幻の映画スター原節子さんが亡くなったが、大女優と言われながらも、私が生まれた頃には引退していたので、まこと伝説の方であった。しかし、何故か原節子主演の「青い山脈」の主題歌だけは覚えていて、特に2番目の歌詞「古い上衣よ、さようなら。さみしい夢よ、さようなら。青い山脈、バラ色雲へ。あこがれの、旅の乙女に、鳥も啼く」は、人生の転機に、シューベルツの「風」とともに良く口ずさんだものである。人生、未来を信じて生きるしかないのだ。

zaki-20151128-hadakahozuki-mi.jpg
<ハダカホウズキの実>

そんな訳で、昨日は風が強かったので手摺昆虫観察は不調だったに違いないと思い、風が止んだので茅ヶ崎公園へまた行った。その前に、もしもの貧果を予想して、ハダカホウズキの実をカメラに納めた。そして生態園横や正門前の手摺に行くと、テントウムシ、ウスキホシテントウ、アカスジキンカメムシの幼虫、クサギカメムシ、オオチャタテ、コミミズク等が這っていた。こんな調子なら尾根上の手摺もと期待したが、こちらは何故かNO昆虫であった。

zaki-20151128-akasujikinkamemushi-yochyu.jpg
<アカスジキンカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>蝶/ムラサキシジミ等。昆虫/テントウムシ、ウスキホシテントウ、アカスジキンカメムシの幼虫、クサギカメムシ、オオチャタテ、コミミズク等。鳥/カワセミ等。その他/カラスハエトリ、ハダカホウズキの実、ニシキギの実、ムラサキシキブの実、ゴンズイの実、ノイバラの実、マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 18:03| Comment(0) | 都筑区

2015年11月27日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

昼食は少し行き過ぎているから華風料理「一心」はパスと思ったが、今日のランチのメニューを見ると、なんとなんとレバニラ定食が600円なので飛び込んだ。その後、健康昼寝の後に昨日と同様に新治市民の森へ行った。しかし、何故かジョウビタキの雌のお出迎えは無く、カワセミの池まで行ったが、閑古鳥が鳴いているだけだった。しからば旭谷戸だと転戦したがNO鳥で、とぼとぼと引き返して来ると、梅田川遊水地でモズ子ちゃんがお待ちかねであった。

zaki-20151127-mozu-mesu.jpg
<モズの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/モズの雌、シジュウカラ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 20:23| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区大原みねみち公園(午前)

このところ野鳥の写真ばかり続いたので、今日は昆虫ですねと茅ヶ崎公園へ行った。まずは手摺昆虫観察の前に、雨後だからエノキタケの様子を見に行ったが、前に生えたものが生気を取り戻しただけで、新しいものはほとんど生えていなかった。そこで、本題の手摺昆虫観察だと、まずは生態園横の手摺を見て回ったが、期待したウシカメムシは見られず、クサカゲロウの仲間が居ただけだった。そこで撮ろうとカメラを構えたら、飛び去ってしまった。

zaki-20151127-tochiniki-fuyume.jpg
<トチノキの冬芽>

次に生態園正門前の手摺に行ったが、NO昆虫で、しからば尾根上の手摺に期待したが、なんとクロスジホソサジヨコバイが這っていたが、良い所に止まってよと移動させようと思ったら、これまた飛び跳ねて何処かへ消えてしまった。そこで大原みねみち公園まで足を伸ばしたが、良い所で日向ぼっこをしているムラサキツバメを見つけたものの、これまた近寄ると飛び去ってしまった。そんな訳で、トチノキの冬芽とガマズミの実を撮って引き返した。

zaki-20151127-gamazumi-mi.jpg
<ガマズミの実>

<今日出会った主なもの>花/サザンカ等。蝶/ウラギンシジミ、ムラサキツバメ、ムラサキシジミ等。昆虫/テントウムシ、コミミズク、クロスジホソサジヨコバイ、クサカゲロウの仲間、クロスジフユエダシャク等。鳥/コゲラ、エナガ、シジュウカラ等。キノコ/エノキタケ等。その他/カラスハエトリ、ムラサキシキブの実、ガマズミの実、ニシキギの実、ハダカホウズキの実等。
posted by 花虫とおる at 20:16| Comment(0) | 都筑区

2015年11月26日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

昼食は、一昨日の「なか卯」でまたしても鳥の唐揚げ2個無料券を貰ったので、またかよとは思ったものの平日500円ランチを食べた。まこと小さな鳥の唐揚げ2個で釣られてしまうのだから笑ってしまう。その後、有難い事に陽が射して来たので健康昼寝を貪り、田んぼ巡りの後に新治市民の森へ行った。しかし、陽射しは無くなり厚い雲に覆われてかなり寒くなった。これでは鳥の出は悪い筈と思ったが、クルミ広場でジョウビタキの雌がお待ちかねであった。しかし、その後はノーシャッターの健康ウォーキングとなってしまった。

zaki-20151126-jobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキの雌、シジュウカラ、ヒヨドリ、コジュケイ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 18:03| Comment(0) | 緑  区

横浜市鶴見区三ッ池公園(午前)

昨日は少なくとも午前中は曇りと思っていたが、自宅を出発するとすぐ雨が降って来てUターンとなった。そして夜になると本降りとなり、今朝まで降り続き、気温はかなり低くなった。北海道の札幌では大雪との事、いよいよ冬がやって来たなあと実感した。そんな訳で、雨上がりでは木の実は滴が垂れ、手摺の上はもちろん、樹木の幹や枝も濡れているだろう。今の時期の雨上がり直後は撮影どころでは無い。しかし、池に浮かぶ鳥ならなんとかなる筈と三ッ池公園へ行った。

zaki-20151126-hoshihajiro-osu.jpg
<ホシハジロの雄>

例によって正門の駐車場に車を停めて、まずは下の池へ行ったが、こんな寒々しい日だから杭に上っているカモは皆無だろうと思ったが、なんとカルガモがたくさん止まっていた。その他、下の池にはキンクロハジロがいた位なので中の池へ行ったが、ホシハジロが池に覆いかぶさるコナラの下にたくさん集まって、水中に潜る個体も見られた。ことによったら底に落ちたドングリを食べているのかもしれない。その他のカモはやはり少なく、不本意だが早上りして車に戻った。

zaki-20151126-hoshihajiro-mesu.jpg
<ホシハジロの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/マガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 18:02| Comment(0) | 鶴見区

2015年11月24日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

昼食は「なか卯」の鳥の唐揚げ2個無料券があったので、チキンカレーと野菜サラダを注文した。しめて490円なのだから、お財布にはとても優しい。その後、晴れていたので田んぼで快適な健康昼寝を貪った後に、新治市民の森の鎌立谷戸奥のカワセミの池まで往復した。カワセミは見られず鳥影は少なかったが、それでもヤマガラ、シジュウカラ、今季初見のアオジに出会った。また、帰りがけクルミ広場にジョウビタキの雌も現れたので、まあまあの散策かなと微笑んだ。

zaki-20151124-yamagara.jpg
<ヤマガラ>

<今日出会った主なもの>鳥/アオジ、ジョウビタキの雌、ヤマガラ、シジュウカラ、ガビチョウ、コサギ等。
posted by 花虫とおる at 18:17| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区梅田川(午前)

数日前の予報では今日は一日中曇りとなっていたが、ラッキーな事に何故か日中は晴れとの天気に変わった。昨日午後からの雨は明け方まで降り続いたようで、起床して外を見ると道路は濡れていた。そこで、開けた場所を散策するしかないなと梅田川へ行った。いつもの場所に路駐して、まずはいまだ緑のクサギの葉上を丹念に見回したら、クサギカメムシが這っていた。それにしても元気が無い個体だなあと思ったら、可哀相な事に前足が一本もげていた。

zaki-20151124-hekusokazura-mi.jpg
<ヘクソカズラの実>

次に、梅田川を下ってクヌギ広場へ行き、オニグルミの葉痕を保険として確保した。その後、新治市民の森の鎌立谷戸入り口周辺に寄り道したが、クロコノマチョウとベニシジミが舞っていた。しかし、相変わらずカメラの中は寂しいので、今度は上流に向かって散策を続けたが、手摺にクサギカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、アキアカネ等が見られたが、気に入った写真は得られない。そこで、三保念珠坂公園下でヘクソカズラの実を撮って車に戻った。

zaki-20151124-onigurumi-yokon.jpg
<オニグルミの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/コセンダングサ等。蝶/クロコノマチョウ、ベニシジミ等。昆虫/クサギカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、マルカメムシ、ツマグロオオヨコバイ、アキアカネ、オオチャタテ等。その他/クサギの実、ヘクソカズラの実等。
posted by 花虫とおる at 18:14| Comment(0) | 緑  区

2015年11月23日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

今日も一日中曇りの予報であったが、昨日に比べると雲が厚く気温も低くなった。これでは何処へ行っても貧果必至と、昨日同様に手摺昆虫観察だと茅ヶ崎公園へまたしても出かけた。そんな訳で生態園前や横の手摺に直行したのだが、NO昆虫であった。昨日のお残りさんがいるのではないかと思ったのだが、当てが外れてしまった。そこで生態園へ入ってミツバウツギの葉痕を保険として確保した。クサギの葉上にはキイロテントウが見られたが、場所が悪かった。

zaki-20151123-mitsubautsugi-yokon.jpg
<ミツバウツギの葉痕>

今日の生態園では親子による精米がなされていて、精米機のモーターが唸りを上げていた。田起し、田植え、草取り、稲刈り、脱穀と続いた稲作体験の最終作業を迎えたという訳である。後は、もち米を蒸かし、餅つきをして食べるらしい。自分で育てて収穫したのだから、感慨ひとしおに違いない。マンションやショッピングセンター等が立ち並ぶ港北ニュータウンの中で、稲作体験が出来るのだから素晴らしい。まこと生態園スタッフの努力には頭が下がる。

zaki-20151123-oochatate.jpg
<オオチャタテ>

そんな訳で少々時間が経ってから生態園上の手摺を見に行くと、チャタテムシの中では大型のオオチャタテや産卵前のクヌギカメムシが這っていてほっとした。そこでもう一度生態園横の手摺を見に行くと、嬉しい事にウシカメムシが2匹いた。昨日も同所に2匹いたので同じ個体の様である。気温はむしろ下がったようだが時間たったから何処からか這い出して来たのだろう。最後に生態園前の手摺を見直したら、可愛いカラスハエトリと目が合ってしまった。

zaki-20151123-karasuhaetori.jpg
<カラスハエトリ>

<今日出会った主なもの>昆虫/テントウムシ、キイロテントウ、オオチャタテ、ウシカメムシ、クヌギカメムシ、コミミズク等。鳥/カワセミ等。その他/カラスハエトリ、アズチグモ、ムラサキシキブの実、サルトリイバラの実、ゴンズイの実、ノイバラの実、マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 16:50| Comment(0) | 都筑区

2015年11月22日

横浜市緑区恩田川(夕方)

前述したように新横浜公園を早目に切り上げので、時計を見るとまだ2時半である。そこで恩田川の田んぼ巡りでもしようと車を走らせた。まずは小山町の田んぼへ行ったが、モズの雌はいたもものの良い場所には止まっていなかった。10月下旬の稲刈り前は、田んぼに餌となるバッタ類がいたので、かなり近くの良い場所に来てくれたが、今は余り手入れがなされていない畑周辺から離れない。そこで恩田川を越えて横浜線沿いの田んぼへ行ったが、有難い事に太い竹の棒の天辺に止まっていたので嬉しくなった。

zaki-20151122-mozu-mesu.jpg
<モズの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/モズの雌、ハクセキレイ等。
posted by 花虫とおる at 18:36| Comment(0) | 緑  区

横浜市港北区新横浜公園(午後)

昼食は毎度お馴染みの華風料理「一心」でとり、丘の上の農耕地で昼寝を貪ったが、厚手の掛け布団に取り換えたものの、こんな天気だと爆睡には至らない。まあ、余り寝過ぎるのも良くないらしいので、新横浜公園へ行ってみた。カンムリカイツブリが見られた時があったらしいので期待したが、オオバン、オカヨシガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ等が見られただけだった。しかも、距離はかなり遠く、水面は曇り空を写して灰色だったので短時間で切り止めた。

zaki-20151122-ooban.jpg
<オオバン>

<今日出会った主なもの>鳥/オオバン、オカヨシガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、カルガモ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:35| Comment(0) | 港北区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

昨日はすっきりと爽やかに晴れたのに、今日は予報通りの曇りとなった。週間天気予報を見ると、なんとなんと金曜日まで雲や傘のマークが並んでいる。まこと前にも記したが、サザンカ梅雨と言ってしまえばそれまでだが、ちょいと続き過ぎではないのと眉をしかめた。こんな天気では処へ行っても成果は上がらないと思い、手摺に這っている昆虫を1カット、木の実を1カット、ミツバウツギの葉痕を1カット撮ってブログアップしようと茅ヶ崎公園へ行った。

zaki-20151122-murasakishikibu-mi.jpg
<ムラサキシキブの実>

まずは昆虫の谷へ入って行くと、ムラサキシキブやニシシキギの実が見られ、葉は枯れてしまったがハダカホウズキの実も情緒があった。また、やや萎びているがエノキタケも生えていた。そこで、まだブログアップしていないムラサキシキブの実をカメラに納めてから、手摺昆虫観察に入ると、キイロテントウ、ヒゲナガサシガメの幼虫、ウシカメムシ、クヌギカメムシ、ササキリ等がいて大成果となり、昨日の晴天が影響しているのかなあとにんまりした。

zaki-20151122-higenagasashigame-yochyu.jpg
<ヒゲナガサシガメの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/タイアザミ、キツネノマゴ等。昆虫/キイロテントウ、ヒゲナガサシガメの幼虫、ウシカメムシ、クヌギカメムシ、ササキリ等。鳥/カワセミ等。キノコ/エノキタケ、ニガクリタケ等。その他/ムラサキシキブの実、ニシキギの実、ハダカホウズキの実、ゴンズイの実、ノイバラの実等。
posted by 花虫とおる at 18:29| Comment(0) | 緑  区

2015年11月21日

神奈川県大和市泉の森公園

今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。11月下旬に入ると天気が心配だが、今日は信じられない程の上天気となった。昨日はどんよりとした雲り、明日も曇りで明後日は雨の予報だから、まこと奇跡的な晴天となった。こんな天気なら成果があろうがなかろうが、お仲間が集まって散策するだけでも楽しいものである。しかし、今一眉をしかめたのは、子供達のマラソン大会が行われていて、駐車場がやや遠い未舗装の所しか利用出来なかった事である。

zaki-20151121-kaitsuburi.jpg
<カイツブリ>

まずは、今回も、ムラサキツバメの集団越冬を見に行った。例年に比べるとやや少ないが、それでも5頭の集団が2ヶ所に見られた。また、同所にあるマユミの木に、ミノウスバがかなりいて思わぬ収穫となった。その後、手摺昆虫観察に入ったが、ハムシダマシ、ヒゲナガサシガメ幼虫、アカスジキンカメムシの幼虫、オオホシカメムシ、カネタタキ、アオマツムシ等が見られた。午前中の散策はあっという間に過ぎ、ムラサキツバメのポイントにて昼食をとった。

zaki-20151121-akasujikinkamemushi-yochyu.jpg
<アカスジキンカメムシの幼虫>

午後からは「しらかしの池」へまずは行ったが、池には、ヒドリガモ、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ、オオバン等が浮かんでいた。ここから虫隊、鳥隊の2班に分かれて行動したが、虫隊は「ふれあいの森」まで行って引き返した。特に印象に残ったのは、ゴマダラチョウの幼虫が地面に降りようとしていた事と、樹肌に擬態したミドリハガタヨトウが見られた事である。鳥隊はカワセミ、エナガ、ワカケホンセイインコ等で、大いにフィーバーしたようであった。

zaki-20151121-oohoshikamemushi.jpg
<オオホシカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/コセンダングサ、コウテイダリア等。蝶/ウラギンシジミ、ムラサキツバメ、ムラサキシジミ、ゴマダラチョウの幼虫等。昆虫/テントウムシ、キイロテントウ、ハムシダマシ、エサキモンキツノカメムシ、ヒゲナガサシガメ幼虫、アカスジキンカメムシの幼虫、チャバネアオカメムシ、オオホシカメムシ、ツマグロオオヨコバイ、オオヨコバイ、オオアオイトトンボ、ホソミイトトンボ、アキアカネ、アオマツムシ、カネタタキ、オオカマキリ、ハラビロカマキリ、ミドリハガタヨトウ、ミノウスバ等。鳥/エナガ、シジュウカラ、コサギ、アオサギ、カワセミ、ワカケホンセイインコ、ヒドリガモ、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ、オオバン等。
posted by 花虫とおる at 18:48| Comment(0) | 県  内

2015年11月20日

神奈川県川崎市麻生区早野の里

今日は、朝からいつ雨がぱらついてもおかしくない空模様である。そこで、すぐに車に戻れる恩田川周辺を散策しようと自宅を出発した。しかし、恩田川に近づくにつれ霧雨が落ちて来た。これは困ったなあと思ったが、早野の里方面を見上げると空が明るいので行ってみた。すると有難い事に雨は降っていなかったので散策を開始した。まずはハヤトウリの葉上昆虫観察だとポイントに行ってみたが、NO昆虫であった。やはり陽が照って気温が上がらないと現れないようである。

zaki-20151120-yabumurasaki-mi.jpg
<ヤブムラサキの実>

しからば手摺昆虫観察だとハンノキ林に沿った木製の手摺を見て歩くと、アカスジキンカメムシの幼虫やコミミズクの幼虫等が見られた。その後、いつもとは散策の順番が逆となったが霊園の方へ足を伸ばすと、入り口の池の畔の手摺にクヌギカメムシが忙しそうに這っていた。また、クサギ、ガマズミ、ヤブムラサキ、ムラサキシキブ等の実がかなり見られた。最後にジャコウアゲハの蛹は増えたかなあと覗いて見たが、かなり前にアップした蛹が1個着いているだけだった。

zaki-20151120-komimizuku-yochyu.jpg
<コミミズクの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/タイアザミ、ハキダメギク等。蝶/ジャコウアゲハの蛹等。昆虫/キイロテントウ、アカスジキンカメムシの幼虫、クヌギカメムシ、コミミズクの幼虫、ハラビロカマキリ等。その他/クサギの実、ガマズミの実、コバノガマズミの実、ヤブムラサキの実、ムラサキシキブの実、ピラカンサの実等。
posted by 花虫とおる at 18:58| Comment(0) | 川崎市

2015年11月19日

横浜市鶴見区三ッ池公園

今日は午後から用事があるので午前中のみの散策となった。この時期、何処へ行ってもマクロ散策では成果が上がりそうもない。そこで昨日も行ったが、機材をデジスコからマクロレンズに変えて散策してみよう三ッ池公園へ行ってみた。正門の駐車場に車を停めて散策を開始すると、小ぶりの柿が青空に浮かんでいた。また、花壇にはマユミやコムラサキの実も見られた。天気予報では一日中曇りとあったが晴れて暖かくなり、ツマグロヒョウモンやベニシジミ等が舞っていた。

zaki-20151119-benishijimi.jpg
<ベニシジミ>

次に、雨上がりだからエノキタケが生えているのではないかとポイントへ行ってみたら、嬉しい事にかなり見られた。そこで傘を下から見た写真を撮ろうと苦労したが、満足した写真確保には至らず、可愛らしい幼菌を上から撮った。その後、手摺昆虫観察を試みたが何故か何も見つからず、樹液が滴るケヤキの大木があったので幹を注視すると、雌雄が連結して日向ぼっこをしているオオアオイトトンボがいた。その他は、これといった被写体は見つからなかった。

zaki-20151119-enokitake-yokin.jpg
<エノキタケの幼菌>

<今日出会った主なもの>花/サザンカ等。蝶/ツマグロヒョウモン、キチョウ、ベニシジミ、ヤマトシジミ等。昆虫/オオアオイトトンボ、ハラビロカマキリ等。キノコ/エノキタケ等。その他/マユミの実、カキの実、コムラサキの実、ピラカンサの実、ジョロウグモ等。
posted by 花虫とおる at 16:34| Comment(0) | 鶴見区

2015年11月18日

横浜市鶴見区三ッ池公園

昨晩から降り続いた雨は、明け方まで上がらなかったようである。これでは下草の葉上は濡れているだろうし、木の実草の実もしずくが垂れている事だろう。しかも、正午を過ぎると雨がまた降るとの事なので、こんな時は水面に浮かぶカモを撮るしかありませんねと三ッ池公園へ行った。昨日のNHKの天気予報で、秋から冬へ移る季節に降り続く雨を、ちょうどその頃咲くサザンカから、サザンカ梅雨と呼ぶと説明されていたが、まこと納得である。

zaki-20151118-suzugamo-mesu.jpg
<スズガモの雌>

いつものように正門の駐車場に車を停めて下の池へ行ったが、今日は杭にハシビロガモ、ホシハジロ、キンクロハジロが上っていた。池の縁に生えているガマが伸び放題なので、少し手前から撮らなければならい。より鮮明な画像を得る為に、ほんの少しでも鳥との距離を縮めたいのだが、草刈りを待つしかあるまい。今日の下の池には、1羽だがユリカモメが飛来していて嬉しくなった。餌やりが禁止されてから飛来数がかなり減った様に思われる。

zaki-20151118-yurikamome.jpg
<ユリカモメ>

次に中の池に行ったが、前回は羽の間に頭を差し込んで寝ているホシハジロが多かったが、今日はほとんどが目覚めて浮かんでいた。更に岸辺の隅にいる事の多いマガモの雄も、やや沖合に出ていて嬉しくなった。しかし、カイツブリは岸辺近くで、お休みモードに入っていた。たかが池のカモだが天気等に左右されるのだろう。帰り際に、公園に足繁く通う方々による昆虫写真展がパークセンターで開催されていたので、寄ってから車に戻った。

zaki-20151118-hoshihajiro-osu.jpg
<ホシハジロの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/アオジ、マガモ、スズガモの雌、ハシビロガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カルガモ、カイツブリ、ユリカモメ等。
posted by 花虫とおる at 14:50| Comment(0) | 鶴見区

2015年11月17日

横浜市港北区新吉田町

昆虫横丁に草刈りが入ってから散策する気が失せた新吉田町だが、まあ、木の実草の実位は見つかるだろうと久しぶりに出かけた。いつもの場所に路駐すると、まずは植木屋さんの畑へ行ったが、ウメモドキの実がかなり残っていた。更に進んで丘の上の農耕地へ行くと、ヒメアカタテハ、キタテハ、モンシロチョウ、キチョウ、ベニシジミ、ヤマトシジミ等が見られたが、なかなか良い場所に止まってくれなかったり、近づくと飛び立ったりして撮影には至らなかった。

zaki-20151117-noibara-mi.jpg
<ノイバラの実>

そこで坂を下って昆虫横丁へ寄ってみたが、刈り残された下草の葉上はNO昆虫であった。しからばと尾根へ登って行ったが、コウヤボウキがまだ咲いていた。また、ヒヨドリジョウゴ、ノイバラ、カラスウリの実等が見られたので嬉しくなった。更にマユミがあったので、探しているミノウスバがいるかもと小枝を注視してみると、産卵中のものがかなり見られた。しかし、絵になるようには撮れないので、何処かに移動して貰おうかなあと思ったが、可愛そうなので止めにした。

zaki-20151117-harabirokamakiri-ranno.jpg
<ハラビロカマキリの卵のう>

そんな訳でカメラの中は寂しい限り、今日は写真1枚でブログアップかなと思われたが、杉山神社の方へ歩みを進めると、フキの葉上にツマグロオオヨコバイが、クサギの葉上にオジロアシナガゾウムシが見られた。また、良く陽が当たるモルタル塗の塀には、オオカマキリ、チョウセンカマキリ、ハラビロカマキリ、ヒシバッタ、ハリカメムシが日ぽっこをしていた。また、産んだばかりと思われる、やや緑色のハラビロカマキリの卵のうも産み付けられていた。

zaki-20151117-ojiroashinagazomushi.jpg
<オジロアシナガゾウムシ>

<今日出会った主なもの>花/コウヤボウキ、ノゲシ、コセンダングサ、カントウヨメナ、ハキダメギク、イヌタデ、アカバナユウゲショウ、ホトケノザ、イモカタバミ等。蝶/ヒメアカタテハ、キタテハ、モンシロチョウ、キチョウ、ベニシジミ、ヤマトシジミ等。昆虫/オジロアシナガゾウムシ、ウリハムシ、ナナホシテントウ、ハリカメムシ、マルカメムシ、ツマグロオオヨコバイ、アキアカネ、ツチイナゴ、ヒシバッタ、オンブバッタ、オオカマキリ、チョウセンカマキリ、ハラビロカマキリ等。その他/カラスウリの実、ヒヨドリジョウゴの実、ノイパラの実、ウメモドキの実、ジョロウグモ等。
posted by 花虫とおる at 18:08| Comment(0) | 港北区

2015年11月16日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

昼食は、本当に久しぶりに安楽亭へ行って中落ちカルビランチを食べた。以前良く通っていた頃は500円玉一個で食べられたのに、なんとなんと637円となっていて驚いた。給料が上がる方ならまだしも、下がる事はあっても上がる事の無い年金生活者には頭が痛い。安倍ちゃんや黒田ちゃんが笛吹けど、これでは財布の紐が固くなる。午後からは行く所が無いので新治市民の森へ行ったが、ヤマガラやエナガは見られたものの撮影には至らず、戻る途中のクルミ広場にジョウビタキの雌がいたのでほっとした。

zaki-20151116-jobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキの雌雄、エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、ガビチョウ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 18:12| Comment(0) | 緑  区

横浜市鶴見区三ッ池公園(午前)

駐車場がやっと今日から3月15日まで平日のみ無料となったので、三ッ池公園へ久しぶりに行った。まこと1年経つのは早いものだが、それでも1年の間に様々な生き物との出会いがあったとも感ずる。たかが1年されど1年なのである。三ッ池公園は他の季節もかなり面白いのだが、昼食代と同じ駐車料金が取られてしまうので行く気が失せしまう。それでも、夏場のチョウトンボや秋の渡りのエゾビタキ等の撮影には、行ってみる価値はありそうである。

zaki-20151116-hashibirogamo-mesu.jpg
<ハシビロガモの雌>

今日はもちろんカモの撮影が目的だから、まずは杭ポイントのある下の池へ行ったが、飛来しているカモの数はかなり少なかった。それでもハシビロガモが杭に上っていた。次に、中の池へ行ったが、ここはかなり賑やかで、ホシハジロがたくさんいた。隣の上の池は「かいぼり」中で、水は全くなかった。最後に中の池の花の広場前へ行ったが、例年通りキンクロハジロがたくさんいた。以上、珍しいカモは見られず、なんだかがっかりしてしまった。

zaki-20151116-kinkurohajiro-osu.jpg
<キンクロハジロの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/マガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カルガモ、カイツブリ等。
posted by 花虫とおる at 18:09| Comment(0) | 鶴見区

2015年11月15日

横浜市緑区梅田川

昨日は一日中雨で寒かった。そこで堪らずストーブを出して来て暖をとった。いよいよ冬が近づいているようである。今日も朝から雨だったが、昼前にあがったので、梅田川へ行ってみた。明るい開けた所が多いので、葉上の雨粒の乾きが早いと思ったのである。散策を開始するとクサギカメムシやチャバネアオカメムシが前回いたクサギの葉上を探したら、今日も一匹だがチャバネアオカメムシが見られた。手摺には薄日が射して来たのでアキアカネが暖をとっていた。

zaki-20151115-sansho-mi.jpg
<サンショウの実>

その後、上流へは向かわずにメダカ広場の方へ歩い行った。周りにサンショウが植えてある畑があるので、その実をカメラに納めた。もちろん葉を食するアゲハの蛹も探したが、広い道路を挟んだ工場の塀の波板についていた。道路を渡ってここまでやって来たのだから、車に轢かれずに辿り着けたという訳である。最後に、鎌立て谷戸に少し歩みを進めたが、キタテハやベニシジミが舞っていた。期待したクルミ広場のジョウビタキの雌は、行きも帰りも見られなかった。

zaki-20151115-ageha-sanagi.jpg
<アゲハの蛹>

<今日出会った主なもの>花/イヌタデ、マルバルコウソウ、コセンダングサ等。蝶/アゲハの蛹、キタテハ、キチョウ、モンシロチョウ、ベニシジミ等。昆虫/チャバネアオカメムシ、マルカメムシ、アキアカネ等。その他/サンショウの実、クサギの実、ヘクソカズラの実、サンシュユの実等。
posted by 花虫とおる at 17:52| Comment(0) | 緑  区

2015年11月13日

神奈川県川崎市麻生区早野の里

今日は昨日より寒い。という事は今季一番の寒さではなかろうか。しかも、起床時には晴れていたが、出発時になると雲が広がって来た。こんな日は何処へ行っても望み薄、しからば前回、ハヤトウリ葉上昆虫観察で面白かった早野の里しかありませんねと出かけた。農道に車を停めたが、コウテイダリアがたくさん咲いていた。まず桐蔭学園の方へ行ってみたが、ヒヨドリジョウゴの実やマユミの実が見られた。マユミはミノウスバの食樹だからと探してみたが、見つからなかった。

zaki-20151113-hiyodorijogo-mi.jpg
<ヒヨドリジョウゴの実>

時間がかなり経過し温度も上がって来たので、農耕地のハヤトウリ葉上昆虫観察を試みたが、NO昆虫であった。そこでハンノキ林へ行ったが、手摺にウシカメムシやアオマツムシを見つけたものの、良い場所では無かったので撮影は諦めた。ボランティアの方々の畑でのハヤトウリ葉上昆虫観察では、ウリハムシ、ツマグロオオヨコバイ、ツチイナゴが見られたものの、これまた写欲が湧かず、コウテイダリアの葉上で日向ぼっこをしているマルカメムシをカメラに納めて引き返した。

zaki-20151113-marukamemushi.jpg
<マルカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/コセンダングサ、タイアザミ、ヤクシソウ、イモカタバミ等。蝶/キチョウ、ベニシジミ、ヤマトシジミ等。昆虫/ウリハムシ、ウシカメムシ、クサギカメムシ、マルカメムシ、ツマグロオオヨコバイ、アキアカネ、ツチイナゴ、アオマツムシ等。その他/ヒヨドリジョウゴの実、ガマズミの実、コバノガマズミの実、ヤブムラサキの実、ムラサキシキブの実、ピラカンサの実等。
posted by 花虫とおる at 19:18| Comment(0) | 川崎市

2015年11月12日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

今日の健康昼寝は陽が出なくて寒いから、1枚着込んだものの、熟睡には程遠かった。明日から掛け布団を厚いものにせねばなるまい。そんな訳で寝たりないが、午後4時を過ぎると急に暗くなるので、身体に鞭打って相も変わらぬカワセミの池まで往復した。しかし、クルミ広場にジョウビタキの雌は見られず、池にもカワセミは不在だった。更に、可愛いヤマガラも居ないので、第1花虫棒に止まるシジュウカラを撮った。まこと健康ウォーキングのみの午後となってしまった。

zaki-20151112-shijyukara.jpg
<シジュウカラ>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキの雌、シジュウカラ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 20:31| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区梅田川(午前)

今日も朝から曇りで気温がかなり低い。いよいよ防寒服とは行かないものの、ジャンパーの出番となった。何処へ行こうかなあと考えたが、「なか卯」の無料サラダ券があるので梅田川へ行った。散策を開始すると、クズ等の落葉が進んで、カマツカがかなり実をつけていた事が分かった。まことクズ等の蔓植物は樹木の生育の大敵である。梅田川沿いは両岸とも草刈りが進んで、バス通りを越えて旧道に進むと、ツルウメモドキが実をつけていたので嬉しくなった。

zaki-20151112-tsuruumemodoki.jpg
<ツルウメモドキ>

そこから横浜動物の森公園へ小道を登ったが、オオホシカメムシが見られたものの、足が1本もげていたので撮影は諦めた。雑木林に近づくと草刈り機のエンジン音が轟いていた。いよいよ第33回全国都市緑化フェアの工事が始まったようである。そこで逃げ帰るように元来た道を引き返したが、日溜りに、ルリタテハ、キタテハ、キチョウ、ウラナミシジミ、ベニシジミ、ヤマトシジミ等が見られ、クサギの葉にクサギカメムシとチャバネアオカメムシを発見した。

zaki-20151112-chabaneaokamemushi.jpg
<チャバネアオカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/キツネノマゴ、コセンダングサ、セイタカアワタチソウ、イモカタパミ等。蝶/ルリタテハ、キタテハ、キチョウ、ウラナミシジミ、ベニシジミ、ヤマトシジミ等。昆虫/クサギカメムシ、チャバネアオカメムシ、ルリチュウレンジ、アキアカネ等。その他/カマツカの実、ガマズミの実、ノブドウの実等。
posted by 花虫とおる at 18:23| Comment(0) | 緑  区

2015年11月11日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

午後からは健康昼寝の後に田んぼ巡りをしたが、モズが見られた位だったので、相も変わらず新治市民の森のカワセミの池まで往復した。まずは午前中に見られたクルミ広場のジョウビタキの雌を探したが、お留守のようであった。カワセミの池へ到着すると久しぶりにカワセミの雄が飛来していたが、もう何遍も撮影している止まり木以外の良い所には止まってくれなかった。また、誰が撒いたのかヒマワリの種を啄みに、ヤマガラやシジュウカラがやって来ていた。

zaki-20151111-kawasemi-osu.jpg
<カワセミの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキの雌、カワセミ、ヒヨドリ、ヤマガラ、シジュウカラ、カルガモ、コサギ等。
posted by 花虫とおる at 19:09| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区新治市民の森(午前)

昨日は一日中雨であった。ここに来て天気が周期的に変わるようである。NHKの天気予報で「秋は一雨一雨毎に気温が低くなって行く」と言っていたが、今日は曇り日である事もあってか、一段と低くなった。そこで、何処を散策しようかなあと考えたが、雨上がりで気温が低いから、比較的開けた場所の多い新治市民の森の旭谷戸へ行った。まずは梅田川を下ってクルミ広場へ行ったが、頭上でジョウビタキの雌が囀っていたので、午後にまた来るからねと歩みを先に進めた。

zaki-20151111-ryunogiku.jpg
<リュウノウギク>

小川沿いの小道を進むとベニシジミがスイバの葉上で静止し、谷戸田前のソバ畑で人の声がするので覗いて見ると、赤ソバを収穫していた。毎年、種を撒いて収穫し、粉にして蕎麦打ちまでするのだと言う。自分で育てたソバの味は格別に美味い事だろう。更に進んで谷戸田左手の小道へ足を踏み入れると、リュウノウギクがかなり咲いていた。また、谷戸奥の水路にはオオアオイトトンボがまだ見られ、ツクバトリカブトはどうなったかなと見に行ったが、数輪咲き残っていた。

zaki-20151111-nishikigimi.jpg
<ニシキギの実>

次にUターンして谷戸田左手の小道へ足を踏み入れたが、斜面にノハラアザミがたくさん咲いていた。まこと花期が長い花である。その後、「みはらし広場」に通ずる農道に戻ったが、各所にあるクサギがたわわに実をつけていたが、種子は黒ずんでいるものがほとんどだった。また、何故かヤマザクラの生木にウスヒラタケが生えていたのには驚いた。その後、栗林まで行って引き返したが、ソバ畑脇に植栽されているニシキギの実を撮ってから帰路に着いた。

zaki-20151111-usuhiratake.jpg
<ウスヒラタケ>

<今日出会った主なもの>花/ツクバトリカブト、ツリガネニンジン、リュウノウギク、ヤクシソウ、カントウヨメナ、ノハラアザミ、コセンダングサ、セイタカアワタチソウ、マルバルコウソウ等。蝶/クロコノマチョウ、ベニシジミ等。昆虫/アオバハゴロモ、アキアカネ、オオアオイトトンボ等。鳥/ジョウビタキの雌、モズ等。キノコ/ウスヒラタケ等。その他/クサギの実、ガマズミの実、ニシキギの実等。
posted by 花虫とおる at 19:01| Comment(0) | 緑  区

2015年11月09日

神奈川県川崎市麻生区早野の里

昨日の日曜日は一日中雨だったが、サンデー毎日の身には所用が片付くし休養にもなるので、ある意味では雨雨万歳なのだが、現役の方にとっては苦虫を潰す思いであった事だろう。予報では今日も雨とあったが、起床して外を見ると雨は止んでいた。何処へ行こうかなあと思案したが、早野の里方面の空が一番明るいので行ってみた。いつも霊園内に車を停めるが、職員の方々が落ち葉掃除に励んでいたので、農耕地に路駐した。まこと落ち葉掃除はかなりの労働である。

zaki-20151109-yabumurasaki-mi.jpg
<ヤブムラサキの実>

そんな訳で野の花横丁から小道で霊園に戻ったが、ヤブムラサキの実を見つけて嬉しくなった。ヤブムラサキもコバノガマズミと同様、国道246号線を越えないと見られないのだ。次に農耕地に引き返して緑たっぷりのハヤトウリの葉上を丹念に見て回ると、クサギカメムシとオオヨコバイを見つけた。ハヤトウリの葉はアレチウリの葉に似ているが、食用になる瓜がなる。熱帯アメリカ原産で、まずは鹿児島に渡って来ので、隼人瓜と呼ばれるようになったらしい。

zaki-20151109-kusagikamemushi.jpg
<クサギカメムシ>

農耕地ではコスモスやイモカタバミがまだ綺麗に咲いていて、コセンダングサにモンシロチョウが吸蜜していた。その後、もちろんハンノキ林へ歩みを進めたが、ここでもハヤトウリの葉上昆虫観察のみとなってしまったが、アカハバビロオオキノコムシとアオクサカメムシを見つけた。図鑑を開くとアカハバビロオオキノコムシは、4月頃から枯れ木に生えるカイガラタケやカワラタケ等で見られるとあるが、何故か秋になってからの観察例が多いように思う。

zaki-20151109-akahababiroookinokomushi.jpg
<アカハバビロオオキノコムシ>

<今日出会った主なもの>花/コセンダングサ、タイアザミ、ヤクシソウ、イモカタバミ等。蝶/モンシロチョウ、キチョウ等。昆虫/アカハバビロオオキノコムシ、クサギカメムシ、アオクサカメムシ、オオヨコバイ、アキアカネ等。その他/ガマズミの実、コバノガマズミの実、ヤブムラサキの実、ムラサキシキブの実、ピラカンサの実等。
posted by 花虫とおる at 18:26| Comment(0) | 川崎市

2015年11月07日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

今日の昼食はどうしよう。すき家の牛丼にしようかコンビニ弁当にしようかとさんざん迷ったが、お腹が一杯になればそれで良しという感がある。それより、毎度お馴染みの華風料理「一心」の600円の定食の方がリッチ感があるので、またしても行ってしまった。その後、静かな川和市民の森周辺の農道で爆昼寝しようと行ったら、なんとジョウビタキの雌を見つけたのでデジスコを組み立てて撮影したが、今一非フレンドリーな個体で、良い写真は得られなかった。

zaki-20151107-jobitaki-mesu-1.jpg
<ジョウビタキの雌>

その後、曇って来たのでカワセミを撮りたいなあと、昨日に引き続いて新治市民の森へ行った。散策を開始すると、今日もクルミ広場のジョウビタキの雌がお待ちかねであった。どうやら近くに生えるクマノミズキの実を食べてお腹が一杯になると、オニグルミの天辺に止まって縄張り宣言をするようだ。一生懸命撮影しているとお仲間がやって来て、雄も見られましたよと言うので、その後探し回ったものの見つから無かった。しかし、出会いは時間の問題だろう。

zaki-20151107-jobitaki-mesu-2.jpg
<ジョウビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキの雌、カワセミ、ヒヨドリ、シジュウカラ、コジュケイ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 18:22| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

明日から3日間程ぐずついた天気が続く様である。一気に里の紅葉黄葉が進む事だろう。また、冬鳥の飛来も加速するに違いない。今日は一日中曇りとの事であったが、自宅出発時には晴れていた。何処へ行こうかなあと考えたが、ハダカホウズキの実をまた撮りたいし、前回見られたヒメヤママユがまだいるかもしれないと茅ヶ崎公園へ行った。散策を開始すると、まずはニシキギの実に挑戦したが、なかなか良い絵柄が浮かばず、ブログアップの写真には至らなかった。また、葉にはキバラヘリカメムシの幼虫が見られた。

zaki-20151130-hanamizuki-mi.jpg
<ハダカホウズキの実>

次に「ヒメヤママユやーい」と、外灯周辺の木々の幹を見て回ったが見つからなかった。そこで初期の目的通りにハダカホウズキの実を撮り、尾根上に上がってゴンズイの実もカメラに納めた。また、まだ緑鮮やかなアジサイの葉上を見回すと、有難い事にアカスジキンカメムシの幼虫が静止していた。その後、生態園前の手摺昆虫観察を試みたが、嬉しい事にウシカメムシの幼虫が這っていた。最後に生態園に入ったが、昔懐かしい足踏み式脱穀機でイネの脱穀作業が行われ、子供達が楽しそうな声を上げていた。

zaki-20151107-akasujikinkamemushi-yochyu.jpg
<アカスジキンカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/サザンカ等。昆虫/ウスキホシテントウ、テントウムシ、アカスジキンカメムシの幼虫、ウシカメムシの幼虫、キバラヘリカメムシの幼虫等。その他/ニシキギの実、ハダカホウズキの実、ゴンズイの実、ノイバラの実等。
posted by 花虫とおる at 18:17| Comment(0) | 都筑区

2015年11月06日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

午後からは、早野町、上谷本町、北八朔町、小山町と田んぼ巡りをしたが、これといった鳥は見られなかった。そこで、毎度お馴染みの新治市民の森へ転戦し、カワセミの池まで往復した。まずは今日は居るかなとクルミ広場のオニグルミの天辺を見上げたが、ジョウビタキの雌がお待ちかねであった。そこでデジスコを向けたが、横顔はなんとなく朴槿惠韓国大統領に似ているなあとにんまりした。その後は、これといった鳥に巡り会わず、またしても健康ウォーキングとなった。

zaki-20151106-jobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキの雌、カワセミ、モズ、ハクセキレイ、ヒヨドリ、コサギ、シジュウカラ、ハシブトガラス等。
posted by 花虫とおる at 18:28| Comment(0) | 緑  区

横浜市青葉区寺家ふるさと村(午前)

今日は平日なので、人出が少ないだろうと寺家ふるさと村へ行った。まずは前回と同じく静かな居谷戸を散策したが、トキリマメの実やオオアオイトトンボが見られた位で、これといった被写体は無かった。そこで、ゴマダラ峠を越えて山田谷戸へ下りたが、アキアカネが棒の先に止まっているだけだった。更に歩みを進めると、顔なじみの野鳥カメラマンが集合していて、2羽入ったノビタキを激写していた。帰路はもちろん昆虫横丁を通ったが、露に濡れた葉上に昆虫の姿は皆無だった。

zaki-20151106-tokirimame-mi.jpg
<トキリマメの実>

<今日出会った主なもの>花/ゲンノショウコ、ダイコンソウ、タイアザミ、アキノノゲシ、コセンダングサ、セイタカアワダチソウ等。蝶/ツマグロヒョウモン、キタテハ、キチョウ、モンキチョウ、モンシロチョウ、ベニシジミ等。昆虫/クサギカメムシ、マユタテアカネ、アキアカネ等。鳥/ノビタキ等。その他/トキリマメの実、クサギの実等。
posted by 花虫とおる at 18:24| Comment(0) | 青葉区

2015年11月05日

横浜市緑区北八朔公園

昨日は昆虫が撮れずにNO虫ブログアップとなったので、今日はまだ何かしらいるだろうと北八朔公園へ行った。田んぼの農道に車を停め「緑が丘中東」の交差点まで歩いて来ると、角にある焼き鳥屋のブロック塀にアキアカネが止まっていた。公園入口まで来ると、消防車、パトカー、救急車が止まっている。なんだろうと思ったら、行き倒れが見つかったとの事であった。木枯らしが吹き始めると、世を儚んで命を絶つ方が増えるが、「安倍ちゃん、なんとかせいよ」と言いたい。

zaki-20151105-akiakane.jpg
<アキアカネ>

事件現場は見たくないので昆虫横丁へ行ったが、観察出来たのはテントウムシとエサキモンキツノカメムシだけだった。やはり北八朔公園の昆虫横丁といえども閉店となったようである。そこで雑木林を通って公園内に降りて行ったが、蝶ではウラギンシジミとベニシジミが、陽に暖められた手摺にはコノシメトンボ、マユタテアカネ、アキアカネが日向ぼっこをしていた。そんな中、白い布で覆われた遺体が、車輪付きの担架に乗せられガラガラとやって来た。

zaki-20151105-esakimonkitsunokamemushi.jpg
<エサキモンキツノカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/シロヨメナ、コシロノセンダングサ、ジュウガツザクラ等。蝶/ウラギンシジミ、ベニシジミ等。昆虫/テントウムシ、エサキモンキツノカメムシ、コノシメトンボ、マユタテアカネ、アキアカネ等。その他/サンシュユの実、イヌホオズキの実等。
posted by 花虫とおる at 18:21| Comment(0) | 緑  区

2015年11月04日

横浜市都筑区東方公園周辺

今日も午後から所用があるので、午前中のみの散策となった。いよいよ今年も後2ヶ月、色々と忙しくなるなあ、散策出来ない日もあるだろうなあと眉をしかめた。もっとも、道端自然観察及び写真撮影だけが残された人生でもないし、同じ事ばかりを繰り返していると認知症になる恐れがあるらしい。まあ、お金がかかったり、かなり面倒なのは困るが、色々な用事が発生するのは、むしろ歓迎せねばならない。そんな訳で、今日は近場の東方公園周辺を散策した。

zaki-20151104-hanamizuki-mi.jpg
<ハナミズキの実>

まずはハナミズキの防火緑地に寄り道したが、まだ実はかなり残っていた。その後、大原みねみち公園から葛ヶ谷公園へ行ったが、これといった被写体が無いので、池辺町の農耕地に転戦した。せめてアキアカネでもと柿畑へ行ったが、色褪せたアキアカネを見つけたものの、撮影する気が起きなかった。しかし、柿の葉痕のカッキー君が笑っていたのでカメラに納めた。日当たりの良い草地には種々の蝶は見られが、その他の昆虫は本当に少なくなった。

zaki-20151104-kaki-yokon.jpg
<カキの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/シロヨメナ、イヌタデ、ハキダメギク、コセンダングサ、セイタカアワタチソウ、ヤツデ等。蝶/アカタテハ、キタテハ、ツマグロヒョウモン、キチョウ、ベニシジミ等。昆虫/マルカメムシ、ベッコウバエ、ツマグロオオヨコバイ、アキアカネ、アオマツムシ等。その他/ハナミズキの実、ヘクソカズラの実等。
posted by 花虫とおる at 18:23| Comment(0) | 緑  区

2015年11月03日

横浜市緑区恩田川(午後)

昼食は長津田町の吉野家で650円の「ミニ牛丼+ざる蕎麦」セットを食べ、恩田川の田んぼで昼寝を貪ろうと車を走らせていたら、電柱の上にチョウゲンボウが止まっていた。これはラッキーと大急ぎでデジスコを組み立てシャッターを切った。その後、もう少し太陽光線の当たり具合が良い所へと移動したが、サッカークラブの少年達がワイワイガヤガヤ自転車でやって来た。これは飛ばれそうと思ったら、案の定、飛ばれてしまった。本当に良い場面で邪魔が入るのが鳥撮りである。

zaki-20151103-chogenbo.jpg
<チョウゲンボウ>

<今日出会った主なもの>鳥/チョウゲンボウ、モズ、ハクセキレイ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:03| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区梅田川(午前)

昨日は午後2時頃まで雨で本当に寒かった。ストーブでも出したくなるほど足元から冷えた。今日は一転して朝から暖かい。こう気温の変化が激しいと体調を壊す方もいる事だろう。そんな訳で雑木林の中や日陰は歩く気がしないので梅田川へ行った。まずは養老院裏の陽の当たる小道に歩みを進めたが、キタテハ、ツマグロヒョウモン、ベニシジミが舞っていた。民家の庭先には色とりどりの小菊が咲き、植木屋さんの畑にはロウヤガキがたわわに実っていた。

zaki-20151103-royagaki.jpg
<ロウヤガキ>

その後、もしかしたらウスタビガやヒメヤママユに会えるかもと、水車のある家から横浜動物の森公園へ行ったが、途中の栗畑がズーラシアの駐車場にでもなるのか重機が入っていた。期待した横浜動物の森公園では、これといった被写体は無く急坂を下って旧道に降りたが、下草の葉上にツヤアオカメムシを見つけてほっとした。最後に三保念珠坂公園下へ寄ったが、極小のカスミカメムシの仲間が2種類いたものの、風があって撮影は諦めた。

zaki-20151103-tsuyaaokamemushi.jpg
<ツヤアオカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/コセンダングサ、セイタカアワタチソウ等。蝶/キタテハ、ツマグロヒョウモン、クロコノマチョウ、キチョウ、ウラギンシジミ、ベニシジミ、ヤマトシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/ツヤアオカメムシ、チャバネアオカメムシ、ツマグロオオヨコバイ、アキアカネ等。その他/ゴンズイの実、ガマズミの実、ノブドウの実等。
posted by 花虫とおる at 17:59| Comment(0) | 緑  区

2015年11月01日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

昨日は早起き昼寝無しの観察会だったから、今日はぐっすり眠ったものの、なんとなく身体がだるい。そこで、近場しか有りませんねと茅ヶ崎公園へ行った。散策を開始すると、まず樹木の幹に時期外れのヒカゲチョウを見つけた。羽化したばかりで羽を乾かしているようである。幼虫越冬だから無理して羽化する事はないのに、何故に今頃と疑問符を持った。次に尾根上へ行ってゴンズイの実を撮り、早々2枚の写真を確保したので手摺昆虫観察に入った。

zaki-20151101-gonzui-mi.jpg
<ゴンズイの実>

今日はアカスジキンカメムシの幼虫、テントウムシ、コミミズクの幼虫が見られた。その後、開園している生態園に入ると、デッキで、カワセミおじさん等が日向ぼっこをしながらカワセミの飛来を待っていた。まこと平和である。生態園ではこれといった被写体は見つからず、再度の手摺昆虫観察をしていると生態園スタッフのKさん、Hさんが小走りでやって来る。お仲間がヒメヤママユを見つけたので、観察しに行くのだという。そこで同行させて貰った。

zaki-20151101-hikagecho.jpg
<ヒカゲチョウ>

<今日出会った主なもの>花/イヌホオズキ、コウヤボウキ等。蝶/ヒカゲチョウ、キチョウ等。昆虫/テントウムシ、アカスジキンカメムシの幼虫、コミミズクの幼虫、アキアカネ、ヒメヤママユ等。鳥/カワセミ等。その他/ゴンズイの実、ノイバラの実等。
posted by 花虫とおる at 18:18| Comment(0) | 都筑区