2015年11月23日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

今日も一日中曇りの予報であったが、昨日に比べると雲が厚く気温も低くなった。これでは何処へ行っても貧果必至と、昨日同様に手摺昆虫観察だと茅ヶ崎公園へまたしても出かけた。そんな訳で生態園前や横の手摺に直行したのだが、NO昆虫であった。昨日のお残りさんがいるのではないかと思ったのだが、当てが外れてしまった。そこで生態園へ入ってミツバウツギの葉痕を保険として確保した。クサギの葉上にはキイロテントウが見られたが、場所が悪かった。

zaki-20151123-mitsubautsugi-yokon.jpg
<ミツバウツギの葉痕>

今日の生態園では親子による精米がなされていて、精米機のモーターが唸りを上げていた。田起し、田植え、草取り、稲刈り、脱穀と続いた稲作体験の最終作業を迎えたという訳である。後は、もち米を蒸かし、餅つきをして食べるらしい。自分で育てて収穫したのだから、感慨ひとしおに違いない。マンションやショッピングセンター等が立ち並ぶ港北ニュータウンの中で、稲作体験が出来るのだから素晴らしい。まこと生態園スタッフの努力には頭が下がる。

zaki-20151123-oochatate.jpg
<オオチャタテ>

そんな訳で少々時間が経ってから生態園上の手摺を見に行くと、チャタテムシの中では大型のオオチャタテや産卵前のクヌギカメムシが這っていてほっとした。そこでもう一度生態園横の手摺を見に行くと、嬉しい事にウシカメムシが2匹いた。昨日も同所に2匹いたので同じ個体の様である。気温はむしろ下がったようだが時間たったから何処からか這い出して来たのだろう。最後に生態園前の手摺を見直したら、可愛いカラスハエトリと目が合ってしまった。

zaki-20151123-karasuhaetori.jpg
<カラスハエトリ>

<今日出会った主なもの>昆虫/テントウムシ、キイロテントウ、オオチャタテ、ウシカメムシ、クヌギカメムシ、コミミズク等。鳥/カワセミ等。その他/カラスハエトリ、アズチグモ、ムラサキシキブの実、サルトリイバラの実、ゴンズイの実、ノイバラの実、マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 16:50| Comment(0) | 都筑区