2015年12月31日

横浜市鶴見区三ッ池公園

いよいよ今日は大晦日である。外回りや家の掃除等は終わっていて、これといったやる事は無いのだが、何故か一日中出ずっぱりも憚れる。そこで、午前中のみ三ッ池公園へ行った。正門前の駐車場に車を停め散策を開始したが、曇り空で池の近くだからか、やはり寒い。しかし、次第に雲は流れて青空一杯になると、大晦日とは思えない気温となった。年が明けても最高気温は15度前後で推移するらしく、まこと暖冬で、なんだか薄気味悪い。

zaki-20151231-hashibirogamo-osu.jpg
<ハシビロガモの雄>

今日の下の池の杭は先だっての事務所への苦情が功を奏したのか、水面上に現れていたが、なんと水面より30センチ前後となっていて、これではカモちゃんも上れないなあと眉をしかめた。案の定、一羽のカモも上っていなかったが、ユリカモメは一羽だがくつろいでいた。まあ、また苦情を言う訳にも行かないので、今後の推移を見守るしかあるまい。今日の鳥達の状況は前回と同じで、寝ぼけ眼で泳ぐハシビロカモのペアをカメラに納めた。

zaki-20151231-hashibirogamo-mesu.jpg
<ハシビロガモの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ、カワセミ、モズ、ハクセキレイ等。
posted by 花虫とおる at 17:58| Comment(0) | 鶴見区

2015年12月30日

横浜市緑区長津田町(仮称)東名の森

今日も行く当てが無いので、昼飯は何を食べたいとお腹に聞いて見ると「かつや」のカツ丼+豚汁の小との答えが返って来た。そこで本当に久しぶりに、長津田町の(仮称)東名の森へ行った。散策を開始するとアオツヅラフジの黒い実が目に留まったが、やや萎びていた。次にカラスザンショウの葉痕も目が留まったが、まだ葉が落ちたばかりで緑色の顔をしていたので撮影は諦めた。もう少し経てば葉痕は褐色に変わって、目鼻立ちがはっきりして来る。

zaki-20151230-kusagi-yokon.jpg
<クサギの葉痕>

その後、農耕地へ降りて行ったが途中の梅の木の梢の先にウスタビガの空繭が緑色に輝いていた。超望遠レンズでもあれば撮影出来たが、なにせ90ミリマクロレンズでは遠過ぎた。農耕地や民家周辺でも早咲きの白梅が咲いている位で、これといった被写体は無く、保険としてたわわに実ったナンテンの実や爺ちゃん顔のクサギの葉痕を撮った。更に環状4号線を越えて広大な畑が続く地域に歩みを進めたが、モズが棒の先に止まっていた位であった。

zaki-20151230-nanten.jpg
<ナンテンの実>

<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ、ウメ等。昆虫/ウスタビガの空繭等。鳥/モズ等。その他/ナンテンの実、アオツヅラフジの実、トキリマメの実等。
posted by 花虫とおる at 17:48| Comment(0) | 緑  区

2015年12月29日

横浜市緑区(仮称)ルリビの森公園(午後)

昼食は、今までなら至近の島忠ホームズ町田店内にある幸楽苑へ行くのだが、かなり飽きてしまった。しからば港北PAの「横濱うまいもん亭」かなとも思ったが、冷奴がつかなくなって行く気がしなくなった。そこで、コンビニで焼きそばとお握りを買って食べた。その後、健康昼寝を経て(仮称)ルリビの森公園へ行ったが、一昨日と異なってルリビタキのお出迎えがない。ポイントを教えてくれた葛の葉さんによると、30分位待てば出て来るとの事だったので頑張ったら、本当に現れた。

zaki-20151229-ruribitaki-wakaosu.jpg
<ルリビタキの若雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキ、モズ、カシラダカ、オナガ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:26| Comment(0) | 緑  区

東京都町田市三輪町(午前)

例年に比べれば暖かいが、それでもかなり寒い朝となった。何を撮ろうかなあ、何処へ行こうかなあと考えても、これといったものが思い浮かばない。そこで、久しぶりに町田市三輪町へ行ってみた。いつもの谷戸入り口の広場に路駐したが、ホトケノザが咲いている草原に霜が降りていた。もっとも、畑に霜柱が立っていないので、それ程の寒さでは無かったのだろう。まずは左手の谷戸へ歩みを進めたが、これといった被写体が無いので、植栽のテウチグルミの葉痕を撮影した。

zaki-20151229-teuchigurumi-yokon.jpg
<テウチグルミの葉痕>

次にUターンして右手の谷戸入口で、萎びて褐色に変わったセンダンの実を撮っていると、寺家ふるさと村に出没する野鳥カメラマンに出会った。ルリビタキは各谷戸に入っているものの若雄が多く、ジョウビタキの雄は見られないという。そんな訳か今日はまだ1度もシャッターを切っていないとの事で、まこと貧果に泣いていた。最後に廣慶寺周辺の農耕地に行ったが、ソシンロウバイが見事に咲き、モンシロチョウの蛹を2つ見つけたが、絵になる場所ではなかった。

zaki-20151229-sendan-mi.jpg
<センダンの実>

<今日出会った主なもの>花/ホトケノザ、ソシンロウバイ、サザンカ、ニホンスイセン等。蝶/モンシロチョウの蛹等。鳥/ジョウビタキの雌等。その他/センダンの実、ヘクソカズラの実等。
posted by 花虫とおる at 18:24| Comment(0) | 町田市

2015年12月28日

横浜市鶴見区三ッ池公園

今日は今年最後の通院日なので、午前中のみ至近の三ッ池公園へ行った。齢をとるのは仕方が無いが、病院通いはNOサンキューである。しかも医療費が馬鹿高くて、製薬会社に儲けさせていると思うと腹が立つ。毎日のように港北NTに往復4キロ以上は歩いて来るカワセミ爺ちゃんは、まことに健康なので、歩くのがなによりの良薬である事は言うまでも無い。ちょいと身体の具合が悪いと家に引きこもってしまう方が多いが、これでは容態を益々悪化させるだけだろう。

zaki-20151228-yurikamome.jpg
<ユリカモメ>

三ッ池公園は相変わらず普通種のカモばかりだろうと予測したが、案の定、その通りであった。しかし、とにかくシャッターが押せてあぶれは無いから、ブログアップには格好の散策場所である。今日の特筆事項はユリカモメが20羽位見られた事だろう。また、こちらは悪い話だが、中の池のかいぼりが始まるようで、その水が下の池に流れ込んで、杭が水面下に没していた。そこで「カモちゃんの休憩場がなくなる」と、管理事務所に苦情を言いに行った。

zaki-20151228-kaitsuburi.jpg
<カイツブリ>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、マガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ、シジュウカラ等。
posted by 花虫とおる at 16:30| Comment(0) | 鶴見区

2015年12月27日

横浜市緑区(仮称)ルリビの森公園(午後)

昨日の画像掲示板に散策仲間の葛の葉さんからルリビタキの若雄の投稿があったので、極秘にメールにてポイントを教えて貰った。そこで午後からは(仮称)ルリビの森公園だと、鶏肉を食べないようにと、すき家にて490円の「牛丼とん汁おしんこセット」を食べて昼寝の後に行った。教えていただいたポイントに直行すると、ルリビタキの若雄がお待ちかねであった。今季はNOルリビタキかなと危惧していたので、撮影出来てほっとした。まこと良い友達を持ったものである。

zaki-20151227-ruribitaki-wakaosu.jpg
<ルリビタキの若雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ルリビタキ、モズ、エナガ、ヤマガラ、カシラダカ、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 18:29| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区都筑中央公園(午前)

ネットの週間天気予報を見ると、しばらく晴れの日が続くようだが、気温は今日から低くなるという。それでも例年に比べるとかなり高い。そんな訳で、電気アンカやモモヒキの出番が訪れない。まあ、その内お世話になると思うが、ならなければギネスものである。そうは言っても、見るもの撮るものはほとんど無くなった。そこで当てがある訳では無いものの、日曜日だから車を安心して停められる場所が空いているというだけで、都筑中央公園へ行ってみた。

zaki-20151227-ume.jpg
<ウメ>

まずは少し戻って鴨池公園へ行き、保険としてイボタの実をカメラに納めた。ウラゴマダラシジミやイボタガの食樹であるが、何故か公園等にも植栽されている。次にUターンして都筑中央公園の「ばじょうじ谷戸」へ行って早咲きの梅を撮った。とは言っても絵になるものは無く、形良く咲いている一輪を素直に切り取った。その後、園内を一回りしたが、コジュケイの家族がうろうろしているだけで、カワセミ爺ちゃん等の鳥撮りマンの姿も何故かなかった。

zaki-20151227-ibota-mi.jpg
<イボタの実>

<今日出会った主なもの>花/ウメ、ニホンスイセン等。昆虫/クロスジホソサジヨコバイ等。鳥/コジュケイ等。その他/ムラサキシキブの実、マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 18:24| Comment(0) | 都筑区

2015年12月26日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

昼食は750円とちょいとお高いが、毎度お馴染みの華風料理「一心」にてとり、川和市民の森の農耕地で昼寝してから新治市民の森へ行った。デジスコを担いで散策を開始すると、梅田川遊水地にモズ子ちゃんとカワちゃんがいて嬉しくなった。今日は幸先が宜しいので、散策仲間の葛の葉先生みたいに、ルリ男君、ジョビ男君を撮りたいなあと旭谷戸経由でカワセミの池まで行った。しかし、旭谷戸は閑古鳥、カワセミの池周辺はシジュウカラのみと、まこと散々な結果となった。

zaki-20151226-mozu-mesu.jpg
<モズの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、モズ、ヤマガラ、シジュウカラ、カシラダカ等。
posted by 花虫とおる at 18:11| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

昨晩は雨がぱらついたが、今朝は雲一つ無い晴れとなり、風も無く気温も高くなった。そこで茅ヶ崎公園へ行けば、手摺になにかしらの昆虫が這っているのではないかと出かけた。まずは外灯が点在する港北ファミールハイツ横の広場で、木々の幹を見回ったが、これといった昆虫は見られなかった。しかし、早くもウグイスカグラが咲いていて嬉しくなった。暖冬の影響なのか開花が早いようである。また、尾根上のゴンズイの実もまだかなり残っていた。

zaki-20151226-uguisukagura.jpg
<ウグイスカグラ>

次に本命なる手摺昆虫観察に入ったが、生態園横の広場の手摺にミナミトゲヘリカメムシが這っていた。南方系の昆虫で最近北上して来たと言われているが、寒さに強いとは驚きである。その後、生態園上、生態園正門手前の手摺も見回ったが、小さなクモが数匹這っているだけでNO昆虫であった。そこで生態園に入って見ると、とってもフレンドリーなジョウビタキの雌をカワセミに振られた煙草爺ちゃんらが撮影していた。まこと平和である。

zaki-20151226-minamitogeherikamemushi.jpg
<ミナミトゲヘリカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ等。昆虫/ミナミトゲヘリカメムシ等。鳥/ジョウビタキの雌、カワセミ等。その他/ゴンズイの実、ムラサキシキブの実、ノイバラの実、マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 18:08| Comment(0) | 都筑区

2015年12月25日

横浜市都筑区葛ヶ谷公園

冬至も過ぎ今日はクリスマスである。いつものように外掃除をしたが気温が高くて暑い位であった。エルニーニョ現象などの影響と報道されているが、こんなに気温が高いクリスマスは生まれて初めてである。各地にあるスキー場は雪不足に鳴いているようだが、冬鳥の飛来が少ないのはまこと納得である。このまま暖冬が続くと、今年はNOルリビタキとなってしまうかもしれないので、まずは近場からの探鳥も兼ねてと、今日は葛ヶ谷公園から鴨池公園を往復した。

zaki-20151225-kihada-yokon.jpg
<キハダの葉痕>

まずは葛ヶ谷公園へ行ったが、途中、ハラビロカマキリの卵のうが太い木の幹に産み付けられていたので保険としてカメラに納めた。次にキハダの葉痕をまたしても撮影した。遊歩道近くに生えているので、もしかしたら草刈りの時に伐採される恐れがある。そこで、他に生えていないかと探したら一本見つかって嬉しくなった。これなら来年も楽しめそうである。次にお決まりのヤツデの葉捲りをしたが、クロスジホソサジヨコバとカメノカハムシの仲間が越冬していた。

zaki-20151225-chabanefuyuedashaku-mesu.jpg
<チャバネフユエダシャクの雌>

その後、鴨池公園に向ったが、途中の御影橋の壁面にチャバネフユエダシャクの雄を見つけた。止まっている所が今一汚いが贅沢は言ってられない。鴨池公園にはいると、今度はチャバネフユエダシャクの雌がケヤキの幹に這っていた。雄と雌とがこれほど異なる昆虫も珍しい。最後に野鳥のポイントを一回りしたが、暖かい日なので、ムラサキツバメとムラサキシジミが日光浴をしていただけだった。また、帰路、季節外れのサトキマダラヒカゲに出会って驚いた。

zaki-20151225-chabanefuyuedashaku-osu.jpg
<チャバネフユエダシャクの雄>

<今日出会った主なもの>蝶/ジャコウアゲハの蛹、サトキマダラヒカゲ、ムラサキツバメ、ムラサキシジミ等。昆虫/クロスジホソサジヨコバイ、チャバネフユエダシャク、ハラビロカマキリの卵のう等。鳥/メジロ、シジュウカラ等。その他/ムラサキシキブの実、ナンテンの実、マンリョウの実、イボタの実等。
posted by 花虫とおる at 17:55| Comment(0) | 都筑区

2015年12月24日

横浜市緑区恩田川(午後)

昼食は「すき家」にて490円の豚汁納豆定食を食べた。納豆、豚汁はもちろんの事、生卵、海苔、お新香まで付くのだから、まことリーズナブルである。その後、川和市民の森の農耕地で健康昼寝を貪ってから新治市民の森へ行ったが、ジョウビタキの雌、アオジ、カシラダカ、オナガ、メジロ、シジュウカラ、ガビチョウ、トビ等は居たが、撮影には非協力的でNOシャッターに終わった。そこで、帰宅途中に恩田川の田んぼに寄ってみると、モズ子ちゃんがお待ちかねであった。

zaki-20151224-mozu-mesu.jpg
<モズの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/モズの雌、ムクドリ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 17:53| Comment(0) | 緑  区

横浜市鶴見区三ッ池公園(午前)

昨日の夕方から降り始めた雨は明け方まで続いて、起床して外を見ると道路が濡れていた。これでは木々の葉上等は乾いていないと、三ッ池公園へまた行った。新横浜公園も候補に挙がったが、なにせ鳥までの距離が遠いいので、良い写真を得るのは難しい。例によって下の池から始めたが、まだ空は灰色だったので、杭の上には翼に頭を突っ込んで爆睡しているハシビロガが2羽いただけだった。その他、池に浮かんでいるのは、ほとんどがキンクロハジロだった。

zaki-20151224-hashibirogamo-osu.jpg
<ハシビロガモの雄>

そこで中の池へ行ったが、こちらもキンクロハジロだけで、上の池はカルガモとマガモが泳いでいた。という事は、あんなにたくさん居たホシハジロは1羽も見られなかった訳で、何故何処へ消え去ったのだろう。しばらくマガモと遊んでいると、太陽が顔を出し、年末とは思えない暖かさとなった。そこで下の池へ引き返してみたら、ユリカモメが3羽飛来していて、カモの活動も活発になっていた。更に、注視していたらスズガモの雌が1羽混じっていて嬉しくなった。

zaki-20151224-suzugamo-mesu.jpg
<スズガモの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、マガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、スズガモの雌、カルガモ、カイツブリ、シジュウカラ等。
posted by 花虫とおる at 17:50| Comment(0) | 鶴見区

2015年12月23日

横浜市緑区梅田川

今日は予報通りどんよりとした曇りとなった。午後遅くは雨との事で、いつ降って来てもおかしくない。そこで車にすぐに戻れる梅田川へ行った。いつもの場所に路駐し散策を開始すると、クズの蔓がたくさんあったので、良い顔のクズ子ちゃんはいないかなあと探したら、可愛くは無いものの物憂い美人さんがいたので撮影した。お次は昆虫ですねと三保念珠坂公園の手摺昆虫観察を試みたら、緑色のコミミズクの幼虫が這っていたが、暗いのに歩き回るので撮影出来なかった。

zaki-20151223-kuzu-yokon.jpg
<クズの葉痕>

しからば老人ホーム裏の農耕地ですねと行ってみると、イラガの繭とハラビロカマキリの卵のうを見つけたものの、絵にならないので諦めた。しからば蝶の蛹ですねと探したらスジグロシロチョウの蛹を見つけたものの、汚れた白い壁についていたので、これまた撮る気がしなかった。その後、何故が大仏様が横になっている横浜三保浄苑周辺を散策したが、これといった被写体には恵まれず、結局、植木屋さんの畑へ行って、ロウヤガキの実を撮って引き返した。

zaki-20151223-royagaki.jpg
<ロウヤガキ>

<今日出会った主なもの>花/ソシンロウバイ、ボケ等。蝶/スジグロシロチョウの蛹等。昆虫/コミミズク、イラガの繭、ハラビロカマキリの卵のう等。その他/ツルウメモドキの実、ガマズミの実、トキリマメの実、サンシュユの実、ナンテンの実、アオツヅラフジの実、ロウヤガキの実等。
posted by 花虫とおる at 17:41| Comment(0) | 緑  区

2015年12月22日

横浜市緑区恩田川(午後)

昼食は丼物が続いたので、コンビニにてアサリ入りのスパゲッティーと日高昆布のおにぎりを買って食べた。その後、予報通りの小春日和となったので爆睡した後に新治市民の森へ行った。今日はいつもと異なったルートで散策したが、ルリちゃん、カワちゃん、ジョビ子ちゃんは居なかった。そこで帰宅途中に恩田川の田んぼへ寄ってみると、久しぶりにモズの雄がいたので撮影した。もう少し良い場所で長時間いてくれたらとは思ったが、まあ贅沢は言えませんねと微笑んだ。

zaki-20151222-mozu-osu.jpg
<モズの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/モズの雄等。
posted by 花虫とおる at 18:24| Comment(0) | 緑  区

横浜市港北区新羽町(午前)

今日は小春日和になると予報されていたが、自宅を出発した時は曇っていた。この時期、何処へ行っても貧果必至だから、しばらく散策していない新羽町へ出かけてみた。いつもの場所に路駐し散策を開始すると、ツルウメモドキの実がかなり残っていた。民家の庭先のピラカンサの実も小鳥達に無視されているのか、垂れ下がらんばかりであった。食べるものが無くなると小鳥たちはピラカンサの実を食べると言われているので、まだ他に美味しいものがあるのだろう。

zaki-20151222-katsura-yokon.jpg
<カツラの葉痕>

新羽丘陵公園でもハナミズキの実やヒヨドリジョウコの実が残っていて、こちらも小鳥達には好かれないようである。今日の目的であるカツラの葉痕は「ひこばえ」がたくさん出ていたが、やはり良い顔となると少ない。公園では保育園児が遊んでいて賑やかだったので、農耕地へ下りて行ったが、これといった被写体が見つからない。これは困ったなあと思ったら、ブロック塀にアゲハの蛹がついていた。もちろん絵にならないのだが貴重な被写体、丁寧に撮影した。

zaki-20151222-ageha-sanagi.jpg
<アゲハの蛹>

<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ等。蝶/アゲハの蛹等。昆虫/オオカマキリの卵のう等。その他/ツルウメモドキの実、ムラサキシキブの実、ハナミズキの実、サンシュユの実、ノイバラの実、ヒヨドリジョウゴの実、マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 18:19| Comment(0) | 港北区

2015年12月21日

横浜市鶴見区三ッ池公園

このところ新治市民の森へ行っても鳥が撮れない。四季の森公園や港北NTの緑道や公園も閑古鳥が鳴いているようである。今季は今のところ冬鳥の飛来が極端に少ない。しからば、ちょいと遠くまで足を伸ばしてもとは思うのだが、すぐ日が暮れる季節なので2月に入ってからかなと腕を組むばかりである。そんな訳で普通種で池に浮かぶカモだけど、行けば確実にシャッターが切れるし、今日は午後から通院なので、またしても三ッ池公園へ行った。

zaki-20151221-kinkurohajiro-mesu.jpg
<キンクロハジロの雌>

まずは下の池に行ったが、曇り寒いにも関わらず杭の上にはハシビロガモ、キンクロハジロ、カルガモが上っていた。前回とても多かったホシハジロは全く見られず、他の池にもいないので、何処かへ遊びに行っているようである。また、ユリカモメも3羽に減っていた。たかだか池のカモだが、お天気の具合なのか、見られる個体数の変異がかなりあるのは不思議である。この他、特記する事は無いのだが、やっと上の池に半分位水が溜まった。

zaki-20151221-karugamo.jpg
<カルガモ>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、マガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ、モズ、ハクセキレイ、アオジ等。
posted by 花虫とおる at 18:47| Comment(0) | 鶴見区

2015年12月20日

横浜市都筑区鴨池公園

いよいよ被写体が少なくなったので、去年の今頃は何を撮っていたのだろうかと調べてみると、写真1枚でブログアップしている日もあったりして寂しい限りであった。そんな訳で「貧果でも、今の季節は仕方ありませんね」と鴨池公園へ行った。今日は日曜日なので土建屋さんの社員の車が止まっていないから、楽々路駐出来た。まずは手摺に直行したがNO昆虫だったので、柿の木広場に行くと、ヒヨドリジョウゴの実がまだ見られたので撮影した。

zaki-20151220-niwatoko-yokon.jpg
<ニワトコの葉痕>

その後、久しぶりに都筑中央公園へ向かったが、何も撮れない恐れがあるからと、ニワトコの葉痕を保険としてカメラに納めた。ニワトコは芽吹きはとても早いから、今が撮り頃とも言えるなあと微笑んだ。都筑中央公園に足を踏み入れると、ばじょうじ谷戸上の紅梅が早くも咲き始めていたのには驚いた。しかし、絵になるようには撮れずに断念して一回りしたら、顏馴染の鳥撮りカメラマンが閑古鳥なのか日向ぼっこをしていた。まこと平和である。

zaki-20151220-hiyodorijogo-mi.jpg
<ヒヨドリジョウゴの実>

<今日出会った主なもの>花/ウメ等。昆虫/テントウムシ等。その他/ヒヨドリジョウゴの実、マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 18:32| Comment(0) | 都筑区

2015年12月19日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

今日の明け方は冷え込んだが、それでも例年に比べると暖かい。しかし、北風が強いので散策日和とは言い難いが、生態園が開園している土曜日なので茅ヶ崎公園へ行った。まずは、仲町台駅方面へ少し歩みを進めてみたが、これといった被写体は見つからなかった。そこで引き返して生態園入口の手摺昆虫観察を試みたが、テントウムシも見つからない。風が強いからかなあと眉をしかめたが、チャバネフユエダシャクの雌をやっと見つけて微笑んだ。

zaki-20151219-ajisai-yokon.jpg
<アジサイの葉痕>

もちろん生態園へも入ってみたが、煙草爺ちゃんがカワセミと遊んでいるだけで変化は無かった。もう一枚なんとか昆虫でと期待して生態園上の歩道脇の手摺昆虫観察を試みたが、小さなクモが這っているだけでNO昆虫であった。いよいよ昆虫達は越冬に入ったようで、撮るものがなくなったと嘆いても仕方ないので、極々普通のアジサイの葉痕を保険としてカメラに納めた。その後、もう一度生態園入口の手摺に寄ったが、相変わらず静かであった。

zaki-20151219-chabanefuyuedashaku-mesu.jpg
<チャバネフユエダシャクの雌>

<今日出会った主なもの>花/サザンカ等。昆虫/クロスジフユエダシャク、チャバネフユエダシャクの雌等。鳥/カワセミ等。その他/ムラサキシキブの実、ノイバラの実、マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 17:45| Comment(0) | 都筑区

2015年12月18日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

昼食は至近距離にある松屋にて、450円の「ネギたっぷりネギ塩豚カルビ丼」と110円の野菜サラダを食べた。その後、アーモンドチョコレートを4粒ほど食べながら、川和市民の森の農耕地へ寄って健康昼寝を貪った。午後からは相も変わらず新治市民の森へ行ったが、クルミ広場のジョビ子ちゃんの御挨拶も、カワセミ池のカワちゃんの出迎えも無く、まこと寂しい限りであった。そこで、いつも元気な第1花虫棒に止まるヤマちゃんを撮って引き返した。

zaki-20151218-yamagara.jpg
<ヤマガラ>

<今日出会った主なもの>鳥/コゲラ、エナガ、アオジ、ヤマガラ、シジュウカラ、ガビチョウ、スズメ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 18:28| Comment(0) | 緑  区

横浜市港北区新吉田町(午前)

今朝は天気予報通りに冷え込んだが、まだまだそれ程では無い。しかし、北風がかなり強いので、今季2度目の2500円(税込)のカストロコートの出番となった。「えっ、何故にそんなに値段の安いのを着ているんですか」と思われそうだが、なかなか良いものが近くで売っていないのである。もっとも、防寒ズボンは1380円(税別)なので、上下合わせても4000円しかならないのだから、まこと恐ろしい。私の股下ぴったりのものとなると、大倉山のマルエツにしか置いてない(株)オスカー・ジャパンの防寒ズボンとなるのである。

zaki-20151218-soshinrobai.jpg
<ソシンロウバイ>

今日は何処へ行っても同じだからと、至近距離の新吉田町へ行った。いつもの場所に車を停めてドックスクール裏の尾根へ行ったら、サルトリイバラの実が赤く輝いていた。お次はクズの葉痕ですねと探したが、器量良しに出会えず、しからば土塀の壁で日向ぼっこをしている昆虫ですねと寄ってみたが、NO昆虫であった。これは困ったなあとクズの葉痕を探しながら、ブルーベリー畑のある丘へ行ったら、傍らに植栽されているソシンロウバイが見頃であった。暖冬の為なのか今年は開花速度が早いようである。

zaki-20151218-sarutoriibara-mi.jpg
<サルトリイバラの実>

<今日出会った主なもの>花/ノゲシ、ソシンロウバイ、ボケ、ニホンスイセン等。蝶/キタテハ等。昆虫/ハラビロカマキリの卵のう等。鳥/ジョウビタキの雌等。その他/サルトリイバラの実、ナンテンの実、ノイバラの実、ヒヨドリジョウゴの実、アオツヅラフジの実等。
posted by 花虫とおる at 18:23| Comment(0) | 港北区

2015年12月17日

横浜市緑区恩田川(午後)

昼食は予定通りカツ丼の梅と豚汁の小を食べ、田んぼで昼寝を貪り、今日も新治市民の森へ行ってみようと車を走らせた。しかし、ほんの少しだが雨がぱらついて来た。本格的な雨では無いので止むかもしれないとしばし待ったが、ぱらついたり止んだりの繰り返しで、田んぼ巡りでもしてみようと恩田川へ行った。するとモズの雌が竹の棒の先に止まっていたので、頂きますとデジスコを組み立てて撮影した。やはりカツ丼(勝つぞ)を食べた効果が出たようである。

zaki-20151217-mozu-mesu.jpg
<モズの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/モズの雌、ハクセキレイ、カワウ等。
posted by 花虫とおる at 18:18| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区四季の森公園(午前)

早いもので12月も半ばを過ぎ、マクロレンズ装着の散策では撮るものが無くなった。そこで何処へ行こうかと思案しても思い浮かばず、「昼飯は何が食べたい」とお腹に聞いてみたら、「かつや」のカツ丼との答えが返って来たので、至近距離の四季の森公園へ行った。ここならオニグルミ、ヒメグルミ、サワグルミがあり、まずは葉痕で一枚は確保出来ると思ったのだ。また、ルリビタキやジョウビタキと遊んでいるカメラマンがいるかもしれないので、偵察も兼ねてという訳である。

zaki-20151217-sawagurumi-yokon.jpg
<サワグルミの葉痕>

平日は無料な駐車場に車を停めて坂を下って「はす池」に行くと、顏馴染のカワセミカメラマンが集結していた。更に進むとソシンロウバイが咲きサンシュユの実がたわわに実った辺りで、三ッ池公園で良く出会う野鳥カメラマンがいたので様子を聞くと、「何にもいない」との事であった。四季の森公園も冬鳥の飛来が少ないようである。そこでサワグルミの葉痕と、他になんにもないので、極々普通のイヌホオズキの実を撮って、ふるさとの森経由で車に戻った。

zaki-20151217-inuhozuki-mi.jpg
<イヌホオズキの実>

<今日出会った主なもの>花/タイアザミ、ニホンスイセン、ソシンロウバイ等。昆虫/テントウムシ、ハラビロカマキリ等。鳥/カワセミ等。その他/ハダカホオズキの実、イヌホオズキの実、サンシュユの実等。
posted by 花虫とおる at 18:14| Comment(0) | 緑  区

2015年12月16日

横浜市鶴見区三ッ池公園

今日も気温が高く、まこと暖冬が続いている。雪不足に悩んでいるスキー場もあるらしい。そんな訳なのか、ルリビタキやジョウビタキ等の冬鳥の飛来が少ない。カモの仲間は順調かと思っていたが、やはり少ないらしい。もっとも、今週末から寒さが厳しくなると予報されているので、例年通りに冬鳥が見られるようになる事を期待したい。今日は午後から所用があるし、「なか卯」の鳥の唐揚げ2個無料券が溜まりに溜まっているので、三ッ池公園へ行った。

zaki-20151216-hashibirogamo-osu.jpg
<ハシビロガモの雄>

正門の駐車場に車を停めて至近の下の池へ行くと、気温が高く穏やかな日だからか、杭の上にキンクロハジロやホシハジロが上っている。時間が経つと選手交代とばかりに、ハシビロガモやカルガモが杭を独占するようになった。見られる野鳥は相変わらず変化は無く、ユリカモメは5羽程見られた。次に中の池へ行ったが、落ち葉がたくさん浮かんでいるし、園路の工事が始まって通行出来ない部分があり、工事は3月一杯かかるとあって眉をしかめた。

zaki-20151216-hoshihajiro-osu.jpg
<ホシハジロの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、マガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カルガモ、カイツブリ、モズ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 19:15| Comment(0) | 鶴見区

2015年12月15日

横浜市都筑区東方公園周辺

今日も朝から灰色の空で、こんな日はなんとなく元気が出ない。曇りだと手摺昆虫観察は貧果に終わりそうだし、池のカモちゃんも水面がグレーでは、ちょいと撮る気がしない。そんな訳で、イラガの繭やモンシロチョウの蛹でも見つけようと、久しぶりに東方公園周辺へ行った。まずは公園内に入ってみたが、ヤツデがかなり見られたので葉捲りを行うと、1枚目でクロスジホソサジヨコバイを見つけて撮影した。更にもう一枚捲ってみると、なんとなんと2匹もいて嬉しくなった。

zaki-20151215-murasakishikibu-mi.jpg
<ムラサキシキブの実>

こうなると気分はとても楽になって、もう一枚は簡単に撮れるだろうと農耕地に降りて行ったが、イラガの繭やモンシロチョウの蛹は見つからなかった。しかし、植木屋さんの畑ではボケやソシンロウバイが咲き出し、ナンテンやウメモドキの実が美しかった。また、農家の庭先にはニホンスイセンが花開き、路傍にあるセンダンはたわわに実をつけていた。しかし、なかなか絵になるものには遭遇出来ず、結局、公園内に戻ってムラサキシキブの実をカメラに納めた。

zaki-20151215-kurosujihososajiyokobai.jpg
<クロスジホソサジヨコバイ>

<今日出会った主なもの>花/ニホンスイセン、ボケ、ソシンロウバイ、サザンカ等。昆虫/テントウムシ、クロスジホソサジヨコバイ、ハラビロカマキリの卵のう等。その他/ムラサキシキブの実、ナンテンの実、マンリョウの実、ヘクソカズラの実、センダンの実、ソヨゴの実、クロガネモチの実、イボタの実、ツルウメモドキの実、ウメモドキの実等。
posted by 花虫とおる at 18:16| Comment(0) | 都筑区

2015年12月14日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

昼食は何処でとろうかなあと考えたが、横濱家本店近くに路駐したので、行くしかありませんねと究極ラーメンをすすった。その後、空は益々雲が厚くなったが、健康昼寝の後に新治市民の森へ行った。いつもの場所に路駐して散策を開始したが、クルミ広場はひっそりとしていて、ジョビ子ちゃんは見られない。鎌立谷戸へ入ると残り柿をエナガが突いていたが、これといった鳥は見られず、カワセミも不在だったので、元気なシジュウカラを撮影して引き返した。

zaki-20151214-shijyukara.jpg
<シジュウカラ>

<今日出会った主なもの>鳥/コゲラ、エナガ、アオジ、ヤマガラ、シジュウカラ、ガビチョウ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 18:29| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区葛ヶ谷公園(午前)

昨日は弱い雨だが一日中降り続いた。今日は一日中曇りとの事なので、葉上や木々の幹や手摺り等は乾きそうもない。こんな時は三ッ池公園のカモしかありませんねとも思ったが、出発する頃には空がかなり明るくなって、道路も植え込みも乾いて来た。そこで、久しぶりに葛ヶ谷公園から鴨池公園を往復してみた。まずはキハダの葉痕を探しに葛ヶ谷公園へ行ったが、クズが繁茂して枯れたり、草刈りがあって切られたりしたので、今年は見られないのではと心配したが、小道沿いに勢いの良い幼木が自己主張をしていた。

zaki-20151214-kihada-yokon.jpg
<キハダの葉痕>

そんな訳で、もう一枚撮れば良いのだとヤツデの葉捲りをしたら、クロスジホソサジヨコバイがかなり見つかった。しかし、飛び跳ねて何処かに消えたり、ばっちり撮れたと思ったら足がもげていたりして良い写真が得られない。これは困ったなあと鴨池公園の手摺昆虫観察に期待して歩みを進めたが、NO昆虫で天を仰いだものの、なんとなんとジャコウアゲハの蛹が柵についていて嬉しくなった。港北NTの公園では初見である。草刈りが定期的に入る陽当たりの良い斜面なので、ウマノスズクサが残っているのだう。

zaki-20151214-jakoageha-sanagi.jpg
<ジャコウアゲハの蛹>

<今日出会った主なもの>蝶/ジャコウアゲハの蛹等。昆虫/テントウムシ、ツマグロオオヨコバイ、クロスジホソサジヨコバイ、クロスジフユエダシャク等。その他/ムラサキシキブの実、マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 18:26| Comment(0) | 都筑区

2015年12月12日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

昨日はかなりの雨の後に晴れたが、すぐに南からの強風が吹き荒れて、気温がかなり高くなった。三重県の尾鷲市では25・6度の夏日となったらしい。フランスのパリで地球温暖化対策の国際会議が開かれているが、最近、我が国でも異常気象が頻発する。まこと、一刻も早く世界的な対策が必要であるなあと痛感する。そんな訳で、今日の外回りの掃除は大変で、どっさり落ち葉が散乱しているので時間がかかった。そこで、比較的至近の茅ヶ崎公園へまたまた行った。

zaki-20151212-momigibafu-yokon.jpg
<モミジバフウの葉痕>

まずは何も撮れない時の保険として、道路沿いに植栽されているモミジバフウの葉痕を撮った。次は、もちろん手摺昆虫観察に移ったが、昨日の雨と強風の後だからか、テントウムシ、ウスキホシテントウ、ネコハエトリが見られた程度であった。そこで生態園へ行ってみると、デッキの木製の手摺等に、エサキモンキツノカメムシ、ヨコヅナサシガメの幼虫等が這っていた。前述したように地球温暖化は困るけど、そのお蔭か、昆虫達はなかなか冬眠しないようである。

zaki-20151212-tentomushi.jpg
<テントウムシ>

<今日出会った主なもの>花/サザンカ等。昆虫/テントウムシ、ウスキホシテントウ、エサキモンキツノカメムシ、ヨコヅナサシガメの幼虫、クロスジフユエダシャク、ハラビロカマキリの卵のう等。その他/ネコハエトリ、ムラサキシキブの実、ノイバラの実、マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 18:38| Comment(0) | 都筑区

2015年12月10日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

午後からは、港北NTのとあるポイントをちょいと覗いてから健康昼寝をとって、新治市民の森へ行った。天気は雲が厚くなり始めていて鳥撮り日和ではなくなった。そんな訳かクルミ広場のジョビ子ちゃんのお出迎えはなかったが、カワセミの池に到着すると、久しぶりにカワセミがやって来ていた。しばらく撮影していると、もう一羽が飛来して、睨めっこを始めてしまった。そんな訳で動きが無くなり引き返したが、途中、コゲラ、メジロ、エナガ、シジュウカラの混群に出会った。

zaki-20151210-kawasemi-osu.jpg
<カワセミの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、コゲラ、メジロ、エナガ、アオジ、シジュウカラ、ヒヨドリ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 17:37| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

天気予報によると朝の内だけ晴れとあったが、自宅出発時にも青空一杯で風も無かったので、一昨日のリベンジだと茅ヶ崎公園へ行った。当然、手摺昆虫観察に期待した訳だが、生態園横の手摺はNO昆虫であったが、生態園入口横の手摺にアカスジキンカメムシの幼虫が這っていた。以前にも同所で撮影し紹介しているが、その後も一回観察している。ことによったら同一個体なのかもしれない。もし同一個体だとしたら、越冬場所がまだ見つからないのだろう。

zaki-20151210-manryo-mi.jpg
<マンリョウの実>

次に生態園上の手摺に行ったがテントウムシが一匹いたのみであったので、保険としてマンリョウの実を撮って大原みねみち公園まで歩みを進めた。しかし、ヤツデの葉捲りを試みたがNO昆虫で、気温が高くなったので引き返して来ると、各所の手摺が賑やかになっていて、カネタタキの雄、クヌギカメムシ、ネコハエトリ、ウスキホシテントウ等が見られて嬉しくなった。この結果、晴れて気温が高ければ、まだ様々な昆虫が活動しているようである。

zaki-20151210-akasujikinkamemushi-yochyu.jpg
<アカスジキンカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/サザンカ等。昆虫/テントウムシ、ウスキホシテントウ、クヌギカメムシ、アカスジキンカメムシの幼虫、カネタタキ、クロスジフユエダシャク雌等。その他/ネコハエトリ、ムラサキシキブの実、ゴンズイの実、マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 17:34| Comment(0) | 都筑区

2015年12月09日

横浜市鶴見区三ッ池公園

今日は午後から所用があるので、午前中のみ散策だと三ッ池公園へ行った。相変わらず普通種ばかりだろうとは思ったが、たとえ池のカモでも撮れるだけ幸せという訳である。かなりの鳥友が投稿している掲示板を毎日開いているが、神奈川県内だと3ヶ所位のポイントへ行けば、まあまあの鳥と出会えるのだが、他は近県も含めて芳しくないようである。いったい今年の冬鳥の飛来はどうなっているのだろう。気温が高い日が続いたので「これからだよ」と期待したい。

zaki-20151209-yurikamome.jpg
<ユリカモメ>

まずは例によって下の池から散策を開始したが、杭の上は1羽だにカモが見られず、こんな日もあるんだなあと苦笑した。しかし、ユリカモメが10羽以上飛来していて、とても賑やかであった。次に中の池へ行ったが、前回と同様にホシハジロの数はかなり減っていた。そればかりか、マガモもカイツブリも1羽だけと少ないのはどういう訳なのだろう。お隣の上の池は、ようやく水が溜まり始めていて、アオサギが餌を探し、カルガモがたくさん集結していた。

zaki-20151209-kinkurohajiro-osu.jpg
<キンクロハジロの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、アオサギ、カワウ、マガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カルガモ、カイツブリ、モズ、シジュウカラ等。
posted by 花虫とおる at 18:42| Comment(0) | 鶴見区

2015年12月08日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

今日もまた3日連続で茅ヶ崎公園へ行った。予報では晴れの筈であったが、散策中陽が射す事は無く、とても寒い日となった。何故に3日も連続なのと言われそうだが、昆虫の姿が1種類1匹でも撮れる所と考えると、他に思い当たる所が無いのだ。そんな訳で今日も手摺に直行したが、陽が射さず気温が上がらないから、NO昆虫である。それでもウシカメムシの成虫を見つけて「うっしっし」と微笑んだが、なんと触覚が一本とれていたので天を仰いだ。

zaki-20151208-gamazumi-yokon.jpg
<ガマズミの葉痕>

それでも執拗に見回ったが、極小の蜘蛛やチャタテムシが見られただけだった。そこでケヤキの大木を中心に幹を見て回ったら、チャバネフユエダシャクの雌が見つかったが、なんだか半仮死状態なので撮影は諦めた。しからばヤツデの葉捲りですねと頑張ったら、クロスジホソサジヨコバイやツマグロオオヨコバイを見つけたものの、余りにも葉裏が汚い所ばかりに止まっていた。そこで昆虫は諦め、ガマズミの葉痕とゴンズイの実を撮って引き返した。

zaki-20151208-gonzui-mi.jpg
<ゴンズイの実>

<今日出会った主なもの>花/サザンカ等。昆虫/テントウムシ、ウシカメムシ、ツマグロオオヨコバイ、クロスジホソサジヨコバイ、クロスジフユエダシャク、チャバネフユエダシャクの雌等。その他/ムラサキシキブの実、ゴンズイの実、マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 18:24| Comment(0) | 都筑区

2015年12月07日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

今日も晴天だが風があってかなり寒い。何処へ行っても貧果必至なので、昨日、手摺昆虫観察がとても楽しかった茅ヶ崎公園へ、また行くしかありませんねと出かけた。更に、昼飯は何が食べたいとお腹に聞くと、490円のすき家港北NT店オリジナル「牛丼+豚汁+お新香」に、60円の青葱を追加して食べたいとの答えが返って来た。すき家さんもなか卯さんと同様、消費増税に苦しむ庶民の味方というか、お安くしないと客を呼べないのである。どうする安倍ちゃん黒田ちゃん。

zaki-20151507-higenagasashigame-yochyu.jpg
<ヒゲナガサシガメの幼虫>

散策を開始すると迷わず生態園横の手摺から探索を始めたが、NO昆虫で天を仰いだ。しからば生態園正門横の手摺だと歩みを進めると、これまた昆虫の姿は見られなかったが、やっとヒゲナガサシガメの幼虫を見つけてほっとした。今日はケーブルレリーズを持参したので低速シャッターでも大丈夫と、かなり絞って撮影した。その後、生態園上の手摺に行ったら、嬉しい事にウシカメムシの成虫では無く幼虫が這っていた。ウシカメムシは幼虫の方が面白いのである。

zaki-20151507-ushikamemushi-yochyu.jpg
<ウシカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>昆虫/テントウムシ、キイロテントウ、ヒゲナガサシガメの幼虫、ウシカメムシの幼虫、クロスジフユエダシャク等。
posted by 花虫とおる at 18:51| Comment(0) | 都筑区

2015年12月06日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

昼食はもちろん華風料理「一心」でとった。今日の600円の定食は大好きな五目野菜炒めで、これにスープ、サラダ、ザーサイがつき、食後にコーヒーまで出るのだから素晴らしい。まこと吉野家もすき家もなか卯も幸楽苑も真っ青になる値段である。来年1月の道端自然観察会は、この「一心」にての昼食だから、マスターに16人位来ても大丈夫ですかと聞いたら、もちろんOKだが、出来れば12時半頃が空いているとの事であった。尚、食後のコーヒーは杏仁豆腐でもOKである。

zaki-20151206-jobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

午後からは毎度お馴染みの新治市民の森へ行った。デジスコを担いで散策を開始すると、今日もまたクルミ広場でジョビ子ちゃんが出迎えてくれた。もう1ヶ月以上もここにいるのだから、食べ物がたくさんあるのだろう。次に100歩も歩かない内に、畑に挿してある棒の先にジョビ男くんを見つけた。距離はかなりあったが今季初撮りとなり、にんまりした。最後に鎌立奥のカワセミの池まで行ったが、カワセミの姿は無かったものの、アオジやエナガがかなり見られた。

zaki-20151206-jobitaki-osu.jpg
<ジョウビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、ジョウビタキの雌雄、エナガ、アオジ、シジュウカラ、メジロ等。
posted by 花虫とおる at 18:24| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

今日は晴れてはいるが北風がやや強くて寒い。そんな訳で、スキー帽を被りマフラーを巻いて散策を開始した。マフラーは、その昔、ガソリンスタンドで貰ったものだが、安物だが暖かくて巻き心地が良く、捨てる気などはまったく起きない。今日は昨日の東高根森林公園でたくさん見られたサホコカゲロウはいないかと、池や小川近くの外灯周辺の木の幹を見て回ったが発見出来なかった。しかし、今日もまたハラビロカマキリを見つけて苦笑した。まこと生命力のある昆虫である。

zaki-20151206-kunugikamemushi.jpg
<クヌギカメムシ>

次に手摺昆虫観察に入ったが、幸先よくクヌギカメムシを見つけものの、余りにも手摺が汚いのでコナラの幹に移動して貰って撮影した。その後、テントウムシ、ダンダラテントウ、ウスキホシテントウ、ミナミトゲヘリカメムシ、アカスジキンカメムシの幼虫、クロスジフユエダシャクの雌、ネコハエトリ等を見つけ、カメラの中はかなり賑やかになった。そこで生態園を覗いて見ると、カワセミ爺ちゃんや煙草爺ちゃんがデッキで日向ぼっこをしていたので、雑談の仲間入りをした。

zaki-20151206-minamitogeherikamemushi.jpg
<ミナミトゲヘリカメムシ>

<今日出会った主なもの>昆虫/テントウムシ、ダンダラテントウ、ウスキホシテントウ、ミナミトゲヘリカメムシ、クヌギカメムシ、アカスジキンカメムシの幼虫、ハラビロカマキリ、クロスジフユエダシャク等。鳥/カワセミ等。その他/ネコハエトリ、ハダカホウズキの実、ムラサキシキブの実、ノイバラの実、マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 18:19| Comment(0) | 都筑区

2015年12月05日

神奈川県川崎市宮前区東高根森林公園

今日は待ちに待った今年最後の道端自然観察会の日である。今の季節は天気が何よりと心配したが、これ以上は望めない「ぽかぽか陽気」となってほっとした。散策を開始するとクロスジフユエダシャクが複数舞っていたが、止まる事が無いのでお手上げである。しかし、植え込みのアジサイの葉上にムラサキシジミが日向ぼっこに来ていて、こちらの方は撮影にとても協力的であった。また、ムラサキシキブの実が豊作で、初冬の陽の光を受けてきらきら輝いていた。

zaki-20151205-murasakishijimi.jpg
<ムラサキシジミ>

手摺昆虫観察に入ると、すぐにコミミズクの幼虫が出迎えてくれた。また、まだ生きていたんですかと言いたくなるハラビロカマキリが支柱の天辺に止まっていた。その他、チャイロアカサルゾウムシ、テントウムシ、キイロテントウ、ナカボシカメムシ等が見られたが、例年に比べると少な目で、気温が高くなる帰路に期待ですねと古代植物園へ行った。今年はキハダの小枝が剪定されずに残っていたが、背景がちょいと気に食わないのでし数多く撮ったが消去となった。

zaki-20151205-komimizuku-yochyu.jpg
<コミミズクの幼虫>

昼食は北口のレンジャクが丘でとったが、食べ終わると鋭い虫目の持つ主たちが次々と昆虫を見つけてくれた。中でもターバン目を持つサホコカゲロウが一番人気で、次にアカボシゴマダラの幼虫、樹肌に溶け込んだキノカワガと続いた。その後、来た道を引き返したが、ウシカメムシが2匹もいて嬉しくなった。最後にムラサキツバメの集団越冬を観察した後に、華屋与兵衛へ行って忘年お茶会となったが、同好の仲間ならではの話題に盛り上がり懇親を深めた。

zaki-20151205-akaboshigomadara-yochyu.jpg
<アカボシゴマダラの幼虫>

<今日出会った主なもの>蝶/アカボシゴマダラの幼虫、クロコノマチョウ、ムラサキツバメ、ムラサキシジミ等。昆虫/チャイロアカサルゾウムシ、テントウムシ、ムーアシロホシテントウ、キイロテントウ、エサキモンキツノカメムシ、ハリカメムシ、ナカボシカメムシ、ウシカメムシ、ミナミトゲヘリカメムシ、ヒゲナガサシガメの幼虫、サホコカゲロウ、ハラビロカマキリ、オオカマキリ、カネタタキ、キノカワガ、クロスジフユエダシャク、クワエダシャクの幼虫等。その他/シロスジショウジョウグモ、ムラサキシキブの実、マユミの実等。
posted by 花虫とおる at 19:16| Comment(0) | 川崎市

2015年12月04日

横浜市緑区三保市民の森

今日は天気予報通り西高東低の冬型の気圧配置で、空は雲一つ無い晴れとなり、北風が非常に強くなった。北国や雪国では吹雪に見舞われているに違いない。まこと今季初の冬らしい天気となった訳だが、何処へ行っても貧果必至なので、風が強い時の逃げ場である三保市民の森へ行った。その前に、ウスタビガがもしかしたらと三保念珠坂公園に寄り道したが、ウスタビガはむろんいなかったが、手摺に、ツヤアオカメムシ、トビナナフシ、ムーアシロホシテントウが這っていた。

zaki-20151204-umemodoki-mi.jpg
<ウメモドキの実>

三保市民の森では、いつもの秘密の場所に路駐し旧道に降りて行くと、農家のDさんの奥さんがいたので、ポニーを見せて貰った。目はパッチリとしていて、ヒヒンと鳴いてとても可愛い。次に、陽の当たる暖かい三保平へ登っていったが、ウメモドキの実があったので保険として撮影した。その後、寒々しい谷道は散策する気にはなれず、せめてイラガの繭かモンシロチョウの蛹でもと農耕地を巡ったが、かなり高い所にあるイラガの繭を見つけただけで、ノーシャッターに終わった。

zaki-20151204-tsuyaaokamemushi.jpg
<ツヤアオカメムシ>

<今日出会った主なもの>蝶/ムラサキシジミ、ヤマトシジミ等。昆虫/ツヤアオカメムシ、トビナナフシ、クロスジフユエダシャク、イラガの繭等。その他/ウメモドキの実、ナンテンの実、マユミの実、ムラサキシキブの実等。
posted by 花虫とおる at 17:54| Comment(0) | 緑  区

2015年12月03日

横浜市港北区新横浜公園(夕方)

前述したように三ッ池公園では普通種ばかりの不完全燃焼に終わったので、時間もあるから新横浜公園へ行ってみた。相変わらずオオバンの群れが見られたが、なかなか良い写真が得られない。期待したオカヨシガモも遠くを泳いでいて撮るチャンスが訪れない。それでも粘っていたら、1カットなんとかなった。その他、カワセミやコガモも居たが、なにしろ広い新横浜公園だから人馴れしていなくて、近づくとすぐに飛び去ってしまった。以上、三ッ池公園に比べると多彩な野鳥は見られたものの、撮影に非協力的なのが難点であった。

zaki-20151203-okayoshigamo-osu.jpg
<オカヨシガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/オオバン、オカヨシガモ、コガモ、ハシビロガモ、ホシハジロ、カルガモ、カワウ、コサギ、アオサギ、カワセミ、ハクセキレイ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 17:37| Comment(0) | 港北区

横浜市鶴見区三ッ池公園(午後)

今日は天気予報通り午後になると雨は上がった。こんな日はマクロ散策では被写体が無いので、どんよりとした曇り空だが三ッ池公園へ行った。今日も下の池の杭上はカルガモが独占していたが、みんな羽に頭を突っ込んで眠っていた。次に中の池に歩みを進めたが、たくさんいたホシハジロはほとんど見られなかった。その他では、キンクロハジロ、ハシビロガモの雌、カルガモ、マガモ、カイツブリが浮かんでいたのみで、まったく寂しい限りであった。そこで曇り空では緑色がくすんでしまうが、マガモの雄を撮って引き上げた。

zaki-20151203-magamo-osu.jpg
<マガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/マガモ、ハシビロガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カルガモ、カイツブリ等。
posted by 花虫とおる at 17:35| Comment(0) | 鶴見区

2015年12月02日

横浜市港北区新吉田町

昨日、マイナンバーのお知らせ通知が来たが、個人番号カードを貰っても、あまり役立ちそうもない。住民票や印鑑証明書等が必要な事なんて、十数年に一度だし、身分証明は自動車運転免許証で事足りる。なんだかメリットよりも、個人情報が知られるというデメリットの方が多いように思われた。車だってETCはつけていないが、たまにしか有料道路を使わないから、なんの不自由もなく過ごせている。そんな訳で、個人番号カードを貰う為の申請は、しばらくの様子見となった。

zaki-20151202-tsuruumemodoki-mi.jpg
<ツルウメモドキの実>

今日は朝からどんよりとした曇り空で寒い。おまけに午後から所用があるので、午前中のみの散策だと至近距離の新吉田町へ行った。まずは植木屋さんの畑へ寄ったが、ウメモドキの実がたわわに残っていた。小鳥達には不人気なようだが、食べ物がなくなると啄むようである。その後、せめてイラガの繭は見つけようとあちこち散策したが、結局、保険として撮影したツルウメモドキの実とポーポーの葉痕の登場となった。まこと極貧果に見舞われ、今後の散策も気がかりとなった。

zaki-20151202-popo-yokon.jpg
<ポーポーの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/コウヤボウキ、コセンダングサ、ノゲシ、ベニバナボロギク、ハキダメギク等。昆虫/ハラビロカマキリの卵のう等。その他/ツルウメモドキの実、カラスウリの実、ナンテンの実、マユミの実、ウメモドキの実、アオツヅラフジの実等。
posted by 花虫とおる at 18:15| Comment(0) | 港北区

2015年12月01日

横浜市緑区長津田町(仮称)246の森

今日から12月に入った。今朝はかなり冷え込んで、一部のものを除いて昆虫達が見られなくなる季節が到来した。もちろん花は咲いていないし、実も萎びたり落下したりして、まことマクロ散策では撮るものがない。そんな訳で何処へ行こうかなと思ったが、お腹に相談すると「かつや」のカツ丼が食べたいとの事なので、至近距離となる長津田町(仮称)246の森へ行った。ちなみに、カツ丼の梅と豚汁の小を頼んでも、100円の割引券があるから558円とお財布にも優しいのだ。

zaki-20151201-sanshyuyu-mi.jpg
<サンシュユの実>

まずは天王鶯林(てんのうおうりん)へ通ずる尾根へ行ったが、撮るものは何も無かったが、何故かご婦人が陽を浴びて体操をしていた。そこで民家の庭先のサンシュユの実をカメラに納めた。その後、林地蔵のある谷に降り、また登って丘の上の栗林に行った。もしかしたらウスタビガが見られるかもと期待したのだが成果はなかった。しかし、ケンポナシの古木があって、独特な形の実がまだついていた。以上、予想通りの貧果に泣いて、クサギの葉痕を撮って引き返した。

zaki-20151201-kusagi-yokon.jpg
<クサギの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/ノゲシ等。蝶/キチョウ等。昆虫/クロスジフユエダシャク、オンブバッタ等。その他/ムラサキシキブの実、マンリョウの実、ナンテンの実、ケンポナシの実、ウメモドキの実、サンシュユの実等。
posted by 花虫とおる at 18:47| Comment(0) | 緑  区