2015年12月04日

横浜市緑区三保市民の森

今日は天気予報通り西高東低の冬型の気圧配置で、空は雲一つ無い晴れとなり、北風が非常に強くなった。北国や雪国では吹雪に見舞われているに違いない。まこと今季初の冬らしい天気となった訳だが、何処へ行っても貧果必至なので、風が強い時の逃げ場である三保市民の森へ行った。その前に、ウスタビガがもしかしたらと三保念珠坂公園に寄り道したが、ウスタビガはむろんいなかったが、手摺に、ツヤアオカメムシ、トビナナフシ、ムーアシロホシテントウが這っていた。

zaki-20151204-umemodoki-mi.jpg
<ウメモドキの実>

三保市民の森では、いつもの秘密の場所に路駐し旧道に降りて行くと、農家のDさんの奥さんがいたので、ポニーを見せて貰った。目はパッチリとしていて、ヒヒンと鳴いてとても可愛い。次に、陽の当たる暖かい三保平へ登っていったが、ウメモドキの実があったので保険として撮影した。その後、寒々しい谷道は散策する気にはなれず、せめてイラガの繭かモンシロチョウの蛹でもと農耕地を巡ったが、かなり高い所にあるイラガの繭を見つけただけで、ノーシャッターに終わった。

zaki-20151204-tsuyaaokamemushi.jpg
<ツヤアオカメムシ>

<今日出会った主なもの>蝶/ムラサキシジミ、ヤマトシジミ等。昆虫/ツヤアオカメムシ、トビナナフシ、クロスジフユエダシャク、イラガの繭等。その他/ウメモドキの実、ナンテンの実、マユミの実、ムラサキシキブの実等。
posted by 花虫とおる at 17:54| Comment(0) | 緑  区