2016年01月05日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

昼食は昨日に引き続いて「すき家」へ行って、490円の豚汁納豆定食を食べた。アルバイトやパート従業員をこき使うブラック企業として名を馳せたが、まこと繁盛している。お客様の味覚と懐を考慮にしたメニューは、やはり同業他社より秀でていると思う。午後からは毎度お馴染みの新治市民の森のカワセミの池まで往復したが、散策を開始してすぐに撮った電線カワラヒワ以外は、NOシャッターに終わった。ジョウビタキの雄はいたものの、良い場所には止まってくれなかった。

zaki-20160105-kawarahiwa.jpg
<カワラヒワ>

<今日出会った主なもの>鳥/カワラヒワ、ジョウビタキ、モズ、シジュウカラ、カシラダカ、アオジ等。
posted by 花虫とおる at 19:10| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午前)

天気予報によると春の様な暖かさは今日までで、明日から次第に冬の寒さに戻るという。そこで、手摺昆虫観察は今日を逃してはと思い、またまた茅ヶ崎公園へ行った。とは言ってもあぶれ必至だから、保険として街路樹のモミジバフウの葉痕を撮影した。前回に比べると目鼻立ちがはっきりして来た。次に生態園正門手前の手摺に踵を返したが、支柱にチャバネフユエダシャクの雄が多く、もちろん雌も見られたが、他の昆虫の姿は無かった。まこと期待外れという訳である。

zaki-20160105-momigibafu-yokon.jpg
<モミジバフウの葉痕>

そこで、その他の手摺を見て回ったもののNO昆虫であったが、ケヤキの幹にチャバネフユエダシャクの雌が2匹も這っていた。また、昆虫では無いがヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、コゲラ等の混群に遭遇した。最後に、おトイレ昆虫観察を試みたら、ウスバフユシャクの雄、チャバネフユエダシャクの雌雄が見られた。これからの季節、おトイレ昆虫観察も重要な手法だが、くれぐれも男の方は女子トイレに、女の方は男子トイレに間違って入らぬように注意したい。

zaki-20160105-usubafuyushaku.jpg
<ウスバフユシャクの雄>

<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ、ツバキ等。昆虫/ウスバフユシャクの雄、チャバネフユエダシャク、ハラビロカマキリの卵のう等。鳥/ヤマガラ、シジュウカラ、メジロ、コゲラ等。
posted by 花虫とおる at 19:05| Comment(0) | 都筑区