2016年01月24日

横浜市青葉区元石川町

いよいよ新年恒例の第12回里山写真クラブ作品展が近づき、午後3時に薬師池公園へ行って、お仲間の作品を集めて来なければならい。また、グールプ綵の写真展が寺家ふるさと村の四季の家で始まっていて、今日から仙人のキノコ写真だというので見に行かねばなるまい。そんな訳で、散策は国道246号線を越えた所だなという事で、元石川町の花桃の丘周辺へ行った。もちろん昼食は至近にあるラーメン店「八戒」の700円のギョウザ定食という訳である。

zaki-20160124-robai.jpg
<ロウバイ>

まずはトイレ拝借と保木公園へ寄ったが、途中、バス通りに街路樹として植栽されているのモミジバフーの葉痕と目が合ってしまったので撮影した。数年前、ひこばえや目の高さにある小枝等は綺麗さっぱり剪定されたのだが、また伸び始めて来たのである。次に、乗馬クラブ下の農耕地へ行ったが、入口近くの民家の庭から垂れ下がるオウバイが咲き始めていた。日陰にはかなりの雪が残っているが、陽当たりの良い場所は寒波到来とはいえ、春間近なのである。

zaki-20160124-ume.jpg
<ウメ>

農耕地では植木屋さんの畑のロウバイを撮影した。ここのロウバイは他所と異なって花期が遅く、花芯が濃い紫色でとても綺麗なのである。次に隣接する畑に植栽されているテウチグルミの葉痕を見て回ったが、目鼻立ちがすっきりしたものは見られなかった。そこで早淵川沿いに下って花桃の里へ登りかえしたが、これといった被写体は無かった。やはりここは春分の頃のハナモモが咲く時期だなあと苦笑して、紅梅が咲き始めていたので素直に切り取った。

zaki-20160124-momigibafu-yokon.jpg
<モミジバフウの葉痕>

<今日出会った主なもの>花/ロウバイ、ウメ、オウバイ等。その他/マンリョウの実、ナンテンの実等。
posted by 花虫とおる at 18:05| Comment(0) | 青葉区