2016年02月06日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

景気浮揚を狙って黒田ちゃんはマイナス金利導入に踏み切ったが、当初は株価が急激に上がったものの、また元に戻ってしまった。まことお笑いである。原油安と中国経済の減速から株安となっているのだから、そのところが改善されない限り、株価上昇および景気の持ち直しはないだろう。昨日は新百合ヶ丘を震源とする地震が起き、鹿児島の桜島も爆発した。なんだか先行きが暗いなあと感ずる。まあ、ガソリンが1リッター当たり100円を切ったのがせめてもの救いである。

zaki-20160206-ajisai-yokon.jpg
<アジサイの葉痕>

今日はマクロレンズ装着の散策で、なにか被写体を見つけようと茅ヶ崎公園へ行った。まずは生態園正門手前の手摺に直行したが、ウスバフユシャクの雄と思われるものが数匹支柱に這っていた。今日は生態園が開園しているのでちょいと覗いてみたが、またしても木が切られていて眉をしかめた。スミレ等のスプリングエフェメラルが好きな方々がボランティアの中心なので、もっと光をという訳なのだろうが、鳥撮り仲間の間では、綺麗にし過ぎて野鳥が激減したと不評である。

zaki-20160206-usubafuyushaku-osu.jpg
<ウスバフユシャク?の雄>

そんな訳で踵を返して広場下の手摺を見回ったが、今度はウスバフユシャクの雌と思われるものが這っていた。余り良い場所では無かったので移動を願ったが、歩き始めると静止してくれなくなった。こんな寒い時期に活発に歩くのだから、フユシャクはまこと不思議な昆虫である。その後、尾根上のトイレ昆虫観察を試みたが、ウスバフユシャクの雄が這っているだけだった。そこで、大原みねみち公園まで足を伸ばしたが、煙草爺ちゃん達がだべっているだけだった。

zaki-20160206-usubafuyushaku-mesu.jpg
<ウスバフユシャク?の雌>

<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ、ウメ、カワヅザクラ、ツバキ等。昆虫/ウスバフユシャク等。鳥/ツグミ等。
posted by 花虫とおる at 18:19| Comment(0) | 都筑区