2016年02月24日

横浜市戸塚区舞岡公園

今日は待ちに待った道端自然観察会の日である。しかし、数日前の天気予報と異なって、曇りで風がやや強く気温が低い日となった。こんな日だから集まりが悪いだろうと思ったが、かなりのお仲間が顔を揃えて嬉しくなった。舞岡ふるさと村の虹の家を午前10時に出発して、まずは瓜久保へ寄ったが、植栽のアカバナマンサクが咲いている位で、これといった被写体は無かった。そこでお隣の狐久保へ行ったが、植栽のキクザキイチゲが曇り日で花弁を閉じていたが見られた。また、自生のオニシバリやヒメウズが咲いていた。

zaki-20160224-akabanamansaku.jpg
<アカバナマンサク>

「きざはしの池」では別働隊の鳥組が待っていたが、目的のヤマシギは不在だという。そこで小谷戸の里を一回りしてから昼飯を食べた。相変わらずの曇りで気温が低いから、楽しい昼食とはならなかった。その後、「さくら休憩所」へ上って「さくらなみ池」へ降りたが、トイレに数種の蛾が見られたに過ぎなかった。以上、涙が流れる程の寒さと貧果であったが、最後の最後、本命のヤマシギこそ現れなかったが、「きざはしの池」周辺で、人を恐れないタシギ、コゲラ、ウグイス、アオジ等が遊んでくれ、ちらりとクイナも現れた。

zaki-20160224-sawagurumi-fuyume.jpg
<サワグルミの冬芽>

<今日出会った主なもの>花/サンシュユ、マンサク、アカバナマンサク、シナマンサク、ウメ、オニシバリ、ウグイスカグラ、ヒメウズ等。鳥/タシギ、クイナ、シメ、ツグミ、シロハラ、カシラダカ、ウグイス、アオジ、シジュウカラ、ヤマガラ、コゲラ、アオゲラ、キジバト、コサギ等。その他/ヤモリ等。
posted by 花虫とおる at 18:04| Comment(0) | 戸塚区