2016年03月01日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

昨日の昼飯後から新しい薬を飲んでいる為か、やや胃の具合が良くなったように感じる。しかし、今日もコンビニにて398円の幕の内弁当を買って食べた。医者からは2種類の薬を貰っているが、その一つのラニチジン錠150mgをネットで調べてみると、胃粘膜病変(びらん,出血,発赤,浮腫)の改善の薬らしい。ことによったら胃カメラ前に症状がとれるかもしれない。午後からは毎度お馴染みの新治市民の森へ行ったが、気温がかなり下がったからか、ジョウビタキの雄とルリビタキの若雄が現れたので嬉しくなった。

zaki-20160301-jobitaki-osu.jpg
<ジョウビタキの雄>

鳥/ジョウビタキ、ルリビタキ、モズ、シロハラ、ハクセキレイ、コサギ等。
posted by 花虫とおる at 18:37| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区北八朔公園(午前)

今日は抜けるような青空が広がったが、やや風があるので、池のカモの撮影には不適と思い、久しぶりに北八朔公園へ行った。初夏から初秋までは様々な昆虫が見られ、本当に面白いのだが、冬は撮るものが無い公園なので足が遠のいていたのだ。公園内に入るとカワヅザクラとサンシュユが、まだ撮り頃だったので嬉しくなった。その後、心臓破りの階段を上り、東名港北PA裏を通って北八朔住宅へ行った。何かしら木の花でも咲いていないかなあと思ったのだが、紅色のマメザクラが数輪咲いていただけだった。

zaki-20160301-kawazuzakura.jpg
<カワヅザクラ>

そこで、住宅の壁に蛾でも這っていないかと探したが見つからなかったものの、壁の隙間にテントウムシが集団越冬していた。そんな訳で尾根を下って北八朔公園へ戻ったが、途中、ヤツデの葉捲りを試みると、クロスジホソサジヨコバの幼虫や成虫が見つかった。本当に生息期間が長い昆虫である。一旦広場に出て雑木林へ上って行くと、久しぶりに鳥撮りビデオ爺ちゃんに会った。今年の北八朔公園の鳥は不作だと嘆いていたが、今朝、(仮称)ツミの森公園を覗いたら、ツミの姿が見られたとの情報を頂いた。

zaki-20160301-sanshyuyu.jpg
<サンシュユ>

<今日出会った主なもの>花/ウグイスカグラ、サンシュユ、ウメ、カワヅザクラ等。蝶/ムラサキシジミ等。昆虫/テントウムシ、クロスジホソサジヨコバイ等。
posted by 花虫とおる at 18:33| Comment(0) | 緑  区