2016年03月04日

横浜市緑区新治市民の森(午後)

正午を過ぎると気温がますます上がって、NO掛け布団で昼寝を貪った。その後、恩田川のモズを見に行ったが、抱卵に入ったようで、雄だけが活発に餌を捕り巣に運んでいた。どうやら巣は、民家のアカメモチの生垣にあるようだ。一時間程頑張ったが絵になる場所に止まらないので、今日も新治市民の森へ行った。しかし、昨日見られたジョウビタキの雄は顔を出さず、カワセミもここ数日不在である。そんな訳で、NOシャッターにて車にとぼとぼ戻る途中、ハナモモの枝にツグミが止まっていたので激写し、なんとか格好がついた。

zaki-20160304-tsugumi.jpg
<ツグミ>

鳥/エナガ、ヤマガラ、シジュウカラ、シロハラ、ツグミ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 19:02| Comment(0) | 緑  区

横浜市港北区新吉田町(午前)

昨日からだいぶ暖かくなったが、朝晩は冷え込むので服装選択に悩むものの、一枚減らしても大丈夫だろうと出発した。散策を開始すると民家の庭にビオラがたくさん咲いて、「春がやって来ましたね」と喜んでいるようであった。また、空き地にはツクシが顔を出し、青空に浮かんだネコヤナギの蕾はますます膨らんで、銀色に輝いていた。まずは植木屋さんの畑へ行ったが、期待したヒカンザクラは花開いていなかった。相変わらず梅は満開だが、早くもシナマンサクは萎び始めていた。

zaki-20160304-hikanzakura-tsubomi.jpg
<ヒカンザクラの蕾>

その後、丘の上の畑の傍らの小道へ歩みを進めたが、どうやら貧果必至な様なので、ブロッコリーの様な蕾が膨らんでいるニワトコの芽吹きをカメラに納めた。一旦下って前回と同じくドッグスクール脇の路傍の花を見に行ったが、オオイヌノフグリ、ホトケノザ、ヒメオドリコソウ等が、ますます咲き誇っていた。また、ナナホシテントウがかなり見られ、越冬明けのキタテハが飛んで来た。最後に、杉山神社方面へ足を伸ばしたが、期待したボケはほんの数輪咲いているだけだった。

zaki-20160304-niwatoko-tsubomi.jpg
<ニワトコの芽吹>

<今日出会った主なもの>花/ヒメオドリコソウ、ホトケノザ、オオイヌノフグリ、ナズナ、タネツケバナ、ミツマタ、サンシュユ、ウメ、ボケ、オウバイ等。蝶/キタテハ等。昆虫/ナナホシテントウ等。
posted by 花虫とおる at 19:01| Comment(0) | 港北区