2016年04月06日

神奈川県相模原市石砂山

今季は胃の調子が優れず、石砂山のギフチョウはパスしようかなと思っていたが、地元のソメイヨシノが満開になると、晴れたらやっぱり行こうと意を決した。去年は、なんとなんと知り合いの86歳になる蝶撮りご夫婦にも現地でお会いしたのだから、ギフチョウはまこと春の女神、魅力あふれる蝶である。石砂山にはカタクリ等は咲いていないし、かなり急な場所に現れるので、良い写真を得るのは至難だが、会えただけでも幸せになるのだから不思議である。

zaki-20160406-gifucho-3.jpg
<ギフチョウ>

午前6時に起床し朝食もとらずに、第三京浜、横浜新道、保土ヶ谷バイパス、東名高速厚木インターまで行って一般道に降りたが、そこからがまだまだ遠く、かなりのプチ遠征となる。もちろん途中の海老名SAで朝食、洗面等の休憩をとったが、ポイントには午前9時半に到着する事が出来た。先行者が一人いたが、ギフチョウは絶え間なく現れて、多い時には4頭も乱舞した。しかし、花はミツバツツジだけだから、地面で日光浴しているもの以外、撮るのには苦労した。

zaki-20160406-hiodoshicho.jpg
<ヒオドシチョウ>

あっという間に時間は過ぎ、正午を過ぎると曇って来たので、これ以上待っても現れそうも無いと、忘れていた昼食の菓子パンをぱくついた後に、民家が点在するポイントに転戦した。いくらか気温が高いしギフチョウ以外の被写体も多いのだ。ポイントに到着すると、なんとなんと、ぶんぶんおばちゃん、カード爺ちゃん、手ぬぐいおじさん、P親子さん、ドバイの紳士等、なんと知り合いが9人も来ていて驚いた。みなさん久しぶりの晴れを待っていたのである。

zaki-20160406-birodotsuriabu.jpg
<ビロードツリアブ>

<今日出会った主なもの>花/エイザンスミレ、マルバスミレ、ノジスミレ、タチツボスミレ、アブラチャン、ミツバツツジ、スモモ、ソメイヨシノ等。蝶/ギフチョウ、ヒオドシチョウ、ルリタテハ、テングチョウ、スギタニルリシジミ、ルリシジミ、ミヤマセセリ等。昆虫/ビロードツリアブ等。
posted by 花虫とおる at 20:27| Comment(0) | 県  内