2016年04月09日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

ゴールデンウィークが過ぎて、クズやヤマグワ等の葉が開いて来ないと、昆虫を見つけるのが難しく散策場所にも苦労する。横浜動物の森公園は第33回全国都市緑化よこはまフェアの為に工事中だし、都筑区の公園や緑道も山掃除がなされて「つんつるてん」である。最後の望みであった生態園ですら、木々が伐採され藪が刈られ、明るくなったが鳥や虫や茸等は絶望的である。そんな訳で散策してもシャッターを切る回数は減るものの、他に行く所が無いので茅ヶ崎公園へ出かけた。

zaki-20160409-kusagi-mebuki.jpg
<クサギの芽吹>

まずは昆虫の谷へ行ったが、葉がかなり伸展したアジサイを見て回ると、トラフコメツキがいて嬉しくなった。花ではヤマブキやミツバツツジが綺麗であったが、今一絵にならい。そこで、生態園前の手摺に行ったが、アカスジキンカメムシの幼虫が這っていた。生態園に入ると掘ったばかりの竹の子を売っていたので購入した。ここのは美味しいのである。その後、カワセミ爺ちゃん、煙草爺ちゃん、情報処理爺ちゃん等がカワセミを撮っていたので、お手並みを拝見してから引き上げた。

zaki-20160409-torafukometsuki.jpg
<トラフコメツキ>

<今日出会った主なもの>花/タカオスミレ、アリアケスミレ、タチツボスミレ、オニタビラコ、キツネノボタン、タネツケバナ、カラスノエンドウ、ヤマブキ、ミツバツツジ、サルトリイバラ等。蝶/ルリタテハ、テングチョウ等。昆虫/トラフコメツキ、アカスジキンカメムシの幼虫、マルカメムシ等。鳥/カワセミ等。
posted by 花虫とおる at 18:13| Comment(0) | 都筑区