2016年04月24日

横浜市緑区恩田川(夕方)

前記したようにマクロ散策は貧果に終わって、時間がかなり余ったから、田んぼ巡りをした後に、これといった野鳥がいなかったので恩田川のモズのポイントへ行った。引き続き営巣中の様で、モズの雄は出っ放しで餌を巣に運んでいた。そんな訳か、あっちの棒の先、こっちの棒の先と落ち着きが無かった。一時、モズの雌も現れたが、すぐに巣に戻ってしまった。以上の状況からして、雛は孵っているようである。こうなったら巣立ち後の幼鳥を、是非とも見たいものである。

zaki-20160424-mozu-osu.jpg
<モズの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/モズ、ツグミ、ムクドリ、スズメ、カルガモ等。
posted by 花虫とおる at 19:09| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区都筑中央公園(午後)

起床して外を見ると雨が降っている。このところ天気の変化は日替わりメニューで、昨日の観察会が時々陽が射す天気だったのは、日頃の行いの良い方ばかりが集まったからだろう。ネットの天気予報を見ると昼前には傘マークがなくなっていたので、布団にUターンして小一時間程眠った後に、雨が止んだので出発した。もちろん途中で昼食をとったが、華風料理「一心」の今日の600円の定食は、五目野菜炒めだったので、もちろん食した事は言うまでも無い。

zaki-20160424-yamatofukibata-yochyu.jpg
<ヤマトフキバッタの幼虫>

いつもの場所に路駐して、アミガサタケが生えていないかと御影橋方面へちょいと歩みを進めたが見当らず、キツネノボタンにヒメヒラタアブが吸蜜していたので撮影した。次に踵を返して柿の木広場へ行ったが、ハナウドの葉が伸展して、ヒメシロコブゾウムシが2匹も鎮座していた。その後、都筑中央公園へ行ってアジサイの葉上に注視したが、雨上がりで雨粒がついている事もあってか、ヤマトフキバッタの幼虫とヤブキリの幼虫がいただけだった。

zaki-20160424-himehirataabu.jpg
<ヒメヒラタアブ>

<今日出会った主なもの>花/キンラン、ギンラン、キツネノボタン、ヤマツツジ等。昆虫/ニホンケブカサルハムシ、ヒメシロコブゾウムシ、ケブカクチブトゾウムシ、ヨツモンクロツツハムシ、ヒメヒラタアブ、ツマグロオオヨコバイ、マガリケムシヒキ、ヤブキリの幼虫、ヤマトフキバッタの幼虫等。
posted by 花虫とおる at 19:02| Comment(0) | 都筑区