2016年05月03日

横浜市都筑区(仮称)アオゲラの森(午後)

午後からは風がまたしても強くなったので、恩田川でのモズの観察は諦めて、また(仮称)アオゲラの森へ行った。ポイントに到着し、営巣放棄が怖いので、かなり距離をとってカメラを据えた。すると10分位して巣穴から雄が顔を出したと思ったら、すぐに飛び立った。そこで今日はかなり待たされるかもと思ったが、約30分後に戻って来て、たぶん雌に嘴渡しで餌を与えた後に、巣穴の中に消えた。今まで一度も雌を見ていないので、恐らく雌が抱卵しているのだろう。

zaki-20160503-aogera-osu.jpg
<アオゲラの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/アオゲラ等。
posted by 花虫とおる at 18:30| Comment(0) | 都筑区

横浜市緑区梅田川(午前)

膵臓癌の宣告を受けたから、普通ならかなりショックな筈だが、変に胆が据わっている。「ラッキーでしたね、手術出来る初期癌です」との医者の見解が一筋の光になっているのかもしれない。知人が周りを見ると癌だらけ、薬を始め治療技術も日進月歩「癌、恐るるに足らずでしょう」とのお言葉も心強い。5年後生存率60%の2センチ以下の大きさだから、なんとかなるでしょうと腹をくくり、天命を待つしかない。そんな訳で今日も元気にカメラ片手の散策に出かけた。

zaki-20160503-shirokobuzomushi.jpg
<シロコブゾウムシ>

何処へ行こうかなあと考えたが、風もやや強いし、前回とても面白かった三保念珠坂公園下をメインに散策する事にした。ポイントに直行するとコジャノメが現れた。また、帰りがけにモンキアゲハも観察したから、いよいよ蝶の季節も初夏に入ったんだなあと微笑んだ。今日の探虫での一番手は、多分間違ってはいないと思うが、シナノクロフカミキリである。また、草刈りが入って眉をしかめた梅田川遊水地で、普通種だがシロコブゾウムシに2匹も出会った。

zaki-20160503-shinanokurofukamikiri.jpg
<シナノクロフカミキリ>

<今日出会った主なもの>花/ナガミヒナゲシ、アメリカフウロ、カタバミ、イモカタバミ、ミズキ等。蝶/モンキアゲハ、コジャノメ、ヒメウラナミジャノメ、ベニシジミ等。昆虫/ジョウカイボン、シナノクロフカミキリ、クロウリハムシ、シロコブゾウムシ、スグリゾウムシ、エサキモンキツノカメムシ、ツヤマルシラホシカメムシ、マガリケムシヒキ、ヤマトフキバッタの幼虫、ヤマサナエ等。
posted by 花虫とおる at 18:28| Comment(0) | 緑  区