2016年09月30日

神奈川県川崎市麻生区早野の里

 秋雨前線の動き一つで天気が変わる気象予報士泣かせの季節が続くが、今日は久しぶりの晴れとあったのだが、午後からは薄雲が覆って曇りとなった。晴天の午後はどうしても写真に赤味がかかるので、私にとっては撮影日和と嬉しい限りである。何処へ行こうかなあと考えたが、赤トンボが多くいる早野の里へ行った。聖地霊園内に車を停めて散策を開始すると、花壇のマリーゴールドの花の上にツチイナゴの幼虫が止まっていた。花粉ないし花弁を食べに来たのだろう。

zaki-20160930-uranamishijimi.jpg
<ウラナミシジミ>

いつものように野の花横丁に降りて行くと、キバナアキギリは咲き終わっていたが、なんと早くもヤクシソウが咲いていて驚いた。その後、農耕地へ降りて行ったが、コスモスやケイトウが花盛りであった。ハンノキ林の谷戸へ入ると、ヤブツルアズキ、ノササゲ、ヒガンバナが出迎えてくれ、ボランティアの方々が耕す畑に咲くキバナコスモスやセンニチコウに、ツマグロヒョウモンやウラナミシジミが吸蜜していた。しかし、その他の昆虫はオオアオイトトンボがいた位であった。

zaki-20160930-tsuchiinago-yochyu.jpg
<ツチイナゴの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ヤマホトトギス、ヤブツルアズキ、ヤブマメ、ノササゲ、ヒガンバナ、ヤクシソウ、ユウガギク、マルバルコウソウ、コセンダングサ、シュウメイギク等。蝶/ツマグロヒョウモン、クロコノマチョウ、ヒカゲチョウ、ウラナミシジミ、イチモンジセセリ等。昆虫/オオアオイトトンボ、アキアカネ、ナツアカネ、コノシメトンボ、ツチイナゴの幼虫、コカマキリ等。
posted by 花虫とおる at 18:22| Comment(0) | 川崎市