2016年10月31日

神奈川県大和市泉の森公園(夕方)

 泉の森公園には午後3時前に到着した。国道246号線は空いていたので、時速60キロ平均で走行出来たのだ。今日はどんな機材で撮影しよう。カワセミの止まる場所はかなり近いので、デジスコは止めにして、ニコン旧サンヨン+ニコンJ3+レリーズを使った。私の持っている機材では画質が一番良い。カメラから発生する振動が少ないミラーレスカメラをケーブルレリーズで切るのだから、かなり遅いシャッター速度でもなんとかなる。

zaki-20161031-kawasemi-osu.jpg
<カワセミの雄>

 しらかしの池へ降りて行くとカメラマンは2人、もしかしたらカワセミが来ないのではと心配したが、すぐにやって来て止まり木に止まった。その後、あちこちに止まってくれて、ほくそ笑んだ。カモの飛来地として著名だが、コガモ、ヒドリガモ、ホシハジロだけであった。しかし、バンやオオバン、アオサギも見られ、キセキレイが池に張り出したバルコニーの手摺に止まってくれたりした。普通種ばかりだが、泉の森公園は野鳥が多くて楽しめる。

zaki-20161031-kisekirei.jpg
<キセキレイ>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、キセキレイ、コガモ、ヒドリガモ、ホシハジロ、バン、オオバン、アオサギ、ハシブトガラス等。
posted by 花虫とおる at 18:11| Comment(0) | 県  内

横浜市緑区長津田町(仮称)246の森(午後)

 ノーベル文学賞の受賞が発表されて音沙汰が無く、権威や名誉なんて嫌いだと拒否を貫くのかと思われたボブ・ディランだが、ここに来て受賞を受けるとの事らしい。なんだかつまんないなあと思うのは、私だけではあるまい。反骨のシンガー・ソングライターも齢をとって丸くなったという事らしい。私も大病を患って、かなり性格や考え方が変わらなければ可笑しいと思うのだが、それ程の変化は無いので笑ってしまう。やはり三つ子の魂百迄という事のようである。

zaki-20161031-sanshyuyu-mi.jpg
<サンシュユの実>

 今日は秋晴れとは言い難いが、時折陽が射す陽気となった。何処へ行こうかなあと考えたが、キヤノンG3X片手の散策は早目に切り上げ、カワセミに会いに泉の森公園へと思い、途中の長津田町(仮称)246の森に寄った。しかし、なかなか良い被写体に巡り会わず植栽されているサンシュユの実を撮った。その後、昆虫やーいと探したが、なんとクズの葉にコフキゾウムシが這っていた。また、ハクサイの葉からオンブバッタがこちらを見詰めていた。

zaki-20161031-onbubata.jpg
<オンブバッタ>

<今日出会った主なもの>花/イヌタデ、コセンダングサ等。蝶/キタテハ、モンシロチョウ、キチョウ、ウラナミシジミ等。昆虫/コフキゾウムシ、オンブバッタ、コバネイナゴ、アキアカネ、ツマグロオオヨコバイ等。その他/ガマズミの実、サンシュユの実、ウメモドキの実、ヘクソカズラの実等。
posted by 花虫とおる at 18:04| Comment(0) | 緑  区