2016年11月30日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 カモちゃんなら行けば必ず何かしらは撮れるのだが、順番で行くとジョウビタキかカワセミ等の小鳥達ですねと新治市民の森へまた行った。このところかなり連荘で散策していて、ルリビタキの雌を撮った方が2人いて、またシロハラが到着している。しかし、デジスコで絵になるものはなかなか撮れずに惨敗続きだが、今日はカワセミも見られ、帰り際にサービスの良いジョウビタキの雌がクルミ広場近くの畑にいた。そんな訳でなんとか目的は達成出来た。

zaki-20161130-jobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキ、カワセミ、ハクセキレイ、モズ、ヒヨドリ、シジュウカラ、キジバト等。
posted by 花虫とおる at 18:05| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区梅田川(午後)

 昨日の手術後6ヶ月の診断で異常無しとの事なので、いよいよ午前中から活動しても良いのだが、午前中はのんびり自宅静養に慣れきってしまった。また、昨日も記したが抗癌剤が高いので、生命保険からかなりの医療費が貰えたとはいえ、やはり外食代をしばらくけちらなければなるまい。悪性の癌だから、今後、どうなるかは分からないが、一応しばらくは散策出来そうである。今日は昨日に引き続いて、手摺昆虫観察をメインに梅田川へ行った。

zaki-20161130-mayumi-mi.jpg
<マユミの実>

 しかし、昨日の昆虫銀座の賑わいは嘘の様で、コナラシギゾウムシ、テントウムシ、ウスキホシテントウ、コミミズクの幼虫等が見られただけで、カメムシの仲間は全く見られなかった。今日は風は止んでいたが気温が低く、夜には雨が降るとの予報だからだろうか。たかが手摺昆虫観察でも、学として一年通して調べたら面白そうである。そんな訳でアップしていないウスキホシテントウを撮り、彩りが欲しいと、マユミの実をカメラに納めた。

zaki-20161130-usukihoshitento.jpg
<ウスキホシテントウ>

<今日出会った主なもの>昆虫/コナラシギゾウムシ、テントウムシ、ウスキホシテントウ、コミミズクの幼虫等。その他/マユミの実、サルトリイバラの実、ツルウメモドキの実、ピラカンサの実等。
posted by 花虫とおる at 18:04| Comment(0) | 緑  区

2016年11月29日

横浜市緑区梅田川(午後)

 昼飯は自宅に帰らず「すき家」にて、ミニ牛丼+豚汁+お新香セットを食べた。締めて430円とまことにお安い。その後、手摺昆虫観察が気になって、またしても梅田川へ行った。今日は風がやや強いのだが、コナラシギゾウムシ、ウシカメムシ、アカスジキンカメムシの幼虫、クサギカメムシ、ツヤアオカメムシ等の大物も這っていて、まこと昆虫銀座のようであった。手摺昆虫観察が終わるとデジスコにて新治市民の森を散策したが、まこと鳥影は少なかった。

zaki-20161129-konarashigizomushi.jpg
<コナラシギゾウムシ>

<今日出会った主なもの>昆虫/コナラシギゾウムシ、テントウムシ、ウスキホシテントウ、ムーアシロホシテントウ、ウシカメムシ、アカスジキンカメムシの幼虫、クサギカメムシ、ツヤアオカメムシ、ヒゲナガサシガメの幼虫、コミミズクの幼虫等。その他/サルトリイバラの実、ツルウメモドキの実、ピラカンサの実等。
posted by 花虫とおる at 17:56| Comment(0) | 緑  区

横浜市鶴見区三ッ池公園(午前)

 今日は1週間前に検査したCTの結果診断が下される日である。5月18日に手術をしたので、6ヶ月検診という訳である。まずは血液検査を行わなければならないので、病院に午前8時15分に行った。車だと自宅から20分程なので有り難い。今日の主治医との面談で膵臓癌の再発及び他所への転移が分かるのだが、恐ろしい病なので覚悟が決まっているのか、ドキドキソワソワする事も無しに順番を待った。結果は異常無しとの事で、もちろんほっとした。

zaki-20161129-yurikamome.jpg
<ユリカモメ>

 その後、薬局へ行って抗癌剤等を貰ったが、なんと45日分で29、980円とお高い。抗癌剤治療が終わるまで、昼飯はなるべく自宅で食べるしか無さそうである。全てが終わって時計を見ると午前10時なので、至近距離の三ッ池公園へ行った。しかし、野鳥の姿は少なく、カモ類はキンクロハジロとカルガモのみと低調である。こうなったら紅葉を映す水面のキンクロハジロですねと撮影していると、ユリカモメが1羽飛んで来たので嬉しくなった。

zaki-20161129-kinkurohajiro-osu.jpg
<キンクロハジロの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ユリカモメ、キンクロハジロ、カルガモ、カイツブリ、シジュウカラ、ヒヨドリ等。
posted by 花虫とおる at 17:53| Comment(0) | 鶴見区

2016年11月28日

神奈川県大和市泉の森公園(夕方)

 今日も夕方まで新治市民の森にて鳥撮りと考えていたが、北風が強くて鳥は見られないのではないかと、風に強い泉の森公園へ行った。シラカシの池へ降りて行くと、相変わらずオオバンやヒドリガモが多かったが、大好きなコガモもいて嬉しくなった。その後、もちろんカワセミを期待したが、地元の方によると最近出が悪く、また、マガモをはじめカモ類も少ないと言う。そんな訳で寒い中待ち続けたが、ワカケホンセイインコが群れ飛んで来ただけだった。

zaki-20161128-kogamo-osu.jpg
<コガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/バン、オオバン、ヒドリガモ、コガモ、カイツブリ、ワカケホンセイインコ、シジュウカラ、ヒヨドリ、アオサギ、コサギ等。
posted by 花虫とおる at 18:13| Comment(0) | 県  内

横浜市緑区梅田川(午後)

 いつものように昼飯後に出発したが、天気の回復が遅れているのか曇り空で北風が強い。こんな日は何処へ行ったら良いのだろう。手摺の昆虫達も朝まで雨であったし北風も強いから見られないかもと思ったが、昨日に引き続いて梅田川へ行った。まずは三保念珠坂公園の手摺を見に行ったが、昨日見られたテントウムシ、ムーアシロホシテントウ、ウシカメムシの幼虫、ヒゲナガサシガメの幼虫、ツヤアオカメムシにプラスして、ウスキホシテントウ、コミミズクの幼虫が這っていた。

zaki-20161128-tsuruumemodoki-mi.jpg
<ツルウメモドキの実>

 以上の様に、手摺に這っている昆虫達は数日間同じ場所で暮らしているのかもしれない。少なくともウシカメムシの幼虫とツヤアオカメムシは昨日の個体と同じように感ずた。いずれにしても手摺昆虫観察は大成功で、お次は実ですねと探したが、サルトリイバラやツルウメモドキの実は今一だったので、梅田川を下って行ったが、途中、フユザクラが綺麗に咲いていた。期待した元庄屋さん近くのツルウメモドキの実は、例年より少なかったが、なんとか2枚目の写真をと頑張った。

zaki-20161128-tsuyaaokamemushi.jpg
<ツヤアオカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/フユザクラ、ヤマハギ等。昆虫/テントウムシ、ウスキホシテントウ、ムーアシロホシテントウ、ウシカメムシの幼虫、ヒゲナガサシガメの幼虫、ツヤアオカメムシ、コミミズクの幼虫等。その他/サルトリイバラの実、ツルウメモドキの実、サンシュユの実等。
posted by 花虫とおる at 18:08| Comment(0) | 緑  区

2016年11月27日

横浜市緑区鶴見川(夕方)

 三保念珠坂公園にてかなりの成果が上がったので、キヤノンG3X片手の梅田川の散策は終わりにして、デジスコで新治市民の森へ行った。しかし、鳥は見られず雨が降って来そうなので早目に引き上げ、カモの越冬地として知られる東本郷町の鶴見川へ行った。ここは川幅も広くパン等の餌をやる方が多いので、自然とカモの越冬地となってしまったという訳である。今日は、オナガガモ、ヒドリガモしか見られなかったが、今後、ちょくちょく散策して見ようと思った。

zaki-20161127-onagagamo-osu.jpg
<オナガガモの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/オオバン、イソシギ、カワセミ、ヒドリガモ、オナガガモ、カイツブリ等。
posted by 花虫とおる at 17:51| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区梅田川(午後)

 今日は一日中雨かなあと思っていたが、明け方と夕方からが雨との事で、なんだか儲かってしまったように感じた。術後は免疫力が衰えたし、まだ十分に回復していない。ニュースによると高齢者が罹ると重症化すると言われるインフルエンザの流行期に入った。そんな訳で、電車に乗ったり人混みに行くのはNGである。だからといって一日中自宅蟄居も疲れてしまう。よって3時間位の散策とブログアップは、体力向上はもちろんメンタル的な健康にも丁度良い。

zaki-20161127-bijoonigumo.jpg
<ビジョオニグモ>

 何処へ行こうかなあと考えたが、前回とても面白かった三保念珠坂公園の手摺昆虫観察でもしようと出かけた。もちろん手摺に直行したが、会うと嬉しくなるウシカメムシの幼虫を見つけた。その他、ヒゲナガサシガメの幼虫、ツヤアオカメムシ、ムーアシロホシテントウ等もいて嬉しくなった。更に、木の幹も念入りに見て回ったが、ビジョオニグモを見つけてにんまりした。コガネグモ科に属するクモの一種で、色彩が美しいので美女の名を頂いたようである。

zaki-20161127-ushikamemushi-yochyu.jpg
<ウシカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ヤマハギ等。昆虫/テントウムシ、ムーアシロホシテントウ、ウシカメムシの幼虫、ヒゲナガサシガメの幼虫、ツヤアオカメムシ等。その他/サルトリイバラの実、ツルウメモドキの実等。
posted by 花虫とおる at 17:47| Comment(0) | 緑  区

2016年11月26日

横浜市港北区新横浜公園(夕方)

 今日もまた新治市民の森へという考えも浮かんだが、綺麗な水面に浮かぶカモを撮りたいと新横浜公園へ久しぶりに行った。しかし、見られた水鳥は少なく、相変わらずオオバンがのさばっている。それでも、ハシビロガモやコガモが観察出来たが、良い絵柄は得られなかった。去年はオカヨシガモが居たんだけどなあと期待して来たのだが、全く見られず、やや飛来が遅れているようである。それでも、イソシギ、モズ等が見られ、普通種ばかりだが一応は楽しめた。

zaki-20161126-ooban.jpg
<オオバン>

<今日出会った主なもの>鳥/オオバン、イソシギ、モズ、ハクセキレイ、スズメ、ハシビロガモ、コガモ、アオサギ、カワウ等。
posted by 花虫とおる at 18:16| Comment(0) | 港北区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 今日もこれといった散策先が無いので、土曜日だから生態園が開いていると茅ヶ崎公園へ行った。まずは雨が降ったので、キノコが元気かなと昆虫の谷を覗いてみると、エノキタケ、ニガクリタケ、アラゲキクラゲ等が生えていた。次にモミジの紅葉を撮ろうと頑張ったが、なかなか背景の良い絵柄は見つからなかった。そこで保険としてゴンズイの実を撮ってから、生態園上の手摺昆虫観察を行ったが、テントウムシがかなり見られた位であった。

zaki-20161126-gonzui-mi.jpg
<ゴンズイの実>

 次に生態園手前の手摺に期待したが、ムーアシロホシテントウ、コミミズクの幼虫が這っているだけだった。昨日の三保念珠坂公園とは大違いである。生態園に入るとご婦人がカメラを向けている。何を撮っているのだろうと近づいてみると、オオカモメヅルの鞘がはじけた実であった。カガイモの実を小さくした様で、同じガガイモ科ですねと納得した。今日も暇そうなカワセミマンが集合していたが、カワセミ君は非協力的のようであった。

zaki-20161126-tentomushi.jpg
<テントウムシ>

<今日出会った主なもの>花/シロヨメナ、ヤクシソウ等。昆虫/ムーアシロホシテントウ、テントウムシ、コミミズクの幼虫等。鳥/カワセミ等。キノコ/エノキタケ、ニガクリタケ、アラゲキクラゲ等。その他/オオカモメヅルの実、サルトリイバラの実、スイカズラの実、ガマズミの実、ナンテンの実、マンリョウの実、ゴンズイの実、ムラサキシキブの実、ニシキギの実等。
posted by 花虫とおる at 18:11| Comment(0) | 都筑区

2016年11月25日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 1時間半程のキヤノンG3X片手の散策は終了して、車に戻って少し休んでから、デジスコに変えて新治市民の森を散策した。しかし、これといった野鳥には会えなかったが、鳥撮り仲間3名に出会った。久しぶりのMさんに、大病をして今後どうなる事やらとぼやいたが、大丈夫でしょうと励まされた。その後、カワセミの池へ行ったが、今日は居たもののサービスが悪かった。そこで帰り道でのジョウビタキを期待したが見当らず、シラカシの梢の天辺に止まるモズの雄を撮った。

zaki-20161125-mozu-osu.jpg
<モズの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、モズ、ヒヨドリ、ガビチョウ、シジュウカラ、キジバト、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:11| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区梅田川(午後)

 昨日は雪なんか降らないのではと思っていたが、起床して外を見ると雪混じりの雨が降っていた。午後には止むとの予報であったが、かなり遅くまで降り続いた。こんな日は立体駐車場のあるブックオフにでもと行ってみたが、108円で買える読みたい本は一冊しかなかった。ここのブックオフは古着やちょいと履いた靴、中古のパソコンやカメラ等、様々な物が売られているが、いつ行っても顧客は少なく、儲かっているのだろうか。安くとも新品の方が良いと思うのだが。

zaki-20161125-royagaki.jpg
<ロウヤガキ>

 今日は昨日と打って変わっての青空が広がったが気温がかなり低い。こんな日はNO昆虫だろうからと、梅田川へ行って植栽のロウヤガキをまずは撮った。その他にもサンシュユ等の実はあったが、三保念珠坂公園の手摺に昆虫が這っているかもと行ってみた。すると、クヌギカメムシ、ウシカメムシ、ツヤアオカメムシ、コミミズクの幼虫、テントウムシ、ムーアシロホシテントウ等がいて嬉しくなった。こんなに居るのだから、また行ってみようとほくそ笑んだ。

zaki-20161125-kusagikamemushi.jpg
<クヌギカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/カントウヨメナ等。蝶/キタテハ、モンシロチョウ等。昆虫/テントウムシ、クヌギカメムシ、ウシカメムシ、ツヤアオカメムシ、コミミズクの幼虫、ムーアシロホシテントウ等。鳥/ジョウビタキの雌等。その他/ロウヤガキの実、ヘクソカズラの実、ツルウメモドキの実、アオツヅラフジの実、サンシュユの実等。
posted by 花虫とおる at 18:10| Comment(0) | 緑  区

2016年11月23日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 それほど散策はしていないのだが、身体が冷え切ったので、車で暖を取り新治市民の森へ行った。空は益々暗くなったが、気温は少々上がったようで、デジスコで散策を開始した。こんな天気だからか小鳥類はNGであったが、なんと谷戸田の棒の上にノスリが止まっていた。大型のバッタか何かを捕えているようであった。その後、カワセミの池へ足を進めたものの、ますます暗くなったので途中で引き返したが、ノスリがいた棒に、ジョウビタキの雌が止まっていた。

zaki-20161123-nosuri.jpg
<ノスリ>

<今日出会った主なもの>鳥/ノスリ、ヒヨドリ、ジョウビタキ等。
posted by 花虫とおる at 18:16| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 明日は関東南部の平地でも雪が積もると予報されている。東京都心で11月下旬に初雪を観測したのは、1962年12月22日以来54年ぶりとなり、積雪となると観測史上初記録との事である。まこと寒くてやんなっちゃいますね。そんな訳で今日も午前中から肌寒い曇り日、カストロコートを着込んで、スキー帽を被り、襟巻をぐるぐる巻きにして散策を開始した。まずはお手洗い昆虫観察から始めたが、期待したヒメヤママユどころかNO蛾であった。

zaki-20161123-kawasemi-osu.jpg
<カワセミの雄>

 しかし、一本のコブシの幹にアカスジキンカメムシの幼虫が3匹も這っていて嬉しくなった。次に生態園上の手摺昆虫観察を行ったが、クヌギカメムシ、ムーアシロホシテントウ、テントウムシ、ルリチュウレンジ等が這っていた。そこで気を良くして生態園前の手摺に期待したがNO昆虫で眉をしかめた。今日は祝日なので生態園が開いているので中に入ってみると、カワセミの雄がお待ちかねであったが、獲物が小さくて可哀相になってしまった。

zaki-20161123-akasujikinkamemushi-yochyu.jpg
<アカスジキンカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/シロヨメナ、ヤクシソウ、サザンカ等。昆虫/アカスジキンカメムシの幼虫、クヌギカメムシ、ムーアシロホシテントウ、テントウムシ、ルリチュウレンジ等。鳥/カワセミ、カルガモ等。その他/ガマズミの実、ナンテンの実、マンリョウの実等。
posted by 花虫とおる at 18:11| Comment(0) | 都筑区

2016年11月22日

横浜市緑区恩田川(夕方)

 これといった鳥が居ない三ッ池公園を早目に切り上げ、まずは新治市民の森へ行った。しかし、こんなに良い天気で気温が高いと言うのに、ほとんど鳥は見られなかった。そこで恩田川の田んぼに転戦したが、こちらでは、アオサギ、コサギ、モズ、ハクセキレイ等が見られ、まずまずで、そこで紅葉するトウカエデをバックにモズの雌を撮った。本当なら紅葉したモミジの枝に止まる鳥を撮りたいと思うのだがままならず、バックに紅葉を入れてお茶を濁すのが精一杯である。

zaki-20161122-mozu-mesu.jpg
<モズの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/アオサギ、コサギ、モズ、ハクセキレイ等。
posted by 花虫とおる at 18:27| Comment(0) | 緑  区

横浜市鶴見区三ッ池公園(午後)

 今日の午前中は術後6ヶ月のCT検査に病院へ行った。結果は来週になるのだが、再発及び転移が無い事を祈るのみである。検査は10時からとの事だったが、なんと1時間半も待たされてしまった。その後、吉野家へ寄って牛丼+お新香+味噌汁を食べたが、510円と「すき家」に比べると高い。お肉も少し堅かった。その後、至近の三ッ池公園に寄ってみたが、ハシビロガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カルガモ、カイツブリ、カワセミ、ハクセキレイと寂しく、ハシビロガモを撮ろうと粘ったが杭の上でずっと昼寝をしていた。

zaki-20161122-karugamo.jpg
<カルガモ>

<今日出会った主なもの>鳥/ハシビロガモ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カルガモ、カイツブリ、カワセミ、ハクセキレイ等。
posted by 花虫とおる at 18:24| Comment(0) | 鶴見区

2016年11月21日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

 昨日は晴天でとても暑かったが、今日は打って変わっての曇り空となった。予報では午後3時頃には雨が降って来るとの事なので、いつでも車に逃げ戻れる茅ヶ崎公園へ行った。公園内や緑道では紅葉がだいぶ進んで、風が吹くと枯葉が舞っていた。まこと季節の推移は早く、夏場の昆虫シーズンを病院で過ごしていたので、もうジョウビタキやルリビタキの季節なんだなよなあと思う事がしばしばある。やはり四季の移り変わりは、毎年じゅっくりと味わいたいものである。

zaki-20161121-nanten-mi.jpg
<ナンテンの実>

 今日は昆虫の谷から散策を開始したが、再び伸び始めたエノキタケはかなり大きく成長していた。様々な木の実草の実が撮影出来る茅ヶ崎公園だが、今までだいぶカメラに納めて来たので、撮り残しているのはほとんど無くなったのでナンテンの実を撮った。その後、手摺昆虫観察に入ったが、生態園入口の手摺にはほとんど昆虫が見られず、これは困ったなあと尾根上へ足を伸ばしたら、ムーアシロホシテントウ、チャバネアオカメムシ、カネタタキ等が這っていた。

zaki-20161121-muashirohoshitento.jpg
<ムーアシロホシテントウ>

<今日出会った主なもの>花/サザンカ、タイワンホトトギス等。昆虫/ムーアシロホシテントウ、テントウムシ、チャバネアオカメムシ、カネタタキ等。キノコ/エノキタケ等。その他/ナンテンの実、マンリョウの実、ウメモドキの実等。
posted by 花虫とおる at 17:28| Comment(0) | 都筑区

2016年11月20日

神奈川県大和市泉の森公園

 今日は待ち待った道端自然観察会である。予定では昨日開催であったが、冷たい雨が降り続いて順延となった。しかし、今日は雲一つ無い暖かい陽気となって嬉しくなった。今の季節、やっぱり晴れていないと良い観察会にはならない。しかも、今日は越冬する蝶達をメインとしていたので尚更だ。いつもの様に「しらかしの家」に集合し、ぶらりのろのろとポイントへ行ったが、昨日の雨が完全には蒸発していなくて、下草や手摺はかなり濡れていた。

zaki-20161120-hoshihajiro-mesu.jpg
<ホシハジロの雌>

 ムラサキツバメの越冬ポイントへ到着すると、数ヶ所の葉上に5頭位集まっていた。合計すると20頭位になるのではなかろうか。毎年、同じ場所に集まっているのは、いったいどういう訳なのか不思議である。しばらくして日陰であった場所にも陽が射して来て、ムラサキツバメが飛び始めた。また、毎年見られるホソミイトトンボもいたが、何故だかマユミにつくミノウスバは見られなかった。その後、手摺昆虫観察に入ったが、手摺がやや濡れていて貧果に終わった。

zaki-20161120-akaboshigomadara-yochyu.jpg
<アカボシゴマダラの幼虫>

 午後からは「しらかしの池」周辺を散策したが、汗ばむ程の気温となったものの、オオアオイトトンボやアキアカネ等は見られなかった。しかし、「しらかしの池」には、アオサギ、コサギ、バン、オオバン、ホシハジロ、キンクロハジロ、ヒドリガモ、コガモ等が居て賑やかだった。その後、「ふれあいの森」まで往復したが、手摺や葉上は乾いていたものの、これぞといった被写体には恵まれなかったが、心地良い健康ウォーキングとなって終了した。

zaki-20161120-yabumyoga-mi.jpg
<ヤブミョウガの実>

<今日出会った主なもの>花/サザンカ、タイワンホトトギス等。蝶/クロコノマチョウ、アカボシゴマダラの幼虫、キチョウ、ムラサキツバメ、ムラサキシジミ等。昆虫/マユタテアカネ、ホソミイトトンボ、テントウムシ、ムーアシロホシテントウ、エサキモンキツノカメムシ、クサギカメムシ、クモヘリカメムシ、アカサシガメ、アオマツムシ、コバネイナゴ、ツチイナゴ等。鳥/アオサギ、コサギ、バン、オオバン、ホシハジロ、キンクロハジロ、ヒドリガモ、コガモ等。その他/ムラサキシキブの実、コムラサキの実、ヤブミョウガの実、イイギリの実等。
posted by 花虫とおる at 19:35| Comment(4) | 県  内

2016年11月18日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 今日も昨日と同様、茅ヶ崎公園を早目に切り上げると、まずは恩田川の田んぼに寄った。有難い事にモズの雌が竹の棒の先に止まっていたのでカメラに納めた。その後、予定通り新治市民の森へ行ったが、畑にジョウビタキの雄を見つけて嬉しくなった。今季すでに平塚市土屋で撮影しているが、近場では初見初撮りである。その後、例によってカワセミの池まで足を伸ばしたら、メジロ、カシラダカ、ヤマガラ、シジュウカラ等の混群が現れた。

zaki-20161118-jobitaki-osu.jpg
<ジョウビタキの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/ヒヨドリ、ジョウビタキ、ガビチョウ、メジロ、カシラダカ、ヤマガラ、シジュウカラ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 17:40| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 どなたかが「今の季節は手摺の昆虫と電線の野鳥」に注目と書かれていたが、まこと真実で、緑の葉上の昆虫や花に訪れる蝶の季節は過ぎてしまった。そんな訳で3日連荘となるが、手摺昆虫観察が出来るので、今日も茅ヶ崎公園へ出かけた。まずは昆虫の谷へ入って行ったが、またしてもエノキタケが生え出していた。また、萎びたシオデの実、赤味を増したナンテンやマンリョウの実も見られた。今後撮影してブログアップとなる事だろう。

zaki-20161118-umemodoki-mi.jpg
<ウメモドキの実>

 その後、昨日見つけておいた植栽のウメモドキの実を撮りに行った。そろそろ熟して来ただろうから、野鳥に食べられる前に写しておかねばならない。今年は各種の木の実草の実は不作の年だが、ウメモドキもかなり少ない。当初の予定通りウメモドキの実をカメラに納めたので、後は手摺昆虫観察ですねと探し回ったら、チャバネアオカメムシが2匹も這っていた。広場では中学生がコクワガタの雄を見つけたと騒いでいたので、見せて貰った。

zaki-20161118-chabaneaokamemushi.jpg
<チャバネアオカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/シロヨメナ、サザンカ、タイワンホトトギス等。昆虫/コクワガタ、テントウムシ、キホシテントウ、チャバネアオカメムシ、コミミズクの幼虫等。キノコ/エノキタケ等。その他/シオデの実、ナンテンの実、マンリョウの実、ウメモドキの実、カマツカの実、ヒヨドリジョウゴの実等。
posted by 花虫とおる at 17:34| Comment(0) | 都筑区

2016年11月17日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 前述したように今日は30分位早く出発しているので、茅ヶ崎公園の散策は午後2時前で終了した。そこで途中、3個で100円の富有柿を買ってから、恩田川の田んぼを覗いて新治市民の森へ行った。散策を開始すると、ちょいと大き目の鳥が電線に止まっている。なんだろうとデジスコで覗くと、今季初見のツグミであった。そこで綺麗な背景を選んで撮影した。その後、カワセミの池まで行ったが、カワセミは不在だったもののジョウビタキやモズが出迎えてくれた。

zaki-20161117-tsugumi.jpg
<ツグミ>

<今日出会った主なもの>鳥/アオサギ、ツグミ、ジョウビタキ、ガビチョウ、シジュウカラ、モズ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 17:38| Comment(2) | 緑  区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 今日は女房殿が出かけたので昼食は外食となった。先だってクリエイトで冷凍すき家の牛丼を買って食したが、味はまあまあだが量が少なく肉も固かった。そこで、やっぱりお店で食べなければと出かけたが、一応、華風料理「一心」を覗いて見た。ベーコン、ニラ、もやし炒めで600円と安かったが、初期の予定通りに「すきや」へ行って490円の牛丼豚汁おしんこセットを食べた。術後、少食となっているが、やはり牛丼は並では無くミニで良いなあと苦笑した。

zaki-20161117-sarusuberi.jpg
<サルスベリの紅葉>

 その後、今日も隣接する茅ヶ崎公園へ行った。まずは街路灯周辺に注意したが、これといったものは見られず、尾根道に上がって行くとサルスベリの葉が綺麗に紅葉して青空に浮かんでいたのでカメラに納めた。次に、茅ヶ崎公園に於いては初めてとなるヒヨドリジョウゴの実を昨日見つけていたので撮影した。尾根道は暖かくてキチョウが飛んでいたが、手摺の昆虫は低調で、テントウムシ、クサギカメムシ、アオマツムシ等が這っているだけだった。

zaki-20161117-hiyodorijogo-mi.jpg
<ヒヨドリジョウゴの実>

<今日出会った主なもの>花/サザンカ、タイワンホトトギス等。蝶/キチョウ等。昆虫/テントウムシ、クサギカメムシ、アオマツムシ等。その他/ウメモドキの実、カマツカの実、ヒヨドリジョウゴの実等。
posted by 花虫とおる at 17:35| Comment(0) | 都筑区

2016年11月16日

横浜市鶴見区三ッ池公園(夕方)

 茅ヶ崎公園を早目に切り上げ、今日は11月16日なので、いよいよ平日だけ駐車場が無料期間に入った三ッ池公園へ行った。まずは下の池へ直行したが、少し前に「かいぼり」があったようで、水面がかなり下がっていた。そんな訳で期待した杭は水面からかなりの高さで露出していた。しかし、アオサギが止まっていて嬉しくなった。その後、園内を一回りしたが、見られた水鳥は、キンクロハジロ、ホシハジロ、カルガモ、カイツブリだけで、今後に期待の三ッ池公園となった。

zaki-20161116-aosagi.jpg
<アオサギ>

<今日出会った主なもの>鳥/アオサギ、キンクロハジロ、ホシハジロ、カルガモ、カイツブリ、ハクセキレイ等。
posted by 花虫とおる at 17:12| Comment(0) | 鶴見区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 今日は午後から晴れであったが午前中は明るい曇りとなった。そこで午後からは晴れるだろうと手摺昆虫観察に茅ヶ崎公園へ行った。まずは去年見られたヒメヤママユを探したが見つからなかった。そこで紅葉が綺麗なニシキギを撮った。次に尾根に挙がってトイレ昆虫観察を試みたが、NO蛾であった。そこで生態園上の手摺を見て回ったら、コミミズクの幼虫が這っていたものの、静止していると全く面白くない昆虫で、また、動いていると撮影が難しい。

zaki-20161116-nishikigi-koyo.jpg
<ニシキギの紅葉>

 その後、綺麗に実った植栽のソヨゴの実を撮ろうと頑張ったが上手く行かなかったが、久しぶりにカマツカの実を見つけて嬉しくなった。次に生態園入口手前の手摺に期待したが、片方の触覚が途中で切れているチャバネアオカメムシや片方の中足と後足がもげているクヌギカメムシを見つけた。こんな状態で越冬出来るのだろうか。昆虫も命ある限り頑張っているのである。一応保険としてカメラに納めたが、ブログアップはしなかった。

zaki-20161116-kamatsuka-mi.jpg
<カマツカの実>

<今日出会った主なもの>花/サザンカ、タイワンホトトギス等。昆虫/テントウムシ、クヌギカメムシ、チャバネアオカメムシ、コミミズクの幼虫等。鳥/カルガモ等。その他/カマツカの実、ヒヨドリジョウゴの実、ゴンズイの実、ソヨゴの実等。
posted by 花虫とおる at 17:10| Comment(0) | 都筑区

2016年11月15日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 新吉田町の散策を早目に切り上げて、昨日良い場所に止まっていたが撮影出来なかったジョウビタキの雌を撮ろうと、またしても新治市民の森へ行った。まずは昨日居た梅田川に隣接するコンクリの家周辺へ行ったが、ピラカンサの実を食べにやって来ていたものの、良い場所には止まってくれなかった。そこでクルミ広場に期待したが、電線に止まっているジョビ子ちゃんを見つけた。そこでオニグルミの枝先に飛び移るのではないかと粘ったが、居心地が良いのか、電線にずっと止まっているので諦めた。

zaki-20161115-jobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキ、カシラダカ、エナガ、モズ、ヒヨドリ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 17:30| Comment(0) | 緑  区

横浜市港北区新吉田町(午後)

 今日は早朝まで雨が残ったのか、午前中は木々の葉上に水滴がかなり残っていた。これでは新横浜公園でも行ってカモを撮るしかないかなとも思ったが、正午に近づくにつれて陽が射して来て気温もかなり高くなった。そこで新吉田町へ行く事にした。散策を開始するとヤニサシガメの幼虫を見つけたが、写欲を誘う昆虫では無い。また、ヒヨドリジョウゴの実が鈴なりであったが、前にブログアップしているからなあと保険としてカメラに納めた。

zaki-20161115-noibara-mi.jpg
<ノイバラの実>

 家庭菜園の小道に入って行くとベニバナボロギクがたくさん咲いていたが、他にはこれといった被写体は無かった。そこでドッグスクール裏の尾根道に登って行くと、畑の白菜にナナホシテントウやオンブバッタが見られた。また、ノイバラが美しく実っていて嬉しくなった。更に進んで第3京浜都筑インターへ行くと、フェンスに絡みついたクズにツチイナゴがたくさん日向ぼっこをしていた。ツチイナゴは成虫越冬であるから当然かなと微笑んだ。

zaki-20161115-nanahoshitento.jpg
<ナナホシテントウ>

<今日出会った主なもの>花/ベニバナボロギク、コセンダングサ、コウテイダリア、キク、コスモス等。蝶/モンシロチョウ、ウラナミシジミ、ヤマトシジミ等。昆虫/アキアカネ、ヤニサシガメの幼虫、オオカマキリ、ツチイナゴ、オンブバッタ、ヒシバッタ、ナナホシテントウ、ツマグロオオヨコバイ等。その他/ノイバラの実、ヒヨドリジョウゴの実等。
posted by 花虫とおる at 17:24| Comment(0) | 港北区

2016年11月14日

東京都町田市薬師池公園(夕方)

 かなり時間が余ったので、モミジの美しい薬師池公園へ行ってモミカワ(紅葉したモミジの枝に止まるカワセミ)を撮ろうと車を走らせた。途中、ダイソーに寄って健康には余り良くないが、108円のスナック菓子の詰め合わせを買った。薬師池公園に到着すると紅葉は思った以上に進んでいて、カワセミもすぐ現れて、竹の棒の先に止まってくれた。そこで、有難うさんと激写した。その後、モミジの枝に止まってよと粘ったが願いは叶わず、雨が降り出したので引き上げた。

zaki-20161114-kawasemi-osu.jpg
<カワセミの雄>

<今日出会った主なもの>鳥/カワセミ、キンクロハジロ等。
posted by 花虫とおる at 18:45| Comment(0) | 町田市

横浜市緑区梅田川(午後)

 今日は午後6時頃から雨との予報であったが、いつ雨が降って来てもおかしくない曇り空なので、すぐに車に戻れる梅田川へ行った。散策を開始するとコンクリの家前の畑にジョウビタキの雌を見つけた。梅の木の天辺の枝であるし、背景も良いのだが距離がかなり遠い。それでもキヤノンG3Xを600ミリにズームして撮ったが、微ブレもあるのか良い写真にはならなかった。デジスコならばっちり撮れた筈だが、まこと上手くいかないものである。

zaki-20161114-hekusokazura-mi.jpg
<ヘクソカズラの実>

 その後、老人ホーム裏の小道に行ったが、皇帝ダリアが咲き始めていて、咲き残ったコセンダングサにスジグロシロチョウやホソヒラタアブが吸蜜していた。曇り空だが気温は思ったより高いのであろう。次に、青々としたフキの葉上を見回ったら、ホソヘリカメムシやツマグロオオヨコバイが止まっていた。最後に、ヒメヤママユが燈火にやって来ては居ないかと探したが見つからず。ヘクソカズラの実を撮って、なんとか格好をつけて引き返した。

zaki-20161114-hosoharikamemushi.jpg
<ホソハリカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/コウテイダリア、キク、コスモス等。蝶/スジグロシロチョウ、ヤマトシジミ等。昆虫/ホソヒラタアブ、ホソハリカメムシ、ツマグロオオヨコバイ等。鳥/ジョウビタキの雌等。その他/ノブドウの実、ヘクソカズラの実、ツルウメモドキの実等。
posted by 花虫とおる at 18:42| Comment(0) | 緑  区

2016年11月13日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 今日もジョウビタキを狙って新治市民の森へ行った。まずは一昨年良く見られたコンクリの家周辺を探したが見つからず、しからば昨年良く見られたクルミ広場のオニグルミの枝先を探したが、これまた見られかった。しかし、少し待つと有り難い事にやって来て、片足でのんびりとかなりの時間止まってくれた。そこで、もちろんシャッターをばんばん切った。その後、鎌立谷戸のカワセミの池まで往復したが、途中の小さな田んぼの水溜りに、カワセミの雄が見られただけだった。

zaki-20161113-jobitaki-mesu.jpg
<ジョウビタキの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキ、カワセミ、ガビチョウ、シジュウカラ等。
posted by 花虫とおる at 17:48| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 今日も昨日に引き続いて良い天気になったので、手摺に昆虫がたくさん這っている筈と、またしても茅ヶ崎公園を散策した。まずは彩りが欲しいし保険として尾根上のゴンズイの実を撮りに行った。しかし、今年は手の届く所に実が無かったので、35ミリ換算で600ミリにして頭上の実を撮った。まことキヤノンG3Xは24ミリから600ミリまでが守備範囲と広く、広角端及び望遠端でも、ほぼ等倍までのマクロ撮影が出来るのだから嬉しくなる。

zaki-20161113-gonzui-mi.jpg
<ゴンズイの実>

 無事にゴンズイの実が撮れたので生態園上の手摺を見に行ったら、テントウムシ、チャバネアオカメムシ、ヒゲナガサシガメの幼虫等が這っていた。また、生態園入口前の手摺を見に行くと、ベッコウバエ、ウシカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、アカスジキンカメムシの幼虫等が這っていた。まこと予想通りの賑やかさであったが、良く撮れたベッコウバエをアップする事にした。この時期、ベッコウバエはスッポンタケのグレバに良く集まっている。

zaki-20161113-bekobae.jpg
<ベッコウバエ>

<今日出会った主なもの>花/タイワンホトトギス等。昆虫/テントウムシ、ベッコウバエ、ウシカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、チャバネアオカメムシ、アカスジキンカメムシの幼虫、ヒゲナガサシガメの幼虫等。鳥/カワセミ、カルガモ等。その他/ゴンズイの実、ムラサキシキブの実、ニシキギの実、ガマズミの実等。
posted by 花虫とおる at 17:44| Comment(0) | 都筑区

2016年11月12日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 今日は土曜日だから茅ヶ崎公園生態園で顔見知りの方々に出会い、同じくらいの身長で痩せている方2人に体重を尋ねてみたら、なんと53キロ前後との事で、私の今の体重56キロより軽いのである。それを聞いて、なんとなくほっとした。その後、相も変わらずキヤノンG3X片手の散策は早目に終了して、新治市民の森に転戦した。目的のジョウビタキは居るには居るのだが距離が遠く、また、カワセミも姿を現してくれないので、モズの雌をカメラに納めて引き返した。

zaki-20161112-mozu-mesu.jpg
<モズの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/ジョウビタキ、モズ、ハクセキレイ等。
posted by 花虫とおる at 18:08| Comment(0) | 緑  区

横浜市都筑区茅ヶ崎公園(午後)

 昨日は午後から晴れの天気予報を信じて、また、女房殿が450円一袋の早野の里のミカンを買って来てとの事で、久しぶりに薬師池公園でも散策しようと出発した。しかし、途中から雨が降り出して、ミカンを買った後に帰宅となった。途中、まだまだ何万キロも乗る予定なのでオイル交換をしたが、長期入院していたから本当に久しぶりである。今日は昨日とは打って変わって朝から暖かい晴天で、手摺に昆虫がいるのではなかろうかと茅ヶ崎公園へ出かけた。

zaki-20161112-koyaboki.jpg
<コウヤボウキ>

 まずは保険として木の実を撮ろうと尾根筋に上がって行ったが、途中、コウヤボウキが咲いていて嬉しくなった。また、ムラサキシキブの実も美しく色づいていたのでカメラに納めた。そんな訳でブログアップの写真は散策直後に揃ってしまったが、その後、予定していた手摺昆虫観察を始めたら、クサギカメムシの幼虫やアオマツムシの雌が見つかった。しかし、余り良い写真は得られなかったので生態園に入ってみると、暇そうな鳥撮りマンが集まっていた。

zaki-20161112-murasakishikibu-mi.jpg
<ムラサキシキブの実>

<今日出会った主なもの>花/コウヤボウキ、シロヨメナ等。昆虫/オオアオイトトンボ、アオマツムシ、クサギカメムシの幼虫等。その他/ムラサキシキブの実、ガマズミの実、ノイバラの実等。鳥/カワセミ等。
posted by 花虫とおる at 18:03| Comment(0) | 都筑区

2016年11月10日

横浜市緑区梅田川

 今日は晴れの筈だったが朝から曇っている。また、かなり寒くなると予報されていたが、太陽が出ないから益々寒くなった。そこで、カストロコートを出して来て着用した。退院後3ヶ月が過ぎたが、歩く事に関してはかなり回復したが、体重はたったの2キロしか増えず、体力の完全なる回復はまだまだなのだろう。そんな時に風邪でも引いたら大事になりかねないので、暖かい服装が何よりである。今日はそんな冷たい日なので、木の実草の実でも撮るしかないなと梅田川へ出掛けた。

zaki-20161110-kiku.jpg
<キク>

 散策を開始すると紺や紫や水色に色づくノブドウの実を見つけて嬉しくなった。以前からエビヅルの同じブドウ科の植物だが、この色合いから毒があるのではないかと思っていた。しかし、ネットで調べると毒はないが渋く苦いらしい。また、果実種にも用いられるとあるので、見直してしまった。これで1枚写真が撮れたので、次は昆虫ですねと頑張ったが、飛び古したヤマトシジミがイヌタデに止まっているのを見つけただけで、畑に植栽されているキクを撮った引き返した。

zaki-20161110-nobudo-mi.jpg
<ノブドウの実>

<今日出会った主なもの>花/キク、コスモス等。蝶/ヤマトシジミ等。その他/ノブドウの実、マユミの実、ヘクソカズラの実、ツルウメモドキの実等。鳥/シジュウカラ、ハクセキレイ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 17:45| Comment(0) | 緑  区

2016年11月09日

神奈川県大和市泉の森公園

 アメリカ大統領選挙の開票が始まったが、「アッと驚く為五郎」のトランプ氏が当選した。政治家として安定感があり、アメリカ初の女性大統領となる筈だったヒラリー・クリントン氏が負けてしまった。8年間続いたオバマ民主党政権に飽きが来ていて、クリントン氏が当選しても変化は左程無いと感じ、チェンジを求めたのだろう。今後、アメリカはもちろん、世界に及ぼす影響に注目したい。きっと、我が国の安倍おぼっちゃん首相は、この結果に苦虫を潰しているに違いない。

zaki-20161109-kinkurohajiro-mesu.jpg
<キンクロハジロの雌>

 今日の早朝、東京都心に木枯らし1号が吹いたと気象庁が発表したが、午後からはすかっとした秋晴れとなったが風が強い。こんな日はちょいと遠いいが風に強い泉の森公園へ行くしかありませんねと出かけた。まずはデジスコで鳥撮り三昧だと「しらかしの池」へ行ったが、予想に反して風が強く、見られる鳥もバン、オオバン、キンクロハジロ、ヒドリガモ、カイツブリ、コサギ等で、期待したカワセミは見られなかった。そこでキンクロハジロの雌を撮って車に引き返した。

zaki-20161109-minousuba.jpg
<ミノウスバ>

 その後、機材をキヤノンG3Xに変えて陽が当たり風が遮られる暖かい場所を散策した。まずは、石垣に止まっているマダラガ科のミノウスバを見つけた。幼虫は、マサキ、ニシキギ、マユミなどのニシキギ科の植物を食べ、晩秋に羽化する。次に、オオアオイトトンボを探してみたが、絵になる場所に止まっていて嬉しくなった。最後に「ムラサキツバメやーい」とポイントに行ってみたが、日陰になっていて引き返した。やはりここは午前中が良いようである。

zaki-20161113-ooaoitotonbo.jpg
<オオアオイトトンボ>

<今日出会った主なもの>蝶/キチョウ等。昆虫/ミノウスバ、オオアオイトトンボ、アキアカネ、マユタテアカネ等。鳥/バン、オオバン、キンクロハジロ、ヒドリガモ、カイツブリ、コサギ等。その他/クサギの実等。
posted by 花虫とおる at 18:08| Comment(0) | 県  内

2016年11月08日

横浜市港北区新羽町

 アメリカ合衆国の大統領を決める投票日が近づいているが、世界の運命を左右しかねない大国にしては選挙戦は誹謗中傷合戦で、まこと子供じみて飽きれてしまった。本来なら政策論争を深めての選挙戦な筈なのに、どうした事だろう。また、お隣の韓国では朴大統領が実業家の友人に便宜を図ったと問題になっている。我が国だって、大物が居ないために安倍ちゃんがのさばっている状況で、まこと世界にはスーチーさん等の一部政治家を除いて、尊敬出来る指導者が居ない。

zaki-20161108-hiyodorijogo-mi.jpg
<ヒヨドリジョウゴの実>

 今日の午後からはどんよりと曇って、これでは昆虫の姿は見られないだろう。しかし、木の実草の実を撮れれば何とか格好はつく筈と、本当に久しぶりに新羽町へ行った。まずはツルウメモドキの実を見に行ったが不作で、しからばヒヨドリジョウゴの実ですねとポイントへ歩みを進めたが、こちらも不作であった。しからばまだ青々としているフキの葉上に何か居ないかと探したら、幼虫は糞を食べるが、成虫は小型昆虫を捕食する肉食性のキアシフンバエが鎮座していた。

zaki-20161108-kiashifunbae.jpg
<キアシフンバエ>

<今日出会った主なもの>花/イヌタデ、ノゲシ、ハキダメギク、タイアザミ、コセンダングサ等。蝶/モンシロチョウ等。昆虫/アオクサカメムシ、キアシフンバエ、オオカマキリ等。その他/ヒヨドリジョウゴの実、アオツヅラフジの実、ニシキギの実、クサギの実等。
posted by 花虫とおる at 17:26| Comment(5) | 港北区

2016年11月07日

横浜市緑区新治市民の森(夕方)

 北八朔公園では毎度お馴染みの東名港北PA裏の昆虫横丁等に寄らずに、早目に切り上げて新治市民の森へ行った。このところ何遍もジョウビタキの雌に出会っているのだが、良い場所に止まってくれずに撮影出来ない日々が続いている。そこで今日こそはと期待したのだが、何故かジョウビタキの雌もカワセミの若雌もモズの雄も見られない。やたらガビチョウが囀っているだけで苦笑したが、帰り際、梅田川遊水地の電線にハクセキレイが止まっていたのでカメラに納めた。

zaki-20161107-hakusekirei.jpg
<ハクセキレイ>

<今日出会った主なもの>鳥/シジュウカラ、ガビチョウ、ハクセキレイ、スズメ等。
posted by 花虫とおる at 18:46| Comment(0) | 緑  区

横浜市緑区北八朔公園(午後)

 今日も晴れだが風が冷たい。天気予報によると10日の木曜日は、東京でも4度になるらしい。いよいよ冬が近づいているなあと感じる。そこで何処へ行こうかなと考えたが、この所、カメムシが動き出した様なので、キマダラカメムシが撮れる筈、万が一不在でも、サンシュユの実は撮れるだろうと北八朔公園へ行った。散策を開始して公園入口に至ると、空き地のコセンダングサに、ツマグロヒョウモン、モンシロチョウ、ウラナミシジミ、ヤマトシジミ等が見られた。

zaki-20161107-sanshyuyu-mi.jpg
<サンシュユの実>

 次にサンシュユの実を探しに行ったが、かなり萎びているものもあって、確実に季節は進んでいた。その後、目的のキマダラカメムシを探したが、前回たくさん居た所には一匹も見られず、去年、見られたコナラの幹で一匹見つけてほっとした。しかし、樹肌に溶け込んで浮かんでこないので、池の周りのコンクリの手摺に移動して貰った。手摺にはアキアカネやナツアカネの先客が日向ぼっこをしていて、オオアオイトトンボが下草の葉に止まっていた。

zaki-20161107-kimadarakamemushi.jpg
<キマダラカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/コセンダングサ、カントウヨメナ等。蝶/ツマグロヒョウモン、モンシロチョウ、ウラナミシジミ、ヤマトシジミ等。昆虫/オオアオイトトンボ、アキアカネ、ナツアカネ、キマダラカメムシ、コカマキリ、ハラビロカマキリ等。その他/マユミの実、サンシュユの実等。
posted by 花虫とおる at 18:42| Comment(0) | 緑  区

2016年11月06日

横浜市都筑区葛ヶ谷公園

 今日は晴れで気温は高いが風がかなり強い。それならば風に強い三保市民の森ですねとも思ったが、貧果必至であるし、なんとなく散策する気が起きない。そこで、2枚位の写真ならなんとかゲット出来るだろうと、当初の予定通り葛ヶ谷公園から大原みねみち公園へ行った。散策を開始すると、すぐにクサギカメムシを見つけたが、昨日、ブログアップしているので撮影しなかった。また、頭上にアキアカネが飛んでいたので、今日は何とかなりそうだなあと微笑んだ。

zaki-20161106-gamazumi-mi.jpg
<ガマズミの実>

 しかし、期待した葛ヶ谷公園の昆虫横丁は草刈りが入って、つんつるてんの丸坊主であった。しからば木々の幹に注意ですねと気を持ち直すと、なんとなんとアカスジキンカメムシの幼虫が3匹も這っていた。今日はこれでカメムシの仲間に2種類も会った事になり、越冬場所を探しに動き出したのかもしれない。その後、予定通りに大原みねみち公園へ歩みを進めたが被写体はまったく見られず、ガマズミの実が残っていたので、ありがとうさんとカメラに納めた。

zaki-20161106-akasujikinkamemushi-yochyu.jpg
<アカスジキンカメムシの幼虫>

<今日出会った主なもの>花/ツバキ等。昆虫/アカスジキンカメムシの幼虫、クサギカメムシ、アキアカネ等。その他/ガマズミの実等。
posted by 花虫とおる at 18:04| Comment(0) | 都筑区

2016年11月05日

横浜市都筑区茅ヶ崎公園

 週間天気予報を見ると傘マークが一つも無い。日によっての気温格差はかなり激しいが、今日は20度近くまで達するとあり、まこと散策日和である。先だっての散策で、暗い場所にあるニシキギの実とエノキタケが良く撮れなかったので、再挑戦とばかりに茅ヶ崎公園へ行った。もちろん華奢な三脚とレリーズを持参したが、ピントはばっちりと合うし嬉しくなった。こんなに良く撮れるんだったら、キヤノンG3Xは手放せないな、一眼レフの出番は無くなるなあと苦笑した。

zaki-20161105-nishikigi-mi.jpg
<ニシキギの実>

 ニシキギは民家の庭等に植栽されているが、ネットを開いて見ると日本や中国に自生するとある。また、名前の由来は紅葉が美しく、錦に例えたことによるらしい。確かに真っ赤に色づいた紅葉は燃えるようである。もう一つの撮影目的のエノキタケは、前回のものはかなり成長していたが、今一絵にならないので撮影は諦めた。その後、生態園入口周辺をうろついたが、なんとクサギカメムシを2匹も見つけた。また、キチョウやウラギンシジミが舞っていた。

zaki-20161105-kusagikamemushi.jpg
<クサギカメムシ>

<今日出会った主なもの>花/コウヤボウキ、タイアザミ、カントウヨメナ等。蝶/キチョウ、ウラギンシジミ等。昆虫/クサギカメムシ等。キノコ/エノキタケ等。その他/ニシキギの実、クサギの実、ゴンズイの実、ガマズミの実等。
posted by 花虫とおる at 17:54| Comment(0) | 都筑区

2016年11月04日

横浜市緑区恩田川(夕方)

 寺家ふるさと村の散策が終了すると、もちろん早野の里へジョウビタキを探しに行ったが見当らず。こうなったら田んぼ巡りてすねと車を走らせると、恩田川の小山町側にはモズの雄、横浜線側にはモズの雌が居た。もちろん両方とも撮影したが、またしても可愛いモズ子ちゃんをアップする事にした。その後、新治市民の森入口付近を散策したが、クルミ広場のオニグルミの枝に、今年もジョウビタキの雌が止まっていた。しかし、ヒヨドリが飛んで来たので逃げてしまった。

zaki-20161104-mozu-mesu.jpg
<モズの雌>

<今日出会った主なもの>鳥/モズの雌、ハクセキレイ等。
posted by 花虫とおる at 18:17| Comment(0) | 緑  区